ジェラール・グリゼー Grisey の「音響空間 Les Espaces Acoustiques」を聴く

このBlogで言う現代音楽で紹介のスペクトル楽派、ジェラール・グリゼー(Gérard Grisey, 1946/6/16 - 1998/11/11)の倍音音響を代表する曲「音響空間 Les Espaces Acoustiques」ですね。今更インプレです…w

基本となるスペクトル ですが。オケの発する一つ(ある瞬間)の音をオシログラフで波形を見るとガタガタですね。それを分解してどんな音の合成かを知るにはフーリエ変換を使うとわかります。時間軸の波形を周波数軸のフラグメント=スペクトルに分解してくれます。(音楽をデジタル化する基本原理で、データであり音にはなりませんから、再度アナログにして聴いている訳です) 逆にいろいろな周波数のスペクトルから合成して音楽にするなら、逆フーリエ変換をすれば良い訳です。倍音はドレミファを作る元の波形であり、合成する様々なソフトが存在できます。単純な倍音なら正確な周期(正弦波)ですからフーリエ級数になりますが、実際にはそうでないので正弦波と仮定して計算するフーリエ変換になります…、って数学の授業を思い出しますねw

ちなみにデジタル化音源の代表"CD"では、離散フーリエ変換が使われてサンプリング周波数(44.1kHz)とサンプル数(量子化ビット数:16bit)が決まっています。
アナログ波形復元可能な音の周波数はナイキスト周波数と言われて、サンプリング周波数の半分までですから約22kHz。人間が聴き分けられる高周波は20kHzくらいですから問題は無いと言う事です。その音の分解能(正確さ)が量子化ビットで16bit=65,536段階分の表現になります。量子化ビット数の6倍が、音の大きさdbですから16bit=96db。人間はダイナミックレンジ120dbまで聴き分けますが難聴になっちゃうでしょうから96dbもあれば充分と言う訳です。
 簡単なイメージ、パラパラ・マンガです。パラパラのタイミングがサンプリング周波数で細かいほどなめらか、一枚一枚の絵の細かさが量子化ビット数で詳細なほどリアル。という感じですね。


閑話休題。

音響空間 Les Espaces Acoustiques
 (1974-1985年)

9年にわたって書かれていて、全6曲構成で全てEをベースにした倍音構成を基本として作られています。一人のビオラから7人、18人、33人、大編成オケ、4人のホルン+大編成オケ、と編成が大きくなります。
全曲共に構成は似ていて、シンプルな音の並び(倍音構成)から入り、挟まれる不協和音とリズムが不安定さを増しながら混沌やノイズになります。後半の曲ほど、単純な倍音の響きが削られていきますね。

楽曲間の切れ目はありません。

ちなみにライナーノートには各楽曲の意図や構成、ハーモニー主体とかメシアンに献呈とかいろいろ書いてありますが、今回は紹介割愛です。

1. Prologue for viola and optional live electronics (1976年)
 ソロのヴィオラとresonator(共振器)を使っています。
2. Périodes for flute, clarinet, trombone, violin, viola, cello, and double bass (1974年)
 ここから楽器数が増え、音響音楽らしさが発揮されて来ます。
3. Partiels for (16 or) 18 musicians (1975年)
 クラスター的な要素が持ち込まれています。
4. Modulations for orchestra 33 musicians (1976/77年)
 パルスから緩やかな反復、ポリフォニー的になります。
5. Transitoires for large orchestra (1980/81年)
 地鳴りの様なトゥッティやクラスターから重なる音のウネリです。
6. Epilogue for 4 solo horns and large orchestra (1985年)
 美しいvnの旋律から入り、共鳴音の渦です。

試しにYouTubeで3.Partielsを聴いてみる?

ノイズ系やポリフォニーと行った技巧?を問わず、当時のポストモダン、現在の空間音響系現代音楽のベースですね。

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokotonPAPA

Author:kokotonPAPA


ものずき、おっさん じいさん、わがままきまま、すきほうだい、しななきゃなおらない.

 kokotonPAPAのブログ  ホームページtop  メールtop



1.このblogで言う現代音楽
2.マーラー交響曲第5番 160CD
 (名盤・珍盤 聴き比べ)

カテゴリ
個人的お奨め度*
★   こんなもん?
★★  悪くないね
★★★ 最高です!
☆   +0.5
お友達ブログ
kokotonPAPAカウンター
unique-access