ヘンリク・グレツキ Górecki の交響曲第一・三番を聴く

ヘンリク・グレツキ(Henryk Mikołaj Gorecki, 1933/12/6 - 2010/11/12) は前回紹介したペンデレツキと同じポーランドの現代音楽家、同年生まれです。印象も似ていて、前衛からカトリック信仰を背景とした機能和声へとの展開イメージです。

初期の前衛時代はセリエルで、ヴェーベルンやメシアンらの音楽との出会いと言われている様です。そして'60〜'70年代の前衛の衰退時期には音列配置から離れて行きます。ペンデレツキの荘厳な宗教色に対して グレツキは美的な宗教色といった感じでしょうか。
スタイルはホーリー・ミニマリズムHoly minimalism。簡単に言ってしまえば全音階(宗教的ドレミファ…)の宗教的ヒーリング、ペルトとペンデレツキの中間くらい、なんて言うとまた怒られるかも。^^;
と言う事で今回はグレツキの前衛時代の交響曲第一番と、代表作であり有名な交響曲第三番を聴いてみましょう。

交響曲第1番『1959』(1959年) Op.14

 弦楽オーケストラと打楽器のための交響曲です。
打楽器パートと弦楽パートが別れては絡む楽曲で、弦楽は音列配置であり打楽器は衝撃音です。クラスター的なこの時代らしい響きを感じる事が出来ます。
作曲年を標題音楽としてつけていますが、聴いた感じで行けば絶対音楽ですね。
弦楽には反復もあり第一楽章は刺激的、第二楽章は緩徐的から刺激的に、第三楽章では瞑想的な空間を感じます。

特徴的ではありませんが、悪くありません、後の空間音響系に通じる物を感じますね。
演奏はRoland Bader指揮Krakow Philharmonic Orchestraになります。
試しにYouTubeで聴いてみる?


交響曲第3番『悲歌のシンフォニー Symphony of Sorrowful Songs (Symfonia pieśni żałosnych)』(1976年) Op.36

 有名な三楽章の歌曲が入る交響曲です。
第一楽章は低音弦楽をベースに響かせる教会音楽風、第二楽章は暗い美しさの緩徐楽章、第三楽章はポーランド民謡からとられているという歌が多く入り表題のイメージを感じます。

個人的には交響曲と言うよりも、やはり宗教曲。と言う事で例によって聴いた印象だけです。

演奏はAntoni Wit指揮、Polish National Radio SO、SopはZofia Kilanowiczになります。





テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokotonPAPA

Author:kokotonPAPA


ものずき、おっさん じいさん、わがままきまま、すきほうだい、しななきゃなおらない.

 kokotonPAPAのブログ  ホームページtop  メールtop



1.このblogで言う現代音楽
2.マーラー交響曲第5番 150CD
 (名盤・珍盤 聴き比べ)

カテゴリ
個人的お奨め度*
★   こんなもん?
★★  悪くないね
★★★ 最高です!
☆   +0.5
お友達ブログ
kokotonPAPAカウンター
unique-access