クリストファー・ラウズの Alan Gilbert Conducts Christopher Rouse を聴く


クリストファー・ラウズ (Christopher Rouse, 1949/2/15 - ) はボルチモア生まれの米現代音楽家でジョージ・クラム(George Crumb)に師事していますね。

日本では知名度が低いですが、交響曲、室内楽、そしてレクイエムとバリエーション広く活動してアメリカの様々な賞、ピュリッツァー賞・グラミー賞 等、を受賞していますね。
米各楽団からの委託曲も多いです。

新ロマン主義の作曲家と言われ、機能和声から変化して多調 そして調性感の薄い楽風を駆使しますね。

kokotonPAPAの好きなパーカッショニストEvelyn GlennieにもDer gerettete Alberichを書いています。

Iscariot (1989年)
 Saint Paul Chamber Orchestra他2楽団の共同委託の室内楽でジョン・アダムズJohn Adamsに献呈されています。本人曰く"the first is loud and tonal, the second loud and atonal, the third soft and tonal, the fourth soft and atonal, the fifth loud and polytonal"だとの事です。日本語題「裏切り者」で、ライナーノートには作曲者による意味あり気な投げかけがありますね。
本人の意図がどうかは知れませんが、映画音楽系というとイメージが掴み易いのではないでしょうか。この手の音楽を書く米音楽家の代表といった感じです。調性の明確なパートと主題の見えづらいパートが錯綜しています。静的に控えめなパートもそういう目で(耳で?)聴いてしまいますね。全体としてはsoft and tonalな中にpercussionを含めたloud and tonalが現れるという感じです。atonalな気配は…?? 退屈です。

Clarinet Concerto (2001年)
 楽風が変化する2000年以降を代表する曲の一つで、もっとも調性感の強い代表作Rapture(2000年)の後でラウズが変化の意図を持って作った曲です。1950年代のTVのゲームショウをイメージして刺激(刺々しく)を意識したそうです。タイムリミットが迫り来る様な焦燥感の様な感じを表したそうです。そんな感じはしませんが。
もともと持っている静的な中に現れるパルス、なんだかシャリーノみたいですが、の音楽をやや調性を崩しながら より打音的にした感じです。調性が薄い分だけ音楽的には広がりを感じますね。ヴァレーズとシャリーノの折衷型みたいな。
cl : Martin Fröst は然程意識する必要はない感じです。と言うのは格別に飛びぬけたり特殊奏法を駆使するわけでもありませんから。

Symphony No.1 (1986年)
 ブルックナーとショスタコーヴィチを合わせて引用した楽曲だそうで、バルティモア交響楽団による委託曲でKennedy Center Friedheim Award 受賞曲です。
一楽章で27分強の楽曲で、ここでも基本は静的な中に強音の出現になります。前半の静的パートは緊張感が強く感じられます。そこがラウズでしょうね。反復はブルックナー、中盤ショスタコーヴィチ(的旋律・展開)が顔を出しますね。その後に展開される静音パートは美しさを感じます。所謂(いわゆる)交響曲的ではなく、近現代北欧系作曲家の交響曲にそれを加えた感じがします。
試しにYouTubeで聴いてみる?

一曲目のIscariotは面白くありませんが、それ以外は静的流れをベースに出し入れの強い面白さがあります。もちろん前衛ではありませんので、調性からの離脱を音楽の広がりにした現代音楽ですね。

指揮は日本でもお馴染みのアラン・ギルバート(Alan Gilbert, 現N.Y.P首席指揮者)、オケは当時首席指揮者兼芸術顧問を務めていたロイヤル・ストックホルム・フィルハーモニー管(Royal Stockholm Philharmonic Orchestra)になります。
米人指揮者だからスウェーデンのオケだったと言う訳です。


テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokotonPAPA

Author:kokotonPAPA


ものずき、おっさん じいさん、わがままきまま、すきほうだい、しななきゃなおらない.

 kokotonPAPAのブログ  ホームページtop  メールtop



1.このblogで言う現代音楽
2.マーラー交響曲第5番 150CD
 (名盤・珍盤 聴き比べ)

カテゴリ
個人的お奨め度*
★   こんなもん?
★★  悪くないね
★★★ 最高です!
☆   +0.5
お友達ブログ
kokotonPAPAカウンター
unique-access