シュトックハウゼンの Welt-Parlament(世界会議) を聴く


シュトックハウゼン 世界会議カールハインツ・シュトックハウゼン(Karlheinz Stockhausen, 1928/8/22 - 2007/12/5) については紹介を割愛です。

これは「光(Licht)」(1977-2003年)の一部分「光の水曜日(Mittwoch aus Licht)」(1995-1997年)の第一場面「ヴェルト・パーラメント(世界会議) 」(1995年)ですね。

「光」が一週間の各曜日、全7部で構成される28時間のオペラである事は知っての通りだと思いますが、「光の水曜日」は全五場面からなっていて、第三場面が かのヘリコプター弦楽四重奏曲になります。
残念(当然?)ながら「光」全ては所有していません。

個人的に全体像が掴みづらいシュトックハウゼンですから、いつも困ります。これを聴こうと思ったのは、シュティムング(1968年)のコンサートがこの8月29日にあったからですね。それ以上ではありません。

と言う事でアカペラの合唱曲です。「世界議会議員は12のグループにわかれ、未知の言語を使って、全員が異なったリズムで歌います」と本人の日本語公認ページ「シュトックハウゼン音楽情報」の「ライナーノート:CD51」にありますので、ぜひご覧下さい。歌詞も同ページにあります。

始めはメンバーの愛についての語りが重なる様に続きます。その際に議長は木槌を打ちますね。言葉の嵐の中に時折のチューブラーベルとプツプツとメトロノームの電子音。もちろん電子処理とスピーカーで増幅されます。
そして歌が、例によって意味不明の言語?で、始まります。基本はもちろん倍音音響ですが、シュティムングとは違い、メンバーも規模が大きく それだけに集約されている訳ではありません。倍音の空間音響シュティムングの進化系で、まさに合唱曲。

この時代はすでに空間音響系ですとスペクトル楽派が一つの世界を作っていた訳ですが、やっぱりシュトックハウゼンはそれ以前に作った倍音の世界が明確にあるので独自性が強いですね。そしてシュトックハウゼンの音楽(学)性の高さを感じます。ちなみにこの曲はフォルメル技法で書かれてますね。乱暴に言うとフラクタルと同じ様に極小部(パート)と極大部(パート)の類似性を音楽に取り入れた様なものでしょう。
一度コンサートで聴いてみたいものですね。
試しにYouTubeで聴いてみる?

所有CDは Stockhausen のオリジナル・レーベル Stockhausen-Verlag のシュトックハウゼン全集 CD51 になります。入手が面倒で高価な事で知られるVerlagは数枚しか所有していません。これは随分以前に大手CD店取り扱いで購入した物ですね。もちろんダイレクトに個人輸入でも購入出来ます。


テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokotonPAPA

Author:kokotonPAPA


ものずき、おっさん じいさん、わがままきまま、すきほうだい、しななきゃなおらない.

 kokotonPAPAのブログ  ホームページtop  メールtop



1.このblogで言う現代音楽
2.マーラー交響曲第5番 160CD
 (名盤・珍盤 聴き比べ)

カテゴリ
個人的お奨め度*
★   こんなもん?
★★  悪くないね
★★★ 最高です!
☆   +0.5
お友達ブログ
kokotonPAPAカウンター
unique-access