発売日! キース・リチャーズ(Keith Richards) の Crosseyed Heart を聴く!!


本日発売でしたね。キースの23年振りの新作アルバム "Crosseyed Heart" です。

中学一年の時に "Jumpin' Jack Flash" のシングル盤を発売日に買いに行って以来、時代の流れとともに続いたkokotonPAPAのアイドル ギタリスト、キース・リチャーズ。久々のアルバムですから今日聴く以外に選択肢などありません!
昔はキース・リチャーって読んでた様な。

自分のギターの1本は当然テレキャスの同色(ハムではなく、シングル)、音の好みに関係なく所有しています。

このアルバムを一通り聴いた感想は「何も変わらない素晴らしさ
何にも媚びないってのは凄いね〜ぇ、今更変われないッてのも凄いw
なんか以前も聴いた様な… それでOK〜!

1. Crosseyed Heart
 いきなりアコースティックギターでのターンアラウンドのブルース。クラプトンがやりそうな曲w でも"しゃがれ声"は一味違います。こういうキースも最高です。
2. Heartstopper
 そしてアタッカ(ロックじゃそんな言い方しないか?!)で繋がる2曲目です。スピード感がライブ受けしそう、似てる曲が今までのアルバムにある?! 
3. Amnesia
 リズム感よく、良い感じの曲ですねぇ。リズムはドラムの切れ味でしょう、重鎮チャーリー・ワッツを思わせますね。ストーンズっぽいご機嫌さです。
4. Robbed Blind
 バラードです。キースのバラードは好きです。ここでもメロウなサウンドで聴かせてくれますね。スライドギターも効いています。これがライヴではどうなるのでしょう、興味津々。
5. Trouble
 何とシングルで先行リリースされましたね。いかにもキースらしいって感じでしょう。ストーンズのコンサートで1曲だけフィーチャーされるキースの歌になる、っていうとイメージ出来るかな。ギターリフもペンタトニックの"臭さ"満載です。
試しにYouTubeで聴いてみる?

6. Love Overdue
 管楽器&バックコーラスの入るレゲエです。やっぱり来たか、レゲエ!
7. Nothing On Me
 出だしを聴いて、一瞬ディランの"Like a Rolling Stone" かと思っちゃいました。そんな感じです。サビを Nothing On Me って歌うと将にね。いかにもテレキャスらしい音もそれっぽい. もちろんバックは The Band じゃなくて XPWですw
8. Suspicious
 キースの低音の声をフィーチャーした曲、バラードなんですよねぇ。ドラムの刻みがちょっと勘違いさせてくれるけど。これもキースっぽさ全開です。ライヴで聴きたい!
このアルバムの中で一押しです。
9. Blues In the Morning
 お約束? Blue Suede Shoes的なロックンロール。なんとなくチャック・ベリーへのオマージュの様な。キースとチャック・ベリーの関係は複雑ですよねぇ。ギターのキレが今ひとつ、なぜ?
10. Something For Nothing
 ドラムの刻むリズムを明確にした、さりげないですがキースのソロ曲定番といった風です。女性バックコーラスとの絡みもご機嫌ですね。
11. Illusion
 ノラ・ジョーンズ(Norah Jones)とのデュオですねぇ。女性とのデュオとなると、どうしても Make No Mistake に似て来る?! 最高ですからねぇ、仕方ないかw
もしLiveなら、ノラ・ジョーンズに向かっても "You!" って叫ぶんでしょうか。^^;
12. Just a Gift
 これもスローです。ちょっとフラットで微妙かな。でも聴き込むほどに味わいの曲でしょう。まさに Just a Gift!
13. Goodnight Irene
 驚きのスタンダード「グッドナイト・アイリーン(Written by Lead Belly)」です。キースの変な声が思いの外ピッタリ来ます。アメリカン・カントリーフォークの気配が良く出てるのに驚きです。このアルバムの 刺身のつま? 後半はけっこうなマジモードかも。実はこの曲が一番長いんですよね。
14. Substantial Damage
 ちょっとアヴァンギャルドな気配、ギターはカッティングで刻まれてファンクっぽいです。でも、そんなに黒くないですが。オルガンやボトルネック奏法も入って音に厚みがあり特徴的な曲ですね。
15. Lover’s Plea
 ギターのディストーションがミスマッチなくらい優しさが響く曲です。ヴーカルもキース以外なら名曲かも、いやホントに。途中で転調しますが、オーケストレーションでリメイクしても良い曲に思えますね。誰かがカバーするかも… ないかw

あばたもえくぼ、やっぱりキースです。ジャケットも最高!
演奏は当然ながらの The X-Pensive Winos です。名前の由来も最高!
年寄りはこういうのでとっても元気が出ます! \(^_^)/


テーマ : 洋楽ロック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokotonPAPA

Author:kokotonPAPA


ものずき、おっさん じいさん、わがままきまま、すきほうだい、しななきゃなおらない.

 kokotonPAPAのブログ  ホームページtop  メールtop



1.このblogで言う現代音楽
2.マーラー交響曲第5番 160CD
 (名盤・珍盤 聴き比べ)

カテゴリ
個人的お奨め度*
★   こんなもん?
★★  悪くないね
★★★ 最高です!
☆   +0.5
お友達ブログ
kokotonPAPAカウンター
unique-access