ラッヘンマン Lachenmann の NUN を聴く

先日 Beat Furrer の Nuunをインプレしたので、師である ヘルムート・ラッヘンマン(Helmut Friedrich Lachenmann, 1935/11/27/ - ) の NUN(1997-1999/2003) を聴いてみます。声楽、フルートとトロンボーンをフィーチャーした管弦楽曲です。まぁ、一般的に言う管弦楽曲と思ったら当然大間違いなわけですが…w

"ヌン"に付いて、ライナーノートの中で SWR TV&Radio の編集者であるHans-Peter Jahn は "helpless"であると語っています。それはイメージや文章で語る事ができず、「マッチ売りの少女 (1990-1996, 2000)」への関連そしてまた 日本の影響、哲学者 西田幾多郎 の "Logic of the Place" を思わせるとあります。

約41分の曲は文字通りラッヘンマンらしい楽曲、独立した個々の音と特殊奏法 そしてポリフォニーにかつ対位的に変化する流れと間、でいっぱいですね。そう言った意味では「マッチ売りの少女」的かもしれませんし、時折現れる強音と"間"の空間に残った音をイメージさせるのもラッヘンマンらしいですね。でも「マッチ売り…」の様な変化球は入れていません。
この時代のラッヘンマンらしく、音数が減ってユニゾン的な展開も増えている分 残響や余韻の印象が強くなっています。基本はパルス的ノイズですが、スペクトル楽派とは異なる 空間音響の音楽だと思いますよね。
10年前のライブですが、今でも現代音楽のトップランナーである事を感じさせてくれる現代音楽ですね。おすすめです。

演奏はドイツ現代音楽演奏集団の雄 Ensemble Modern、指揮はマーラーも振る Markus Stenz になります。



テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokotonPAPA

Author:kokotonPAPA


ものずき、おっさん じいさん、わがままきまま.

 kokotonPAPAのブログ  ホームページtop  メールtop


ご案内
カテゴリ
お友達ブログ
kokotonPAPAカウンター
unique-access