フィアット パンダ 4×4 の走行性と信州の風景

フィアット パンダ 4×4kokoton2号こと、三代目 Fiat Pandaの4by4 (ABA-13909)。限定と言いながら事実上は今や通常リストでの販売ですね。

この車、"走り"はあまり考えた事ありません、そういう走り方をしない想定ですよね。

でも今回、信州の標高の高い場所を走るチャンスがあったので、それなりに峠道を走らせました。もちろんMEGAME RSの様な走り方はしません。
フットレストもあり6速マニュアルですが、もちろんペダルはヒール&トウにはあまり向いていませんね。
Landscape-Shinshu2015.jpg

4×4とESCが生きているのでしょうね、タイトコーナーでのアクセルON, OFFでの挙動は大きく変わりません。この効果は大きく、タイヤが少々鳴くくらいのコーナリングでも安心してハンドリング出来ます。ロールも思ったほど大きくありません。コントロールされた車に走らせてもらっている感じ? でも楽しければOK!
旧のGH-16912Qのパンダ4×4クライミングでは、この道で恐ろしくアンダーが出た記憶があります。
スポーツ走行とは言いませんが、それなりにライン通りに走ってくれれるのは楽しいですね。
最近では燃費も当りが出て来て最高19.4km/L走った事があります。(都内でも平均で約14km/L)
パワー?、そんな事言っても始まりませんよ。(笑) これ以上やりたければ、やっぱりメガーヌRSの出番です。車幅1850、ESPオフで走らせれば、私の腕(足?)では楽しさよりも恐怖を味わえます。(爆)

もう一台買うつもりかって? ヘヘヘ ^^ゞ

[このBlog内のフィアット・パンダ情報]

テーマ : イタリア車
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokotonPAPA

Author:kokotonPAPA


ものずき、おっさん じいさん、わがままきまま.

 kokotonPAPAのブログ  ホームページtop  メールtop


ご案内
カテゴリ
お友達ブログ
kokotonPAPAカウンター
unique-access