Jazz vocal と言ったら Frank Sinatra しかない

The Voice、フランクシナトラなのである。典型的なクルナーであり、何と言ってもトミードーシーバンドで専属歌手になってからはトップを瀑走。そして、この頃は端正な美男子歌手。若い女性が群がった。晩年の丸顔のエンターテイナーしか知らない人には理解できない世界かも。(笑)

そして不遇のコロンビア時代を経て黄金期であるキャピトル時代入る。何と言ってもネルソンリドルとの出会いが大きい。ネルソンリドルは他にもキャピトルから多数の男性ボーカルを出している。それはまた次の機会に。
まずキャピトル時代は何を聞いていも外れなし。

そしてリプリーズ時代。これはシナトラ自身のレーベルなんだけど知られていないよね。後年はレベルがよくない。でもこのレベルになると、晩年は晩年でまた表現の多彩さで声量等をカバーして素晴らしい。レスターヤングのように。
Stranger in The Night、ポールアンカによるMy Wayもこの時代。ちなみにMy WayはSinatra以外、誰が歌っても陳腐(ポールアンカを除き)だが、DuetでなんとWillie Nelsonと歌っているアルバムもある。

シナトラは大物ともDuetを多数残しており、Duets , Duets2,他にもClassic Duetsがあって楽しい。そしてベストアルバムも多数あるが、Nothing But Best , My Way: The Best of Frank Sinatra , Greatest Hits ,等皆素晴らしい。個人的には娘であるNancy Sinatraとの競演 Somthin' Stupid入っているものをお勧めする。

アルバムでは、キャピトル~リプリーズ前半に外れなしと思う。でも全ての時代、初期のトミードーシ時代から晩年のLiveまで全てが好きだ。それがFrank Sinatraファンと言うものよ!
ちなみに下の写真はkokotonPAPAの聞いているアルバムの一部。
FrankSinatra.jpg

テーマ : JAZZ VOCAL
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokotonPAPA

Author:kokotonPAPA


ものずき、おっさん じいさん、わがままきまま、すきほうだい、しななきゃなおらない.

 kokotonPAPAのブログ  ホームページtop  メールtop



1.このblogで言う現代音楽
2.マーラー交響曲第5番 160CD
 (名盤・珍盤 聴き比べ)

カテゴリ
個人的お奨め度*
★   こんなもん?
★★  悪くないね
★★★ 最高です!
☆   +0.5
お友達ブログ
kokotonPAPAカウンター
unique-access