ベルンハルト・ガンダー Bernhard Gander の Monsters and Angels を聴く

オーストリアの現代音楽家ベルンハルト・ガンダー(Bernhard Gander, 1969/11/29 - )は、電子音響音楽(Electric Acoustic Music)をグラーツGrazでBeat Furrerに師事し、パリの UPIC やチューリッヒでも習っています。ダルムシュタット夏期現代音楽講習会やドナウエッシンゲン音楽祭でも活躍していますね。
経緯的にもエクスペリメンタリズム系前衛ですが、ベースはポップカルチャーがある様です。いずれ"今の時代"の現代音楽の一つの方向性です。

Monsters and Angels (2013)
全体的に強音ハイスピードで、即興的カオスな前衛楽曲が並びますね。
(1) Dirty Angel: for accordion, flugelhorn & orchestra (2010)
 凶暴なオケにフリューゲルホーンとアコーディオンの組合せの前半です。中盤以降のジャズライクなフリュゲルホーンも刺激的です。(6)Lovely Monsterのエンディングの繋がりの様なオケのリズムと音でスタートするのがガンダーの意図を感じてしまいます。輪廻の様です。
 ・Anders Nyqvist flugelhorn
 ・Krassimir Sterev accordion
 ・Deutsches Symphonie-Orchester Berlin
 ・Susanna Mälkki [conductor]

試しにYouTubeで観てみる?

(2) Khul: for string quartet (2010)
 技巧系のストリングス・騒音系の楽曲です。強烈なトレモロ・トリルを主体としていて激しい変拍子が特徴的です。もちろん無調なのですが、複調や多調的な微妙な和声です。
 ・Arditti Quartet

(3) Schöne Worte: for piano quartet (2007)
 Khulと似た超絶技巧系のピアノ+弦楽トリオ曲です。各パートは時に絡み合い、時にポリフォニーにテンポの速い展開を見せます。音は刺激的で攻撃的で、khulにあった微妙な和声は姿を消しています。
 ・Hsin-Huei Huang piano
 ・Irvine Arditti violin, Ralf Ehlers viola, Lucas Fels violoncello
  (アルディッティ四重奏団の第二vnが抜けた編成です)

(4) Wegda!: for soprano & chamber ensemble (2011)
 ここでのソプラノも強音がメインで、喋りとの組合せです。シュプレヒゲサング的でもありますね。soprパートの楽譜では三連符にスラー、ff表記のパートが多い様です。ローゼンフェルドの表現はあまり刺激的ではないので狂気の感じ方は薄いですね。オケも強弱の明暗が強い演奏なのですが、ソプラノのサポートに徹していますね。英訳の無い、独語も、歌詞は不明で困りますがw
 ・Ruth Rosenfeld soprano
 ・österreichisches ensemble für neue musik
 ・Titus Engel [conductor]

(5) Horribile Dictu: for voices, strings & 4 trombones (2007)
 混沌がメインの声楽曲で、声楽が特殊技法の様な声を使うのも特徴的ですね。声楽8人、弦楽アンサンブル9人、管tb4人、の渾然とした楽曲です。
 ・Neue Vocalsolisten Stuttgart
 ・Ensemble Resonanz
 ・composers slide quartet

(6) Lovely Monster: for orchestra (2009)
 アルバムタイトルから言っても この曲と1曲目がメインなのかと思います。地鳴りの渦の様な音で入りますが、ポリフォニーでポリリズムに感じます。その理由の一つは激しい変拍子にあるのでしょう。激しい音は渦からインパルスへ変化します。その強音の出し入れは、ヴァレーズの時代からあるのですが、最近の方向を感じますね。好きな楽曲です。
 ・ORF Radio-Symphonieorchester Wien
 ・Peter Eötvös [conductor]

刺激的で混沌とした、今の時代の現代音楽の一端ですね。おすすめです!



テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokotonPAPA

Author:kokotonPAPA


ものずき、おっさん じいさん、わがままきまま、すきほうだい、しななきゃなおらない.

 kokotonPAPAのブログ  ホームページtop  メールtop



1.このblogで言う現代音楽
2.マーラー交響曲第5番 160CD
 (名盤・珍盤 聴き比べ)

カテゴリ
個人的お奨め度*
★   こんなもん?
★★  悪くないね
★★★ 最高です!
☆   +0.5
お友達ブログ
kokotonPAPAカウンター
unique-access