FC2ブログ

チェルハ Friedrich Cerha の Konzert für Schlagzeug und Orchester, Impulse für Orchester を聴く

オーストリアの現代音楽家・指揮者のフリードリヒ・チェルハ(Friedrich Cerha, 1926/2/17 - ) は、その年代らしく新ウィーン楽派の研究者としての活動で知られていますね。ベルクの未完成オペラ「ルル」を補追完成させて、ブーレーズ指揮で演奏されたことが有名でしょう。
ツェルハは既に89歳とブーレーズに近い大ベテランですね。(一つ下です)

□ Konzert für Schlagzeug und Orchester(2007/08)
 Martin Grubinger(perc.)をフィーチャーしたパーカッションコンチェルトですね。
指揮はお馴染みPeter Eötvös, 演奏はVPO(Wiener Konzerthaus:November 25, 2011)になります。
 エドガー・ヴァレーズのクラスターを前後に配し、中身は音列配置を元に色々と変化を付けた様な音楽です。何と言うか、中身はブーレーズの楽曲から閃き、煌めき、彩を消したような…
二曲目も同系統で共に"それらしい"のですが、個人的には今一つ魅力が感じられません。

□ Impulse für Orchester(1992/93):大管弦楽のためのインパルス(1992/93)はウィーンフィルVPO 150周年記念に献呈された作品になります。
Pierre Boulez指揮, VPO(Salzburg Festspiele:August 15, 1996)になります。

残念ながら、あまりコメントする事がありません。^^ゞ

試しにYouTubeでConcerto for Percusion and Orchestraを観てみる?
これがエンターテイメントなので、絵がつくと面白かったり?!




テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokotonPAPA

Author:kokotonPAPA
.
    




・2017年12月9日
音楽ブログに特化するためにタイトルを「現代音楽と酒の日々」から変更しました。





カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ようこそ
カテゴリ
ありがとう