ソラブジのピアノソナタNo1 をアムランのピアノで聴く

超絶技巧系で長大なピアノ曲で有名なカイホスルー・ソラブジ(Kaikhosru Shapurji Sorabji, 1892/8/14 - 1988/10/15) は以前も紹介済みですね。
昨日に続いてマルカンドレ・アムラン(Marc-André Hamelin)のピアノで、Piano Sonata No.1 を聴いてみます。アムランに付いても今まで何回となく書いていますw

このピアノソナタ第1番(1919年)は 第2番と共にソラブジを見いだしたブゾーニ、これまた昨日も紹介しました、に献呈されています。
初期のこの作品は22分ほどの短い楽曲です。その中にペース・強弱変化を介して技巧を詰め込んであります。例によって明瞭な主題や旋律よりも技巧を全面に押し出した作品ですね。楽曲として楽しいかと聞かれれば、「楽しい楽曲ではないけども、"…なるほど" 的なピアノ・ソロ曲」と答えるでしょうね。ヾ^^; 何言ってるかわからん…よね。
まぁ、このくらいの長さの方が聴き易いのは事実ですが、それではソラブジらしくないかもしれません。また、この手の技巧系な表情のpfはアムランの得意とする処ですしね。タッチで表情を作っているのは、楽曲もさることながらアムランの技巧でしょう。

ちなみに、ライナーノーツにはブゾーニのこの曲のコメントが載っています。最後の一行でくくられて、
overall: a totally new kind of young talent that gives one pause and makes one feel hopeful…
とありますね。この文で期待と戸惑いが伝わりますね。




テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokotonPAPA

Author:kokotonPAPA


ものずき、おっさん じいさん、わがままきまま.

 kokotonPAPAのブログ  ホームページtop  メールtop


ご案内
カテゴリ
お友達ブログ
kokotonPAPAカウンター
unique-access