2015年3月28日 グスターボ・ドゥダメル / ロサンゼルス・フィルハーモニック の マーラー交響曲第6番"悲劇的" at サントリーホール ★★★

桜も咲いていよいよ春本番ですね。今日は今年前半のコンサートの目玉、ドゥダメルGustavo Dudamelとロス・フィルのマーラー第6番を六本木一丁目のサントリーホールまで聴きに行って来ました。
20150328Gustavo_Dudamel-SuntoryHall-01.jpg 20150328Gustavo_Dudamel-SuntoryHall-02.jpg

情熱的な指揮者・オケ・楽曲が揃いました。悪いわけが無い事は行かなくてもわかりますよね。ライヴ向きで好きな楽曲と今一番旬の指揮者、要はどういった演奏が楽しめるかという一点でした。さて、その結果は... 最〜高‼︎

第一楽章は優美にして雄大、そして第二楽章はアンダンテで‼︎ 緩徐楽章なのですが、情熱が必要な終盤の その素晴らしさ。第三楽章は従ってスケルツォになり切れ味良く続き、問題の最終楽章へ。実は見通しがあまり良くない楽章だと思っていますが実に見事! 情熱と優美さの出し入れと、切り替えの素晴らしさでした。ちなみにハンマーは2回でしたね。

...と言うか、そんなコメントなんて全く不要です。破綻もなく見事な統一感で一つの完成版でした。
これ以上を望むなら完成以上になる訳で、ホール全体を包み込む何か、例えば興奮や狂気が憑依するしかありません。そんなコンサートにそうそう出会える訳はありませんね。

この曲はクールな解釈も情熱的な解釈も、どちらもありなのですが今回は洗練と豪華さでした。要は特別な解釈ではなく、見事さと言う事ですね。
第一楽章と第四楽章では、思わずゾクッとする様な流れを感じましたね。

スタンディングオベーションもかなり出ました。オケが下がり始めても拍手は鳴り止みません。ドゥダメルが場を納める様に登壇してお開きとなりました、
(アンコールはやらない、という明確な姿勢がありましたねw)

各楽章終了毎に咳とざわめきが沸き起こります。これは熱演を聴いた時の反応ですね。ドゥダメルの指揮はますます洗練されて美しいですね。
終演時 オケのメンバーが割とクールだったのは、この程度の演奏はSTDと言う事なのかもしれません。
でも もちろんオーディエンスの反応にはとても喜びを示していました。
唯一残念な事が有るなら、ドゥダメルが最後の余韻を保つ様に指揮する手を下げずにいたにも関わらずフライングの拍手を叩いた人が居た事でしょうか。ドゥダメルの表情が見える席だったので、とても残念でした。

興奮の残るホールを出ると、少し冷えた空気に夜桜が。
20150328Gustavo_Dudamel-SuntoryHall-04.jpg
とても気持の良い春の夜になっていました。



テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokotonPAPA

Author:kokotonPAPA


ものずき、おっさん じいさん、わがままきまま、すきほうだい、しななきゃなおらない.

 kokotonPAPAのブログ  ホームページtop  メールtop



1.このblogで言う現代音楽
2.マーラー交響曲第5番 160CD
 (名盤・珍盤 聴き比べ)

カテゴリ
個人的お奨め度*
★   こんなもん?
★★  悪くないね
★★★ 最高です!
☆   +0.5
お友達ブログ
kokotonPAPAカウンター
unique-access