FC2ブログ

マックス・レーガー(Max Reger) の「Orchestral Works, 管弦楽曲集」を聴く

ドイツ人音楽家マックス・レーガー(Johann Baptist Joseph Maximilian Reger, 1873/3/19 - 1916/5/11) のイメージはフーガをはじめとする対位法を活用した変奏曲ですね。
レーガーは後期ロマン派の重厚な作風を元に、バッハから続く主題の変形操作やフーガ等の対位法技巧展開、そこからの管弦楽が楽しめますね。また、新ウィーン楽派やシマノフスキ、プロコフィエフらに影響を与えていると言われています。

もちろん年代から言っても所謂(いわゆる)現代音楽家という時代ではないのですが、世紀を跨ぐ機能和声の変化に生きた時代の曲想が楽しめるはずですね。

本アルバムはセーゲルダム(Leif Segerstam)指揮によるレーガーの管弦楽作品3CDがセットになったので買ったものです。演奏はノールショピング響(Norrköping SO)。ピアノはルーヴェ・デルウィンガー(Love Derwinger)になります。




Disc 1
■ モーツァルトの主題による変奏曲とフーガ, Op.132 (1914年)
 ピアノソナタ第11番「トルコ行進曲付き」第1楽章の主題を用いた10の変奏曲ですね。第1曲はテーマ、第2曲はそれに弦楽パッセージを加えた感じでしょうか。その後は変調や逆行形と言った施行を凝らした変化が楽しめます。最後の二曲、第9変奏曲と最後の第10フーガは素晴らしく、特にフーガはレーガーの持ち味が存分に感じられます。
ベースは古典ですが、一曲一曲の短い変奏の変化は洒脱です。

 試しにYouTubeで聴いてみる?

■ ある悲劇のための交響的プロローグ, Op.108 (1908年)
 当時の大指揮者ニキシュに献呈された曲で当初は 'Symphonic Fantasy' のOvertureでした。
ブルックナーやマーラーを思わせるとライナーノーツにはありますが、実際にはワグナーを思わせるような30分を超える重厚な後期ロマン派管弦楽ですね。アゴーギクとディナーミクを大きく振っていかにも劇場的で、将に楽劇の幕が上がる前の前奏曲といった感じです。


Disc 2
■ ピアノ協奏曲, ヘ短調 Op.114 (1910年)
 第一楽章は前曲と似た構成でコントラストの強い管弦楽にピアノです。出し入れも明確なのですが、オケとpfの対比に何か楽しみが欲しい様な。第二楽章は緩徐楽章ですが、流れるような…と言う訳ではありません。最終楽章は再び第一楽章に類したパターンに回帰します。構成は古典的であり展開もあるのですが、全体をみるとピアノもオケもパターン化された感じです。特にピアノはワクワクするような技巧パートや魅力的主題があるわけでもなく、ちょっと聴き疲れするかも。
初演は1910年12月にニキシュ指揮、ゲヴァントハウスで行われましたが評価は良くなかったそうです。カデンツァの様なピアニストが引き立つシーンが少ないからかもしれません。

■ 組曲, Op.93 (1906pf - 1916orch.)
 だったらこの時代風のバロック第一楽章の方が、対位法との対比で楽しいかもしれませんね。それをモチーフに楽章変化や変奏を期待したら、第二楽章では後期ロマン派に一転します。第三楽章では一楽章の主題が回帰します。展開はフーガらしさが強くなり、コーダで打楽器も含めて盛り上げて終わります。第二楽章が少し残念かもしれません。


Disc 3
■ ベートーヴェンの主題による変奏曲とフーガ, Op.86 (1915年)
 ベートーベンの「11のバガテル Op.119 (11 Bagatelles)」の主題による変奏で、ピアノ連弾曲(1904年)をオーケストラ版にしたものですね。バガテルはピアノ小曲ですから変奏にはピッタリで、全10曲の1番が古典風テーマ、2番がレーガーらしい出し入れの強い後期ロマン派的変奏になります。この展開がレーガーらしさですね。最後の10番がフーガですが、その感はやや弱くコーダが設定されてあるのはお約束の様です。

■ バレエ組曲, Op.130 (1913年)
 6楽章からなる 'infinitely graceful' を狙って作られて楽曲です。1〜3曲はただの緩徐楽章ですが、以降はバレエ曲らしい変化が感じられます。特に4曲目などはストラヴィンスキー的和声をかんじますし、続くワルツと最終6曲目の流れは良いですね。

■ 4つのベックリンによる音の絵, Op.128 (1913年)
 1911-14年は指揮者としての活躍期でした。その最盛期に色彩音楽、世紀末画家アルノルト・ベックリン(Arnold Böcklin)の絵画、を目指した四楽章作品です。調性から大きく逸脱はないのですが1曲目の和声に魅かれます。この曲のバリエーションが一番楽しめますね、最終楽章の入りはカヴァレフスキーっぽくもあったりしますね。





マックス・レーガーというと同時代のブゾーニを浮かべますが、ブゾーニの方が洒脱な楽しさが感じられるかもしれません。

いずれ重厚さから逃れられないドイツロマン派の時代的な楽風を感じます。って少し大袈裟でしょうか?! 3枚のCDでそんな風景が味わえますね。


テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽





コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokoton

by kokoton
.

    

カレンダー
06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ようこそ
カテゴリ
ありがとうございます