fc2ブログ

細川俊夫(Toshio Hosokawa) 『Light and Darkness, Works for Saxophone』を大石将紀さんのSaxで


細川俊夫
(Toshio Hosokawa, b. 1955)
細川さんのサックスをフィーチャーした作品集がリリースされました。年台も1993-2021年と言う幅のある並びなので楽風変遷も一緒に楽しめそうです。(作曲年代順に聴きます)

本アルバムのライナーノートには細川さんによる「サクソフォンによる沈黙へのカリグラフィー(書)」と言う日本語の楽曲解説が付いていて、楽曲(Sax)を"書"に例えていらっしゃいます。
(録音は細川さんが音楽監督を務められる"武生国際音楽祭"の2021, 2022, 2023の機会を使ったそうです)



Works for Saxophone
大石将紀(Masanori Oishi, sax)
大石さんは東京芸大出身、パリやアムステルダムでも学んでいるクラシック・前衛現代音楽のサックスプレイヤーです。2015年の大野和士/都響のB.A.ツィンマーマン前衛大作「ある若き詩人のためのレクイエム」にも出演されていました。(以前インプレした "Smoke" の紹介文を流用しています)

サックス以外のプレイヤーは 宮田まゆみ(shō, 2), イルゼ・エーレンス(Ilse Eerens, sop, 3), 吉野直子(harp, 4), 大宅さおり(piano, 5), 葛西友子(percussion, 5)になります。





thladwfsmo.jpg
amazon music unlimited


5. Vertical Time Study II (1993/1994) for tenor saxophone, piano and percussion
サックスは人の声、pfとpercは自然と宇宙だそうです。
静の空間を意識させられるパルス的な音の発出で、終始緊張感が漲ります。時に単音で、時にアルペジオで、時に強く、時に薄く、暗い空間に様々な音が響き渡ります。サックスはスラップタンギングやグロウル等々が使われます。


4. Arc Song (1999/2015) for soprano saxophone and harp
元はオーボエとハープの楽曲だそうで、サックスver.(2015)は大石さんによるそうです。音は沈黙から生まれて沈黙へ還る。一つ一つがアーチ形状で。
基本構成は上と同じで、静空間に音の発出です。楽器が二つになって単純化された事とハープの音の並びと響きがとてもサックスに合っているのがわかります。幽幻さがより強調されている感じです。

 ★試しにYouTubeで聴いてみる?


3. Three Love Songs (2006) for soprano and alto saxophone
詩は和泉式部の三つの歌から取られていて日本語です。
歌は旋律と抑揚を抑えていて歌唱と言うよりもトーンの長い語り風で、跳躍音も出したりします。そこに寄り添う様にサックスが幽玄な音色が着いて来ます。グロウルとスラップタンギングが印象的です。voiceは邦楽のモードでサックスは機能和声と言う組合せが面白いですね。サックスには旋律の反復が使われます。


1. Three Essays (2016/2019) for soprano saxophone solo
オリジナルはオーボエのソロだそうで、これも大石さんがソプラノ・サックス用にrev.したそうです。三つのパートには明確な構成があります。
I.は反復を伴った旋律とゆっくりと変化するグロウルで空間に音を広げて行き、音密度を上げています。最後は重音も入れている様です。II.では小刻みな音の旋律に変わります。ここでも反復を軸としています。III.はグリッサンドを生かした緩やかな音変化のラインで、邦楽和声の様なモードも感じます。重音も使われます。


2. Mei-an – Light and Darkness (2020/2021) for shō and tenor saxophone
大石さんの委嘱作品ですが、笙の宮田さんと大石さんの二人に献呈されています。笙がリード楽器だとは知りませんでした。
ここでも基本構成は反復になっています。二つの楽器は緩やかな旋律基本で絡み合う様に進みます。絡みはホモフォニーであったり対位的であったりと表情を変化させてどんどんと色濃くなります。幽幻の深みに入って行く様な流れで最後は静に回帰します。
11'強の楽曲ですが、もっと長くても良い様な…



作曲と演奏の両者が作り上げた完成度の高いアルバムです。静の空間を最大限活かす細川さんらしさが堪能出来、サックスの持つ表現力の深さを大石さんの演奏で楽しめます。

このアルバムではサックスを軸としたデュオ(2, 3, 4)が面白いですね。幽幻な世界をとても上手く聴かせてもらえる、オススメの一枚です。



 ▶️ 現代音楽の楽しみ方
 ▶️ 現代音楽CD(作曲家別)一覧
 ▶️ 北欧近現代音楽CD(作曲家別)一覧



テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽





プロフィール

kokoton

by kokoton

のらのらからみ   

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
ようこそ
カテゴリ
ありがとうございます