fc2ブログ

『マーラー 交響曲 第6番 "悲劇的"』«ネット配信» ラハフ・シャニ指揮/ロッテルダム フィル 2024年2月17日


Rotterdam Philharmonic Orchestra
Lahav Shani: cond.
今注目の指揮者シャニ、一月のパリ管とのマーラー6に続いて手兵のロッテルダムフィルハーモニー管弦楽団を振ったマーラー6です。
先週17(土)のLIVEでオランダの公共ラジオ局NPO Klassiekのサイトnporadio4からの配信です。


▶️ NPO Klassiek (公開期間は短いと思われます)





«ネット配信»
Mahler Symphony No. 6
"Tragic"


lsrpm624feb200.jpeg
[Live at Concertgebouw, Amsterdam, 17 Feb. 2024]


第一楽章
スッキリとした見晴らしの良い第一主題、パッセージはかなり鎮めてスローの間からアルマの主題を華やかですが重厚さを避けて広げます。提示部反復で僅かに色合いを濃くしている様です。
展開部も第一主題から第二主題へのコントラストはスッキリ感、再現部の主題はより明確に表情を作り、コーダの葬送もほどほど鬱にしてテンポアップで駆け抜けます。
重厚さ派手さ控え気味にスッキリ・クールな第一楽章です。

第二楽章
スケルツォです。主部主題はクールに抑え気味、第一楽章パロディ構成でしょう。トリオはスロー軽妙で落ち着いて、途中から少し揺さぶりますが変拍子はあまり強調しません。木管動機も流れに沿った落ち着きでまとめ、回帰でも殊更には色合いを強めません。

第三楽章
主部主題は抑え気味にややスローに弱いアゴーギク、哀愁感は入れません。第一トリオも表情変化を薄めに入り、続くピークはスロー静から広げますが淡々とした印象です。中間部(第二トリオ)も同様に明るい日差しをいっぱいにですが、嬉しさは届けません。後半のピークも気持ちは入れず、感情をコントロールした表情の薄いアンダンテです。

第四楽章
序奏は抑えた入りでタメを作りモットーを鳴らすとアレグロ・エネルジコで一気にパワーを乗せ、第一主題を疾駆させます。パッセージと絡み上げて進みますがクール、第二主題では約束通りに軽妙さで登場です。
展開部の第二主題は華やかに派手に鳴らして、行進曲は激しさをテンポアップで示して切れ味鋭く勇壮な流れを作ります。再現部も第一主題登場で大きく勢いを付けて、騎行は一気呵成のパワープレイで爆進。これを狙っていたんですね。
過度の興奮は避けつつシャープな最終楽章になりました。


最終楽章集中型のマーラー6です。落ち着いてクールな前半楽章、感情を抑えて表情を薄くした第三楽章、待ち構えるシャープな切れ味の第四楽章です。

興奮や豪華絢爛さを避けたクールな"悲劇的"ですが、全体が第四楽章の様な興奮は避けつつもシャープな流れなら更に良かった様な…



ダイジェストが見られます (1日前, 16日の模様で、アンダンテの一部です)



テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽





プロフィール

kokoton

by kokoton

のらのらからみ   

カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
ようこそ
カテゴリ
ありがとうございます