fc2ブログ

ファン必聴の『マーラー 交響曲 第6番 "悲劇的"』«ネット配信» クラウス・マケラ/RCO 2022年8月28日


クラウス・マケラ | ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
(Klaus Mäkelä | Royal Concertgebouw Orchestra)
2027年から首席指揮者就任が決まっているマケラがRCOを振るマーラー6ですね。
本録音は先日の日曜日(28日)に独ベルリン・フィルハーモニーでの演奏会ですが、19(金)はRCOのホールで、今日31(水)は独ケルンでも開催されます。

マケラが都響で同曲を振った7月のコンサートに行きたかったのですが、2021年3月の井上道義/東響を最後に個人的都合で現在コンサートは見合せ中。今回RCOとの一層詰めた内容で聴けるのは嬉しいですね。


▶️ WDR (公開期間は短いと思われますのでお早めに)





«ネット配信»
Mahler Symphony No. 6
‘Tragic’


マケラ コンセルトヘボウ マーラー6番
[Live at Philharmonie Berlin, 28 August 2022]


第一楽章
第一主題は少し抑え気味に入って勇壮さを増して、アルマの主題は華美に大きく広げてきます。展開部"烈→緩→勇"のコントラスト付けは緩急を色濃く締まり良く、まさに王道の流れです。再現部は約束通りに提示部をテンション上げて、コーダはオケの鳴りの良さを最大限引き出しました。

第二楽章
アンダンテですね。主部主題は少し哀しみを加えてスロー優美に、第一トリオは哀愁へ向かいます。スローでタメを作るように回帰の哀しみの山場を作ると、中間部(第二トリオ)はまさに垂れ込める雲の合間から差す陽光の如きです。曲の持つ性格を見事に表現していますね。

第三楽章
メイン主題の勇壮さは一楽章再現部の第一主題的、トリオはスロー軽妙メヌエットを変拍子を生かしたメリハリ付け、木管動機は大きな変化を避けて流れ重視しています。上手いですねェ。

第四楽章
個性が出る序奏も揺さぶりを排除して煌びやかに作り上げ、モットーで緊張感を与えアレグロ・エネルジコから第一主題をテンションアップ、勇壮そのものの行進曲で突撃!! パッセージと絡んで勢いを増して、第二主題の軽妙さも極端には落としません。提示部を聴き応えある流れに作りましたね。
展開部は第二主題を華々しく大きく響かせ、#1ハンマー後の行進曲は出し入れを使って心地良く勇壮!! 再現部は二つの主題後の騎行はハイテンポで入って激しくテンション高く、でも乱暴さは避けて見事です。コーダは興奮を鎮める様に鬱の色を出して、フィニッシュも落ち着いたまとめです。もちろん長い静寂の後には大きなアプローズが待っています。


変化球なしの王道完成形のマーラー6です。各パートのキャラクター表現はアゴーギクと言うよりもパート毎にテンポ設定を明確にする事で構築していますね。
変則的な解釈や個性的表現を一切排除しながらも凡百に甘んじない見事さが味わえます。

そして全体は艶やかでRCOらしさを感じますね。これがBPOだったらもっと重心を下げて構えるでしょう。またパリ管とのマーラー(下記第5番, 第9番)と比べても同傾向ながら完成度が上で、マケラとRCOの相性の良さがわかります。首席指揮者就任後は驚くような素晴らしい演奏を残すかもしれませんね。


マーラー第5番 マケラ/パリ管 2021年6月16日
マーラー第9番 マケラ/パリ管 2020年12月9日




テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽





ジェルジュ・クルターク(György Kurtág)の「カフカ断章」ファウスト[vn], プロハスカ[sop]


Kafka-Fragmente (György Kurtág, b. 1926)
Isabelle Faust: vn, Anna Prohaska: sop
ルーマニアの重鎮ジェルジュ・クルターグ、2022年現在96歳!!、がカフカが残した40の詩の断片を掻き集めて四部構成の楽曲にした作品です。ヴァイオリンとソプラノのデュオ曲で、パリ時代に影響を受けたマリアンヌ・シュタインに献呈されていますね。

クルターグの楽風変遷からすると本作の1987年は表現主義や点描的な流れから静音やトゥッティの組合せに変化する時代の作品になります。この時期は前者 無調シュプレッヒゲザングのpf, sop曲 "Drei alte inschriften Op. 25 (1986)" や、新しい空間音響系の後者 "...quasi una fantasia... Op. 27 Nr. 1 (1987/88)" も作っていますね。

個人的にはソプラノのアンナ・プロハスカが本アルバムを聴く一番の楽しみです。近年はアルファレーベルから意欲的な作品をリリースしていて、期待させてくれるDIVAですね。







Kafka-Fragmente, Op. 24, (1987)

Teil 1 19 parts
1度と3度の反復vnに弾んだsop、アルペジオが走りまくりながらシュプレッヒゲザングが暴走、強音のvnとsopの対位、無調のコラボ、突き抜け叫ぶsop、特殊奏法のvn、等々。基本的に無調で跳躍音型や点描音列配置的な古典的な前衛で、sopはシュプレッヒゲザング、vnは尖った演奏です。この激しさ自体 表現主義的ですね。

Teil 2 1 part
1パートですが唯一7'弱と長いフラグメントです。
蠢く様なvnのダブルストップ、暗闇を探る様なソプラノ、"Teil 1" とは明らかに異なるアプローチですね。空間音響系でシャリーノを思わせる様な印象も残ります。無調で変化率は低く、その流れがドロ〜ッと続きます。

Teil 3 12 parts
ここではvnに調性旋律が登場します。でも曲調は激しさを闘わせて、"Teil 1" の機能和声ver.の様相で多様性に舵を切っているのかも。sopはここでも無調で跳躍音型ですから印象は大きく変わりませんね。

Teil 4 8 parts
上記三つのTeil が混ざった様に登場します。全体をまとめるパートになっていますね。


 ★試しにYouTubeで聴いてみる?



"古典無調 - 空間音響 - 多様性"と言ったこの時代のクルタークの楽風パターンが組み合わされています。その変化内容がTeil 1から4で聴き分けられますね。

ファウストとプロハスカは凶暴なヴァイオリンとソプラノで対峙、全体としてはシェーンベルクの "月に憑かれたピエロ" に近いと言ったらわかっていただけるかもしれませんね。ちょっと懐かしい前衛を今の時代の二人で楽しめる一枚です。



 ▶️ 現代音楽の楽しみ方  ▶️ 現代音楽CD(作曲家別)一覧

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽





BBCプロムス 2022『マーラー 交響曲 第2番 "復活"』«web配信» サイモン・ラトル指揮 ロンドン響


サイモン・ラトル | ロンドン交響楽団
(Sir Simon Rattle | London Symphony Orchestra)
今年のThe Proms 2022からラトルとLSOのマーラー2"復活"ですね。
ソプラノとアルトはルイーズ・オルダー(Louise Alder)、サラ・コノリー(Dame Sarah Connolly)と言うプロムスではお馴染みの顔ぶれ、"BBC Radio 3"からの配信です。


▶️ BBC Radio 3 (2023年6月まで配信予定の様です)





«web配信»
Mahler Symphony No. 2
‘Resurrection’


PROMS2022RattleLSO-mahler2.jpg
[Live at Royal Albert Hall, 24 Aug 2022]


第一楽章
提示部第一主題は間を取って緊張感を湛え、第二主題は穏やかで爽やかに、コデッタは華やかさと激しさを見せて葬送に鎮みます。
展開部の前半はは第二主題を朝靄の夜明けの如く、後半は思考を巡らせるかの様な複雑さ、コラールの山場は勇壮で続くコデッタをバシッと締めます。
再現部は提示部よりも色濃く主題を鳴らして、コーダは葬送の鬱な暗さから一瞬の気持ちを濃く鳴らして鎮めますね。
強音パートで激しさを鳴らして色合いも濃く全体に表現力漲る第一楽章です。


第二楽章
主要主題は速めのメヌエットで優美。トリオでもその流れを継いで小刻みながら演舞曲の色合いです。回帰では約束通りに表現を強めて色濃く表現して、全体速めできっちり仕上げた感じですね。

第三楽章
主部はリズミカルな『子供の不思議な角笛』風の表現ですね。中間部は管楽器が華やかにファンファーレ風動機を鳴らし、コーダは切迫感から緩やかに力を抜いて納めます。

第四楽章
主部「原光」はアルトの濃厚さが薄めですが悪くありません。歌が入るここからがポイントで歌詞は必須ですね。中間部は天使の対応を転調で歌います。"神の元に帰る"のです。


第五楽章
提示部第一主題は大きく、hrの動機が明るさを鳴らします。第二主題の"復活の動機"は表情豊かに光を照らし。そこからの動機群は緩急で差別化してテンションをゆっくりと上げて行きます。
展開部"死者の行進"は変化を大きくつけた行進曲となって進みます。
再現部前半は主題を緩やかに鳴らして、木管の夜鶯が華やかな金管とのコントラストを聴かせます。
合唱が厳かな "Aufersteh'n, よみがえる" で現れてソプラノが浮かぶ様に切れ上がって登場。落ち着いたアルトが "O glaube, 信じるのだ" と歌い上げます。男声合唱からテンションを上げるとsop/alto重唱が光へ向かう気持ちを歌います。そこからは一気に怒涛の "Aufersteh'n, ja aufersteh'n wirst du" で復活を叫ぶように歌い山場を作り上げます。勿論ラストは感激的です。そう言う曲ですから。


全編濃厚表現のマーラー2でした。各パートの個性を最大限表現するパターンですね。その分ラストの「クロプシュトック賛歌 "復活"」が薄まったのは残念ですが、ラトルらしいタクトでしょう。

この曲の両極表現は "ラスト集中" と "全編コントラスト" で、その名盤はバーンスタインNYPとテンシュテットNDRだと個人的には思っていますが…



テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽





ジョセフィーヌ・オプサール(Josefine Opsahl)の「ATRIUM」エレクトロニクス処理のチェロ曲


ジョセフィーヌ・オプサール
(Josefine Opsahl, b. 1992)
デンマークのチェリストで現代音楽家ですね。
チェロはデンマーク音楽アカデミーで学びますが、米シカゴのノースウェスタン大学でも習っています。作曲家よりもチェリストとしての方が著名の様で、即興もこなしてジャズのフィールドでも活躍しています。

楽曲の方もエレクトロニクスを得意として、ライヴエレクトロニクスを駆使。アート&パフォーマンスも展開するのでインスタレーションの方向もあるのかもしれません。ポストセリエル時代を知らない30才、この年代がこれからの時代のメインストリーマーなのでしょう。



 ▶️ 現代音楽の楽しみ方  ▶️ 北欧近現代音楽CD(作曲家別)一覧




ATRIUM for solo cello and electronics
(compose, cello, electronics:Josefine Opsahl)
チェロとエレクトロニクスの楽曲で、デンマークの現代音楽を中心にリリースするDACAPOからの1stリリースですね。"アトリウム, 中庭"のタイトル通りそれを取り囲む様に今までの楽曲も使って構築されています。

ライヴ・エレクトロニクスは演奏しながらペダル操作でエフェクター(ディレイ, ループ, リヴァーブ, 等)処理しているとありますが、自分で演奏するならそれしかありませんw それよりもソフトをどこまでどの様に使っているかや、事前のサンプリングを利用しているかが気になる処ですね。







ATRIUM (2021)
1. PRISM I - 2. GAAER IKKE SOELS OG MAANES VEI NED UNDER DYBE HAV? - 3. 8 CIRCLES: PENDULUM - 4. LIQUID ENTITY - 5. INTIMO - 6. EVI - 7. TOWN WILL CHANGE TOWN WILL REMAIN - 8. KHGR - 9. RAUMA - 10. PRELUDE - 11. PRISM II

1.のソロ旋律は中華和声を強く感じますね。そこに厳しいノイズ音が絡んでいます。2.ではフレットを叩く特殊奏法?も表れてエレクトロニクスの複数vc演奏、楽曲自体はノイズを控えて中華動機の変奏曲風になっています。上手くエレクトロニクス処理されて面白いですね。

3.は反復変奏でミニマル風、5.では空間音響や倍音共鳴の要素も感じられます。6.ではグリッサンド強調、7.ではポリフォニーな構成があり、8.ではダークな森の中の様相や音の広がりを見せて来ます。
この全体構成だと事前サンプリングもソフトも使っているでしょうね。



モードでエレクトロニクスなチェロ変奏曲と言った感じでしょうか。中華和声の様なモードで、エレクトロニクスはエフェクトと多重音処理のバランス良く、動機(らしき旋律)を変奏した流れを作ります。その技巧的なバランスが絶妙ですね。

そしてプロorアマ, ジャンルに関係なくこのエレクトロニクス手法こそ今の時代のスタンダード、構成もミニマルやポップなイメージもあって '今が覗ける' 楽しい一枚ですね。

自分で何か楽器を使われる方にもgoodサンプルです。




オプサールのオフィシャルサイトから "4. LIQUID ENTITY" のビデオです


テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽





カスパー・ロフェルト(Kasper Rofelt)の室内楽作品集「Dichotomy」と言う二項対比音楽の難しさ


カスパー・ロフェルト
(Kasper Rofelt, b.1982)
デンマークの現代音楽家ですね。高校時代から音楽を習っていましたが、デンマーク音楽アカデミーでB.セアンセンやP.ノアゴーと言ったビッグネームに師事しています。スカンジナビア及びバルト諸国では知られた存在の様ですね。

音楽技法?的には二つの方向性(対比)があるそうで、一つは音の高さ(音調, pitch)でありもう一つは音色(音質, timbre)だそうです。



 ▶️ 現代音楽の楽しみ方  ▶️ 北欧近現代音楽CD(作曲家別)一覧




Dichotomy
Danish Chamber Players (Ensemble Storstrøm)
室内楽作品集ですね。楽器構成は多様で、デュオやトリオから編成違いの室内楽まで広がります。

紹介欄でもありますが"二つの対比"を使うのが基本で、タイトル "Dichotomy" 自体が "二分法, ダイコトミー"「二つの概念の矛盾または対立」です。
6. Sérénade pour Ionesco の四楽章 "Conversation avec Louis and Gustav" ではそのタイトル通りベートーヴェンとマーラー二人の楽曲をモチーフにコントラスト付けされているそうです。
そしてその6.以外は抽象(abstract)もしくは絶対音楽(absolute music)だとライナーノートにありますね。能書きが多いのはいかにも前衛現代音楽らしいですw







1. Dichotomy (2020)
part I.は無調のホモフォニーな絡みで抑揚が抑えられ、一昔前の点描音列配置の印象でしょうか。モチーフの変奏パターンも感じますね。
part II.では一層の反復変奏が明確になりますがミニマルと言うよりも無調点描的な印象が残されます。抑揚は強調されて印象は違いますね。


2. Entourage II (2013) for violin, horn and piano
1-II.に近い反復変奏の楽曲ですが、7年前のこの曲の方が調性感が強くフーガの構成も明らかでしょう。その分古い前衛の音列配置の印象は少な目かもしれません。


3. Forward! (2014/20) for the unusual instrumentation of the Bb contrabass clarinet, harp, piano and string trio
約2'のフラグメントで、Bbのバスクラがあって楽器の編成がいかにも前衛的です。モノリズム単音反復の徹底が面白いですね。


4. Around (2015) for cello and piano
2'弱のフラグメント風のデュオで、同じ動機の反復変奏です。


5. Stay (2012) for flute, clarinet, violin and cello
5'弱の小曲です。2.と近い年代で、同じ様に調性軸の反復変奏です。各楽器でホモフォニーに絡みながら進み、これはミニマルと言われても仕方ない楽曲でしょう。


6. Sérénade pour Ionesco (2009/19)
I. Ouverture - II. Berceuse - III. Intermezzo - IV. Conversation avec Louis et Gustav - V. Intermezzo - VI. A Room With No Windows or Doors

流れる様なアルペジオが、それまでの楽曲とは異なりますね。そして静とトゥッティ、モード風、特殊奏法、引用と言った新たな技法も入って来ます。新しい方向性を感じましたね。
IV.のマーラーは第9番第一楽章展開部の動機の引用だと思いますが崩して面白さがあります。


7. Cantando (2007/19) for eight instruments
静とトゥッティのバランスがここでも構成の軸になって、調性を微妙に崩した美しい動機が入って来ます。



反復変奏をベースに、古い点描音列配置的な印象やミニマル風で少々残念です。
3. 6. 7.に面白さを見いだせますが、K.ロフェルトの"二つの対比"の音楽理論的な奥深さが個人的には駄耳で味わえませんでした。



テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽





ジブオクレ・マルティナイティーテ(Žibuoklė Martinaitytė)の「Ex Tenebris Lux 闇から光へ」


Ex Tenebris Lux
(Zibuokle Martinaityte, b. 1973)
N.Y.在住リトアニアの女性現代音楽家ですね。"Saudade" と "In Search Of Lost Beauty" で紹介済みなので詳細割愛です。

今までに2013-19年の音楽変遷を聴いて、"陶酔系のポストミニマル"であり"空間音響系"も感じられますね。前者は米であり後者は欧と言う彼女の音楽環境が反映されているのがわかります。
今回はその後、2019-2021年の楽曲が並ぶので現在のマルティナイティーテの楽風が楽しめそうですね。オケはいずれも弦楽オーケストラで、1.はパーカッション 3.はチェロの協奏曲です。

演奏はカロリス・ヴァリアコイス(Karolis Variakojis)指揮、リトアニア・チャンバーオーケストラ。1.のパーカッションはPavel Giunter、3.のチェロはRokas Vaitkeviciusです。オール・リトアニアのセットですね。







1. Nunc fluens. Nunc stans 過ぎ行く今、残る今 (2020) for percussion and string orchestra
ロングトーン(ボウイング)とトレモロの組合せは静的環境音楽風、そこに鍵盤打楽器が色合いを添えて来ます。緩い流れに低弦音も加わりゆっくりとクレシェンドして音厚を増して行くと煌めく金属系の鳴り物が入ります。処々ドローンでもあって括って言えばアンビエントでしょうね。電子音楽ならエレクトロニカと言った風です。


2. Ex Tenebris Lux 闇から光へ (2021) for string orchestra
夕暮れの森に魑魅魍魎が蠢く様な低弦音、もちろんトレモロとロングトーン、が1.との気配を変えて鬱で妖しい流れを作ります。そして短い下降旋律が変奏されながら出現。空間音響的でもあり途中で音厚が増してマルティナイティーテらしい楽曲構成ですね。


3. Sielunmaisema 心の原風景 (2019) for cello and string orchestra
I. Winter - II. Spring - III. Summer - IV. Autumn
楽曲構成的には同じトリル・トレモロとロングトーンがベースで何処かアンビエント。聴く限りでは独奏チェロは弦楽奏に溶け込んでいる感じです。
特に"四季"を表現している感じではありませんね。(何処にいても変わらないと言う主旨がある様です)
面白いのはIII.でしょうか。穏やかなロングトーンの音変化の中にスローグリッサンドが入って、そこに調性を超える微分音とノイジーさが僅かながら感じられます。ほんの僅かですが、これが今回唯一の新しさでしょう。

 ★試しにYouTubeで観てみる?
  Hartmut Rohde cond. / Klaipeda chamber orchestraのLIVE映像です
  CDよりも高音でノイズ風のかすれた音色が強いですね



19, 20, 21年と言う近年作で基本は変わりませんがどこか瞑想的な方向性を感じます。少しアンビエント風でもありますね。

"トリル・トレモロ"そして"空間音響"そんな技法で、やっぱり"Beyond the post minimalism"の印象です。(勝手な造語ですがw)



 ▶️ 現代音楽の楽しみ方  ▶️ 現代音楽CD(作曲家別)一覧

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽





マーリン・ボング(Malin Bång) の「Works for Orchestra」欧実験前衛音楽の残映


マーリン・ボング
(Malin Bang, b. 1974)
スウェーデンの女性現代音楽家ですね。2012年のドナウエッシンゲン音楽祭(Donaueschinger Musiktage)で若手音楽家としての印象が強かったのですが今や中堅となりました。一時期はドイツに活動拠点を置いていましたが、今はスウェーデン(ストックホルム)に戻り創設者の一人でもあるCurious Chamber Playersの在籍作曲家も務めています。

B.ファーニホウ、G.グリゼー、P.マヌリ、と言ったビッグネームに師事していてアンサンブルや管弦楽、フィールドレコーディングを含むエレクトロニクス系の楽曲を得意としていますね。
方向性は特殊奏法のノイズそして即興的混沌、過去の演奏では電気掃除機が登場したりとかもあってパフォーマンスも見せていますね。
楽風はバリバリの欧エクスペリメンタリズム!!



 ▶️ 現代音楽の楽しみ方  ▶️ 北欧近現代音楽CD(作曲家別)一覧




管弦楽作品集
(演奏:下記ヴァリエーション)
本ブログでは個別楽曲で何回かインプレしているボング、実は本アルバムも過去の録音のピックアップ構成になります。テーマのある新作録音を期待したいですね。

演奏陣は豪華版です。これを見ただけでも聴いてみたくなります。
1. WDR Sinfonieorchester, Ilan Volkov: cond.
2. SWR Symphonieorchester, Uli Fussenegger: cb, Jonny Axelsson, perc. , Peter Rundel: cond.
3. SWR Symphonieorchester, Pascal Rophé: cond.
4. Klangforum Wien, Enno Poppe: cond.







1. avgår, pågår for symphony orchestra (2014)
特殊奏法のノイズですね。それらが時に即興ポリフォニー的に、時に空間音響的に表現されます。聴き慣れた前衛で少し時代を感じるのが正直なところでしょうか。


2. ripost for amplified contrabass and amplified objects with symphony orchestra (2015)
波打ち際の効果音??からいきなりポリフォニー炸裂、そして静とノイズのコントラストに入ります。特殊奏法オンパレードのノイズサウンドです。


3. splinters of ebullient rebellion for symphony orchestra (2017/2018)
これは2018ドナウエッシンゲン音楽祭のCDと同じですね。その時のインプレをここで再度残して起きます。

『溢れる特殊奏法のノイズ、そして即興的混沌、所謂(いわゆる)音楽ではありません。"グリグリギギギイィィィ"、でもこれがドナウエッシンゲンでしょう。少しボリュームを上げて、混沌の音の中に自分を置いてみる。そんな楽しみ方がピッタリ来ますね。師である上記三人よりもラッヘンマンの方向性かと。中間部で現れる手回しオルゴールの静的で美しい旋律が色合いを添えています。全体構成も良く楽しめますね。

 ★試しにYouTubeで聴いてみる?
  2018年のドナウエッシンゲン音楽祭の映像そのものです!!
  数々の特殊奏法を見る事ができます

 』


4. irimi for sinfonietta (2012)
ノイズ混沌の一番古い楽曲ですね。当時はまだこの世界にワクワク感があったのが脳裏に残っています。



完成度の高いノイズ系前衛ですが、20世紀後半に行き詰まった欧エクスペリメンタリズムポスト・セリエルの生き残りか残像か、その再確認になりました。

可能性を見せるのは最も新しい3.の中間部の展開で、ここは他の曲にない流れがあります。さて、この先のボングが何処へ向かうのでしょう? そこに興味が尽きませんね。



テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽





プロフィール

kokoton

by kokoton
.

    

カレンダー
07 | 2022/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ようこそ
カテゴリ
ありがとうございます