fc2ブログ

クロノス・クァルテット(Kronos Quartet)の「Mỹ Lai」と言う米国の葛藤を描く現代音楽


Mỹ Lai ソンミ村虐殺事件
(Jonathan Berger: composer, Harriet Scott Chessman: libretto)
"Mỹ Lai" はベトナム語で "ソンミ村虐殺事件" の事です。1968年ベトナム戦争で起きた米軍による民間人虐殺事件で、命令に反して救出に向かったヘリコプターの兵士ヒュー・トンプソン(Hugh Thompson)が語ったストーリーを元に本作品は作られました。

オリジナルのオペラからテノールとベトナム楽器/弦楽四重奏ver.にトランスクリプション、台本はハリエット・スコット・チェスマンです。

作曲は米現代音楽家ジョナサン・バーガー、演奏はテノールのリンデ・エッカート(Rinde Eckert)、カリフォルニアで活動するベトナム楽器奏者バネッサ・ヴォー(Vân-Ánh Vanessa Võ)、クロノス弦楽四重奏団です。







1.Mỹ Lai Lullaby - 2.First Landing: Flight - 3. First Landing: Descent - 4. First Landing: The Ditch - 5. Second Landing: Hovering - 6. Second Landing: Bunker - 7. Third Landing: Postcard - 8. Third Landing: Fishing

1.の冒頭はベトナム語のフィールドレコーディング。そしてアンプリファイド(多分)された弦のグリッサンドが中華和声の様な音を出すと語りは背景にまわり中華和声ポリフォニー混沌に。2.では電子ノイズから暗いエレクトロニクスがヘリコプターを表現、テノールが神に問いかけます。トリル・トレモロを軸に反復・変奏の流れです。3.では目撃した混沌をテノールと楽器が激しい演奏で表現されて、4.後半のラジオ放送引用(風?)の内容はまさに"The Ditch"の困惑さです。

この後も使われる技法は同様ですが、テノールの歌詞が軸となってこの問題を再度問いかける事が主たるテーマだと感じさせられます。特に6.問題シーンでは音楽よりも圧倒する内容でしょう



激しい弦楽四重奏を軸にしたテノールのモノドラマですね。ノイズ系・ポリフォニー混沌・エレクトロニクス(含むフィールドレコーディング)と言った前衛技法を駆使しています。無調でしょうが混沌の中に調性的な旋律感は感じられてモードもあり今の時代の多様和声でしょう。

米国の歴史的なテーマを掘り下げて音楽表現するドキュメント系、いかにも米現代音楽らしさですね。ストーリーと共に聴く価値のある素晴らしい作品です。




作曲したJonathan BergerオフィシャルのExcerptです


テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽





ウィーン国立歌劇場2019 オルガ・ノイヴィルト(Olga Neuwirth)の現代歌劇「オーランドー Orlando」をNHKプレミアムシアターで観る


オーストリアの女性現代音楽家オルガ・ノイヴィルト(Olga Neuwirth, b. 1968)の現代音楽オペラ『オルランド, Orlando』ですね。ノイズ系前衛のノイヴィルトですが近年力を入れているオペラが観られるのは嬉しい限りです。



(ダイジェストです)


ウィーン国立歌劇場初の女性作曲家作品で150周年記念委嘱作、また作曲だけでなく原作/脚本/演出/衣装を女性陣で揃えた事でも話題になりました。衣装はコム デ ギャルソンの川久保玲さんですね。

前衛音楽家の作品らしく指揮はその世界を代表するM.ピンチャー、ライヴ・エレクトロニクスが使われていてサウンド・エンジニアもいますから現代音楽そのものです。

原作は英小説家ヴァージニア・ウルフ(Virginia Woolf)による同タイトルで、そもそもが20世紀モダニズム文学を代表する作品です。

超あらすじ
16世紀のイングランド。エリザベス女王はお気に入りの若い貴族オルランドに永遠の若さを求めます。オルランドは年を取らないまま多くの失望を経験、トランス状態に陥ります。
気がつくと女性へと変身、ジェンダーギャップを感じながらも20世紀を見据えた執筆活動を始めます。そして結婚して子供を作り女性作家としての活動を続けます。



(既にDVD/BD化されています)


演出
ストーリーと音楽は前衛、衣装はファンタジー、舞台はプロジェクション・マッピング(以下PM)、いずれもそれを超えるアヴァンギャルドさはありません。それらしく見せつつ今の時代のオペラのヴァリエーションでしょう。

舞台・衣装
舞台は暗くPMが作り上げます。従って大道具はそれを映す大型ボード数枚がメインです。
衣装は近年多いファンタジーで、カラフルさとモノトーン。不可思議なストーリーにフィットしていますね。

配役
タイトルロールのK.リンジーは旧来のオペラの様な色濃い歌唱ではなくトーキングとの中間的です。理由は簡単、歌唱自体が無調、そしてオケも無調の前衛音楽なのでそれに乗ったアリア等が存在しないからでしょう。

他のメンバーも同じでナレーターは喋りですから、ソリストのコメントが付けられません。要は旧来的な音楽と歌手陣の歌唱を楽しむオペラから脱皮しているわけですね。

音楽
無調ポリフォニーの現代音楽で、旧来の主題や動機と言った心地良い旋律は存在しません。とは言え今の時代の多様性ですから調性感あるパートもありますが、その際もポリフォニー的に安定感を崩していますね。特殊奏法のノイズ系や空間音響系の様な技法はありません。

第二幕には20世紀考証パートにWWIIのスピーチ等のエレクトロニクス・コラージュもあり、B.A.ツィンマーマンが思い浮かびました。またロックバンドも同パートには登場しますが違和感は全くありません。その第二幕が音楽的にも一番興味深かったです。


"無調混沌系現代音楽に乗ったトーキング風、歌唱や音楽を楽しむ事は難しく、演技の表現力とストーリーを楽しむオペラです"
と以前なら思ったかもしれません。

でも、舞台・衣装・演技は今の時代の範疇、音楽的には前衛現代音楽ですが今更驚く事もありませんね。
不可思議なストーリーにフィットした現代の歌劇が楽しめました。



<出演>
 ・オルランド:ケイト・リンジー [Kate Lindsey, mez]
 ・ナレーター:アンナ・クレメンティ [Anna Clementi]
 ・守護天使:エリック・ジュレナス [Eric Jurenas, c-ten]
 ・女王/純愛/オルランドの子の友人:コンスタンス・ハウマン [Constance Hauman, sop]
 ・オルランドの子供:ジャスティン・ヴィヴィアン・ボンド [Justin Vivian Bond]

<合唱> ウィーン国立歌劇場合唱団
<管弦楽> ウィーン国立歌劇場管弦楽団 [Vienna State Opera Orchestra]
<指揮> マティアス・ピンチャー [Matthias Pintscher]
<脚本> キャサリン・フィルー [Catherine Filloux]
<演出> ポリー・グレイアム [Polly Graham]


収録:2019年12月18・20日 ウィーン国立歌劇場(オーストリア)

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽





レンブラント・フレリフス(Rembrandt Frerichs)の「ピアノ協奏曲第1番、第2番 」ジャズ&クラシック


レンブラント・フレリフス
(Rembrandt Frerichs, b. 1977 )
オランダのジャズピアニストで現代音楽家です。ベースはジャズミュージシャンですね。
オランダと米国で習っていますが、ジャズの他にも中近東の音楽にも興味があったようで、その後エジプトにも行っている様です。


 ▶️ 現代音楽の楽しみ方  ▶️ 現代音楽CD(作曲家別)一覧



Piano Concertos Nos. 1 & 2
(Alma Quartet, Dominic Seldis: cb, Vinsent Planjer: perc.)
今回の作品はロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団メンバー(Michael Gieler, va)による委嘱作品です。ピアノ協奏曲ですが室内楽コンチェルトですから かなりジャズ色が強そうな印象を受けますね。

当然というかフリーインプロビゼーションが採用されていて、レニー・トリスターノのスタイルを参考にしている様です。他にもフレリフスは古典のベートーヴェン等を引き合いにして"演奏"と"スコア"についての持論を展開していますが、割愛ですw

演奏はアルマ・カルテット 他RCOメンバーによるセクステット(弦楽+打楽器)で、pfはフレリフス本人になりますね。







1. Piano Concerto No. 1 (2021 ?)
8パート構成です。I.はpfがアルペジオの動機を反復変奏しながら調性の薄いアンサンブルと対話する様な印象です。コーダはロマン派の様な色も見せますね。II.はカデンツァでそのままpfが流れをキープ、フィルム・ミュージック風へと変化させます。III.ではドラムセットの様な打楽器が入りますが、ジャジーな流れは後半までお預け。ラストのパーカッションは面白いかもしれません。V.VIII.はバップ風ジャズ色でインプロビゼーションな流れにもなりますが、自由度があまり感じられません。これならハードバップかフリージャズの方が気が利いているでしょう。

その後もロマン派やフィルム・ミュージック、ジャズイディオムと調性を崩す流れの基本構成です。それぞれが入れ替わり登場するので今ひとつまとまらない印象が残ります。


2. Piano Concerto No. 2 Eternal Variating Alternations (2021 ?)
4楽章の協奏曲です。1st mov.はアレグロのジャズっぽいフィルム・ミュージック。2nd mov.も流れは似ていて新鮮さを窺う事はありません。3rd mov.も4th mov.も同じですね。
ジャンルなど関係ないのは承知としても、"ジャズ? or クラシック?" と言った割り切れなさを感じます


 ★試しにYouTubeで聴いてみる?
  レコーディングのセッション、一部映像です



クラシック音楽とジャズが旧来的な印象を超えられず新鮮なコラボは見つかりませんでした。

ストリング・クァルテットにジャズのピアノトリオ(pf, cb, perc.)が割り込んだ感じでしょうか。演奏(楽曲構成)では前者のセットの変化が弱いのが気になりましたね。



テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽





アルディッティSQで聴く ハンス・アブラハムセン(Hans Abrahamsen)の「String Quartets No. 1 - 4」


弦楽四重奏曲 第1-4番 (ハンス・アブラハムセン, b.1952)
アルディッティ弦楽四重奏団
デンマークの現代音楽家H.アブラハムセン。本ブログ注目のデンマーク若手・中堅現代音楽家がアブラハムセンを師として育っているのがキーですね。その他紹介文は先日"Schnee"をインプレした際に入れましたので割愛です。

今回は弦楽四重奏曲の第一番から第四番までで、現在のアブララハムセンの弦楽四重奏曲全曲になります。年代が1973-2012と約40年の隔たりがありますから楽風の変化も楽しめそうですね。今回も年代順に聴きます。(アルバム収録順はNo.です)

演奏は言わずと知れたアルディッティ弦楽四重奏団(Arditti String Quartet)です。2017年なので現行メンバー(Irvine Arditti 1st vn, Ashot Sarkissjan 2nd, Ralf Ehlers va, Lucas Fels vc)になりますね。







4. 10 Preludes [String Quartet No.1] (1973)
時代的には"前衛停滞期"の作品ですね。いきなりギスギスの無調混沌インプロビゼーションで入って来ます。でもその後すぐに調性を感じる旋律と単音反復が絡んできて、初期の多様性前衛音楽になっていますね。無調から機能和声に跨りますがそれらが絡む事は少なく、part 10では古典まで登場して古さや習作的な印象が残ります。


3. String Quartet No.2 (1981)
8年後の作品です。トリル・トレモロから入り、グリッサンドや対位的な流れになって行きます。ポリフォニーへと変化して、無調ですが全体が曖昧な調性感へと変化して来ているのがわかりますね。刺激的なパートも多くなり、この方が遥かに面白いです。ウストヴォーリスカヤばりのホモフォニーも出現します。


2. String Quartet No.3 (2008)
27年後の作品ですね。part I.は1'も無い短い機能和声のメヌエット風。II. は無調と機能和声が絡む幽幻な緩徐楽章、III. は古典の流れに戻り、IV. はII. の回帰的ですね。
全体ABABの構成でI. とIII. は1'弱。神秘的なpart II. とIV. は今の時代の多様性前衛になって来た感じです。


1. String Quartet No.4 (2012)
4年後になります。I. はフラジョレットと特殊奏法を生かした神秘的な緩徐のやりとり、II. はそこにピチカートが入ってリズムを刻むと反復旋律が対位的に絡みます。III. は微妙な調性感のピチカートで静的ホモフォニーに、IV. はII. の回帰的なスケルツォです。
興奮を排除した徹底反復変奏をベースに静の幽幻空間を作る今のアブラハムセンの音楽に辿り着きましたね。

 ★試しにYouTubeで聴いてみる?



アブラハンセンの楽風変遷そのものを味わえるアルバムです。それはまた前衛停滞期の'70年台前半から現在までの欧エクスペリメンタリズムの流れでもあるでしょう。

1. は無調と調性の試行錯誤、2. は無調ポリフォニー、3. は多様性の入り口、4. は今の時代の多様性(の一つ)。と明確にわかりますから、この時代の流れに興味のある方にもオススメです。

アルディッティSQは落ち着いた演奏です。かつてのメンバーなら2.などはもっとキレキレの音で迫って来たでしょうね。



 ▶️ 現代音楽の楽しみ方  ▶️ 北欧近現代音楽CD(作曲家別)一覧

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽





『マーラー 交響曲 第5番』 «ネット配信» グスターボ・ドゥダメル/サンフランシスコ交響楽団 2022年4月21-24日


グスターボ・ドゥダメル | サンフランシスコ響
(Gustavo Dudamel cond. | San Francisco Symphony)
人気指揮者ドゥダメルがSFSに客演で振った先月末のマーラー5ですね。
カリフォルニアKDFC/The San Francisco Symphony Broadcastからの配信です。web記載の"May 3, 2022"は配信日で公演期日はタイトルになりますね。


▶️ KDFC (配信期間は短いと思われますのでお早めにどうぞ)





«ネット配信»
Mahler Symphony No. 5

Dudamel_SFS-Mahler5-2022apr.jpg
[Live at DAVIES SYMPHONY HALL, 21-24.4.2022]


第一部
派手に鳴らすファンファーレ、スローで微妙に揺さぶる葬送。第一トリオの激しさはほどほど、第二トリオの哀愁も微妙な揺らぎですがフラットに聴こえます
第二楽章第一主題は速めのテンポで激しさを作り、第二主題は緩やかな優しさの哀愁でコントラストを作る上手い流れですね。展開部はvc動機を鬱に沈めて行進曲との明るさを対比し、再現部はそのまま再現的です。

第二部
スケルツォ主題は抑えめの演舞曲、レントラー主題は落ち着いた流れに。優美さは薄いです。第三主題はオブリガートHrも変奏パートも、一瞬の間を置いて入る展開部も 可もなく不可もなく。悪くは無いのですが気持ちが入って来ない感じです。

第三部
第四楽章主部は淡々とした静美、トリオも気持ちは抑えめになってクールでgoodなアダージェットでした。
第五楽章提示部は標準的な軽快感、展開部は落ち着いた流れから上げて、再現部主題パートは極スローの変則で今ひとつ。ところがラストからコーダを力感でまとめ上げ、アッチェレランドを大きく利かせたフィニッシュは大喝采です!!
完璧な帳尻合わせ大成功パターンですね。まぁそう言うラストなのですが。


最後を派手にまとめ上げたマーラー5です。アゴーギク・ディナーミクと変則パターンも振られて変化を付けますが、何処かよそよそしくて 訴えかけるものが薄く一体感に欠ける印象です。でも最後は一発逆転劇が待っていましたね。

これがこの曲の面白いところでしょう。だいたいコンサートで盛り上がらずに終わる事はありませんよね。



テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽





ラルフ・ホイヤー(Ralf Hoyer)の「residual_risk」と言うエレクトロニクス実験前衛


ラルフ・ホイヤー
(Ralf Hoyer, 1950/4/13 - )
ドイツの現代音楽家で、ハンス・アイスラー音楽アカデミーで音響工学(Sound Engineering)を学び、その後は東ドイツの芸術アカデミーで作曲を習っています。旧東ドイツ出身の様ですね。いくつかのドイツの前衛系の音楽団体の会長を務めて来ました。

年代的には前衛の停滞期に成人を迎えていて、1990年台にはインスタレーションの方向を見せます。その後はノイズ系の電子音響音楽を得意として来た様です。


 ▶️ 現代音楽の楽しみ方  ▶️ 現代音楽CD(作曲家別)一覧



residual_risk
(Ralf Hoyer: elec., Egidius Streiff: vn)
アルバムのサブタイトルに "selected electroacoustic compositions 2010-2020" とありますから、近年作品の電子音響音楽集ですね。

5.以外は完全な電子音楽で演奏もR.ホイヤー本人でプログラミングのソフトを使っていると思われます。5.は "for violin and 4-channel playback" とありヴァイオリン(エギディウス・シュトライフ)と本人のライヴ・エレクトロニクスでしょう。







1. Residual_Risk (2011/2013)
いきなりのスクラッチorホワイトノイズで、ザラザラ・プチプチ・ビビビビ、です。そしてハムノイズが被ります。
後半は空間を感じるドローン系の"音"が登場して来ます。フィールドレコーディングもある様ですが、全面的ノイズ表現のこのパターンは古さを感じてしまいますね。


2. 4Worte09 (2010)
4パート構成です。voiceサンプリングを使って変形させていますね。そこにキーボードを叩く様な音も登場、電子信号音も入ります。
1.の様な完全ノイズ系ではなくコラージュ的でB.A.ツィンマーマンを思わせますね。


3. ZEITgezeichnet (2010/2019/2021)
3パート構成です。左右を移動する電子信号音、そこに他の電子音が絡んで発展して行く。そんな感じですね。いわゆる音楽として聴こうと言う人には理解の範疇を越えるでしょう。


4. From_2_to_the_Power_of_0_to_2_to_the_Power_of_20 (20...20) (2020)
倍音の様な共鳴が存在して、初めて音楽方向の構成になっています。和声を論じてもいい様な、キラキラとしたロングートーンの絡みが最後はノイズに飲み込まれます。


5. Zustand 7 (2015)
vnの特殊奏法音がライヴ・エレクトロニクス(多分)で変形されて交錯して来ます。神経質なvnのトリル・トレモロが空間を飛び回ります。これは面白いですね。


6. Strichcode (Kann spuren von Musik enthalten) (2015)
ノイズや信号音が細切れ状態で出て来ますね。ブツブツと途切れている感じです。ただ前半の曲に比べると和声的な音階が存在しています。反復もあり、処々で調性も感じられますね。全体的には中途半端な印象かもしれませんが。



前半三曲はエレクトロニクス実験前衛系で、ノイズを主軸とした電子音響、空間音響、コラージュ、の"音"世界です。ただ斬新さに欠けるのはこの手の表現が使い回されているからでしょう。

後半は"音楽"方向が見えて、4.の煌めき感、5.のvnの発展性は興味深いです。この二曲は前衛現代音楽としての面白さを感じて期待が出来ますね。




自律型サッカーロボットにサウンドモジュールを搭載して電気音響
フィードバック. これがホイヤーの"インスタレーション"ですね

(サウンドはCDの前半三曲の様なノイズ系エレクトロニクスです)



テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽





エヴァン・ジポリン(Evan Ziporyn)の「ポップ・チャンネル Pop Channel」


Pop Channel
(Evan Ziporyn, transcription & cl)
本ブログではお馴染みの米現代音楽家のE.ジポリンです。つい先日もD.ボウイの名アルバムを現代音楽にトランスクリプションしたBlackStarをインプレしました。

本作品も近年50年間のポップヒット曲をモチーフにして、E.ジポリンのクラリネットver.(マルチチャンネル)にトランスクリプションしたアルバムですね。元々ジポリンのベースにはポップカルチャーがあるので今回も期待は大きいですね。







 01. Uncle Albert / Admiral Halsey [Paul McCartney]
 02. Ride Captain Ride [The Blues Image]
 03. Woodstock [Joni Mitchell]
 04. Along Comes Mary [The Association]
 05. Woodstock Improvisation / Villanova Junction [Jimi Hendrix]
 06. Shining Star [Earth, Wind and Fire]
 07. That's the Way of the World [Earth, Wind and Fire]
 08. Portrait of Tracy [Jaco Pastorius]
 09. I Live Above the Hobby Shop [McFabulous]
 10. Deadbeat Club [B-52's]
 11. Strawberry Letter #23 [The Brothers Johnson]
 12. Your Gold Teeth II [Steely Dan]


何と言っても昔懐かしい02ですねェ。若かりし時のヒット曲ですが、原曲の印象をハッキリ残したclアンサンブルに化けていますね。残念なのはサビの部分がボケてしまった事でしょうか。03も原曲の印象ですが変化率が低く、どこかもどかしい気がしてしまいます。

一番期待した05ではアクティヴな演奏が楽しめます。ジミヘンに倣ってディストーションさせた音色を発生させてギターをイメージしていますね。ただのclアンサンブル編曲とは一味違いますね。これがジポリンでしょう。

 ★試しにYouTubeで聴いてみる?
  その"05. Woodstock Improvisation / Villanova Junction" です


他に面白かったのは期待したジャコパスの08で、ポリフォニー&ホモフォニーの混在の様な面白いトランスクリプションでしたね。09もディズニー漫画の音楽の様なとても表情のある構成で楽しませてくれます。晩年 米で活動した時代のシェーンベルクが浮かびました。



全編クラリネット・アンサンブルになっていますが、個人的には二つのパターンに感じます。楽しいのは05, 08, 09の様な音楽技巧的を利かせたパターンですね。

それ以外は安定度の高いclアンサンブル編曲ですね。そちらはそれ以上でもそれ以下でも無い様な。有名ヒット曲をベースにしているので難しいのかもしれませんが、もっと崩してしまってもいい様な…



 ▶️ 現代音楽の楽しみ方  ▶️ 現代音楽CD(作曲家別)一覧

テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽





プロフィール

kokoton

by kokoton
.

    

カレンダー
04 | 2022/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ようこそ
カテゴリ
ありがとうございます