fc2ブログ

アンナ・ネトレプコ『闇に抱かれ, Amata dalle tenebre』微妙なイゾルデ



闇に抱かれ, Amata dalle tenebre
(アンナ・ネトレプコ Anna Netrebko, b.1971: sop)
今年50歳を向えた現在最高のディーヴァの一人アンナ・ネトレプコ。個人的には30代の頃の繊細なsopが意外に好きですが。

5年ぶりのリリースとは驚きで、もっと頻繁に出ていたかと思いましたがやっぱり聴いてみたくなりますね。
演奏はリッカルド・シャイー指揮 ミラノ・スカラ座管弦楽団、曲目は以下の通りです。

1. R.シュトラウス《ナクソス島のアリアドネ》「すべてのものが清らかである国がある」
2. ヴェルディ《アイーダ》「勝ちて帰れ!⋯神々よ、憐れみたまえ」
3. ヴェルディ《ドン・カルロ》「世のむなしさを知り給うたあなた」
4. ワーグナー《タンホイザー》「貴き殿堂よ」
5. チレア《アドリアーナ・ルクヴルール》「哀れな花よ」
6. チャイコフスキー《スペードの女王》「もうかれこれ真夜中⋯ああ、心配で疲れ切ってしまった」
7. プッチーニ《蝶々夫人》「ある日、わたしたちは見ることになるのよ」
8. ワーグナー《ローエングリン》「ひとりさびしく悲しみの日々を送り」
9. プッチーニ《マノン・レスコー》「独りぼっちで、破滅して、見捨てられて」
10. パーセル《ディドとエアネス》「ベリンダ、そなたの手を⋯土の中に横たえられし時」(ディドの嘆き)
11. ワーグナー《トリスタンとイゾルデ》「穏やかに、静かに彼が微笑み」(イゾルデの愛の死)







まずは入りの1. アリアドネは落ち着きを払ってmez風に、そしてヴィブラートを効かせてハイトーンで色付けします。2.のアイーダでは勇壮そのもので今のドラマティコの実力を見せつける様に、3.のエリザベッタも堂々朗々で表現力も濃いです。ヴェルディの重厚さがフィットしていますね。

4.のエリーザベトは伸びやかなsopを利かせ、5.ではアドリアーナを繊細なハイトーンで歌い上げて、6.のリーザはチャイコらしい後期交響曲風の音に乗って鬱美と、様々な表現力を披露して来ます。伸びやかなsopで表現力も十分な7.の蝶々夫人は今回の聴き処でしょう。

8.のエルザは明るく力強くて、もう少し鬱に歌っても良かったかもしれません。9.ではオケと共に哀愁を湛えた音楽に浸りますがネトレプコのマノンですから力感も仕込みます。一転10.ディドは哀愁を切々と歌います。この二曲のコントラストがいいですね。

ラスト11.はオケが前奏曲をかなり濃厚に奏でているのが印象的と言うか、何か違う様な。イゾルデも力強いsopで歌い上げて、演奏も歌も素晴らしいのですが何処か違和感が残ります。




その "イゾルデの愛の死" の映像付きですね
DGなので音は本CDと同じだと思います



どの曲でも同様な完成度があり少々お腹いっぱい感もありますが、ネトレプコらしいsopと表現が楽しめる一枚になっていますね。

良く知られた楽曲が並び、オケも前奏曲等のパートで濃い表現を見せてネトレプコのsopとフィットしていました。個人的には力の抜けた曲はそれなりにバランス良く聴きたかった感じがしますね。



テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽





大友良英さんが率いた"Ground Zero"の『革命京劇 Revolutionary Pekinese Opera Ver. 1.28』と言う前衛


Revolutionary Pekinese Opera Ver. 1.28
(Ground Zero)
ジョン・ゾーンの "COBRA" をインプレした時からこれも頭にありましたが、まさに今更中の今更…
でも、やっぱりインプレしておきましょう。ジャンルなど意味をなさない才能の大友良英さんがCOBRAをやったのを機に活動を始めたグループ "Ground Zero"(1990-1998) ですね。

フリー系のジャズを聴く方にはお馴染みの "Duo Goebbels/Harth"(アルフレッド・ハース Alfred 23 Harth, ハイナー・ゲッベルス Heiner Goebbels)のアルバム「Frankfurt - Peking (1984年)」の "Peking-Oper" を元にしていますね。(このDuoのアルバム"Live À Victoriaville"は楽しめます。Peking-Operも入っています → amazon)

メンバーはもちろん多彩なゲストやサンプリングを交えての独特の"音"世界です。







革命京劇 (1995)
1. Opening. Flying Across The J.P.YEN - 2. Consume Mao - 3. Rush Capture Of The Revolutionary Opera 1 - 4. Red Mao Book By Sony - 5. Crossing Frankfurt Four Times - 6. The Glory Of Hong Kong. Kabukicho Conference - 7. Paraiso 1 - 8. Anouncing Good News From The West - 9. Revolutionary Enka 2001 - 10. Grand Pink Junktion Ballad - 11. Crossing Snow Mountains With Yamaha Bike - 12. Rush Capture Of The Revolutionary Opera 2 - 13. Yellow Army, Beloved Of The Various Nationalities - 14. Triumphant Junction. Grand Finale - 15. International. Epilogue - 16. Paraiso 2

1.の奇妙なアジアンサウンドの反復にはもちろんノイズが混じり、サンプリングがライヴエレクトロニクスで飛び込んで来ます。そしてどんどんと音厚が増してクラスターのカオスが渦巻きます。この陶酔感がハンパない!!

2.でもグチャグチャですがバロック風クラシックを下敷きに放送サンプリングが溢れ、4.ではイケイケのリズム感がパーカッションで誇張。7では独特の浮遊感の流れとなり一呼吸のチェンジを入れていますが後半はフリーインプロビゼーション的カオスに、そしてラストは浮遊感回帰です。

9.では歌謡曲風ですがどんどん調性を崩しフリー化、14.は爆裂で、15.はチューンアウトのギターが面白く後半半分はプチプチノイズだけ。全16パート最後まで混沌サウンドが貫かれます。ラスト16.の奇妙なノイズ静空間も面白いです。

 ★試しにYouTubeで観てみる?
  1995年の渋谷 "La Mama" でのLIVEです。CDの方が強烈かも




各ジャンルの音楽を下敷きにしながら暴れて、放送やアジテーションや語りの様々なサンプリング、ノイズが被さります。反復を軸にそれらはグチャグチャに貼り合わされてカオス。完全完璧なコラージュですね

やっぱりB.A.ツィンマーマンの "ある若き詩人のためのレクイエム" を思い浮かべますね。20世紀前衛的ですが、今聴いても楽しめる前衛サウンドの一つです!!



 ▶️ 現代音楽の楽しみ方  ▶️ 現代音楽CD(作曲家別)一覧


テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽





ウィリアム・ボルコム(William Bolcom) の「Trio for Horn, Violin & Piano | Suite No.2 for Solo Violin」



ウィリアム・ボルコム
(William Bolcom, 1938/5/26 - )
米現代音楽家でピアニストですね。早熟で11歳でワシントン大学に入学して作曲とピアノを習っています。

1930年代生まれなので前衛最盛期の影響をもろに受けて、初期はバルトークに始まりシュトックハウゼンやブーレーズの方向を見せます。(ミヨーやメシアンには直接師事)
その後はポピュラーやジャズと言った米音楽との融合的多様性へと変化したそうです。

ピアニストとしては妻でメゾソプラノのジョーン・モリス(Joan Morris)とのレコーディング/コンサートでの活動がメインだった様ですね。



Trio for Horn, Violin & Piano | Suite No.2 for Solo Violin
(Steven Gross: hr, Philip Ficsor: vn, Constantine Finehouse: pf)
トリオとソロと言うシンプルな室内楽集で、いずれも5'以下の小曲の集合体です。

ジャケット裏の解説によれば "ホルン三重奏曲" はブラームスの同曲を現代化させたもの、"無伴奏バイオリンソロ組曲第2番" は名ヴァイオリニストのギル・シャハムに献呈された曲だそうです。







1. Trio for Horn, Violin & Piano (2017)
4パートのホルン・ヴァイオリン・ピアノの三重奏曲です。
音列配置点描的なpfで入って来ます。それは調性を崩した反復・変奏パターンで、hrとvnとホモフォニー的に連携しクレシェンド。セリエルの幻影を見ながら今風の衣を纏ったかの様です。
パートによりリズムや調性感の変化を見せますが反復・変奏とホモフォニーの基本構成は同じです。古臭さを残しながら今風で面白いかもしれません。

 ★試しにYouTubeで観てみる?
   2018-9/20の世界初演です。演奏は本CDと同じトリオになります



2. Suite No.2 for Solo Violin (2011)
9パートのヴァイオリンソロ曲です。
微妙な調性感の美しさのI.、強いボウイングと反復・変奏のII.、その後も反復・変奏の基本は変えずに調性の揺らぎを生かした美しさの無伴奏ヴァイオリンになっています。
各パートに技巧性も散りばめられていて、VIII.の様なインプロビゼーション的なパートもあるのでコンサート受けしそうな曲ですね。



時折調性を崩しながら機能和声的な流れの反復・変奏。特別な事はないのに聴いて魅力ある二曲です。

1.では古い点描音列配置風を残しながらのホモフォニーで、パートIVなど結構面白いですね。2.は聴いていてリラックス出来る感じでしょう。



 ▶️ 現代音楽の楽しみ方  ▶️ 現代音楽CD(作曲家別)一覧


テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽





ハンブルク国立歌劇場2021 オッフェンバックの歌劇「ホフマン物語」をNHKプレミアムシアターで観る


詩人ホフマンと四つの恋物語で一人多役の変則的なオペラ、ジャック・オッフェンバックの『ホフマン物語, Les Contes d'Hoffmann』本年9月のハンブルク国立歌劇場の新演出ですね。(ケイ/ケック版です)

演出のD.F.パスカはオリンピック閉会式やシルク・ドゥ・ソレイユを手掛けているそうですが、オペラでの知見はありません。



Official Trailer です


演出
まさにシルク・ドゥ・ソレイユです。舞台を上下左右に大きく使って光のファンタジア的です。特に第三幕アントニアではそのものでした。
オペラの専門家ではないので、ストーリーに手を付けたりだとかの前衛性はありませんね。各所少し弄っている様ですがこの作品の範疇内でしょう。

舞台・衣装
衣装は四つのシーン毎に変わるのですが、通してファンタジー風ですね。もちろん人が宙に舞います。舞台は煌めきがあって、埋め込みの間接照明を使ったりと光の処理が効果的です。そして第三・四幕の舞台は衣装と共にとてもファンタジーです。

配役
【女性陣】主役である四人の女性(オランピア他)を演じるO.ペレチャツコがやっぱり今回の主役でしょう。四役それぞれの役作りも声作りも流石でしたね。sopは見事に決めて、現在最高の一人である事を証明しましたね。オランピアは笑わせてくれましたが、アントニアがやっぱり一番だったでしょうか。
ミューズ/ニクラウスのA.ブラウアーは存在感がありましたね。とても伸び良いmezで、ジュリエッタのペレチャツコとの重唱"ホフマンの舟唄"もしっとりと聴かせてくれました。

【男性陣】タイトルロールのB.ベルネームはとてもフィットしていましたね。トーンの高い歌いや表情、そして演技。ルーテルの酒場で歌うクラインザックも良かったですね。
リンドルフ他を演じるL.ピザローニも奇妙な顔の化粧と長い爪で個性を放って上手い演出に感じました。その対役となるアンドレス他のA.ディキンソンは地味でしたね。まぁそういう役回りだと思います。

音楽
メリハリを強く感じましたね。とは言え流れを舞台から奪う様な印象はどこにもありませんでした。


ファンタジー系の「ホフマン物語」でした。今やストーリーにさえ手をつける前衛が増えてきましたが、このエンターテイメント的ファンタジーも'あり'で一つの流れを感じますね。
日本で言うと宮本亞門さんの「魔笛」もそんな感じでしょうか。

配役はやっぱりペレチャツコですが、そこにベルネームとブラウアーが見事に絡んで観応え・聴き応えある「ホフマン物語」になりました。第三幕「アントニア」は白眉、ラストもちょっと感激的でしたね。


  
【出 演】
 ・ホフマン:バンジャマン・ベルネーム [Benjamin Bernheim]
 ・オランピア/アントニア/ジュリエッタ/ステッラ:オルガ・ペレチャツコ [Olga Peretyatko]
 ・ミューズ/ニクラウス:アンジェラ・ブラウアー [Angela Brower]
 ・リンドルフ/コッペリウス/ミラクル/ダッペルトゥット:ルカ・ピザローニ [Luca Pisaroni]
 ・アンドレス/コシュニーユ/フランツ/ピティキナッチョ:アンドリュー・ディキンソン [Andrew Dickinson]
 ・ルーテル/クレスペル:マーティン・サマー [Martin Summer]

【合 唱】ハンブルク国立歌劇場合唱団
【管弦楽】ハンブルク国立歌劇場管弦楽団
【指 揮】ケント・ナガノ [Kent Nagano]
【演 出】ダニエル・フィンジ・パスカ [Daniele Finzi Pasca]


収録:2021年9月19・22日 ハンブルク国立歌劇場(ドイツ)


テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽





クリスタ・ルートヴィヒ:マーラー歌曲集『亡き児をしのぶ歌、リュッケルトによる5つの歌曲』の名盤



亡き児をしのぶ歌・リュッケルトによる5つの歌
(グスタフ・マーラー, 1860-1911)

クリスタ・ルートヴィヒ(Christa Ludwig, mez), カラヤンBPO
ここへ来て三人(ハルテロス | ガランチャ | 藤村実穂子)の "リュッケルト…" を聴きましたが、その度に本ルートヴィヒ/カラヤン盤の素晴らしさが思い出されました。

この古い録音('74)をアップするのはやめておこうと決めていたのですがカップリングの "亡き児…" も素晴らしいので、やっぱりインプレしておきましょう。

■"リュッケルト…"の最終完成5曲目*のオーケストレーションはマーラーではなく、■曲順は自由。■二曲共にTEXTはフリードリヒ・リュッケルトで、■作られたのは交響曲で言うと第5番と第6番の時代。です。






(右は交響曲第6番"悲劇的"とのカップリング盤です)


1. 亡き児をしのぶ歌, Kindertotenlieder (1904)
"1. Nun will die Sonn' so hell aufgeh'n (いま太陽は明るく昇る) - 2. Nun seh' ich wohl (いま私には分かるのだ) - 3. Wenn dein Mütterlein (おまえのお母さんが) - 4. Oft denk' ich (よく私は考える) - 5. In diesem Wetter (こんなひどい嵐の日には)"

1.はそれでも日が昇る無情と照らす光とのコントラストを明瞭に歌い、オケも抑えた音色で絡みます。ルートヴィヒはアルト風に感じますね。この曲の核心2.は湛える哀愁を静かに流れるが如く深く。時に溢れる悲しみを歌います。

3.では対位的なオケとアルトの立ち位置を明確に、でも寄り添う様に両者の関係を上手く構成させて聴かせています。カラヤンのタクトが生きている事が伝わりますね。

気分をチェンジする4.は緩いスケルツォ風に陰を付ける様に美しく、5.では "In diesem …" を繰り返しながら激しいアレグロ風に過去の不安を表現。後半を緩やかな心地に鎮めてラストの穏やかさに繋げています。

アルトの表情変化と常に寄り添うオケとの見事なバランスの"亡き児…"です



2. リュッケルトによる5つの歌, Rückert-Lieder (1903)
曲の並びは長いメインの二曲を1. と 5.に配していますね。
"1. Ich bin der Welt abhanden gekommen (私はこの世に捨てられて) - 2. *Liebst du um Schönheit (美しさゆえに愛するのなら) - 3. Blicke mir nicht in die Lieder (私の歌を覗き見しないで) - 4. Ich atmet' einen linden Duft (私は仄かな香りを吸い込んだ) - 5. Um Mitternacht (真夜中に)"

抑えの効いた穏やかで清廉なmezとオケの素晴らしさ、1.だけでこの曲の名盤と言っても良いかもしれません。2.もその流れを広げる様な緩やかなディナーミクの心地良さですね。歌詞の内容を緩く表現しています。

3.はマーラーらしい気配を上手くスケルツォ風に作り上げ、4.では菩提樹の芳香に酔う様な浮遊感をオケが作っています。

ラスト5.は唯一主部動機が明確ですが、それを生かした明瞭な流れを作ります。 "Um Mitternacht" を繰り返し真夜中の不安を朗々と歌うルートヴィヒのmez。それにピッタリ寄り添うカラヤンBPO。ラストはこのパートらしいコラールを大きく作って締めくくります

"1.は優しく、5.は締まり良く"。この曲のメイン二曲を見事に作り上げました



メゾソプラノとオケのフィット完成形の二歌曲ですね。スローと程良いディナーミクで表現するmez。抑えて寄り添うカラヤンBPO。三者が共有するストーリーにブレはありません。

この曲を聴く嬉しさがあってまさに名盤!
カラヤンの考えが見事に結実していますね。




テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽





藤村実穂子さんで聴く"ヴェーゼンドンク"と"リュッケルト"『ドイツ歌曲集』



ドイツ歌曲集
藤村実穂子 (Mihoko Fujimura, mez, b. 1966)
前回エリーナ・ガランチャの"ヴェーゼンドンク"と"リュッケルト"をインプレしたので、今更になってしまいますが藤村実穂子さんの同曲録音も残しておこうかと。マイナーver.のピアノ伴奏版(ロジャー・ヴィニョーレス: pf)になりますね。

藤村さんと言えばその表現力の素晴らしさ、そしてワーグナーでありバイロイトであり指輪でしょう。

でも個人的には藤村さんならではの「グレの歌」"山鳩"が好きですね。ヤンソンスとの録音ももちろんですが、2019年の大野和士/都響公演でも素晴らしかったです。

なお、本CDには他にシューベルトやR.シュトラウスもカップリングされていますが、インプレするのはメインとなる上記の2曲です。








ヴェーゼンドンク歌曲集, Wesendonck-Lieder
(Richard Wagner, 1813-1883)
"1. Der Engel (天使) - 2. Stehe still! (止まれ) - 3. Im Treibhaus (温室にて) - 4. Schmerzen (悩み) - 5. Träume (夢)”

1.では艶やかなmezで少しヴィブラートを効かせていますね。苦から天に昇るイメージが浮かびます。2.は力強く鋭く、3.は緩徐パートですが、藤村さんのmezは鋭さで不安を訥々と歌います。pfは抑え気味でコントラストがありますね。

4.は力強さですね。pfとmezが伸び伸びと絡み、痛みと感謝を表現しています。ラスト5.ではpfの穏やかな前奏に繋がる様に穏やかにシャープにmezが登場。複雑な'夢'を歌います。

ヴィブラートを効かせてmezらしい艶やかさのヴェーゼンドンクです。ややpfの方が前に聴こえるのが気になりますが。
個人的にはこの曲はオケver.の方が好みです。


"1.天使"です。演奏(2012)はハイティンクBPOと豪華版です
藤村さんのmezの伸びやかさもオケの広がりとフィットして見事👏
ちなみにCDの録音は2009年ですね




リュッケルト歌曲集, Rückert-Lieder
(Gustav Mahler, 1860-1911)
曲順は指定が無く自由。今回は短めの三曲を始めに、長い二曲は 重厚な "Um Mitternacht" から落ち着きある "Ich bin der…gekommen" で収めると言う流れにしていますね。
"1. Liebst du um Schönheit (美しさゆえに愛するのなら) - 2. Blicke mir nicht in die Lieder (私の歌を覗き見しないで) - 3. Ich atmet' einen linden Duft (私は仄かな香りを吸い込んだ) - 4. Um Mitternacht (真夜中に) - 5. Ich bin der Welt abhanden gekommen (私はこの世に捨てられて)"

1.から感情的に艶やかなmezを聴かせね。pfはちょっとフォローが弱い感じです。2.はpfが技量を見せてmezもそれに負けない様に歌う、そんな感じですね。マーラーらしさは一番強く出ているかもしれませんね。3.はpfがドビュッシーの様な音色を奏でて、mezも抑え気味に菩提樹の香りを歌います。美しいパートになりましたね。この2.から3.の流れが良い感じです

4.の主動機はpfでも違和感が少ないですね。mezはまさに美しく濃く歌われて、真夜中の物思いを表現します。繰り返し出てくる 'Um Mitternach' が印象的です。後半の盛り上がりはオケver.より落ち着きがありますね。
5.は落ち着きが強いパートですが、ピアノ伴奏ですと一層その感が強まります。

表現力を最大限聴かせる艶やかなmezのリュッケルトを味わえます。pfとのフィットもヴェーゼンドンクよりgoodですね。

ただこの曲はルートヴィヒ/カラヤンを超えるのが難しい事を今更ながら感じてしまいます。



艶やかで表現力のmezらしい声域が印象的ですね。ピアノ伴奏なので藤村さんらしいmezが一層強調されたのも確かです。

ただヴェーゼンドンクはオケの鳴りを背景にした方が歌が生きる気がします。このCDがオケver.だったらどう聴けたのか。あくまで個人的な印象ですが、もっと素晴らしかったのではないかなどと思ってしまいます。




テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽





エリーナ・ガランチャ(Elīna Garanča)が歌うワーグナーとマーラー『ライヴ・フロム・ザルツブルク』



Live From Salzburg
エリーナ・ガランチャ (Elīna Garanča, mez, b.1976)
ラトヴィアのディーバ、ガランチャですね。個人的に藤村実穂子さん他と並び好きなmezの一人です。

今年この二曲のカップリングをインプレするのは二回目ですね。前回はハルテロス/ゲルギエフ(ミュンヘンフィル)で切れ味のsopが印象的でした。

今回はクリスティアン・ティーレマン(Christian Thielemann)指揮、ウィーンフィル(VPO)の演奏で、これまた豪華な顔ぶれの一枚です。








ヴェーゼンドンク歌曲集, Wesendonck-Lieder
リヒャルト・ワーグナー (Richard Wagner, 1813-1883)
この曲は『トリスタンとイゾルデ』との関連が思い起こされますね。
"1. Der Engel (天使) - 2. Stehe still! (止まれ) - 3. Im Treibhaus (温室にて) - 4. Schmerzen (悩み) - 5. Träume (夢)”

1.では伸びやかなmezで晴れやかに天使を歌い、2.はシャープで美しいガランチャらしい声で聴かせ処になりましたね。ちょっとオペラのアリア風ですね。オケもバランスの取れた色合いを鳴らします。

3.はオケが"トリスタン…"らしさを奏でますが、ガランチャが表情濃く表現する複雑微妙な緩徐パート。4.でも軸は色濃い表現で、特にオケは出し入れ強く如何にもワーグナーと言った作り込みになっています。5.は少し抑えを利かせた印象になりますが、それでも極彩色の表現力は感じますね。



リュッケルト歌曲集, Rückert-Lieder
グスタフ・マーラー (Gustav Mahler, 1860-1911)
曲順は指定が無く自由、今回は以下です。
"1. Ich atmet' einen linden Duft (私は仄かな香りを吸い込んだ) - 2. Liebst du um Schönheit (美しさゆえに愛するのなら) - 3. Um Mitternacht (真夜中に)- 4. Blicke mir nicht in die Lieder (私の歌を覗き見しないで) - 5. Ich bin der Welt abhanden gekommen (私はこの世に捨てられて)"

1.から大人のアルト風にmezを聴かせね。オケは個々の鳴りを明確に背景を作っています。2.はオケと共に色濃くアリア風に愛を構成。3.は一番重厚な印象でしょう。ラストの動機も存在感が有って聴かせ処の曲ですが、これを中心の3.に持って来たのは面白いですね。個人的にはラストの印象です。

4.は軽妙なのですがアルト的な低さが短い曲に重厚さを加えましたね。ラスト5.は落ち着いた流れを持ってきましたが、オケもmezも重厚な色付けになっています。このパターンだと最後は静的に鎮めて穏やかさで終了ですね。

全体としてはmezと言うよりもアルトを聴かせるリュッケルトになりましたね。オケも濃い色を表現しています。


"5. Ich bin der…gekommen"です。抜粋ですが



カラフルで表現力の濃い歌曲集になりました。特にオケは出し入れを含めて色彩感ある表現力で、多少一本調子的な感も残るガランチャmezにフィット。総合力を感じました。

リュッケルトではガランチャがアルト的な表現力を見せて面白さがありましたね。ガランチャとティーレマンの個性が協調した歌曲アルバムでしょう。

ただリュッケルトには独特の清廉さの名盤 "ルートヴィヒ/カラヤン" が存在するので、それを凌駕するのはハードルが高いかもしれません。




テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽





プロフィール

kokoton

by kokoton
.

    

カレンダー
11 | 2021/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ようこそ
カテゴリ
ありがとうございます