FC2ブログ

『マーラー 交響曲 第2番 "復活"』 «web配信» エド・デ・ワールト指揮 ニュージーランド交響楽団 2019年11月22日



エド・デ・ワールト | ニュージーランド交響楽団
(Edo de Waart | New Zealand Symphony Orchestra)
デ・ワールトが音楽監督退任ツアーでニュージーランド響を振ったマーラー2番"復活"が、ニュージーランドの国営ラジオ局RNZから配信されています。
歌手陣はローレン・スノーファー(Lauren Snouffer, sop.), アンナ・ラーション(Anna Larsson, mez.)で、ラーションはアバドGD盤"復活"でも見事なアルトを聴かせてくれましたね。



▶️ RNZ Radio (公開期間は不明のため早めにご賞味ください)





«web配信»
マーラー 交響曲 第2番 "復活"

22Nov2019mahler2-NZSO.jpg

[Live at Michael Fowler Centre, 22 Nov. 2019]


第一楽章
第一主題と葬送行進曲は緊迫感を少し荒っぽく。第二主題ではナチュラルに長調にチェンジ、コデッタは第一主題を引きずる感じです。
展開部前半の弦楽もチェンジイメージは穏やかで、その後コデッタの山場も荒っぽく聴こえます。後半も基本は荒々しい第一主題を中心にして、コデッタクライマックスは激しいですね。よく聴くと、第一主題の荒さと第二主題の優しさをしっかりとコントラスト付けした素晴らしい楽章のはずですが、録音の悪さが足を引っ張って心地よく聴く事が出来ないのが大きな問題です。

第二楽章
主部は約束通りの宮廷音楽風、トリオでも洒脱さを利かせて、回帰の主部は色濃く。と、この楽章に特に個性を与えていないのもこの曲らしさでしょう。

第三楽章
主部は速さ抑揚共にSTDな『子供の不思議な角笛』、中間部も程よい明るさに、コーダはもちろん激しさですが控え目。淡々とした楽章にしていますね。

第四楽章
主部「原光」は低く伸びやかに説得力を見せるアルトが素晴らしいですね。中間部でもアルトの存在感が抜群です。

第五楽章
提示部第一主題は金管が激しい雄叫びを挙げ、緊張感の静からhrの動機が登場、木管の第二主題が"復活の動機"を落ち着いて出して各楽器にパスします。動機の絡みは厳しく緊張感を見せて、録音は最悪ですが流れは見晴らしの良さがありますね。
展開部は印象的な"死者の行進"を第6番の様に勇壮に奏でて快感があります。
再現部ここでも緊迫感を盛り上げてからの木管の"夜鶯"を出し、合唱は当然の静、ソプラノも浮かび上がる様に登場。アルトの "O glaube, Mein Herz" は濃厚で、男声合唱からsop/alto重唱が素晴らしい緊迫感を作ると、怒涛の山場を感激的に作り上げます。もちろん大ブラボーの嵐が待っています。


冒頭楽章と最終楽章に重心を置いた王道タイプのマーラー2です。淡々とした中間楽章を荒々しい第一楽章とビシッとした第五楽章で挟み込んでいます。

存在感抜群のラーションのアルト、ラスト切れ味あるsop/alto重唱からのフィニッシュ "Aufersteh'n, ja aufersteh'n wirst du" は感激的で、この曲の素晴らしさを見事に聴かせてくれたデ・ワールトに拍手ですね。

残念なのは非正規モノラルの様なひどい録音状態が足を引っ張っている事でしょう。



テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽





ベルンハルト・ラング(Bernhard Lang) の「Flute & Bass」モナドロジーとDW



ベルンハルト・ラング
(Bernhard Lang, 1957/2/24 - )
今や欧エクスペリメンタリズムのビッグネームの一人になるオーストリアの現代音楽家ですね。グラーツで作曲だけでなくジャズ、音楽以外の哲学や独文学を習っています。作曲はマティアス・ハウアー他に師事していて、もちろんダルムシュタットやドナウエッシンゲンでも活躍していますね。

楽風は反復を軸にした多様性現代音楽になりますね。エレクトロニクスも使います。



 ▶️ 現代音楽の楽しみ方  ▶️ 現代音楽CD(作曲家別)一覧



Flute & Bass
(Manuel Zurria, fl / Dario Calderone, cb)
今回はラングが進める二つの活動"モナドロジー"と"DW"で、フルートとコントラバスの楽曲ですね。

Monadologie モナドロジー】
ラングが進める引用(or 再構築?)のシリーズです。今までも色々な作曲家の作品を取り上げていて、ワーグナーのパルジファルを元にした歌劇パルツェフール"ParZeFool"は知られる処でしょう。

DW(Differenz/Wiederholung) 違い/繰り返し】
仏哲学者ジル・ドゥルーズの"Dif­férence et répétition, 違いと繰り返し"からタイトルを取って現在も進行しているプロジェクトで、ラングの中心をなす"反復"のシリーズです。







1. Monadologie XVI, "Solfeggio" (2011) for flute
モナドロジー16 "ソルフェージュ" はフルート奏者でもあったフリードリヒ2世再構築だそうです。
5'ほどの小曲で、様々な奏法を絡めた動機の徹底反復ですね。ちょっと日本の祭囃子の様なパートもありますが、流れに変化が乏しく一本調子に感じます。原曲の問題もあってか面白さが伝わりません

 ★試しにYouTubeで観てみる?
  演奏はDaniel Lemer (flute) です



2. DW 25, "…more Loops for U." (2015) for double bass
もちろんコントラバスでの変奏曲ですが、フリーインプロビゼーション的な流れも存在します。フルートよりも音色に自由度があるので面白いですね。ピチカートとボウイングを同時に鳴らしたり、胴か何かを叩いたり、声をあげたりと、奏法的にも色々やってくれます。一人芝居の様な音楽になっている感じですね。同じソロ曲ですが、1.よりも面白いです。


3. DW 22, "Winterlicht" (2010) for bass flute and double bass
  I. Erster Satz - II. Zweiter Satz - III. Dritter Satz
2.をデュオにした様なpart I.で、表情豊かな音色を絡ませて進みます。時に強く時に弱く、構成は反復が主体ですが同じ動機が全体に使われているわけではないので飽きは来ません。II.は緩徐的に入って調性軸足多様性の幽玄さ、今の時代の主流的印象です。III.ではジャジーな流れがあります。それでもI. II. からの変化としては平凡で、結局最後はソロ・デュオ曲での限界を感じてしまいました。



旧来の前衛の印象を拭う事ができず、新鮮さや面白さが見つかりません。まさに欧エクスペリメンタリズムの行き詰まり感満載です。

本アルバムでの印象なので、B.ラングのソロ・デュオ曲は自分にフィットしないと言う事なのだと思います。2015年の2.がまだ面白いので個人的嗜好期待は出来るかも…




テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽





スザンナ・マルッキの表現力が光る「ベーラ・バルトーク:青ひげ公の城」

近年のマルッキは目が離せませんね。同じBISのバルトーク「かかし王子・中国の不思議な役人」も良かったですし、CD化はされていませんがロサンゼルス・フィルとは素晴らしい「マーラー第5番」を披露しています。


青ひげ公の城 Bluebeard's Castle
(ベーラ・バルトーク, Béla Bartók 1881-1945)
初期作品(1911, Op.11)で唯一のオペラ(一幕/1時間)、幽玄でミステリアスな曲です。各部屋(パート)に見られる血の問題やハンガリー語の問題はありますが、対訳等で基本的なストーリーがわかっていれば楽しめる好きな楽曲です。

■以前インバル/フランクフルト放送響、ブーレーズ/シカゴ響との比較も残してあります。最後に比べておきましょう。

演奏はスザンナ・マルッキ[Susanna Mälkki]が主席指揮者を務めるヘルシンキ・フィルハーモニー管弦楽団。青ひげ公はミカ・カレス[Mika Kares, baritone]、ユディットはシルヴィア・ヴェレシュ[Szilvia Voros, sop.]です。







1. プロローグ〜オープニング
ゲーザ・シルヴァイの口上は落ち着いて淡々としています。カレスの青ひげ公は朗々としたバリトンで押しが強い感じ。ヴェレシュのユディットは美しいソプラノで若々しさが強いですね。演奏はディナーミクを利かせています。

2. 第1の扉 [拷問部屋]
冒頭を速く緊張感を強く入れてユディットの驚きを上手く表現しています。朝の光からユディットの落ち着いた歌いで次の扉の鍵を要求するのがわかりますね。

3. 第2の扉 [武器庫]
ここでも光が入ると流れが落ち着いてストーリーの展開が明瞭に作られます。ソロの二人も表現バランスがオケとフィットしてイイですね。

4. 第3の扉 [宝物庫]
ここまでの扉は類型的な構成になっていて、この扉が一番短く(2'台)淡々とした流れです。

5. 第4の扉 [秘密の庭]
主題の変奏が続き、ユディットと青ひげが伸びのあるソロを絡める聴かせ処はいいですね。そこからオケ強音パートに入って緊迫感を上げて青ひげが扉を開く様に示唆する様子を音で感じさせます。

6. 第5の扉 [領土]
ここから3パートがこの曲のメインでしょう。冒頭のユディットの驚嘆をオケが力強く消し込み、青ひげは主題を背景に朗々と歌い、ユディットの静のソプラノと見事に二人の対比を見せますオケは強めにコントラストを付けますね。

7. 第6の扉 [涙の湖]
この曲のメインです。入りからオケはユディットの疑惑(前妻たち)を感じさせる陰鬱さを奏でます。細かな音色の表現力が上手く、目の前に舞台がある様な印象を受けますね。ユディットは気持ちを殺して淡々と、青ひげの少し引いた気配も上手いです。後半ユディットが疑惑を問い詰める緊迫感と青ひげの絶望感のコントラストも見事に決まります。

8. 第7の扉 [妻たち]
6の扉の延長上の流れから語る青ひげの説得力と勝利とも思えるバリトンが聴けます。ユディットも揺れる気持ちを歌いますが、二人のフィット感がありますね。ソロ二人は重唱も含めてこのパートが見事です。全てを受け入れるユディットから最後の青ひげの呟きは、そのシーンが浮かぶ様ですね。



マルッキらしい舞台情景が浮かぶ様な表現力が発揮されていますね。ディナーミクを使ったコントラスト付け、二人のソロも陰鬱さよりも舞台映えのvoiceを感じてそれにフィットしています。オケが強めなのも実舞台に近い印象を受けますね。

所有盤と比較すると
【ブーレーズ】ユディットが強く、明瞭で濃厚
【インバル】青ひげ公がサイコパスで、静で陰鬱
【マルッキ】バランス良いソロ二人、ストーリー性強調

情景が見事に表現されるマルッキ、捨てがたいインバルの官能的陰鬱さ、そんな感じでしょうか。一枚と言われたらこのマルッキかもしれません。




テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽





ロビン・デ・ラーフ(Robin de Raaff) のオラトリオ「アトランティス, Atlantis」



ロビン・デ・ラーフ (Robin de Raaff, 1968/12/5 - )
オランダの現代音楽家ですが、若い頃はベーシストでジャコ・パストリアスに影響されていたそうです。従ってインプロビゼーション系の演奏スタイルから楽曲を譜面に起こす様になり、最終的に作曲家へ向かった様ですね。その方向性が楽風に及んでいると面白そうです。
作曲はオランダの他ロンドンでも学んでいて、現在はロッテルダム芸術大で指導にあたっているそうです。



 ▶️ 現代音楽の楽しみ方  ▶️ 現代音楽CD(作曲家別)一覧



Atlantis, アトランティス
オラトリオで "ピエール・ブーレーズの思い出に" のサブタイトルが付いています。デ・ラーフがこの作品を書いている時に亡くなったからだそうです。

TEXTは米の詩人ハート・クレイン(Hart Crane)の最も難解な詩「Bridges」を元にしていて、タイトルもそこから来てます。なんでも、そのAtlantisに現在の海面上昇の問題を重ね合わせプラトンのTEXTも採用しているそうです。最後は、洪水被害の生存者の呻き声だとか。

ソプラノ, バリトン, 2台のハープ独奏, 混声合唱, 管弦楽で、指揮はマーラーでもお馴染みのマルクス・シュテンツです。







[1]序奏 [2]"アトランティス" [3]間奏曲I, "そしてその綱を通して..." [4]"汝の愛を確かにせよ..." [5]"そして、さりげなく右斜め上のキャリアバーを..." [6]"歌のアーチよ!" [7]"嵐の様に、さらば煌めく惑星の高みへ..." [8]"広がる深淵から、叩きつけられる恐怖..." [9]"聖歌隊よ、昇天させる時..." [10]"対になったサナギ..." [11]間奏曲II, "世俗な光の素早い響き..." [12]"言い表せない汝のBridge、愛よ" [13]"1つの歌、1つの火のBridge!" [14]最後に, "直ぐに一つの激しいうねりの中 それはなくなった"

聴く限りでは機能和声のオラトリオで前衛ではありません。本当の処はスコアを見ないと分かりませんが。昇音階を主とした動機も存在して変奏曲の様な印象もありますね。流れは緊迫感がありシャープな印象ですが、前半は変化が少ないイメージが残ります。

ソプラノはやや弱く、バリトンはトーンが高めで腰高な印象です。後半ではソプラノには尖った高音域が、バリトンには力感ある低音域が登場してオラトリオらしさを聴かせてくれますから、聴き処は[9]以降でしょう。楽曲の変化も後半の方が大きく聴き応えがありますね。

全体的に良かったのは演奏で、切れ味と煌めきのある流れを作っていました。


2016-9/23の世界初演、本CDのLIVEシーンです!

映像があると印象がupするかもw



メリハリ感の強い新古典主義的なオラトリオですね。今の時代のクラシック音楽で、違和感なく楽しめる感じです。特に後半の表現力ある流れがgoodでした。




テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽





ハヤ・チェルノヴィン(Chaya Czernowin) の「Heart Chamber」ノイズ系前衛音楽オペラの最先端


今注目の現代音楽家C.チェルノヴィン、初演情報から長く待ったオペラ作品がいよいよリリースされました。ベルリン・ドイツ・オペラの委嘱作品で世界初演の「ハート・チェンバー」です。


Heart Chamber, ハート・チェンバー
ハヤ・チェルノヴィン (Chaya Czernowin, b.1957)
イスラエル人の女性現代音楽家ですが、現在は米在住でハーバード大で教鞭をとっていて 今の若手米現代音楽家の指導者としての顔も大きいですね。作曲も指導も注目の現代音楽家の一人でしょう。楽風は空間音響系からノイズへとシフトして来ている感じです。

チェルノヴィンと言えば 2006年ザルツブルク音楽祭 『ZAIDE・ADAMA』でモーツァルトの未完オペラの"ツァイーデ"に自らの"アダマ"を組み合わせる再構築で新しい世界を作ったわけですが、今回もその延長上の様な表現になっている様です。演出も同じクラウス・グート(Claus Guth)ですね。

本作品は台本もC.チェルノヴィン、指揮のJ.カリツケは好きな現代音楽家の一人でもありますが 今回の指揮者はぴったりですね。オケ、室内楽、エレクトロニクスを含めた演奏です。



(左: DVD, 右: BD, 日本語字幕付きです)


■ 物語の構成 ■
メインロールは '男女' とその '心の声' の四人、一役が二人で表現されます。
街の階段での出会い、そこから二人の愛の 許容と拒否、欲望と拒絶、信頼と反目、そして別れと孤独を表現します。所謂(いわゆる)ストーリー性はありません。

最後は冒頭の出会いのシーンに回帰しますが、同じ接触にはなりません。エピローグは互いに惹かれる二人のシーンで、彼女と内なる彼女が揃って "I love you" と彼に発して終わります。


Official trailer です





音楽
完全に前衛実験音楽です。従って主題の様な明瞭な旋律や、心地よいアリアと言った旧来のオペラらしさは存在しません

基本はノイズ系前衛音楽で、そこに空間音響系の流れが加わります。風呂場のコケのシーンでは"彼女"が意味不明のvoiceを出し、クラスター, トゥッティの様な大音響が空間を埋め尽くすと言った変化も混じえてきます。他にも冒頭で目を引くコントラバス・ソロをフィーチャーし、特殊奏法も含めて個性を与えているのも面白いですね。映像なしの音楽だけで聴いても素晴らしいでしょう。

歌唱はトーキングを交えて主として鬱な表現しています。解説にある様なシュプレッヒゲザング、例えば"月に憑かれたピエロ"の様な、ではありませんね。流石に歌は前衛性は低く、ノイズの様な特殊声法?や微分音の様な難易性はありません。

演出
音楽が前衛で、TEXTも抽象性が高いので、演出はシンプルです。特徴的なのはプロジェクション・マッピングが大きく使われて、そこに抽象的な映像が流される事で言葉に表現出来ない二人の心象を表すようになっている事でしょう。
細かい処では四人のメイン以外はスローモーション的な動きになっていたり、動きが巻き戻されてループの様に表現されるのも混沌とした虚いを表現していますね。

舞台・衣装
舞台は大きく二つのパターン。一つは二人が舞台の左右に配されて心象を、もう一つは階段を中心とした舞台で時間的な動きを存在させるパターンですね。
衣装は今の時代のシンプルさ。'内なる声'の二人は黒の衣装ですね。

配役
アリアや重唱と言った聴かせ処がある訳ではなく、愛や嫉妬を強く表現する事もないので、特に誰がどうのはありません。役も特別の表現はありませんね。
ただ、"voice"と言う語りのsop.が居たり、"彼の内なる声"がカウンターテナーだったりと混乱しそうです。


前衛現代音楽の最先端のオペラですね。現代音楽オペラは数々ありますが、どうしても不協和音の展開の様な前衛とまでは言えない作品が多くなります。本作品はノイズ系前衛現代音楽にあって新鮮な作品になりました。

構成としては、二つの共存(今回は本人と内なる心)を "同一舞台に二人配置" で表現する「ZAIDE・ADAMA」の延長上です。C.チェルノヴィンのオペラ・スタイル進化形ですね。



<配 役>
 ・彼女:パトリツィア・チョーフィ [Patrizia Ciofi, sop.]
 ・彼女の内なる声:ノア・フレンケル [Noa Frenkel, mez.]
 ・彼:ディートリヒ・ヘンシェル [Dietrich Henschel, baritone]
 ・彼の内なる声:テリー・ウェイ [Terry Wey, countertenor]
 ・声:フラウケ・アウルベルト [Frauke Aulbert, sop.]


<指 揮> ヨハネス・カリツケ [Johannes Kalitzke]
<管弦楽> ベルリン・ドイツ・オペラ管弦楽団
<室内楽> アンサンブル・ニケル [Ensemble Nikel]
<ソロ・コントラバス> ウーリ・フッセネッガー [Uli Fussenegger]
<エレクトロニクス> SWR エクスペリメンタルスタジオ・フライブルク

<演 出> クラウス・グート [Claus Guth]


収録:2019年11月13, 26, 30日

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽





プロフィール

kokoton

by kokoton
.


    


カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ようこそ
カテゴリ
ありがとうございます