FC2ブログ

ウラジーミル・マルティノフ(Vladimir Martynov) の『ユートピア交響曲 (UTOPIA)』ミニマルとマニエリスムの美しさ



ウラジーミル・マルティノフ
(Vladimir Martynov, 1946/2/20 - )
ロシア前衛音楽の推進者の一人ですね。モスクワ音楽院で習い、初期は十二音技法やセリエルのスタイルだったそうです。その後、ロシア前衛のグバイドゥーリナやシュニトケ達と顔を合わせています。ロシア民族音楽への傾倒から民族音楽学者となって、宗教への興味も持つ様になり、ロシア正教会聖歌を学びながら米ミニマル音楽を統合するマルティノフの楽風を構築していきます。


 ▶️ 現代音楽の楽しみ方  ▶️ 現代音楽CD(作曲家別)一覧


UTOPIA
London Philharmonic Orchestra (Vladimir Jurowski, cond.)
この作品は2005年の交響曲 "シンガポール:地政学的ユートピア" と言う作品のリメイク版になりますね。当時の駐ロシアのシンガポール大使Michael Tayからのシンガポールを祝う為の委嘱作品だったそうで、老子の"老子道徳経"を元にユートピア思想を描いているそうです。

演奏はロシア生まれのウラディーミル・ユロフスキが主席指揮者を務めるロンドン・フィルハーモニー管弦楽団です。他に合唱・ヴァイオリン独奏・語り手(speaker)が入りますね。







1. ユートピア交響曲 (2019)
2part構成です。手拍子と合唱の反復から入るのが面白いですね。すぐわかるのは機能和声のミニマルもしくはポスト・ミニマル音楽だと言う事です。音の響きは確かに宗教曲の和声を感じるものがあります。米ミニマルや同じく宗教とミニマルを合わせせたA.ペルトとはまた異なるミニマル路線を感じますね。

殆ど変わらない、歌詞は変わっていきますが、曲調がどんどんと楽器数も増えながら音の厚みを増して行きます。ありげなパターンではありますが、陶酔的でどことなくケチャの様でもあります。中間部(トリオ)の様な変化がやって来ますが、変化は小さいですね。一部露骨にグラス風のミニマルになるのが面白いです。

大きな変化は合唱に替わってvnの反復も出て来ると英語の語りがアジテートして合唱団が追従するパートですね。その後は曲調の変化があります。"part II"は平和で美しく穏やか、まさにユートピア。陶酔的なミニマルではなく、主役は反復からメロディーラインの美しさとなります。ミニマルと言うよりもマニエリスムの楽曲でしょうか。捻くれた心が洗われる様ですw


 ★試しにYouTubeで聴いてみる?
  全曲聴く事が出来てしまいますw



明るく陽気で賛歌的なミニマルの"Part I"と、美しく穏やかなマニエリスムの"Part II"です。前衛性はゼロですね。

"Part II"の様な美しい調性旋律に普段は興味は湧かないのですが、通して聴くと心が穏やかになる気がします。一度YouTubeで聴いてみてはどうでしょうかw




テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽





プロフィール

kokoton

by kokoton
.


    


カレンダー
11 | 2020/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ようこそ
カテゴリ
ありがとうございます