FC2ブログ

クリスティアン・ティーレマン(Christian Thielemann) の振る『グレの歌』ストーリー性の高さが光ります

今年最後のインプレは、このCDが発売予定に入った時から決めていました。個人的に最も好きな楽曲の一つで、ティーレマン指揮ですから。


Gurre-Lieder グレの歌
Arnold Schönberg (1874-1951)
アルノルト・シェーンベルクの後期ロマン派色濃い歌曲。初期に手掛けて完成は無調時代と言う「グレの歌」ですね。作品詳細は割愛です。

今やバイロイトを席巻するクリスティアン・ティーレマン(Christian Thielemann)が音楽監督と首席指揮者を務めるシュターツカペレ・ドレスデン(Staatskapelle Dresden)にグスタフ・マーラー・ユーゲント管を加えて大編成オケで録音したグレの登場です。

歌手陣は日本でもお馴染みですが、クラウスにはヴォルフガング・アプリンガー=シュペルハッケを起用。2015年のガードナーとの録音で同役を見事にこなしていますね。

この曲は下記聴き比べをしています。もちろん今回のCDも入れてあります。



 ▶️ 『グレの歌』14CD聴き比べ








ヴァルデマル王 (ステファン・グールド, Stephen Gould)
情景に応じたオケとの同調がいい感じで、スマートなテノールもヴァルデマルらしさがありますね。"馬よ!…"や第二部の神に対峙する姿勢も激しさより切れ味です。第三部"トーヴェの声で…"の「Tove, Tove, Waldemar sehnt sich nach dir !」は素晴らしくグッと来ます

トーヴェ (カミッラ・ニールンド, Camilla Nylund)
第一印象 初曲"ああ, 月光が…"で感じる優しさがトーヴェらしく、"星は歓びの…"では良く通るsopでヴァルデマルを待つ気持ちが伝わります。優しさと感情表現のバランスが良く、"あなたはわたしに…"は素晴らしいです。

山鳩 (クリスタ・マイヤー, Christa Mayer)
影の主役とも言うべきmez、ここでは少し控え目の表現に感じますね。トーヴェの死を尖った表現で見せますがやや直線的で線が細く、例えばミントンや藤村さんの様な秘めたる厳しさを感情表現するのとは違います。比較対象が良すぎですが…

農夫 (クワンチュル・ユン, Kwangchul Youn)
緊迫感ある演奏と力強いバスがシャープな印象です。"Da fährt's…"はかなり早く出て、その後の祈りの穏やかさに繋げる上手さですね。

クラウス (ヴォルフガング・アプリンガー=シュペルハッケ, Wolfgang Ablinger-Sperrhacke)
洒脱な道化の表現力が素晴らしく、目の前で演じてくれている様です。戯け過ぎずに王を表現して、ここでも好演ですね。

語り手 (フランツ・グルントヘーバー, Franz Grundheber)
小刻みなオケを背景に、早口のシュプレッヒゲザング。スロー後半はgoodですが、前半は抑揚不足で淡々としています。

合唱団
第三部"よくぞ来られた…"と"時を告げようと…" では切れ味と素晴らしい広がりを感じます。合唱団が一つの聴き処かもしれません。


演奏と流れ
美しく抑えの利いた黄昏前の序奏、ややスロー基軸とした緩急バランス、情景に合わせたオケの表現力。それらが歌手陣と上手くフィットしてストーリー構成が見事です。この流れですと、第三部 "トーヴェの声で…" のヴァルデマルが死して尚トーヴェを思う気持ちが見事に表現されます。

演奏としては第三部が素晴らしく、アゴーギクでの表現力アップで歌手陣の歌いとまさにベスト・フィットです。



歌詞を生かす様なオケの構成とフィットした歌手陣、ストーリー表現の優れた"グレの歌"になっています。歌詞を追いながら聴くと素晴らしさが一層感じられます。

演奏が少し引いて歌手陣を前に立てる、その半歩引いたティーレマンのスタンスこそが全体を生かしているのかもしれません。興奮を回避してシャープさのニュー・スタンダードのグレの可能性も?!

もっとワーグナー風になるかと思いましたが、そこは外れた様ですw




テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽





チャーリー・ヘイデン(Charlie Haden) の「Liberation Music Orchestra」今聴いても素晴らしいビッグバンド前衛!


今更古い前衛ジャズを持ち出してどうする?、と言う事もありますが前回インプレにカーラ・ブレイの名前が出ていたので主張のある前衛の "Liberation" (社会的 政治的解放)な音楽を久々に聴いてみようかと。


Liberation Music Orchestra
Charlie Haden (1937-2014)
ジャズを聴いていた学生時代にハマったアルバムで、ベーシストのC.ヘイデンが政治的バックグラウンドとフリージャズを基に組織・楽曲化した1970作品です。ヘイデンの他にカーラ・ブレイが編曲を含めて大きくフィーチャーされて、後の彼女のベースともなっているでしょうね。

楽曲は9パートで、現代音楽のハンス・アイスラーやフリージャズのオーネット・コールマンの作品も"引用"、現代音楽の技法で言えば、で盛り込まれています。引用としてはラストのピート・シーガー "We shall overcome" が印象的でしょう。

編成は13人で、ジャケット写真で右端がC.ヘイデン、左端がC.ブレイ、座っているのはドン・チェリーですね。他にもG.バルビエリやD.レッドマン、P.モチアンと言った錚々たるメンバーです。







リベレーション・ミュージック・オーケストラ (1970)
パート毎のインプレはしませんw
ジャジーなメロディラインに不協和音、ビッグバンドの響き、地域を超えた民族和声展開、主張ある楽曲引用、そして混沌フリーと言ったまさにダイバーシティーなサウンドです。

特にメインとなる"III.Medley"のポリリズム・ポリフォニーのフリー・インプロヴィゼーションは絶品です。C.ブレイによる編曲で、"El Quinto Regimiento", "Los Cuatro Generales", "Viva la Quince Brigada" と言うスペインの内乱の曲をベースにしています。混沌と明確なスパニッシュ旋律のコントラストが素晴らしいですね。この構成がその後のC.ブレイですね。技巧的にはテープも使われています。

その後も強烈なフリー混沌とメロディーラインの交錯と対比が素晴らしく、今聴いても十部に期待に応える作品です!! "VIII. Circus" には何とミュージック・コンクレートも使われていますね。


 ★試しにYouTubeで聴いてみる?
  全曲聴く事が出来る様です。是非!



ワクワク聴いた時代が思い浮かびます。今聴いてもこの時代の混沌のフリージャズの元気さを味わえますね。そして見事な多様性でもあり、ラスト "We shall overcome" は思わずグッと来てしまいます。

1970年と言えば欧エクスペリメンタリズム前衛の停滞期そのものの時代、この延長線上に今の自分の前衛現代音楽の嗜好性があるのは明白ですw

前回インプレの "Ante Lucem" に足らないものが全てここにあります。コレクションに加える事をオススメ出来る一枚です!!




テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽





フィンランドの女性音楽家イロ・ハールラ(Iro Haarla) の「Ante Lucem」



Ante Lucem
Iro Haarla (イロ・ハールラ, b.1956)
シベリウス音楽院でピアノと作曲を習ったフィンランドの女性音楽家で、基本的にはジャズのフィールドでプレイしていました。ピアノやキーボードの他にハープの演奏も得意としているそうで、本アルバムでもプレイしていますね。2019年にはトリオでカーラ・ブレイ*の作品を取り上げていますから、期待して大丈夫でしょうか?!

ライナーノートには殆ど参考になる資料がありませんが、今回の作品については本人曰く "オーケストラとジャズ・クインテットの為の4パートの組曲で、光と闇の争いを表現している" そうです。

演奏はユッカ・イーサッキラ(Jukka Iisakkila)指揮、Norrlands Operans Symfoniorkesterとハールラ(pf, hp)他ノルディックメンバーのIro Haarla Quintetです。


 ▶️ 現代音楽の楽しみ方  ▶️ 北欧近現代音楽CD(作曲家別)一覧






1. Songbird Chapel
機能和声の美しいハープと弦楽で入り、そのままスローで穏やかな主部の主題が反復・変奏されます。クインテットのテナーサックスの音色が特徴的で、ウッドベースはジャコ・パストリアスの様な印象もありますね。もちろんジャコはelectricでしたが。トリオ?は陰影の強い鬱な流れになり、主部回帰で穏やかな流れを取り戻す少し退屈な緩徐楽章ですね。


2. Persevering With Winter
鬱なオケと幽玄なクインテットのベースの対比が面白く、第一主題(部)。pfとノイズの様なパートが現れて第二主題(部)?でしょうか、反復によって流れます。展開部はドラムの音を入れた第二主題部反復がクレシェンドし、第一主題部がサックスを主にジャズ色を強めて戻ります。盛り上がった処で鎮めて第一主題再現部になっていますね。


3. …And The Darkness Have Not Overcome It…
サックス・ソロが哀愁を奏でますが、それまでの流れと変化量が少なく新鮮味に欠けますね。退屈な美しさのバラード(緩徐楽章)です。トリオ?でジャズ・クインテットになりますが、ただのバップ的で新しさは見られませんね。ここでもその後は主部回帰と変奏という見え見えの流れです。


4. Ante Lucem – Before Dawn…
ここでも途中でジャズが入りますが、だたのバップ。パターン化されてインプレする気力が…



機能和声で三部形式やソナタの様な昔ながらの構成が感じられ、全体がスロー基調で変化に乏しく新鮮さは皆無の残念さです。

処々のジャズも、もろに前衛風ジャズかバップ風が割り込むだけ。ジャズ・クインテットとクラシック管弦楽とのポリ・ジャンルとか混沌と言った様な新しさが感じられませんね。駄耳の自分には難しい楽曲でした。



*カーラー・ブレイ(Carla Bley):前衛の女性ジャズ音楽家。何と言ってもC.ヘイデンの名作"Liberation Music Orchestra"に参画して、楽曲も提供しています。こうなると、次回はこのアルバムを久しぶりに聴いてみたくなりました。


テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽





ヤン・ロバン(Yann Robin) の「Vulcano | Art of Metal I and III」暗と烈



ヤン・ロビン
(Yann Robin, 1974/2/12 - )
フランスの現代音楽家でマルセイユ国立音楽院でジャズに触れています。パリに渡って作曲とアナリーゼを学び、J.ハーヴェイ他に師事、その後IRCAMでの関係を構築してソフトOmaxの開発にも携わりましたね。


 ▶️ 現代音楽の楽しみ方  ▶️ 現代音楽CD(作曲家別)一覧


Vulcano・Art of Metal I and III
室内楽集です。注目は "Art of Metal"で、コントラバス・クラリネットの協奏曲です。本来なら木管のクラリネットを金属製にしたメタル・コントラバス・クラリネット(mcb-cl)を使い、III.にはエレクトロニクスでIRCAMも入っていています。当然Omaxを使っていますね。mcb-clのアラン・ビヤール(Alain Billard)はY.ロバンとの協調関係がある様です。

演奏は前衛ではお馴染みのスザンナ・マルッキ指揮(当時主席指揮者), アンサンブル・アンテルコンタンポランで、初演も2008年アゴラ・フェスティバル(Agora Festival, IRCAM関連フェス)で同メンバーにより行われています。(本録音は, I: 2008年, III: 2009年)







1. Vulcano (2010)
  for ensemble of 29 musicians
旋律ではなくロングトーンや単音反復です。その音の出し方にアゴーギクとディナーミクを与えて表情を変化させています。その両者を強調すると狂気の様なパワープレイになりますね。強音構成時はトリル・トレモロも登場しポリフォニカルになります。流れは暗く蠢くダーク・アンビエントから激烈混沌までスロー静とファスト烈を繰り返す36'です。それが"Vulcano, 火山島"なのでしょうか?! 面白いのですがこのパターンは類型性がある事、そして少し長く感じますね。


2. Art of Metal I (2008)
  for metal clarinet contrabass and ensemble of 17 musicians
いきなりの強音炸裂即興的ポリフォニーの混沌から入り、1'で収まるとダークなアンビエントです。反復も含めてこれがロバンの基本構成の様です。mcb-clはスラップタンギングを多用しますが、フィットしていますね。暗いパートでのこの楽器の相性は当然ながらピッタリです。


3. Art of Metal III (2008)
  for metal clarinet contrabass, ensemble of 18 musicians and electronics
ここでも入りは強音炸裂混沌です。その後もパターンはI.とあまり変わりません。ライヴ・エレクトロニクスなのかIRCAMの参加もよくわかりません。ただ 極端な"烈と暗"の対比よりも強音軸足の即興的ポリフォニーの気配を強く感じます。(実際にはラストの様な明確なホモフォニーパートもありますが…)

 ★試しにYouTubeで観てみる?
  同メンバーによる演奏の抜粋です




明瞭な旋律・動機が存在しない烈と暗が交錯する"音塊"です。反復や調性感が強く、何処かで聴いた様な多様性の前衛現代音楽です。

静と烈のコントラストとポリフォニーは"ありげ"な気配を作ってしまいますから、そこがポイントかもしれません。少しでもバックボーンのジャズ色が入っていたらより楽しかったかも。




テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽





モートン・フェルドマン(Morton Feldman) の「Viola in My Life」



モートン・フェルドマン (Morton Feldman, 1926-1987)
米前衛現代音楽を代表する一人。ニューヨーク楽派で、図形スコアやピアノ曲で知られますね。このブログでも代表作"コプトの光"(1986)は3CD、"バニタ・マーカスのために"(1985)はM.ヒンターホイザーとM.A.アムランのヴィルトゥオーゾ・ピアノで聴き比べをしています。後者はフェルドマンらしい長時間の作品で、代表作は晩年の1980年代作品になるかもしれません。


 ▶️ 現代音楽の楽しみ方  ▶️ 現代音楽CD(作曲家別)一覧


Viola in My Life I-IV Marek Konstantynowicz, va
1970年の作品でヴィオラの為の楽曲です。時代は欧エクスペリメタリズム前衛がピークから停滞時期に入るタイミングで、そこに影響を与えたとされる図形スコアからの脱却時期の作品ですね。その後は長時間化するわけで、ちょうど図形譜と長時間化の間の作品と言う事になるでしょうか。

演奏はヴィオラ独奏がMarek Konstantynowicz, 指揮はChristian Eggenで, Cikada Ensemble(I-III), Norwegian Radio Orchestra(IV)になります。







I, for viola-solo, flute, violin, violoncello, piano and percussion
vaの静的な単音ロングボウイングが印象的です。そこにpfと弦とperc.がやはり静かに重なって来ます。静の緊張感はまさにフェルドマンの音楽ですね。


II, for viola-solo, flute, clarinet, celesta, percussion, violin and violoncello
I.と同傾向で楽器編成が変わる分の印象違いです。こちらの方がカラフル、とは言え音数は少なく静の流れですには違いありません。後期の特徴、単音への拘りと反復、が静の中に存在しますね。

 ★試しにYouTubeで観てみる?
  Andrew Stock(va), New Music Ensemble, の演奏です
  こちらの方が静的な印象は低めですね



III, for viola and piano
ヴィオラ・ソナタの様な最も小編成のDuo作品で、ホモフォニーの様な構成感が存在します。もちろん無調(スコアに調性符号はありません)ですが、IV.と共にコンベンショナルな印象があります。基本は単音と反復・変奏には違いありませんが。


IV, for viola and orchestra
構成から見るとヴィオラ協奏曲ですね。編成が大きくなって音厚(ヴォリューム・音色)が格段と上がって、面白さが増しています。流れも一番速い感じで変化を感じます。ソロ・ヴィオラとオケの対峙も明確に存在して協奏曲の様相になっていて、今の時代の多様性 "無調でも旋律があり幽玄さの流れ" の源流を感じます。



ヴィオラを主役に、デュオ, アンサンブル, オケまでのバリエーションある編成でフェルドマンの後期作品が楽しめるアルバムです。

"無調で神秘的な静"の流れ、技巧的には"単音への拘りと反復・変奏"、この時期のフェルドマンらしさを満喫できますね。




テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽





コロナ禍で中止になった 2020アン・デア・ウィーン劇場公演 ベートーヴェン歌劇「フィデリオ」NHKプレミアムシアターで



COVID-19に揺れる今年3月のヨーロッパ、オーストリアのアン・デア・ウィーン劇場(Theater an der Wien)での『フィデリオ, Fidelio』ですね。公演自体は中止を余儀なくされ、無観客ストリーミングによる上演となりました。

ベートーベン唯一のオペラですが、個人的には何回観ても今ひとつ感が拭えません。今回の演出C.ヴァルツも知見がないので、予想がつきませんね。第二稿二幕ver.です。



(CMajorEntertainmentからの配信、抜粋です)


演出
極端な置き換え、*ストーリーに手を付ける、前衛性の高いヴィジュアル、と言ったアヴァンギャルド方向はありません。プロジェクションマッピングも使わない極度にシンプル化した舞台設定と同じくシンプルで動きの少ない演技、ミニマル芸術的な方向性です。
 *注:ラストのマルツェリーネのシーン他 一部ストーリーを省略していますね。

舞台・衣装
無機的で何も象徴しない単純化された舞台ですが、スケールを感じます。そうなるとミニマル芸術方向ではないかも…汗。衣装も時代背景を紐付けしない単純なスタイルで、舞台と共に色彩感は極薄いですね。今の時代の舞台と衣装と言う事になるでしょうか。

配役
【女性陣】タイトルロールのN.シュヴァリエは地味ですが、役柄上そうなるのは仕方がないですね。sop歌唱は第二幕のフロレスタンとの重唱が聴き応えがありましたね。終わって見れば彼女がベスト・ロールでした。
フィデリオを愛するマルツェリーネのM.プティはsopも良く、可愛い女性役を演じました。

【男性陣】フロレスタンのE.カトラーがテノールも演技もフィットして良かったです。台詞が多いのはどうも好きになれませんが…
刑務所長のG.ブレッツはクールで良かったのですが、もっと悪党っぽい人選の方がこの舞台では映えたかもしれません。
ロッコのC.フィシェサーも良いバス・バリトンと演技で流れに締り入れました。

音楽
ホーネックと言うと、個人的には一癖ある演奏が浮かぶわけですが、左右の手を同期して振るスタイルも何となく違和感がありますね。(笑)
レオノーレ序曲についてはコメントするだけの知識がないのでパス、全体としては強音パートでの力感と派手さを感じました。第二幕ではその派手さが生きましたね。


舞台・衣装・演技の全てがシンプル化されたフィデリオです。そうなると配役が光らないとならないのですが、第一幕は光るパートがありませんでした。

期待外れかと思いきや、第二幕は主役二人を中心に見事な重唱で楽しませてくれました。

台詞も多く好みとは言えないフィデリオなので、どこかネガティブな見かたになってしまいますねw



<出 演>
 ・フロレスタン(囚人):エリック・カトラー [Eric Cutler]
 ・レオノーレ(男装してフィデリオ):ニコール・シュヴァリエ [Nicole Chevalier]
 ・ドン・ピツァロ(刑務所長):ガーボル・ブレッツ [Gábor Bretz]
 ・ロッコ(刑務所員):クリフトフ・フィシェサー [Christof Fischesser]
 ・マルツェリーネ(ロッコの娘):メリッサ・プティ [Mélissa Petit]

<合 唱> アルノルト・シェーンベルク合唱団
<管弦楽> ウィーン交響楽団
<指 揮> マンフレート・ホーネック [Manfred Honeck]
<演 出> クリストフ・ヴァルツ [Christoph Waltz]


収録:2020年3月18・20日 アン・デア・ウィーン劇場(オーストリア)

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽





一人三役 クリスティアン・リンドベルイ(Christian Lindberg) の『2017』作曲・指揮・演奏



2017 Christian Lindberg (comp. cond. tb)
前々回に続きC.リンドベルイの管弦楽集です。今回はトロンボーンも吹いていますから一人三役の大活躍ですね。演奏はアントワープ交響楽団(Antwerp Symphony Orchestra)です。

1)は 9本のtbと言うリンドベルイならでは管弦楽で、トロンボーン・アンサンブル "The New Trombone Collective" による委嘱作品です。リンドベルイ本人は入っていませんが。

2)は パーカッショニストのエヴェリン・グレニー(Evelyn Glennie)とリンドベルイの共演です。グレニーは好きな音楽家の一人ですから興味あるパーカション&トロンボーン協奏曲が一層楽しみになりますね。

3)が今回のメインディッシュで、2016年の米大統領選挙のショックを受けて書かれたそうです。七つのパートがそのストーリーになっていて気持ちが伝わる様ですね。



 ▶️ 現代音楽の楽しみ方  ▶️ 北欧近現代音楽CD(作曲家別)一覧







1) The Waves of Wollongong, for nine trombones and orchestra (2006-09)
8パート楽曲。弦のトレモロで入りってパウゼがあります。ブルックナーみたい?w 表情変化の大きい流れで、ホモフォニーの管弦協調の流れが主役です。特に金管は主役の9本のtbが鳴り響き音厚が高くボリューム感がありますね。揃ってのグリッサンドは凄いです。対比する緩徐パートはリンドベルイらしい幽玄さが配置されてバランスがいいですね。リンドベルイの得意技を生かした楽曲になりました。

 ★試しにYouTubeで観てみる?
  ロッテルダム・フィルの演奏で抜粋ver.
  指揮はもちろんリンドベルイです



2) Liverpool Lullabies, for trombone, percussion and orchestra (2015-16)
7パートです。グレニーの鍵盤打楽器とリンドベルイのtbの美しい緩徐で入って、ゆっくりと華やかさと音厚を増して再び緩徐へ。そんな流れで、パーカッションは太鼓系も入って来てカラフルですね。perc.とtbのカデンツァはキラメキを感じます。
2010年代初期〜中期のリンドベルイらしい美しさの楽曲です。


3) 2017, for orchestra (2017)
I. The World Upside Down(ひっくりかえる世界) - II. Lonely Creatures(孤独なヤツら) - III. Fake News(フェイクニュース) - IV. Inner Soul(内なる魂) - V. The Bragger(自慢する人) - VI. Reflection(影響) - VII. Train from Hell(地獄からの列車)

いきなり急を告げる様な不安で暗いサウンドが現れる"I. ひっくりかえる世界"。"II. 孤独なヤツら"では美しい緩徐に不安な音色が混じります。その流れの続きに現れる"III. フェイクニュース"では派手な鳴りの上昇音階の金管群の威勢の良さから暗く音が沈み、強烈な金管と対峙します。

繊細な弦のソロが神経質に、時に不安げに鳴らして絡む"IV. 内なる魂"、跳ねてスケルツォ的ですが陰鬱さと鋭さの対比を見せる"V. 自慢する人"。"VI. 影響"では不安定な流れになり、金管群が派手に鳴らして弦の落ち着いた美しさと入れ替わり立ち替わり変化する"VII. 地獄からの列車"。

完全に標題音楽で明確にサブタイトルと楽曲印象がマッチしている感じです。



パート毎に緩徐と強音の出し入れが交錯するのが基本構成で調性ホモフォニー。特徴的なのはやっぱり金管群の鳴りの良さでしょう。

前衛ではなく機能和声の現代音楽ですが、変奏主体でソナタや三部形式に縛られない今のクラシック音楽で楽しめます。ベスト・トラックは「2017」ですね。




テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽





プロフィール

kokoton

by kokoton
.


    


カレンダー
11 | 2020/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ようこそ
カテゴリ
ありがとうございます