FC2ブログ

2020年1月16日 マーティン・ブラビンズ/都響「日本初演マクミラン/トロンボーン協奏曲 | エルガー/エニグマ変奏曲」at サントリーホール


今年の初コンサートです。指揮者にマーティン・ブラビンス(Martyn Brabbins)を招いた都響定期Bに行ってきました。

20200116suntoryhall01.jpg 20200116suntoryhall02.jpg


メインは何と言っても本邦初演となる英現代音楽家ジェームズ・マクミランの「トロンボーン協奏曲」ですね。トロンボーン奏者は初演(初録音)のヨルゲン・ファン・ライエンというのも嬉しいです。もちろん同CDで予習のインプレもして来ました。▶️ こちら





ラヴェル:クープランの墓

管弦楽版なので4パートですね。頭で鳴っているのはデュトワ/モントリオール響の優しく洒脱な演奏です。

"プレリュード" は少し速く感じましたが、"フォルラーヌ"は上手くまとまりました。"メヌエット"は三部形式の中間部を印象的に、"リゴドン"では唯一金管が活躍する主要主題を鳴りの良さで表現してくれましたね。
とてもきっちりとした演奏で良かったです。肩の力の抜けた洒脱さが欲しかったかも...



マクミラン:トロンボーン協奏曲

曲はアタッカで繋がっていて単一楽章的ですが、CDでは三楽章になっているのでそれに沿って聴いて来ました。

【第一楽章】静的ポリフォニカルなオケとtbの対話が予想以上にしっかりと流れで、中間部ではtbの低い唸りが先導するとオケは調性色の強さを鳴らしました。
【第二楽章】明るい音色のtbは抑えた音色で入りましたね。その後はオケとの対位的な流れを上手く上げて激しさを見せましたが、ホモフォニーや出し入れはやや固かったでしょうか。
全休符を挟んで激しい中にサイレンも鳴り響きますが、直ぐに静的流れに。後半は調性の薄さを生かした美しい緩徐でしたが少々間延び感だったかもしれませんね。
【第三楽章】トゥッティとサイレンからキレあるリズムに乗ってtbは小刻みに軽快にオケと疾走。再び管楽器トゥッティ風から静音パートとなります。混沌からライエンがオケに振り向くとオケtb3本とのtb絡み合いの見せ場を見事に築きました。(都響tbも負けていませんでした!)
都響は真面目で調性感が伝わり、ライエンのtbも終始几帳面さを感じました。



エルガー:エニグマ変奏曲 Op.36

コンサートでは超お馴染みの曲ですが、久しぶりに4CDでインプレをして自分勝手にポイントを予習して来ました。

主題第一動機でまずはスローで揺さぶりを感じましたね。第7変奏までの[前半]は強音の第4変奏"W.M.B." 第7変奏"Troyte"を派手に、全体揺さぶりの強い流れでした。
メインの[後半]、第9変奏"ニムロッド"の美しさは感動的、第10変奏"ドーラベッラ"は今ひとつでしたが、第11変奏"G.R.S."のDanは派手に大きく駆け回り素晴らしかったですね。第12変奏"B.G.N."のチェロは強烈濃厚な哀愁でした。
ラスト第14変奏"エドゥ"は派手で重厚に聴かせてくれました。
表情豊かでエルガーらしいエニグマが楽しめました。ブラビンズはスコアを開く事もなく、タクト姿も前半とは違う'手の内'感がありましたね。




真面目な前半、表情豊かな後半と二つのスタイルを楽しませてもらいました。前半は都響のキャラ、後半は英人指揮者ならではのお家芸でしょうか⁈

やっぱりエニグマの素晴らしさに一票でしょうね。


テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽





プロフィール

kokoton

by kokoton
.
    




・2017年12月9日
音楽ブログに特化するためにタイトルを「現代音楽と酒の日々」から変更しました。


カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ようこそ
カテゴリ
ありがとうございます