FC2ブログ

『マーラー 交響曲 第5番』 «ネット配信» ジョアナ・カルネイロ指揮 / BBCフィルハーモニック 2019年10月26日


ジョアナ・カルネイロ, Joana Carneiro
(BBCフィルハーモニック, BBC Philharmonic)
ポルトガル人女性指揮者のカルネイロが、BBCフィルを客演で振ったマーラー5ですね。初めて聴くカルネイロですがさてどうでしょうか。BBC Radio 3ウェブサイトからの配信です。

▶️ こちら (2019-12/5まで配信されますね)




マーラー 交響曲 第5番 «ネット配信»
(Live at Leeds Town Hall, 26 Oct 2019)

26oct2019jaonacarneiroMahler5.jpg
(写真はチェリストのLaura van der Heijdenです)


第一部
葬送行進曲は抑え気味でクールにファンファーレと対比付けをしています。第一トリオは適度な激しさとテンポアップで正攻法ですね。第二トリオでも適度な哀愁感です。第二楽章は第一楽章の延長線上を示す様に二つの主題を作りますね。展開部のチェロパートは極端に鎮めたスローで上手いコントラスト付けです。輪郭線のある第一部です。

第二部
スケルツォ主題とレントラー主題は、それぞれ華やかさと優美さで この楽章らしさを出しています。第三主題部でもクセはありませんね。再現部は各主題をより明瞭にしながら色合い濃く展開し、コーダは走ってピシッと締めます。

第三部
アダージェットの主要主題は感情移入を抑えて鎮め、トリオは繊細さを聴かせてくれました。第五楽章第一・第二主題の絡みからコデッタは軽快で心地良いですね。展開部は力感を増しながら山場を派手に作ります。再現部は出し入れを見せた流れから山場、そしてコーダへなだれ込みます。ラストはアッチェレランドからキレよくフィニッシュします。


適度なコントラストに正攻法の流れ、でも何かスパイスが欲しいマーラー5です。アゴーギクとディナーミクの振りが山場だけなのが要因かもしれませんね。その分安心して聴けたのも事実ですが、やや没個性の感も残りました。



CDではないので「マーラー第5番聴き比べ:175CD」にはアップしません。

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽





プロフィール

kokoton

by kokoton
.
    




・2017年12月9日
音楽ブログに特化するためにタイトルを「現代音楽と酒の日々」から変更しました。




カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ようこそ
カテゴリ
ありがとう