FC2ブログ

ダニエル・ハーディング / スウェーデン放送響 の『マーラー 交響曲 第5番』を聴く


同年代中堅指揮者三人のマーラー交響曲 新譜CD三連続インプレの最後は、第5番でD.ハーディングです。(クルレンツィス:b.1972年、ネトピル, ハーディング:b.1975年)



ダニエル・ハーディング (Daniel Harding, 1975 - )
スウェーデン放送交響楽団 (Swedish Radio Symphony Orchestra)

コンサートでは相性の悪い指揮者の一人、ハーディングです。この曲もコンサートでは新日フィルとパリ管で聴いていますが、パリ管ではとてもクセの強い演奏でした。このスウェーデン放送響との第9番のCDは良かったですが、第5番はどうでしょう。
現在はパリ管と本CDスウェーデン放送響の音楽監督ですね。


マーラー交響曲第5番 175CD聴き比べ」もご参考下さい



マーラー 交響曲 第5番



第一部
第一楽章提示部主要主題はスローで揺らぎを入れていますがやや間延び気味。第一トリオでは激しさというより派手やかに、第二トリオも微妙な揺らぎを入れていますね。第二楽章第一主題は明瞭に、第二主題も揺らぎをなくして素直な響きです。再現部・展開部も激しさは控えめで、第二主題は緩め、弱めのコントラストに感じます。

第二部
スケルツォ主題は優美ですが揺らぎを入れて、レントラー主題はあっさり感ですね。再現のvnの方が優美です。第三主題はスローを強めにして落としています。展開部・再現部も刺激な抑えめで印象はスローが勝っている感じですね。obl.hrの鳴りは良かったです。コーダは異常な速さです!

第三部
アダージェットは速めで入り後半スロー化ですが終始物静かに。山場も控えめ中間部でも冷静で好きなクールな展開ですね。中間部の揺らぎは気になりますが。最終楽章は第一第二主題が心地よく絡んであげてゆき、コデッタ(第四楽章中間部の変奏)は軽快に現れます。展開部・再現部の山場からコーダは興奮は抑え気味に、フィニッシュでいきなりのアッチェレランドです。(第三楽章と似ていますね)



今ひとつスカッとしない、独特の揺らぎも気になるマーラー5ですね。抑えた強音パートとスローの印象が強く残りますね。

ふとパリ管との来日公演の同曲を思い浮かべました。






テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽





トマーシュ・ネトピル / エッセン・フィル の『マーラー 交響曲 第9番』を聴く


トマーシュ・ネトピル (Tomáš Netopil, 1975 - )
エッセン・フィルハーモニー管弦楽団 (Essener Philharmoniker)
若手チェコ人指揮者ネトピルは、ストックホルム王立音楽院でヨルマ・パヌラ(Jorma Panula)に師事し、2013年からエッセン・フィルの音楽監督を務めています。

ちなみにエッセン・フィルは1906年にマーラーの"交響曲第6番"をマーラー本人の指揮で初演していますね。またR.シュトラウスの"家庭交響曲"もシュトラウス本人指揮で初演されています。

マーラー交響曲第9番 85CD聴き比べ」もご参考下さい



マーラー 交響曲 第9番



第一楽章
穏やかでスロー美の第一主題から、同じ雰囲気を漂わせて第二主題へ。反復後の第三主題は広がりを見せて展開部も穏やかさを主体にしてJ.シュトラウスの引用を聴かせます。山場も大きいですが穏やかさが感じられますね。少々緩め美的な第一楽章でしょう。展開部で経過部の鐘が殆ど聴こえないのは不思議ですが。

第二楽章
主要主題は弱く穏やかで、第一トリオもマイルドに、第二トリオは当然一層穏やかです。

第三楽章
主要主題は弾みますが強烈さはありません。副主題(第一トリオ)も平和な気配で、中間部は緩徐的表情に変化させますが元々穏やかですから…

第四楽章
主要主題は広がりある甘美さを奏でます。第一エピソードも陰影は付けますが哀愁は薄めの穏やかスロー、第二エピソードも山場は〆めますが緩い静的パートが印象を支配しますね。コーダからフィニッシュは哀しみをpppに沈めて終息します。ここで救われた感じです。



全体を通して穏やかスロー甘口のマーラー9です。破綻のない綺麗な演奏ではありますが。
生クリームたっぷりのケーキに、ぬるくて砂糖いっぱいのコーヒーをホテルのラウンジで、みたいな。






テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽





テオドール・クルレンツィス / ムジカエテルナ の『マーラー 交響曲 第6番』を聴く


テオドール・クルレンツィス (Teodor Currentzis, 1972 - )
ムジカエテルナ (MusicAeterna)
クルレンツィスとムジカエテルナ、今注目度の高いセットですね。ギリシャ人指揮者でテミルカーノフのアシスタントから、2004年にムジカエテルナを創設し音楽監督となっています。この9月から南西ドイツ放送交響楽団(SWR Sinfonieorchester)の首席指揮者も務めていますね。
個人的にはメリハリを強くしてくるタクトを感じてしまいますが、ここではどうでしょうか。

マーラー交響曲第6番 60CD聴き比べ」もご参考下さい



マーラー 交響曲 第6番



第一楽章
第一主題は切れ味鋭く、モットーで約束通りに落とすとアルマの主題を情感強く奏でます。見晴らしの良い提示部です。展開部も挿入部のスロー静と前後の速い切れ味のコントラスト付けを明確にしていますね。チェンジペースの際にしゃくる様な妙な揺さぶりを付けているのは気になりますが。

第二楽章
スケルツォです。主要主題はここでも速く切れ味、中間部は少し落として優美さを色付け。チェンジペース時の揺さぶりはしっくりきませんが。

第三楽章
主要主題は少し揺さぶりを感じますね。細かなアゴーギクとディナーミクを組合せた感じです。違和感が… 副主題は楽譜指示通り情感を高めます。中間部は明るさと広がりを付けています。濃い味付けですね。

第四楽章
気になる序奏は緩やかさ主体です。第一主題は対比させる様に締まった流れを作ります。決して暴れません。第二主題はテンポ変化を抑えて軽妙です。展開部・再現部も強音パートにアゴーギクを振って波をうまく作っています。勇壮な行進曲や騎行は締まって見事ですね。一体感が出てきて心地良い最終楽章になっています。



計算づくのマーラー6です。強音パートも型崩れはしませんし、スローも退屈に落ちる事もありません。静はスロー、強音パートは切れ味でファスト、アゴーギク主体のコントラストをピシッと付けています。時折気になる細かな揺さぶりもスパイス。

でも、やっぱり聴き終わった全体印象はくどい気がしますね。






テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽





ブリン・ターフェル(Bryn Terfel) の『DREAMS AND SONGS』を聴く


ブリン・ターフェル
(Bryn Terfel, 1965/9/9 - )
イギリス人バス・バリトンの人気者サー・ブリン・ターフェルですね。もちろんオペラで活躍ですが、実はガラ・コンサートでの楽しさがターフェルらしさを感じます。オペラのアリア以外にも聴かせるステージは楽しさいっぱいですね。

今回の『DREAMS AND SONGS』は本人の好きな楽曲を揃えたそうですから楽しみですね。






1. Believe - 2. The Fields Of Athenry - 3. Perhaps Love - 4. If I Were A Rich Man - 5. Do You Love Me - 6. Amazing Grace - 7. Trees - 8. Tell My Father - 9. The Shepherd Poet Of Passchendaele - 10. The Golf Song (Golfer's Lament) - 11. Ar Lan Y Mor - 12. Granada - 13. Smile - 14. The Hippopotamus Song

エンターテイナー的な"1. Believe"、アルフィー・ボー(Alfie Boe)のテノールとのやりとりが楽しい"3. Perhaps Love"、ダニエル・ドゥ・ニース(Danielle de Niese)との熱唱"6. アメイジング・グレイス"、キャサリン・ジェンキンス(Katherine Jenkins)の美しいソプラノとのバラード"8. Tell My Father"、心にしみる"9. The Shepherd Poet Of Passchendaele"、とバリエーションとデュオ・パートナーも揃っていますね。"13. Smile"などは米エンターテイナーのロバート・グーレ(Robert Goulet)を思わせます。
全体的にはクールな歌いになっている気がしますが、熱唱系アリアを期待する人にはジョセフ・カレア(Joseph Calleja)のテノールとの派手な"12. Granada"も控えています。

好きなのはエマ・トンプソン(Emma Thompson)との洒落たラブソング"5. Do You Love Me"、そして何と言ってもミュージカル「屋根の上のヴァイオリン弾き」から「金持ちだったら」"4. If I Were A Rich Man"が最高ですね。ステージでもよく取り上げている得意曲で、セリフ付きですごく面白いのですが、絵がなくても素晴らしいですね。

 ★試しにYouTubeで観てみる? 是非!!
  2016年のBaden- Baden, Opera Galaから最高の舞台です




ポピュラーソングを並べ、米エンターテイナー的なソング・アルバムになっています。スマートな曲を中心にしながらも熱唱系も押さえてバリエーション豊かです。

クリスマスソング・アルバムも出していますが、このアルバムもそんな雰囲気で楽しめる一枚でしょう。静かな夜に二人でグラスを傾けるにはピッタリです。おすすめの一枚です





テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽





ストラヴィンスキー(Stravinsky) / サティ(Satie), PARIS JOYEUX & TRISTE PIANO DUETS を聴く


STRAVINSKY / SATIE
PARIS JOYEUX & TRISTE PIANO DUETS
現代音楽やフォルテピアノで知られるロシア人ピアニストのアレクセイ・リュビモフ(Alexei Lubimov)と、同じく現代音楽に精通したロシア人ピアニストのスラヴァ・ポプルーギン(Slava Poprugin)によるピアノ・デュオ曲集ですね。

面白い作品をリリースするアルファ・レーベルですから、ただストラヴィンスキーとサティを取り上げただけではありませんね。ピアノを20世紀初頭のものを使って当時のイメージをつけて来ました。プレイエル1920年製、ガヴォー1906年製の二台のフランス製と、ドイツのベヒシュタイン1909年製(プリペアードで使用、サティの"シネマ")ですね。Duo編曲版でも、ジョン・ケージのものを使ったりと遊び心に溢れています。






イーゴリ・ストラヴィンスキー
(Igor Stravinsky, 1882 - 1971)
1930年代の曲で渡米する前、パリ在住時代の作品ですね。したがって新古典主義からセリーへの移行時期の作風になっています。

ピアノ協奏曲「ダンバートン・オークス」(1938年)
 ストラヴィンスキーらしい華やかさの中に明らかな不協和音が混ざり、音列配置的な点描音を感じますね。ピアノ曲なのでよけいかもしれません。跳ねるような動機に変装反復が繰り返されているのも特徴的ですね。二人のピアノは落ち着いています。もう少し派手でも良かったかもしれません。


2台のピアノのための協奏曲 (1935年)
 よく跳ねて不協和音があるのは似ていますが、新古典主義の風合いが強い感じですね。流れにメリハリがあるにもかかわらず、ここでも全体がフラットな印象です。なぜだかわかりませんが....




エリック・サティ
(Erik Satie, 1866 - 1925)
後期の1920年前後の二曲です。こちらは2台のピアノver.の編曲者がジョン・ケージと、ダリウス・ミヨー(プリペアードピアノ)ですから興味深いですね。サティとしては跳ねた二曲でしょうね。

ソクラテス プラトン著の対話録にもとづく管弦楽のための演劇 (1919年)
 サティらしい透明感のある音色と和声はそのままにJ.ケージが編曲しています。原曲を知らないのですが違和感は全くありませんね。陰影付けと跳ねるような響きを殺せばもっとサティっぽい様な気はしますが。

 ★試しにYouTubeで聴いてみる?
  part III (Mort de Socrate)になります



シネマ 『本日休演』のための幕間音楽 (1924年)
 この曲が一番楽しいですね。弾ける様な曲調と二人のpfがマッチした感じで表情も豊かです。他の曲、特にストラヴィンスキー、で感じた何故かフラット感?!がありません。ショパンのソナタ第2番のパロディの様なパートでプリペアードも面白く使われて生き生きとしていました。



実はレーベルに惹かれたのとジャケ買いの一枚ですw
期待したほどの個性はありませんでした。個人的にはストラヴィンスキーはもう少し生き生きとした色彩感が欲しい気がしましたね。一方、サティの"シネマ, Cinéma"は楽しめました

年代物のピアノを使った事に関しては、駄耳なのでCDで聴く限りでは然程の特徴が出ているとは思えませんね。






テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽





フランク・マルタン(Frank Martin) の「小協奏交響曲, 他」を聴く


フランク・マルタン
(Frank Martin, 1890/9/15 - 1974/11/21)
スイスとオランダで活躍した現代音楽家マルタンは、時代的には前衛現代音楽の隆盛期にいましたが作風は調性を持っていますね。フランスで習いフランス音楽がベースにあり、十二音技法も取り入れていますが無調の約束事は破棄しています。多少の不協和音を混ぜて幽玄さを表現するのが特徴的でしょうか。

♬ 現代音楽CD(作曲家別)一覧



Petite Symphonie Concertante, Concerto Pour Sept Instruments a Vent, Six Monologues De Jedermann
協奏曲と歌曲の組合せで、マルタンが得意とした分野ですね。1940年代三曲で中期作品になります。
演奏はアルミン・ジョルダン指揮、スイス・ロマンド管ですね。




FrankMartin-PettiteSympnohieConcertante.jpg
(amazonには登録が見当たりませんね)


小協奏交響曲, Pettite Sympnohie Concertante (1945年)
弦楽オケをバックに、ハープ/チェンバロ/ピアノをフィーチャーした協奏曲です。幽玄で美しい緩徐パートから始まり、点描音列配置的なサウンド、古典の色合い、混ざった感じですが、ベースは仏印象派にある様な流れですね。オシャレで美しい楽曲です。

 ★ 試しにYouTubeで観てみる?


"イェーダーマン"より6つのモノローグ, Sechs Monologe Aus Jedermann (1943年)
「ナクソス島のアリアドネ, Ariadne Auf Naxos」等で知られるオーストリアの劇作家フーゴ・フォン・ホーフマンスタールの演劇「イェーダーマン」をベースにした独白です。情に薄いお金持ちが死神を前にして善行や信仰を描きながら死を迎える話ですね。(独語ですが英訳付きです)
語りに近い歌でシュプレッヒシュティンメと言っていいでしょう。バック音楽はマルタンらしい抑えた音色の幽玄さですが情熱的な音も出して来ますね。それが劇音楽らしさを感じさせてくれますが、音楽だけ聴いてもTextがないと面白さは伝わらないですね。バリトンはジル・カシュマイユ(Gilles Cachemaille)です。

前回紹介の「Maria Triptychon - Sechs Monologues aus Jedermann-Der Sturm」にも同曲が入っています。そちらの方が、バリトンの重心が低めで演奏にも色付けが濃厚な感じですね。
バリトン:デイビット・ウィルソン・ジョンソン(David Wilson-Johnson)、マティアス・バーメルト(Matthias Bamert)指揮、ロンドン・フィル(The London Philharmonic)です。



7つの管楽器とティンパニ、弦楽器のための協奏曲, Concerto Pour Sept Instruments a Vent, Timbales, Peucussions et Orchestre a Cordes (1949年)
フルート/オーボエ/クラリネット/ファゴット/ホルン/トロンボーン/トランペットの7管楽器です。音作りもチャンバー・ミュージック風で、弦楽オケが絡んで来ると厚みが増して来ます。ここでもマルタンらしい瀟洒な流れが作られていますね。

こちらも以前紹介した「Concerto and Ballades」に同曲が入っています。演奏はシャイー指揮、ロイヤル・コンセルトヘボウの豪華版で、7管楽器の音色は艶やかで表情豊かです。



前衛でも新古典主義でもない、興奮を排した洗練、それがマルタンの音楽でしょう。そんな仏音楽的な流れを感じますね。不協和音を混じえていますが、現代音楽拒否症の方も大丈夫でしょう。







テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽





2018年10月19日 ソリスト途中退場の大ハプニング‼︎ 大野和士/都響 の『マントヴァーニ と サン=サーンスの交響曲第3番』at サントリーホール

10月なのに天気の良くない日が続く東京ですが、フランスセットを楽しみに六本木まで行ってきました。


20181019SuntoryHall.jpg


今日の個人的メインはもちろんB.マントヴァーニですね。現在の仏現代音楽の主役の一人で、『2つのヴィオラと管弦楽のための協奏曲』のCDはインプレ済み(→ こちら)です。今回のヴィオラ二人もCDと同じ師弟コンビ、タベア・ツィンマーマン(Tabea Zimmermann)とアントワン・タメスティ(Antoine Tamestit)、で現代音楽を得意とする素晴らしい組合せです。今の時代の多様性の現代音楽、出し入れの強い旋律感のある音楽を作るマントヴァーニ、ですから 大野さんが得意としそうでワクワク感がありますね。

♬ 現代音楽CD(作曲家別)一覧





2つのヴィオラと管弦楽のための協奏曲 (2009年)
ブルーノ・マントヴァーニ (Bruno Mantovani, 1974 - )

前半の2vaカデンツァ、まずここから鳴りの良さと流れの良いボウイングの素晴らしいvaに驚きました。
そして突然と起こるオケの刺激音、割り込むオケと言いたいところですが、こちらはどうもマイルドです。va主導は良いのですがコントラストの弱さを感じましたね。
全休符後の後半も前半同様の見事なカデンツァで入りますが、オケのクラスターはやっぱり弱目です。管楽器、特に金管の弱さを感じましたね。

一番驚いたのは、後半途中で いきなりタベアが退場‼ けっこう長く10分以上ステージ不在で、全員手持ち無沙汰で待つ前代未聞の摩訶不思議さ。︎もちろん初体験でしたw

陰鬱美的なVaを食ってしまう様なクラスターのオケを期待しましたが、はずれました。大野さんはvaを引き立てる作戦に出たのでしょうか⁈。CDよりも弱く、マントヴァー二らしさが不足した様な...




交響曲第3番 ハ短調 op.78《オルガン付》(1886年)
カミーユ・サン=サーンス (Charles Camille Saint-Saëns, 1835-1921)

【第一楽章】
前半は循環主題を明瞭に、木管の第二主題を.....などと書こうかと思ったのですが、可もなく不可もなし的な印象。後半緩徐のオルガン登場はやや強調した感じもありましたが、甘美さが今ひとつ。
【第二楽章】
前半も後半も音の鳴りを大きくパワーを見せて拍手喝采でしたが、それはこの曲の持っている本質の様な。何かスパイスがあれば素晴らしかった気がしました。
頭にあるミュンシュとの比較になってしまいますが、各楽章に色付けが薄かった気がしました。




大野さんらしさはサン=サーンスの第二楽章のパワーと鳴りの良さだったのでしょうね。
残念だったのはマントヴァー二のオケの炸裂クラスターが不発弾になってしまった事でしょうか。でも2人の素晴らしいvaが楽しめてハプニングのおまけ付きwでしたから満足でしたね。



番外ですが、右隣席のオバさんは演奏中にパンフレットのページをめくり堂々と咳をして、左隣席のオジイさんはガムをクチャクチャ。どんなに気を使ったとしてもコンサートホールでは音がきになるはずなのですが…
コンサートのご老人は他よりも常識人が多い気がしますが、それでも近年困ったちゃんが増えています。





テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽





プロフィール

kokoton

by kokoton
.

    

ようこそ
カテゴリ
ありがとうございます