FC2ブログ

ZIMMERMANN / HARTMANN / EGK - Violinkonzerte を聴く


Violin Concertos
20世紀ドイツ音楽が前衛現代音楽とナチスに向き合った時代の三人の音楽家のヴァイオリン協奏曲ですね。

ベルント・アロイス・ツィンマーマン
(Bernd Alois Zimmermann, 1918/3/20 - 1970/8/10)
 最も好きな現代音楽家の一人、B.A.ツィンマーマンです。その作風変化は過去インプレ済みですね。
初期の新古典主義から前衛に移行する時代の作品です。他二人より若く、第二次大戦は学生で音楽家としての大きな軋轢環境は異なるでしょう。

カール・アマデウス・ハルトマン
(Karl Amadeus Hartmann, 1905/8/2 - 1963/12/5)
 交響曲で知られ、シェルヘンと親交がありましたね。後期ロマン派・新古典主義的作品でしたが第二次大戦でナチスに抵抗したためその時期の作品は少なく、本作品はその時期で代表作でもあります。その後ヴェーベルンに影響を受けた前衛作風となります。下記エックとは確執があった様です。

ヴェルナー・エック
(Werner Egk, 1901/5/17 - 1983/7/10)
 カール・オルフに師事したエックは前衛や現代音楽ではありません。現代的音楽を「退廃音楽」とし弾圧したナチスの庇護の元にいて第二次大戦中も活躍、その時代の作品です。ハルトマンの対極にいましたね。


♬ 現代音楽CD(作曲家別)一覧


演奏はヴァイオリンがハンス・マイレ(Hans Maile)、アレクサンダー・サンダー(Alexander Sander)指揮 ベルリン放送交響楽団(Radio-Symphonie-Orchester Berlin)になります。




■ Zimmermann / Konzert Für Violine Und Großes Orchester (1950)
大編成オケの新古典主義的な濃厚表情をベースにソロvnで調性からの脱却というスパイスを付けたツィンマーマンらしい表現主義を見せます。vnの点描的表現は音列主義的であり引用的でもあります。今の時代なら折衷的というよりも多様性の評価に値するでしょうねェ。激しさと切れ味、コンサートで聴きたいですね。生まれるのが20年早かった!!

■ Hartmann / Concerto Funèbre (1939) Für Solovioline Und Streichorchester
「葬送協奏曲 Concerto funèbre 」と標題音楽的タイトルが付いています。新古典主義作品でしょう。ドイツ古典主義の成れの果て的なオケとvnソロは濃密で超叙情的にまとわりつきます。ある意味フィルム・ミュージック的でもあるかもしれませんね。上記ツィンマーマンから前衛性を排除した感じ、悪くはありません。

 ★試しにYouTubeで観てみる?
  Sebastian Bohren(vn), CHAARTS Chamber Aartists の演奏です。
  CDよりもかなりおとなしいかも。


■ Egk / Geigenmusik Mit Orchester (1936)
上記二人に比べて古臭い? 古典からバロック的な旋律を用いています。1930年代にこの音楽はいかにも時代錯誤を感じます。でも現在でも当然バロックや古典ファンの方は多いわけですから、今の様に情報氾濫がない時代には正統本流だったのかもしれません。


前衛の乱流に流れ込む時代のドイツ音楽を聴く事ができます。同じ新古典派作風に前衛の香りがする1950年作のツィンマーマンに対して1930年代の二つの作品は確実に時代の古さを感じさせますね。
当時の時代の流れを想像しながら聴くのも一興でしょう。







テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽





2018年5月28日 ズービン・メータ/イスラエル響 来日公演中止に思う事

残念ながらマエストロ健康上の理由により中止になりました。

近年で同じ様な事で思い出すのはアバド/ルツェルン祝祭管(2013年10月17日-中止)、マゼール/ボストン響(2014年5月-中止)です。アバドはその3ヵ月後80歳で、マゼールは2ヶ月後に84歳で亡くなられています。その時もチケットを入手済みで、マゼールと今回のメータの演目は同じマーラーの交響曲第5番でした。

20180528Mehta-IPO-Japan.jpg

メータ氏が元気に復活されることを心から祈っています。


テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽





カイホスルー・ソラブジ(Kaikhosru Sorabji) の「交響的ノクターン(Symphonic Nocturne)」を聴く


カイホスルー・ソラブジ (Kaikhosru Sorabji, 1892/8/14 - 1988/10/15)
前回の初中期の代表作「オーパス・クラヴィチェンバリスティクム(Opus Clavicembalisticum)」に続き後期作品を紹介です。


Symphonic Nocturne
ソラブジ後期の作品ですね。演奏時間が短くなって来たとはいえ2時間のピアノ曲です。
ピアニストのルーカス・ユイスマン(Lukas Huisman)は技巧性の強い現代音楽を得意として、ファーニホウ、フィニッシーといった"新しい複雑性"の現代音楽家の曲を演奏していますね。



Symphonic Nocturne for Piano Alone, KSS 97 (1977–78年)
後期に入り機能和声から脱却、時すでに遅しですが、を見せている事。これ見よがしの超絶技巧よりも幽玄な音の配置を主軸にしている事。この2点がわかりますね。強音パートと音数を圧倒的に減らして後期ソラブジの和声が静的幻想さにある事が明瞭ですね。無調混沌ではありませんが、調性はかなり薄いです。
変わらないのは構成が上昇音階下降音階を繰り返す事や動機の繰り返しと変奏でしょう。方向性の変更で聴きやすいのですが、2時間というのはBGMに流しておくにはいいですが…

 ★ 試しにYouTubeで聴いてみる?


超絶技巧を強いる曲からソラブジ和声への転換で、うるさいピアノから静かなピアノになりました。聴くというよりもかけておくという感じでしょうか。
コンサートでこれを二時間聴こうとは思いませんねぇ。




♬ 現代音楽CD(作曲家別)一覧


テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽





カイホスルー・ソラブジ(Kaikhosru Sorabji) の「オーパス・クラヴィチェンバリスティクム(Opus Clavicembalisticum)」を聴く


カイホスルー・ソラブジ (Kaikhosru Sorabji, 1892/8/14 - 1988/10/15)
ソラブジと言えばピアノ曲、超絶と長時間でしょう。ブゾーニに見出され、ゴドフスキーやシマノフスキに傾倒したという時点でその方向性は浮かぶのではないでしょうか。

1930年から、自曲の公開演奏を禁止していたのも知られる処で活動期は大きく三つの期間になりますね。その第一期はひたすら長大化した時代で「交響変奏曲(pf版)」は約9時間にもなります。第二期は1940年代を中心として"擬似トーン・クラスター"や長時間の中にパートを区切るといった技巧を凝らす様になっていて、代表曲「超絶技巧百番練習曲」をインプレ済みです。第三期は1970年代を中心に前衛の停滞期と重なって注目度が上がり、公開演奏解禁や演奏時間も短縮傾向になりました。日本で知られる様になったのはその後でしょう。


Opus Clavicembalisticum
約4時間の長時間で12パート区切りといった初期から第二期への特徴を併せ持った代表作ですね。超絶的な技巧とfffffといった極端な指示もあり難解曲でも有名です。本人の演奏後1930年に公開演奏が禁止された為それが解禁される1982年のマッジの演奏会まで日の目を見ませんでした。現在CDは今回紹介のマッジとオグドン盤がありますね。ちなみにマッジの演奏にはソラブジが賞賛したようです。今回紹介はマッジ盤になります。(オグドン盤はこちら)

ジョフリー・ダグラス・マッジ(Geoffrey Douglas Madge)は現代音楽を得意とし、ブゾーニ、ゴドフスキー、ソラブジ、そしてクセナキスといった音楽を紹介してきたオーストラリア人ピアニストです。






◼︎ Opus Clavicembalisticum (1930年)
1.Introito - 2.Preludio Corale - 3.Fuga I quatuor vocibus - 4.Fantasia - 5.Fuga II Duplex (A Due Soggetti) - 6.Interludium Primum (Thema Cum XLIV Variationibus) - 7.Cadenza I - 8.Fuga Tertia Triplex (A Tre Soggetti) - 9.Interludium Alterum (Toccata. Adagio. Passacaglia Cum LXXXI Variationibus) - 10.Cadenza II - 11.Fuga Quadruplex A Quattro Soggetti - 12.Coda-Stretta

もちろん機能和声の超絶技巧曲です。とはいえ美しい旋律や心和む緩徐の流れはありません。激しさと一息つくパターンで構成されて、山場は次々とやって来ます。即興的な技巧性の高い山場は常に強烈で、鳴り渡る感じです。ひたすらその流れが続きます。何か主題・動機でパッセージなのか不明、頭が痛くなりそうw

よく聴くと反復と変奏で構成されている事と旋律の中に古典以前の流れは感じますね。その辺りがソラブジの初期らしさかもしれません。特徴的なのは「6. Interludium Primum」静音パートの中にシマノフスキやスクリャービン的和声が、「9. Interludium Alterum」では民族音楽和声が感じられます。

 ★試しにYouTubeで聴いてみる?
 「7. Cadenza I」オグドンでスコア付きです。
  マッジより速く、揺さぶりも効いています



無調混沌でもなく調性の和みもない、とにかくピアノ超絶技巧性だけを全面に打出したソラブジらしさ炸裂ですね。4時間通してそれが味わえます。久しぶりに聴いたら、やっぱりキツかったです。(笑)

超絶技巧性の高い曲はどうしても聴きづらくなるので現代音楽の源流と今更ながら感じますね。個人的に面白さがかわかりませんが、ピアノの超絶曲を聴きたい人に超オススメですw 

次回は第三期の作品「交響的ノクターン」を紹介予定です。




♬ 現代音楽CD(作曲家別)一覧


テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽





2018年5月22日 下野竜也/都響「コリリアーノ:ミスター・タンブリンマン - ボブ・ディランの7つの詩」日本初演 at サントリーホール

今日は都響があまり取り上げない、それが残念ですが、現代音楽を楽しみに六本木に行って来ました。いつも六本木一丁目から行くので六本木と言っていますが住所的には赤坂一丁目、目の前カラヤン広場は六本木一丁目という微妙な場所ですね。

20180522_SuntoryHall01.jpg 20180522_SuntoryHall02.jpg

米現代音楽家のコリアーノ(John Corigliano)はこのブログでは「ディラン・トーマスの三部作(Trilogy) 」をインプレしていますが、技術的には前衛ではありません。また詩人の作品を元にする事も多いですね。今回もボブ・ディランの原曲を一切聴かずに詩を元に作品を作っているそうです。また歌はアンプ使用でオケと伍するそうです。(理由はオペラの様に歌って欲しくないからだとか)
ちなみに七つの詩は「ミスター・タンブリンマン」「物干し」「風に吹かれて」「戦争の親玉」「見張りからずっと」「自由の鐘」「いつまでも若く」で、コリリアーノの描くストーリーに対応しています。

子供の頃にディランのレコード(CDではないですよ)を初めて買ったのは "Like a Rolling Stone"の入った「Highway 61 Revisited」をソニー買収後のCBS(ソニー)再発盤でした。ノーベル文学賞受賞もありディランは後年になるにつれ詩人としての評価が高まった行くのでしょうか、違和感もありますが…




メンデルスゾーン:交響曲第3番 イ短調 op.56《スコットランド》

ロマン派と古典派の折衷で曲調はいかにもイギリス風、メンデルスゾーンはドイツ人ですが、の印象が強い曲です。所有しているマリナー盤と比べると出し入れの強さが少しマイルドでメンデルスゾーンぽいかなという気がしましたが、退屈興味の範疇の外側の曲でよくわからなかったのが本音です。


コリリアーノ:ミスター・タンブリンマン ─ボブ・ディランの7つの詩 (2003年)

調性は薄く歌も尖って音や声の跳躍があるので前衛"的"現代音楽です。とはいえ技法・技術の大きな冒険はなく、歌もシュプレッヒゲザングの様な狂気性は低い、それがJ.コリリアーノですね。(個人的印象です)
でもピアノ伴奏版の印象よりも遥かに色彩感溢れる作品になっていました。一つには打楽器群を生かした鳴りの良さかもしれません。チャイム(チューブラーベル)をバンダとして2F席左右に配置していましたね。コリリアーノ得意のオケ作品で広がりのある音が楽しめました。調性感もより強く感じられましたが。
ヒラ・プリットマン(Hila Plitmann)も舞台を広く使い表現主義的なソプラノを聴かせてくれましたね。
歌詞が重要な位置づけですが都響webの月刊都響PDFには載っていないのが残念。(配布版にはありました)


機能和声に寄りかかった現代音楽ですが、これがヴァレーズやアイヴスを源流とする今の米現代音楽の一端かと思います。コリリアーノを得意とする下野さんと都響の広がりある演奏も良かったですね。
今後チャンスがあれば欧前衛系現代音楽を取り上げて欲しいですね。期待しないで待ちましょうw




テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽





グロリア・コーツ(Gloria Coates) の「String Quartet No.9, Sonata for Violin Solo, Lyric Suite for Piano Trio」を聴く


グロリア・コーツ (Gloria Coates, 1938/10/10 - )
ミュンヘンで活躍する米女性現代音楽家で、カノン(十二音技法以降で逆行・反行が技法的に復活)を用いたポスト・ミニマルと言われています。技術的な特徴は四分音(#のまた#, 半音の半分。これを進めると微分音に)とグリッサンドの多用でしょうね。交響曲を得意としていますが、弦楽四重奏曲も多く書いています。


String Quartet No.9, Sonata for Violin Solo, Lyric Suite for Piano Trio
コーツの室内楽アルバムですが、2CDに分けた弦楽四重奏曲の#1-8のアルバムに入らなかった#9をフィチャーしたものですね。コーツは現在まで第10番(少々別扱い的)まで書いています。
演奏はKreutzer Quartet(vn-soloはメンバーのPeter Sheppard Skærved), とpfはRoderick Chadwickになります。



String Quartet No. 9 (2007年)
三曲の中では一番新しい作品で、幽玄な旋律を持つ無調の弦楽トリル, グリッサンドの四重奏曲です。特殊奏法の様な音色も入り、主に対して追従するホモフォニー的な展開はベースをカノンにしている事がわかります。四分音・微分音の違和感、そして反復も明確に存在してポスト・ミニマルの様相ですね。混沌ポリフォニーとは異なる方向性の、欧米合体的な現代音楽でしょうか。

 ★試しにYouTubeで聴いてみる?

Sonata for Violin Solo (2000年)
四楽章のvn-soloです。ここでもパワーやハイスピードを排したグリッサンドの積み重ねが基本です。楽器が一本になった分、より幽玄さを感じますね。面白さは弦楽四重奏曲の方が上でしょうが、美術館で四枚の絵画をみている様な気配です。

Lyric Suite for Piano Trio, 'Split the Lark - and you'll find the Music' (1996年)
7パートの小曲からなる楽曲です。調性感の強い弦楽器の旋律とpfの和音、そしてトリル。pfの和音がクラスター的に響くパートがあるのも一味違いますね。一見フラットにも感じる流れに美しさを感じる幽玄さ、その中に表情がうまく表されています。なぜか「展覧会の絵」が浮かびます。


幽玄な気配のポスト・ミニマルで技法は微分音を入れたグリッサンド主体のカノン展開、と言ったG.コーツらしさが全開です。無調ですが存在する旋律、単調に感じる流れの中に表情を作るのは彼女の特徴でしょう。




♬ 現代音楽CD(作曲家別)一覧


テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽





エクサン・プロバンス音楽祭2017 ビゼーの歌劇「カルメン」をNHKプレミアムシアターで観る

昨シーズンのエクサン・プロバンス音楽祭(Festival d'Aix )から人気のCarmen。今回はカルメンをセラピー劇にした演出ですね。

FestivalDAix2017Carmen.jpg
(写真はweb上からお借りしました)


演出

演出チェルニャコフは、演劇セラピーに訪れた倦怠期夫婦(ドン・ホセとミカエラ)が「カルメン」に入り込む設定にしています。近年よくある本編前後に新枠挿入パターンですが、夢とかにするのでなくセラピーとして「カルメン」を演じる、という流れですね。そう思えば、途中でもセラピストが入ってきたりするのも上手い味付けに感じました。カルメンが脱走するシーンなどに工夫がありますね。("脱走"の設定自体がありませんw)
ラストもドン・ホセが演技にのめり込み狂気を見せるのをうまく生かしています。

舞台・衣装

従って設定は現代。広いロビー、衣装はごくありきたりのスーツやインフォーマルです。どちらもアヴァンギャルドさはありません。この設定も今の時代のオペラに多いですね。

配役

突出のキャストはなかったと思いますが、まずは女性陣。カルメンのドゥストラックは声も演技も線が細かった気がします。ミカエラのドライシヒのsopは綺麗な歌声で聴かせてくれましたね。
男性陣、ドン・ホセのファビアーノはボチボチ熱演、闘牛士エスカミーリョのシンプソンは声、聴かせ処の"闘牛士の歌, Toreador Song"は軽いのですが容姿は決まりましたね。
ミカエラとエスカミーリョのラヴシーンには驚きましたが、ドン・ホセとカルメン二人がラストに向けて狂気を増していくのは上手かったです。

音楽

カサドw/パリ管の演奏は始めはソロ・パートの弦楽器も今ひとつで、やや重心が高い軽さを感じましたね。その後はバランスが良くなりました。(オペラの演奏は練習を重ねるという事はないので当然?!)


一にも二にもチェルニャコフ演出ですね。舞台設定を現在に置き換えただけではなく、賛否のありそうなチェルニャコフ独自展開が加わりカルメンのストーリーを利用したセラピーに徹底している処は新鮮です。
多少の中だるみはありましたが、ビゼー原作チェルニャコフの『カルメン』が楽しめました

こういった楽しみもエクサン・プロバンスらしさかもしれませんね。



<出 演>
・カルメン:ステファニー・ドゥストラック [Stéphanie d'Oustrac]
・ドン・ホセ:マイケル・ファビアーノ [Michael Fabiano]
・ミカエラ:エルザ・ドライシヒ [Elsa Dreisig]
・エスカミーリョ:マイケル・トッド・シンプソン [Michael Todd Simpson]

<合 唱> エデス合唱団 / ブーシュ・デュ・ローヌ少年少女合唱団
<管弦楽> パリ管弦楽団 [Orchestre de Paris]
<指 揮> パブロ・ヘラス・カサド [Pablo Heras-Casado]
<演 出> ドミートリ・チェルニャコフ [Dmitri Tcherniakov]


収録:2017年6月30日、7月6日 プロバンス大劇場(フランス)


テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽





プロフィール

kokoton

by kokoton
.

    

カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ようこそ
カテゴリ
ありがとうございます