ヘルツキーHölszky の Wie ein gläsernes Meer, mit Feuer gemischt…を聴く

シュツットガルトで活躍する女性現代音楽家アドリアーナ・ヘルツキー(Adriana Hölszky、1953/6/30 - )はルーマニア生まれで後に一家でドイツに渡り、ピアニストとしても活動しながらダルムシュタット音楽祭の講師やIRCAMでセミナーを務める等の活躍をしていますね。ラッヘンマンの先輩でもある「シュトゥットガルト様式」の創始者Milko Kelemenに師事していて、欧州エキスペリメンタリズム系現代音楽家という事になるでしょう。1995年には秋吉台国際現代音楽セミナーにも参加しています。
Bremer Freiheit等の現代オペラで名をはせていますが、作風は電子音と打楽器群による空間音響ですね。テープや特殊奏法、近年の演奏の難しさも含めて今の現代音楽の主流的な音の一つになるでしょうか。もちろん音列配置的ではありません。

『Wie ein gläsernes Meer, mit Feuer gemischt…』はオルガンをメインにした楽曲構成で、現時点での最新盤になりますね。

…Und Ich sah wie ein gläsernes Meer, mit Feuer gemischt… (1996/97)
 アルバムタイトルから繋がる題名で、オルガンの独奏曲です。空間音響にはオルガンは将にぴったりで、それを感じさせてくれます。時にクラスターで攻撃的に、時に空間に広がる残響の様に展開します。標題は英文にするとAnd I saw like a glass sea, mixed with fire、そんな感じになりますね。
試しにYouTubeで聴いてみる?

Efeu und Lichtfeld (2008)
 このアルバム一番の聴きものです。オルガンとヴァイオリンのデュオになりますが、とても刺激的です。両者共に特殊奏法を駆使して対位法をベースにバトルの様相ですね。始めは打楽器が入っているのかと思うようなオルガンの奏法、神経質で切れ上がる様なヴァイオリン、共にスリリングですね。特にvnは出色です。
…Und wieder dunkel I~IV (1985/90)
 打楽器とオルガンの4パートの楽曲で、この中では最も古い作品です。打楽器は種類も多く、多彩な奏法も絡めてきますね。そこはヘルツキーの得意とする分野なのでとても表情が豊かです。特徴的なのはpartIIで、ここだけドローン系になります。単純な楽器構成からは想像できない広がりがありますね。

特殊奏法が印象的なのは声法、このアルバムには入っていませんが、も含めてヘルツキーらしさでしょう。スペクトル楽派の牙城IRCAMに参加したのも後年であり、ポスト構造主義でしょうね。
現代音楽と言うくらいなので21世紀の楽曲を楽しみたいと思いますが、今やビッグネームの一人ベテランながらヘルツキーはなかなか楽しいです。

演奏は、
 Dominik Susteck - organ
  Sabine Akiko Ahrendt – violin
  Jenn Brülls – percussion
になります。



テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

竹鶴TaketsuruのピュアモルトPureMaltを飲む

NHKのTV朝ドラ「マッサン」、見ないけど、で有名になっちゃったよねぇ。
先日買い物の時にスーパーで衝動買い。(笑)
japanesewhisky-taketsuru-massan01.jpg japanesewhisky-taketsuru-massan02.jpg
もちろんスーパーだから一番安い"竹鶴"の500mlだけどね。でも千円台だからはずれてもイイかなってw
この上のヴァリエーションは17年、21年、25年、とあるんだけど、これには年数がない。
8年って事はないと思う味だから、10年くらいなのかな…
シングルモルトだから年がバラバラって事はないでしょう。(シングルカスクじゃないけど、年数違いで調整してる事はないでしょ)

Just like a highland single malt scotch whisky!
味はスコッチ風に違いないねぇ。エイヤッで言うと適度にピーティでハイランド系っぽいね。スペイサイドの円やかさではない様な。もちろんアイラとは全く違う。
コスパは悪くない、と言うかけっこう行けるかも。実はもう飲んじゃって無いんだけどね。
またいつか忘れた頃に買うかもね。

試しに買ってみてもイイかもよ。^^v

テーマ : ドリンク
ジャンル : グルメ

アイヴズIves の交響曲第2, 3, 4番、宵闇のセントラルパークを聴く

このところ米現代音楽を多めに聴いています。そうなるとやっぱりチャールズ・アイヴズ
Charles Edward Ives(1874/10/20 - 1954/5/19) を聴き直す事になりました。年代的にはシェーンベルクやラヴェルと同年代 (シェーンベルクとは同年生まれ) の音楽家です。
19世紀から20世紀をまたぐ現代音楽家はとても興味深いですね。機能和声・後期ロマン派から無調や十二音技法等・調性を超える変化が楽しめます。そしてアイヴズは、それを越えた前衛技法を既に取り入れていたのも興味深いです。
笑ってしまうほどの引用、個人的には今ひとつわからない賛美歌の展開、米民族音楽と個性は豊かです。

アイヴスの交響曲は今やコンサートでも人気ですから、聴き比べでもしないと何を今更といった感じですが、第2番から最後の第4番(未完を除く)までを通して聴いたらどんなかな??とw
(作曲年代問題やら、楽譜不整合問題やら、数あるアイヴズの話は専門家の話を調べてみてくださいw)
「バーンスタインの指揮に他の指揮者を混ぜているのは問題!?」と思われる方は、既にこの程度の話は退屈でしょう。^^;

Symphony No.2 (1901年?):後期ロマン派ですね。R.シュトラウスを思わせる様な第二楽章、美しい緩徐楽章(第三楽章)がその色合いを感じさせてくれます。特徴的なのは様々な楽曲を引用し、ごちゃまぜにした様な最終第五楽章でしょうか。
ただ引用以外で楽風としてはアイヴズの独自個性と言うものは然程ありません。個人的に印象があるのは緩徐楽章で、マーラー同様アイヴズの緩徐楽章は以降の変化も含めて良いですよね。

Symphony No.3 (1904年?) 「キャンプ・ミーティング」:第一楽章の頭から機能和声からの変化があり、調性感の薄さが現れる小編成の三楽章構成です。第2番にあった調性符号は無くなっています。
基本は静的スローな緩徐構成の後期ロマン派で、流れでも第2番からの大きな変化を見せてくれます。マーラーが興味を持ったというのもわかるような…
もっとも既に第2番のフィニッシュには不協和音が入っているのが興味深いですね。(今更?…ですが ^^ゞ)

以上、バーンスタインN.Y.POです


Symphony No.4 (1916年?):第3番からまた大きく変わり、楽章毎に異なる個性の組合せが凄いです。
第一楽章は讃美歌の現代解釈の様な歌入り楽曲。第二楽章は、ポストセリエリズム以降の現代音楽技法を取り込んだかの様に、引用・ポリフォニー・クラスター等が強音と弱音の中に展開されます。最も特徴的な楽章で演奏時間も最長ですね。第三楽章では一転して機能和声の緩徐楽章です。この落差も緩徐楽章をキーにしている感じがしますね。第四楽章は無調に戻り、複雑に対位法が絡みながらコーダに向い締めくくられる素晴らしい流れです。打楽器の展開も前衛を感じさせてくれます。
第二次戦以降の前衛現代音楽に見られる様相が、既にこの時代に作られていたのがいつもながら驚きですね。

小澤征爾BSOです


Central Park in the Dark (1907年):番外ですが、両CDに入っている室内楽曲です。
基本は弦楽による宵闇の流れで、時折木管楽器やpfがその表層を浮かぶ様に絡みます。後半で一回、管楽器群が強烈な無調の音を発信してピークを迎え、再び静けさに立ち返り終結します。調性と変化は薄く、スローで陰鬱な、深淵さが感じられる素晴らしい楽曲です。
この二枚のCDではバーンスタインN.Y.POと小澤BSOとを聴き比べられます。例によってバーンスタイン盤ではより極端な解釈で、弦楽の底流は弱音に沈み、絡む木管はリズムを刻む、そして管楽器群が高密度なパワー表出するといった具合です。美しささえ感じる小澤BSOか、はたまた陰暗と爆力のバーンスタインか…
楽曲がいいので、個人的には両者ありですね。

試しにYouTubeで聴いてみる?
バーンスタインN.Y.PO


アイヴズと言えば引用と讃美歌展開ですが、個人的には 印象的なパート以外で特に意識する事はありません。

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

サンダース・スミスStuart Saunders Smith の "Links Series of Vibraphone Essays" を聴く

スチュアート・サンダース・スミス(Stuart Saunders Smith, 1948 - ) はメイン州生まれの米現代音楽家、打楽器奏者ですね。バークリー音楽院を始めとして米国内で音楽を学び現在はバーモント州在住で、ヴィブラフォーンを主とした楽曲が多いです。

◇ Links Series of Vibraphone Essays (1974-1994)
代表作になりますね。Links No.1 - No.11まで、20年間での作品です。

全体を通して結晶質でモノトーニカルな楽曲で、抑揚の少ないヴィブラフォーンのソロがメインの繋がりです。20年間での大きな変移は見当たりません。あえて言えばNo.8のフルートとのデュオが少し刺激を感じるでしょうか。
面白いのは冒頭Links(No.1)の前にSylvia Smith(奥さん)のナレーションHearing Linksが入っている事でしょう。そこでこの曲について語られています。話の中で強調されているのは、冬・グリーンランド・白・エッジで、30歳・40歳の年齢の区切りでSylviaさんの心象です。ご主人にLinksの成り行きを聞く語りも入っていますね。唯一楽曲で述べられるのはNo. 11(Regions I-XXI) for three vibraphonesで終了する段ですね。冒頭のこの語りに全ての思いが感じられます。
標題から見てもヴィブラフォーンによる20年間の11のエッセイ集なのでしょうね。独自の世界であり、"Links Series of Vibraphone Essays is considered as groundbreaking music" という評価もあるようです。何の草分けだか少々不明ではありますが…

技巧的内容は不明ですが前衛的ではなく、ゆっくりと流して感じるのが良いかもしれません。

試しにYouTubeで Links No. 6 (Song Interiors) を見てみる?



テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

白馬の雪をゆっくりと楽しむと言う事…

会社からのプレゼント?で白馬東急ホテルへ。
今までスキーで泊まった中では一番落ち着くかも。年寄りにはw
客室数は少なく、全てのスペースに余裕が十分に確保されています。
その辺が西武prince系との大きな違いでしょう。

八方尾根まで歩いても10分程度、もちろんシャトルバスあります。
この日は夕方から大雪、一晩で車は雪の中…
hakuba-tokyu-hotel-2015winter.jpg

もちろん夜は地元のお友達と一緒に食事&一杯!
八方尾根"アダム"の前を通り過ぎた処、アンクルスティーブンスさん。
メキシコ料理、お客さんの半分はガイジンさんです。日本人OK。
八方近隣店は日本人入りづらいみたい…
八方のゲレンデもオージーを中心としたガイジンさんがいっぱい。
hakuba-HappoOne-UncleStevens.jpg

帰りは雪降る中を15分ほど歩きます。タクシーは1時間待ち!
この夜はお祭りで、タクシーは簡単には来てくれません。
ホテルの光を見ながらの夜道、花火も見られました。

次の日は白馬さのさかスキー場でパフパフの新雪パウダーを満喫。
し・あ・わ・せ


テーマ : ちょっとおでかけ
ジャンル : 旅行

Joan La Barbara ラ・バーバラ の Shamansong を聴く

ジョアン・ラ・バーバラ(Joan La Barbara, 1947/6/8 - ) はフィラデルフィア生まれの女性スーパーヴォーカリストにして米現代音楽家ですね。
ヴォーカルはヴィルトゥオーゾであり、米現代音楽家のケージ、フェルドマン、グラス、ライヒ、他錚々たる顔ぶれが彼女の声楽を前提として曲を書いています。中にはMorton Feldman の Three Voices for Joan La Barbaraの様に名前が入っている作品も見受けられますね。
現代音楽作曲家としては1970年代からエキスペンタリズム系の電子音と声楽重唱とのコンビネーションから始まり、このアルバムではvoice, percussion, computer, electronic keyboard, synthesizerと言ったパートも自ら担当しています。

Shamansong(1998年)
 ラ・バーバラのヴォーカリーズをフィーチャーした楽曲で、"呪術師の歌"と題された通り民族音楽をベースにしているようです。従って機能和声ではありませんが調性はあるので聴きやすいでしょう。歌詞の無いヴォーカリーズで、そこに様々な楽器・音・技巧が絡みます。波の音、風の音、鳥の声はテープでしょうか、それともコンピューター、特殊技法によるものでしょうか? 声も重唱(と呼ぶ?)がありますが、テープそれともライブエレクトロニクスのディレイ? 興味は尽きません。特筆すべきはやはり ラ・バーバラの特殊声法で、将に楽器の特殊奏法のごとく自在に声を操ります。
標題らしい、とても楽しい楽曲ですね。
  試しにYouTubeでちょっとだけ聴いてみる?
    あまり良いパートではないのですが

Rothko(1986年)
 抽象表現主義の画家マーク・ロスコ(Mark Rothko)を標題にした24分を超える全編ドローンです。そこに挟まれる音はなく声楽と電子音系のエンドレスなウネリのみ。
この手のサウンドはエレクトリカのアンビエント・ドローンとの違いがよくわからなくなりますね。
Calligraphy II / Shadows(1995年)
 ヴォーカリーズですが、一曲目と違いメインではありませんね。ここでも民族音楽ですが、中華和声です。時々日本も顔を出す感じです。二胡の様な音がメインでどうも西洋映画に出て来るアジアの様で印象が良くありません。ラ・バーバラもやや控えめです。

基本的に抑揚はありませんね。このアルバムでは何と言っても一曲目が素晴らしい!
Tapesongsが欲しいのですが…




テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

デヴィッド・ローゼンブームRosenboom の Systems of Judgement を聴く

アイオワ出身、西海岸で活躍中のデヴィッド・ローゼンブーム(David Rosenboom, 1947/9/9 - )は、ニューロフィードバックの第一人者として著名な米現代音楽家ですね。

Neurofeedback は脳波のコントロールトレーニングの事ですね。実脳波は頭皮からその活性度を測りディスプレイ上や音によりアウトプットされます。
ローゼンブームはそのアルゴリズムを使っているそうですが 元音源や作曲技法、譜面作成にも何らかのソフトが導入されて作曲されているのか、は不明ですね。使っているのはアルゴリズムなので、誰かの脳波そのものではないでしょうがw
音は空間音響系で、ベースはノイズ・クラスター・特殊技法といった処でしょうか。それら手法でポリフォニックな音の密度を変化させています。個々の曲についてコメントはしませんが基本は当然ながらの電子音で、それに管弦楽や時にpfとシンセの対位法的な流れなども作られて、表出されるバリエーションが実に楽しいです。(このCDにはドローン系は入っていません)
経歴では欧エクスペリメンタリズムとの接点は特に無く、また音列配置感もありませんね。
そんな音の中に身を置くと実にスリリングで強烈、個人的にワクワクさせてくれる米前衛系現代音楽家の一人です。
現在は現代音楽を多く発信している米レーベルのNewWorldから作品がリリースされていますね。

 Systems of Judgement


テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

細川俊夫の「ヒロシマ・声なき声 Voiceless Voice in Hiroshima」を聴く

前衛現代音楽の本流とでも言うフライブルク、そしてダルムシュタットでの活躍で世界に名が知れる日本を代表する現代音楽家 細川俊夫(Hosokawa Toshio、1955/10/23 - ) の代表作の一つでしょう。
現代音楽の流れから行けばフライブルク派といって良い様な経歴ですけど、常に武満徹との音楽性になる事が多いですね。日本の古典音楽を基調とすると…といった事もあるのかもしれませんが。
ちなみに本曲第3楽章はラッヘンマンに捧げられています。

広島出身の細川氏が描く「ヒロシマ・声なき声 Voiceless Voice in Hiroshima」は、バイエルン放送の主催するミュンヘンの現代音楽祭 MUSICA VIVA の委嘱作品で 2001年5月4日 に同音楽祭で初演されました。
独唱者、朗読、混声合唱、オーケストラ、そしてテープによるの作品で 音宇宙シリーズVIII に当たります。長大で五楽章の交響曲の様ですね。
「ヒロシマ・レクイエム」の改訂版で、当初追加されていた III楽章〈祈り〉を外して、新たに III楽章以降が新規追加されています。
ライナーノーツにある作曲者ご本人のコメントについてはこちらからどうぞ。

Ⅰ. 前奏曲「夜」(Preludio "Night")
 ・オーケストラのための
予兆を表すとある楽章は、静けさの中に足音や錯綜する強いうねりを感じる入りから、無音の間が強調されpppの音が緊張感を加える展開。再び打楽器による強いうねりに回帰し、消え入る様に終わります。地響きの様な太鼓の音が印象的です。

Ⅱ. 死と再生(Death and Resurrection)
 ・3人の朗読、混声合唱、テープとオーケストラのための
 ・テキスト: 長田新編『原爆の子』[日本語原文:英語/ドイツ語]
原爆に遇った子供達の手記から、二人の子供[ドイツ語]と一人の大人[英語]、テープは戦時中のラジオ放送からの編集。三人の語りが被りながらの楽章です。音は I と同様な展開で、緊迫感と静音の組合せです。空襲警報のサイレンの様な音響といい緊張感が凄いです。ラストは合唱のレクイエム「死者のためのミサ」が入りますが、そこは多少なりとの機能和声を感じます。

Ⅲ. 冬の声(Winter Voice)
 ・混声合唱とオーケストラのための
 ・テキスト: パウル・ツェラン『帰郷』[ドイツ語]
静的に展開する20分近い この中で一番長い楽章です。合唱も楽器の様に響き冷たい陰的な響きで全体を包み、レクイエムの様な合唱と演奏は時に打楽器と共に強音となって静けさを打ち破ります。
生き物ではない何かが潜む様な澱みとうねりの様な空間を感じますね。

Ⅳ. 春のきざし(Signs of Spring)
 ・アルト、混声合唱、オーケストラのための
 ・テキスト: 松尾芭蕉 [日本語]
前章から少し生命感のある音色に変化しています。ナタリー・シュトゥッツマンのアルトが、そう感じさせるのかもしれません。

Ⅴ. 梵鐘の声(Temple Bells Voice)
 ・混声合唱とオーケストラのための
 ・テキスト: 松尾芭蕉 [日本語]
"梵鐘様式の音楽" とあります。IIIの強音パートをより展開した様な楽風です。ここでも合唱が打楽器と共に強烈に音のうねりを表します。楽曲的には一番の聴き処。
ラストは消え入る様な静音です。

全体を通して強烈な印象です。重くうねる様な底流に、時に静、時に轟で展開します。意志を感じる音ですね。

 指揮:シルヴァン・カンブルラン
 演奏:バイエルン放送交響楽団・バイエルン放送合唱団・他

詩は全てライナーノーツに残されています。(日本語原文 及び 日本語訳)
この曲は標題音楽なので、作曲者の明確な意図を読んで聴くのが良いですよね。もちろん詩も。
ぜひCDを手に一度聴いてみて下さい。お薦めの一枚です。

試しにYouTubeで聴いてみる?



テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

Gérard Grisey グリゼーの「限界を超えるための4つの歌 Quatre chants pour franchir le seuil」を聴く

ジェラール・グリゼー(Gérard Grisey, 1946/6/16 - 1998/11/11) はフランスの現代音楽家で、スペクトル楽派を代表する一人ですね。
今の前衛系現代音楽の流れの一つの源を作ったと言っても良いかもしれません。メシアンに師事しダルムシュタット夏期現代音楽講習会でシュトックハウゼン、リゲティ、クセナキスに学んでいます。
そしてイタリアでジャチント・シェルシに出会うわけですが、ここで大きく音楽を倍音・音響に関するスペクトルと捉える方向性を打ち出します。トリスタン・ミュライユと共にスペクトル楽派の旗頭としての活躍は知られる通りですね。

限界を超えるための4つの歌 Quatre chants pour franchir le seuil (1997-98年)
全編40分の晩年のこの曲ではスペクトル解析からくる声部の問題を取り組んだと言われています。
4つの歌で5つのパートからなっていますが、パートにより明確に旋律感が感じられるのは、その為の様です。またそこにはリズム感も復活していますね。パート2, 5での旋律と反復、パート3でのユニゾンで強く感じられます。
詩はそれぞれにdeath(La mort)が入っていて、古代・現代の詩人等から別個に採用されています。内容はもちろん死に関してです。英文訳が入っています。
演奏は電子音の空間音響ではありません。基本は打楽器群+室内楽にソプラノが入った緩やかなポリフォニーです。個人的にはパート4が良く、前半の打楽器やリズミカルなサックスの絡み、歌もヴォーカリーズが入り音響空間だけでなく即興的な展開も見せてくれます。

ソプラノ・ヴァイオリン・フルート・トランペットが指揮者を囲み、その後ろに三編成に別けられた室内楽がそれぞれに打楽器を伴って排されています。聴く際もボリュームを少し上げて音響効果が感じられる距離感で味わうと良いですよね。

ソプラノ : Dubosc, Catherine
指揮 : Cambreling, Sylvain
室内楽 : Klangforum Wien

指揮は日本でもお馴染みのカンブルランですが、現代音楽を得意として数多くの録音を残していますね。どうして日本でのコンサートに全曲現代音楽の採用をしないのかとても不思議です。

試しにYouTubeでちょっとだけ見てみる?
お馴染み、メルッキSusanna Mälkki指揮Ensemble InterContemporainになります




テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

ラフロイグのPX CASKはペドロ・ヒメネスのこと

2012年4月にLaphroaig PX CASK が発売になっていますね。「トリプルウッド」に替わる免税店向け商品で、これは新ラベルの方になります。
laphroaig-PxCask2014.jpg

同じくトリプルカスクで、
1)ファースト・フィルのメーカーズマークのバーボン樽:5~7年
2)クォーターカスク:7~9か月
3)ペドロ・ヒメネス(Pedro Ximenes=PX)のシェリー樽:約1年間の熟成
になります。
ペドロ・ヒメネス のシェリーはペドロ・ヒメネス種の干ブドウから造られるナチュラルな甘みのシェリーだそうです。alc.48%になり、リッターボトルが主に出回っています。

Laphroaig-PxCask.jpg
色が濃く、味わいはバーボン感やシェリー感が強いのですが、今ひとつラフロイグとしての明確な味わいが不明です。掴みどころの無い感じがしてしまいますね。市場評価は高い様ですが、個人的にはもう少し楽しんでみないと良くわかりません。^^ゞ


テーマ : ドリンク
ジャンル : グルメ

プロフィール

kokotonPAPA

Author:kokotonPAPA


ものずき、おっさん じいさん、わがままきまま、すきほうだい、しななきゃなおらない.

 kokotonPAPAのブログ  ホームページtop  メールtop



1.このblogで言う現代音楽

2.マーラー交響曲第5番 160CD
 (名盤・珍盤 聴き比べ)

カテゴリ
個人的お奨め度*
★   こんなもん?
★★  悪くないね
★★★ 最高です!
☆   +0.5
お友達ブログ
kokotonPAPAカウンター
unique-access