fc2ブログ

カレルヴォ・トゥーッカネンの「交響曲第3番 "The Sea"」を聴く

トゥーッカネン(Kalervo Tuukkanen, 1909/10/14 – 1979/7/12)は、フィンランドの現代音楽家ですね。マデトーヤ(Leevi Antti Madetoja, 1887/2/17 - 1947/10/6)に師事しています。マデトーヤはシベリウスに習っていますので、直系と言う事になるでしょうか。
曲風は調性の中に合って、北欧らしい風景感を感じさせます。所謂(いわゆる)現代音楽、調性の無い、ではないですね。




Symphony No.3 Op.36 (1952年)
ソプラノとテノール、混声合唱団が入る、代表作の一つになります。完全に旧来の調性の楽曲ですね。サブタイトルに"The Sea"とあり、詩はトゥーッカネンによります。
第一楽章は混声合唱を主体に、冬季オリンピックの開会式のショーで使われる様な....といった感じです。第二楽章は間奏曲で、短い管弦楽曲になります。第三楽章も同様な展開で、中にヴォカリーズが入ります。流れはそのまま第四楽章へ繋がって雄大にコーダを迎えます。
声楽は主張をせず、広がりを感じさせてくれます。北欧らしい、です。ちなみに、各楽章間はアタッカでつながっていますね。

Volin concerto No.2 Op.45 (1955年)
ヴァイオリン協奏曲第2番は、調性の中に合って将に北欧風。処々で中華音階が現れるのも面白いです。ヤッコ・クーシスト(Jaakko Kuusisto, 1974 - )のヴァイオリンは細く切れる音を奏でてくれます。この曲らしい冷たい空気を感じさせてくれますね。
クーシストはフィンランドのヴァイオリニストで弟のペッカ(Pekka Kuusisto, 1976 - )も同じヴァイオリニストです。もう一つ言うと、父イルッカ・クーシスト(Ilkka Kuusisto, 1933 - ) は作曲家ですね。

お馴染み ラシライネン指揮で、ユバスキュラ交響楽団の演奏になります。
この年代の北欧のクラシックは調性が薄いのが多いですが、それが苦手な方にはとてもお薦めですね。


テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽





エゴン・ヴェレス(Egon Wellesz) の「交響曲 第1番・第8番」を聴く

オーストリアの現代音楽家エゴン・ヴェレス(Egon Wellesz、1885/10/21 - 1974/11/9) は、9つの交響曲を書いています。これは初期作品と後期作品を楽しめますね。




交響曲 第1番 Op.62 は1945年に書かれている三楽章からなる楽曲です。楽風は後期ロマン派からの脱却を目指す様な調性の広がりを感じます。でも、ソナタ形式の第一楽章、明快な主張の薄い展開など、ともするとこの時代では半端で受け入れられづらい感じもしますね。習作的色合いです。

交響曲 第8番 Op.110は1970年に書かれました。調性感を越える展開が無い事、楽章感の似た感じがあるのは同じですが、楽風はより練られて中途半端な平和感が無くなっています。全体にメリハリが付き切迫感があります

いずれにしても個人的には没個性な印象が拭えません。シェーンベルクの"浄夜"を「過剰なクライマックス」と評した本人ならではかもしれませんが。
ゴットフリート・ラーブル指揮、ウィーン放送響の演奏です。



テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽





アバド指揮 マーラー交響曲 第5番 聴き比べ【5録音】クラウディオ・アバド氏追悼


本日のニュースでクラウディオ・アバド氏の逝去を知りました。20日朝、イタリア北部ボローニャの自宅にて亡くなられたとの事。

昨年(2013年)10月の80歳での来日予定が中止になってしまったのが今となっては大変惜しまれます。
(チケットを持っていました。上記リンクには中止の通知があります)

今まで80CDを聴き比べたマーラーの第5番ですが、今回はアバド氏の5録音を追悼インプレします。(まさにアップ予定で準備していたもので【マーラー 交響曲 第5番 名盤・珍盤聴き比べ #5】と言う事になります)


Mahler Symphony No.5 -- 190 CDs

 ★:名盤 (一般的いわれている…と思う盤)
 ☆:個人的お勧め
 ㊟:とっても変わっています (普通の演奏じゃ満足出来ない貴方にw)


 #1:15CD
バーンスタイン[x5 ★☆], カラヤン[x3 ☆], プレートル, 小澤征爾, ジンマン, モリス[㊟], ブロムシュテット, ドゥダメル[x2], ドホナーニ, 参考音源/資料類
 #2:20CD
M.T.トーマス, テンシュテット[x6], ベルティーニ[x2 ㊟], ノイマン[x3], 小林研一郎[x4 ☆], シノーポリ, 井上道義, ザンダー[x2]
 #3:25CD
インバル[x4], セーゲルスタム[☆], ノット, ダーリントン[☆], スワロフスキー[㊟], レヴァイン, 外山雄三, ノリントン, ロジェヴェン[㊟], ズヴェーデン, 飯森範親, 尾高忠明, 若杉弘, ルイージ, ホーネック, ヴィト, マーツァル[x2], シェルヘン[x4 ㊟]
 #4:20CD
ハイティンク[x4], ブーレーズ[x3 ★㊟], メータ[x3 ☆], クーベリック[x3], ショルティ[x3 ★☆], バルビローリ[x2], バルシャイ[☆], バレンボイム
 #5:5CD アバド追悼 本投稿
アバド[x5 ★☆]
 #6:15CD
マゼール[x3], ナヌート, テミルカーノフ, スウィトナー, 上岡敏之, 井上喜惟, 西本智実, ベシェック, N.ヤルヴィ, アルブレヒト, I.フィッシャー, 堤俊作, フェルスター
 #7:10CD
ガッティ[㊟], レヴィ, コンロン, リットン, ファーバーマン, クライツベルク, アブラヴァネル, フェルツ[㊟], 大植英次, マッケラス
 #8:15CD
サラステ[x2 ☆], ギーレン[x2 ㊟], M.シュテンツ[x2], ジェラード・シュワルツ[x2], ヘルビッヒ[x2 ㊟], フェドセイエフ, リンキャヴィチウス[㊟], フリーマン, タバコフ, ラート
 #9:15CD
カサドシュ, ヘンヒェン, ノイホルト, インキネン, コンドラシン[x2], オストロフスキー, ポポフ[㊟], ミュンフン, マック・カーロ, オラモ, ダニエル, アルミンク, アシュケナージ, ヴァイネケン, ヒルシェ
 #10:10CD
ゲルギエフ[x4 ☆], ラトル, ジークハルト, ロンバール, マデルナ[㊟], リーパー, 山田 一雄
 #11:20CD
シャイー[x2 ★], スラドコフスキー, シーヨン, ワールト, エッシェンバッハ, シップウェイ, P.ヤルヴィ, ネルソンス, スターン, デプリースト, ワルター[☆], ミトロプーロス[㊟], ケンペ, ロスバウト, パレー[㊟], ホーレンシュタイン, ラインスドルフ, アンチェル, ルドルフ・シュワルツ
 #12:20CD
カーチュン・ウォン, クルンプ, バリエンテ, 佐渡裕[x2], 大野和士, ハーディング, A.フィッシャー[☆], ロト, スヴェトラーノフ[x2], ヴァンスカ, ヤンソンス[x2 ★], ズィロウ・チャン, フックス, フロマン, ブリッグス(オルガン), トレンクナー&シュパイデル(ピアノDuo), ミヒャエル・ナナサコフ(ピアノDuo), ナタリア(アンサンブル), ホルスト=シンフォニエッタ(アンサンブル)




クラウディオ・アバド, Claudio Abbado (5録音)


(#1)
Chicago Symphony Orchestra
[DG] 1980-2/16-18


アバド47歳の時のマーラー5です。重量級オケのシカゴ交響楽団(CSO)を率いた演奏ですね。


【第一部】
スローでゆったりとした葬送行進曲、テンポアップし響き渡る第1トリオ、特徴は薄いですが真面目です。第二楽章は第一・第二主題の緩急出し入れが効いた流れと展開部後半の迫力は素晴らしいです。ただ平凡さが残るのは免れませんね。

【第二部】
堂々のスケルツォとレントラー、ホルンの鳴りの良い第三主題、展開部・再現部では微妙にアゴーギクを挟んでいます。構えの大きな第二部です。

【第三部】
アダージェットは暗く沈んだ美しさに厚みのあるディナーミクで重厚です。個人的にはもっと細い方が好きですが。第五楽章はナチュラルに盛り上げて行く自然な流れで安定感があります。二つの山場を迫力で盛り上げた後はパワフルかつ華やかなコーダ、アッチェレランドで締めくくります。


真面目で堂々とした正統的マーラー5です。重心が低く素晴らしいのですが、どうしても+αが欲しくなります。
指揮アバドと知らなければ名演かもw






(#2)

London Symphony Orchestra
[Lucky Ball] 1983-5 CD-R

非正基盤にはなりますが、アバドとロンドン交響楽団(LSO)によるマーラー5番です。CSO[DG盤]の3年後、BPO[DB盤]の10年前のライブです。1983年5月は来日公演と同月ですね。まさかFM東京の放送? このアルバムには来日公演と同じラ・ヴァルスも含まれてはいますが....


【第一部】
DG盤のCSOのファンファーレより音の止めが強い入りですが、ゆったり感の葬送行進曲からテンポアップの第1トリオは同じ流れです。第二楽章もよく似ています。その分同じく平凡ではありますが。

【第二部】
流れがCSOより速い(17'33"→16'34")ですね。特にスケルツォ・レントラー両主題で明白に感じます。その後はアゴーギクでテンポを揺さぶり、結果としてはこの楽章らしい軽快感と躍動感が良くなっていますね。コーダの切れ味も最高です。ホルンが処々で怪しげなのはご愛嬌w

【第三部】
アダージェットは冷たい流れに変わり、ディナーミクが強く振られます。繊細さと情熱が絡むのはなんとも印象的です。最終楽章も静かに立ち上げて行くのが普通ですが、始めから緊張感と躍動感を感じます。展開部の山場からコーダ、フィニッシュは圧倒的!


感情がこもる流れに心を打たれるマーラー5です。第一部は上記CSOと同じですが、圧倒的に違う第二部・第三部です。

非正規盤特有のテープのヒスノイズや転写音等、音は良くありませんがそれを補いますね。






(#3)

Berliner Philharmoniker
[DG] 1993-5


(右は全集です。アバドのマーラーは外れクジなしなのでこちらの方がいいかも)

バーンスタイン/VPOのDG盤と双璧の大定番、ベルリンフィル(BPO)とのマーラー第5番ですね。


【第一部】
ベースはCSOの延長線上にありながら、重厚にして壮麗となっています。第二楽章第一主題は押さえ気味、第二主題はよりソフトになってコントラストは弱めですが雄大ですね。でも迫力とかパワーが欲しい感じがしますね。

【第二部】
実に美しいスケルツォ主題とレントラー主題、第三主題も穏やかさが広がります。展開部もマイルドで、再現部後半はペースを上げ気味にコーダを迎えます。柔らか温和なスケルツォ楽章です。

【第三部】
アダージェットは暖色系でやや速め、CSO・LSOよりディナーミク抑えめです。第五楽章ゆったりと第一・二主題を絡ませ、コーダの期待を膨らませるように大きなクレシェンドで展開して行きます。コデッタはスローで美しくまるでアダージェットの再現の様、とても特徴的です。山場からコーダ、そしてフィニッシュまで冷静に締めくくります。その辺りがアバドなのでしょう。


近代設備の動物園でライオンを間近に観察する様な安心感と安定感。素晴らしいのですが、贅沢を言うと何か野生の牙が欲しいマーラー5です

美味しいコーヒーだけど、ミルクが無い方がいいかなぁ…みたいなw






(#4)
Berliner Philharmoniker
[RNW] 1995-5/9
これは "Mahler Feest / The World Listened"題されて、1995年5月にアムステルダム・コンセルトヘボウで行われたマーラー週間を16枚のCDに納められたアルバムに入っています。一般発売されていないのですが、海外サイト等を調べれば購入は可能です。但し、価格は破格になります。
(東京の某大手中古CD店で見つかれば、まぁそれなりの価格なのですが)


上記DG盤の2年後、同じくBPOとのマーラー5です。


当然DG盤(BPO)とよく似た演奏ですが、全体的にマイルドなベールから切れ味が見えて見晴らしが良くなりました
特に第五楽章はコデッタの超スローをやめた事と、コーダからラストを適度なアッチェレランドで締まり良くフィニッシュ、大喝采です。


DG盤と同じBPOとのライヴで似た傾向になりますが、全体的には締まりと切れ味の良さを見せてスカッとしていますね。BPOとの演奏ならこちらの方が好みです。






(#5)
Lucerne Festival Orchestra
[Euro Arts] 2004-8/18,19 DVD


DG盤BPOの11年後、自ら(再)創設したルツェルン祝祭管弦楽団を振るアバドですね。CDでは出ていないのでDVDになります。


【第一部】
ここでもそうですが葬送行進曲はアバドは通して静的スロー、第1トリオも適度なテンポでしたね。第二楽章第一第二主題の関係も同様で、極端なコントラストは付けていませんね。アバドらしい第一部です。

【第二部】
軽快なスケルツォですがやや揃いの悪さが感じられます。レントラーは速めで優美、その後も揃いの悪さはあるもののアゴーギクをうまく使って軽快さを感じさせます。オブリガートホルンも情感豊かです。ちなにみ主席ホルンは起立演奏ですね。軽妙洒脱な楽章になりました

【第三部】
アダージェットも静的に入りながらディナーミクを効かせるのはアバドらしさですね。揺らぎを与える様にアゴーギクも振っています。
最終楽章は緩やかにスタートして、ここでも重さ控えめに上げて行きます。もちろんコデッタも軽やかです。山場は華やかに、コーダからフィニッシュへのアッチェレランドもシャープに決めました。


シンプルですっきりとしたマーラー5です。上記4枚に比べると、不要な枝葉を取り除いたアバド・マーラー第5番の本質を見た気がします。

気持ちはですね。







アバド氏の冥福を心からお祈りいたします
R.I.P. Maestro Abbado.




テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽





ノルドグレンの Concerto No.1 for Cello and String Orchestra を聴く

フィンランドの現代音楽家、ペール・ヘンリク・ノルドグレン(Pehr Henrik Nordgren, 1944/1/19 - 2008/8/25)は何回か紹介しているkokotonPAPAの好きな音楽家の一人です。

Concerto No.1 for Cello and String Orchestra は三楽章構成です。例によって調性感は薄いですが、旋律は存在します。スラーで空間的な第一楽章、一転 ドライブ感のあるチェロと弦楽団のやりとりの第二楽章、そしてメインの第三楽章は陰影の強い展開になります。特に三楽章はカデンツァ的にソロパートの多いチェロの技量が試されそうですね。切れ味鋭い先鋭的な楽曲で、コンサートで聴きたい一曲です。

Concerto for Strings はそのままチェロを抜いた第三楽章の様な展開になります。第一楽章には途中で無音パートがあります。第二楽章は新古典主義的な色合いも見え隠れする重厚な楽章、最終楽章は第一楽章に回帰する様なコンテンポラリーな構成です。

Juha Kangas指揮、The Ostrobothnian Chamber Orchertra、チェロは Erkki Rautio になります。
全体的に陰的に冷たい流れで、お薦めの一枚です。




テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽





クレンペラーの Symphonies 1 & 2 Four Symphonic Works を聴く

指揮者として著名なオットー・クレンペラー(Otto Klemperer, 1885/5/14 - 1973/7/6) による交響曲1.2番、そして管弦楽集 です。クレンペラーというとマーラーとの指揮者つながりで女好きの大男で変わり者、厳格な楽譜解釈の指揮者、といったイメージですが さてその作曲資質は?とういうと。

まずは交響第1番。二楽章形式で、第一楽章は展開がコロコロと変化します。ここでは調性の範囲を逸脱する事は無く後期ロマン派的な楽章です。第二楽章は緩徐楽章的で調性感も緩い感じです。途中でいきなりフランス国歌が変調しながら現れて驚きますが。
交響曲第2番は四楽章形式になりますが、楽風は変わりません。実験的な要素がある訳でもなく、明快な主題からの展開がある訳でもなく、どうも掴みどころがない感じがしてしまいますね。動機や小曲を繋ぎ合わせた様な..... 交響曲としての統一された構成が感じられないので少々辛いです。

Merry Waltz(メリーワルツ) は最も有名な曲になる様ですが、ワルツですからねぇ。それ以上でも以下でもない感じです。
Marcia Funebre(葬送行進曲)、 Recollections(追憶)、Scherzo(スケルツォ)、も交響曲と同じ様に掴みどころなし、と言った感じでしょうか。好事家向けの際物的存在でしょう。部屋でかけておくには良いかもしれません。
アラン・フランシス指揮、ラインラント=プファルツ国立フィルハーモニー管弦楽団による演奏です。




テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽





2014年1月8日 カンブルラン/読響 のラヴェル at 東京オペラシティコンサートホール ★★★

右胸の痛みに耐えながら、今日は初台で助かりました。近いですからね。
20140108TokyoOperaCity01.jpg 20140108TokyoOperaCity02.jpg

今年初のコンサートはカンブルラン指揮・読売日本交響楽団のラヴェルです。ピアノのロジェ・ムラロも興味がありますが、ラヴェルを弾きません。別コンサートでラヴェルのピアノ曲集をソロでやるのですが、今回は訳あって見送りました。

前半はシューマンです。「マンフレッド序曲」とムラロの「ピアノ協奏曲」。ピアノ協奏曲は、シューマンに興味が薄いのに惹かれたので、良かったのでは? ムラロは2曲アンコールに応えましたが、2曲目はラヴェル。このソナチネが良かった。ラヴェルの透明感のある音が響きました。ロジェ・ムラロはタッチの良いピアノを聴かせてくれます。テクを前面に出さないのは、まさにラヴェル向きです。これはソロコンサートを外したのは大ミス⁈

そしてメインは後半、フランス人 カンブルランによるラヴェルです。kokotonPAPAは、ラヴェルはやっぱりフランス人が良いと思う一人ですから期待していました。
「高雅で感傷的なワルツ」はピアノ曲でもオケ版でも素晴らしい楽曲ですね。数あるラヴェルの作品の中でも好きな一曲です。色彩感鮮やかさ こそがこの曲のもつ特徴です。まさにそんな演奏。途中で中だるみを感じたのが残念ですが、ディナーミクの使い方も見事でした。

そして「スペイン狂詩曲」。第一楽章 Prélude à la nuit ”夜への前奏曲” の主題(F-E-D-Cis)が幻想的かつ印象的です。
メリハリのあるコンサート向けか、それともクールな流れかで分かれますが、カンブルランは前者をさらに色彩鮮やかに展開してくれました。
上記主題のイメージを凌ぐ、高雅で....を超えるキラメキの展開。読響も見事にカンブルランに応えました。この曲の一つの方向を感じました。見事★★★です。

アンコールは「カルメンから」、新年のサービスでしょうか。たまにはノリノリも悪くありませんね。

実はこの日、本番前に第一部として ロジェ・ムラロと読響メンバーの室内楽がありました。メインディッシュまえの前菜の様で楽しめましたね。特に二曲目、コンマスのゲーテ(vn)との「Romanian folk dances」はバリエーション豊かでバルトークらしいコンサート向きの楽しい小曲集ですしね。

このコンサートを今年の一番に選んで良かったです。

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽





テレキャスターのメイプル指板をレモンオイルで清掃する…と雑念がわくw

年も明けたので、エレキギターの弦を張り替えがてら指板をお掃除しました。^^;
ここはやっぱり定番のレモンオイルの出番ですね。クリーニングクロスにレモンオイルを僅かに垂らして、指板を丁寧に拭いて行きます。フレットの近くの汚れや、フレット自体もきれいになりますね。
before-guitar_neck_clean.jpg before → after after-guitar_neck_clean.jpg

指板はオイルで濡れていますので、乾いたクロスで拭き取りましょう。道具は手をかけると愛着がわくものです。^^v
メイプル指板にはレモンオイルは使っちゃ行けない? ラッカーならダメだけど、ウレタンならOK? そんなのはね、弾くよりも飾っとく様なギターや、オタクさんにお任せしましょう。ヴィンテージや高級ラッカー仕上げの扱いは、持つ人のこだわりの問題でしょうね。持ってないからわからないのですが….. ヾ^^;
このクラス(フジゲンNCTL10)なら、全然問題ありません。きれいが好きか、弾き込んだ跡が好きか、それが一番の理由です。

と言いながら、素人オタク様向け代表のPRSがヤッパ欲しい。レモンオイルと関係ないけど。(笑)

ちなみにラッカー塗装は油(オイルは分子量の大きい有機溶剤ですから)で膨潤してリフティング現象を起こす可能性がありますね。

kokotonPAPAが使っているレモンオイルは下のS.I.T.Strings社製のね。キャップレスで使い勝手が良いです。
エレキギター本場のUSA製が安心感ありますw



それと改造癖が顔をもたげて、ピックアップをLINDYに替えてキンキンの高音を変えようかと…..(笑)
困ったもんです。





テーマ : ギター
ジャンル : 音楽





プロフィール

kokoton

by kokoton
.

    

カレンダー
12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ようこそ
カテゴリ
ありがとうございます