アイスラーのドイツ交響曲を聴く

ハンス・アイスラー (Hanns Eisler, 1898/7/6 - 1962/9/6) はドイツの現代音楽家です。シェーンベルクの新ウィーン学派から離れて、政治的な音楽家として東ドイツの国家も作曲していますね。

このドイツ交響曲(Deutsche Sinfonie, 1939年)は、デッカから退廃音楽シリーズ(Entartete Musik)として出ていた一枚です。

調性に幅のある音楽です。全体的に調性感は薄いのですが、所々で思い切り古典的なffパートが出現したりします。歌曲パートでは、言葉を明確に伝えようとする傾向が顕著です。
曲調は重苦しさを主体にした展開で、「反ファシズム抵抗カンタータ」という呼び名にふさわしい感じがしますね。実は歌詞がその様な内容なのです。
PraludiumからEpilogまで11楽章にわたる歌詞(3, 6, 10楽章には歌詞はありません)を見ながら曲を聴くと、この音楽の楽しさを感じられなくなってしまいます。各楽章名もドイツ語では良くわかりませんが、英語になるとわかります。当時の政治色の強い音楽です。
その手の世界がお好きな方の音楽かもしれません。標題音楽の一つの例かもしれませんね。

Lothar Zagrosek 指揮、Gewandhausorchester Liepzig の演奏です。
アイスラーの見た目がロジェヴェンに似ていると思うのは私だけ?




テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

イッサーリスのチェロでドヴォルザークのチェロ協奏曲を聴く

チェロ協奏曲と言えば ドヴォルジャーク「チェロ協奏曲ロ短調 Op.104」、そして組合せが気になるこのアルバム。チェロはSteven Isserlis、指揮Daniel Harding、Mahler Chamber O、そしてhyperionレーベル。これは聴いてみる価値がありそうです。
第一楽章、まず出だしからオケの切れ味が素晴らしいですね。そして入ってくるイッサーリスの飛切り気合いの入ったチェロ。もちろん、アゴーギクを巧く効かせてワンパターンを避けています。情熱的と言うよりも迫力の演奏です。デュ・プレを思い出しましたね。
第二楽章は緩徐パートとのメリハリが強く演奏され、楽曲への思い入れが伝わる様な緊迫感があります。
第三楽章も切れ味ある演奏が続きます。イメージを今ひとつ掴めないハーディングなのですが、ここの指揮では良い緊張感を維持していますね。
コンパクトで迫力の作品、好みの別れる演奏でしょう。イッサーリスの息づかいが聴こえるほどの臨場感。個人的にはとても面白いです。

カップリングには、第二三楽章に使われた歌曲 Lasst Mich Allein Op.82/1 と Original ending、その他に作品番号の無い初期のチェロ協奏曲「イ長調 (A major)」が入っています。



テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

ズヴェーデンのマーラー第6番を聴く

本年2013年3月、テキサス州ダラス Meyerson Symphony Center での録音。Jaap Van Zweden 指揮、Dallas SO が、ヨーロッパ・ツアーへ行く寸前での録音になります。ヨーロッパ公演でのお土産にしたのでしょうか?!
クールな第一楽章の立ち上がりを見せる演奏、美しい流れで終始します。第二楽章は標準的にスケルツォを持って来ていますが、やはり似た展開になってしまう気がします。第三楽章アダージョは甘美にして叙情的。個人的には、やはりこれが第二楽章の方がしっくりきます。
この曲一番の問題楽章、最終楽章の展開ではアゴーギクを振って来ます。美しさに緊張感を交えた展開になり、長くて変化のあるこの楽章としては聴き応えのある演奏だと思います。クールです!

ズヴェーデンはLSOとの第5番をインプレしていますが、当然ながら似たセンスです。第5番は情熱が必要だと思いますが、第6番はクールさが好きですね。




テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

ルノー・メガーヌRS のインプレッション part.3

kokotonPAPAはルノーに良いイメージを持っています。それはWRCの為のホモロゲ取得バージョンの5Turboを出した事。FFのエンジンを後部座席に持って行きmidshipにした車を市販したんですよね。そんなものが市販車で出てくるなんて驚き! 今でも鮮明に覚えています。
そんな血を受け継いでいるMEGAMEⅢ Renault Sportですね。
Renault_MEGANE3-RS.jpg

とにかくグロテスクで尖った車です。走る事に特化した味付け、でも速く走らせるには腕を要求します。速く走らせるなら、似たパワーではFFベースの Audi TTS, WVシロッコRの方が良いでしょう。でも、メガーヌRSの危険な香りの操縦感は一味違ってやめられません。当初思っていたESPオフでコーナーを三輪走行で攻めるなんて無理ですね。(笑)

【走行感覚】
とりあえず慣らし運転が終わって走行2,000km、某周遊道路で何回か走らせました。(慣らし運転に必要以上に気を使うなんて事はしません w)

◆ESP「スポーツモード(265ps)」, アクセルペダルマッピングを「Sport (Extremeモードにはまだ ^^;)」にすると、まるでフライホイールをカリカリに軽量化した様に吹け上がりますね。Nomalモードとは別世界です。シフトフィーリングも機械的な感触で入ります。所謂(いわゆる)FF的なグニャっていいう感じではありません。これから当りが出てくればもっと良くなるでしょう。

◆これだけ吹けが良いとブレーキング時にアクセルを軽く蹴ってやれば、2,3速でヒール&トーもきれいに入ります。ヒール&トーなんかもう出来ないと思っていましたが、このセッティングなら勝手に身体が思い出してくれましたね。ペダル配置も、そう悪くありません。気が付いたら、ブレーキング時に内股気味に踏んでいました。ヾ^^;

◆足回りのセッティングもちょっとしたレーシングチューンです。ややロール感を残しながらESPが効いて、FFとは思えないニュートラルなライン取りで走ってくれます。これはシャシーカップを採用した高剛性ボデーとLSD & ダブルアクスルストラット・サスの効果なのでしょう。
若干タイヤが鳴き気味にスリリングながらもグリップが安定していたのは、ミシュランのパイロットスポーツPS2がマッチングgoodだったのは間違いありませんね。デフォルトでPS2と言うのも凄い!
Renault_MEGANE3-RS_bremboPS2.jpg
ブレーキも熟成されています。工事現場で前のバイクが急停止、パニックブレーキに近い踏み方をしたのですが、きれいに制動してくれます。流石にブレンボの340mmディスク。実に楽しいですね。

実際にはデュアルクラッチの2ペダルMTの方が速く走らせられるに決まってますが、昔の楽しさはこれです!
間違いなく当時のTS1300より速いでしょうね。パワーは言わずもがな、足回りも粘ります。
となると本領はサーキットでしょうか。1850mm幅のボデーサイズもありますが、より高速カーブの方が向いている様です。Sタイヤにしたらもっと良くなるでしょうけど、ブッシュなどの痛みが怖いですね。
走行会に行ってみたいですねぇ。以前取った杵柄とは言え、もう身体の反応(記憶)は消失しているでしょう。筑波も富士も私の知っていたコースレイアウトとはかなり変わってますし、kokotonMAMAは猛反対。それにタイヤ代を考えると...... (笑)

車高はやや高い感じがしますが、歩道のスロープから車道に出る際に下回りを擦る心配が少ないのは通常使用時には助かります。
また、4,000〜6,000rpmでコントロールしながら乗るとなると、もう少し走らせてからですね。
惜しむらくは1.4tを越える重量級ボデーでしょうか。せめて1.3tだったらねぇ。^^;

【室内快適性】
レカロのセミバケはやっぱり大きすぎですね。モデルチェンジした新ルーテシア4 RSのシートの方が、柔らかいですが小型でピッタリと身体をホールドしてくれましたね。レカロのせっかくのこの硬さもホールドしてくれてこそです。
Renault_MEGANE3-RS_RECARO.jpg

右ハンドルでの特別な違和感は無いのですが、やっぱり左の方が自然でしょうね。シフト位置は少々窮屈な感は否めませんし、サイドブレーキに至っては左座席にありますから。(笑)

グレーのタコメーター(ホワイトメーターとは言えないでしょう、LHD時のイエローメーターが良かったなぁ)、その他メーター類は例によって意味不明の上向きです。配置はタコメーターをセンターにして、大型化&フルスケールにして欲しいですね。メーターの刻みが細かすぎて判別しづらいです。現状ではあきらめるしか無いでしょうけど。

ステアリングのセット幅は大きいので助かります。マニュアルシフトの場合にはペダルやハンドルの位置調整はかなり気になります。何回か調整して今はかなり良いドライビングポジションになって来ました。

カードキーはオリジナルならいろいろ融通効きますねぇ。CR2032電池を入れるだけで本国仕様で使えますが、電波法違反者になっちゃいます。(笑) それにしてもリモコンキーが二個付いているっておかしいですよね。(ちなみに、新ルーテシアからは本国仕様のままで使える様になりましたね)

空調は弱いですね。BMWやAudiなら夏場以外はエアコンを切ってもオートで殆どOKですが、これはそんなに簡単お任せには行きませんね。サービスの方と話していても、そんな感じでした。まぁ、フランス大衆車ベースですから、この価格でそんなの気にするなら買わない方が良いですよね。その他の内装の仕上がり具合も同じ事です。(汗)

【その他】
◆ディーラーの皆さんはとても感じよく対応してくれますが、体制は不安かな。
今や日本では絶滅?したタイミングベルト仕様のエンジンなので、車検2回毎 ¥16万がかかります。次のフルモデルチェンジでは日産のエンジンになる可能性があるので解消するでしょうが、そうなると違った意味でまた微妙かも?

◆部品在庫も心配。納車時に左ミラー不具合でしたが、在庫無し。何と3週間もかかりました。今回は試乗車のミラーを一時期使わせてもらえましたが、そうでなければ何かあれば暫く車はお預け?!

◆後は車の性格上の表裏一体問題ですね。この車だけで足としても乗るとなると、荒れた路面ではゴツゴツ、でもそれ以外は普通かな? 足回りの設定を我慢出来れば、2Drとは言え後部座席も広さはありますから家族でも乗れるでしょうか。もちろんマニュアルシフトで運転が嫌じゃない事が大前提ですが。(笑)

【初期不安確認状況】
1)マフラーに着いた黒い跡は何だ?
  → 始動時に燃料濃度が高く設定されている為、短時間しか走行しないと出易いとの事。試乗車を確認したら、やっぱり出ていました。(確かに納車時以降は出ないですね)

2)ヘッドライト、ロービームが下向き過ぎで正面照らさず。高速道路飛ばすと怖〜い!
  → 下向き5°設定のはずが、30°程度もあった。もちろん調整実施。

3)エンジンを切って、カードキーオフにしてもダッシュボード周りの証明が点灯したまま!
  → 一度ドアを開閉すると5分でアクセサリーOFFになるそうです。これからはそうしましょ。それにしても、ちょっと室内に居る時なんか不便です。

走行性が楽しめる事がkokotonPAPAにとって一番ですからとっても楽しい一台です。運転するだけでも乗りたい車。もちろん我が家は親子全員マニュアルOK!
エンジンにもあたりが出て来ましたね。Nomalモード250psでも当初の吹けの重さが かなり解消されて来ました。
燃費も走行キロ数2,000kmで、上記スポーツモード+通常走行で約10km/l、ノーマルモードで12〜14km/l程度です。まぁまぁじゃないでしょうか。
そして独特のデザイン。内装はチープで、豪華・シックとはほど遠いですがスパルタン。シートベルトが黄色だったり、けっこうその気になれます。ヾ^^;
笑えるのは、「この車、なんて言う車ですか?」ってホントに聞かれます。変わった車ですからねぇ。それもまた良し!で、お気に入りです。



=== P.S. ===
そうそう、11/17 モデルチェンジ試乗会だったルーテシア4のRSに試乗してきました。スペックに期待して行ったのですが、思いのほか普通車です。走行距離500kmだからかもしれませんが.....
足回りはやや固め、RSモードのエンジン設定ではブリッピングしたりと、ちょっとスポーティ。でもMeganeRSの様にゴツゴツしませんし、Wクラッチ2ペダルマニュアルだから楽々運転。ストイックさはありません。
ボデーも4Drで使い勝手も良さそう。家族でも楽しく乗るなら、断然こっちですね。セミバケのシートはジャストサイズ、外観もけっこう"それっぽく"出来ていますから満足感もあります。(ブレーキは赤ですがブレンボじゃない....とか、セミバケなのに とてもソフト.... とか)
その分売れ行きは絶好調の様子。発表試乗会当日午後で150台限定の黄色(ジョン・シリウス)は残り20台とか。
ただ、メガーヌRSの弟分と言うには微妙ですねぇ。

このBlogのメガーヌRSネタ

テーマ : 自動車全般
ジャンル : 車・バイク

サッリネンの Barabbas Dialogues を聴く

以前 Symphonies 1 & 7 を紹介したフィンランドの現代音楽家アウリス・サッリネン(Aulis Sallinen、1935/4/9 - ) の歌曲、バラバの対話 Op.84 (5人の歌手、ナレーターと7人の奏者のための) です。The Naantali Music Festival の為に2002, 2003年に書かれた作品です。
現代音楽の歌曲で、Dialogue(対話)となるとだいたいは想像が付くのではないでしょうか。しかし以前も書きましたが、完全なる無調ではありせんから大丈夫。(笑)
調性は薄いのですが残っており、シュプレッヒゲザングではなく歌唱なので微妙な歌曲になりますが、大きな違和感は無いと思いますね。所々でナレーターのトーキングが入ります。
歌詞がフィンランド語なのでさっぱり...ですが、英訳があるので助かります。キリスト教の復活祭に基づく内容は人間の内的世界を表しています。
ナレーターを含め6人の対話で、七楽章形式になります。演奏はピアノ、アコーディオン、ヴァイオリン、チェロ、フルート、クラリネット、パーカッション、の7楽器です。この演奏はスリリングですね。
現代音楽の歌曲を聴いてみるには、取っ付き易い作品だと思います。





テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

新ラベルのアイランド系スコッチ・シングルモルト Arran 10yo です

オフィシャル"アラン"のラベルが変わりました。バリエーションのあるアイランズ系Scotchの中では口当たりの優しいモルトです。タリスカーの様なピーティー&スモーキーが苦手ならこれはコストパフォーマンスに優れた一本ですよね。
scotch-Arran10yo_new.jpg

↓ 旧Arranのボトル
Arran10yo.jpg

僅かながら気配が変わりました。ボトルケースも角から円になりましたね。旧ラベルの方がかっこいいかな。^^


こんなもん買って、どうするんだろねぇ

左ハンドルのマニュアル5速、次のkokoton2号(Ⅱ世)。そう、別名kokotonMAMA号「フィアット パンダ 4x4クライミングプラス スカイドーム」です。 年代物なんだけど軽自動車より高い。(汗) 
現行車に4WDが設定されていないとは言え、こんなの買うなんて どっかオカシイ?!
fiat-panda_01.jpg fiat-panda_02.jpg

kokotonMAMAの通常の足だよ。フルタイム四駆で若干車高も高いから融通は利く......はず....。でも四駆と言ってもフルタイムでデフロックなし。(爆)
そして こんなに小さいのに1.2Lのエンジンはハイオク、おまけにタイミングベルト方式、だから手間がかかるよ。でも室内は思いのほか気持ちがいい。
fiat-panda_03.jpg

中古車買うのは初めてだからお店の人の対応は十分に選んだ。エンジン廻り・足回り、整備記録もじっくりね。もちろん車の程度は良いね。購入時にタイベル廻り(ウォーターポンプ・等)の交換、ヘッドライト・ユニット交換を実施。納車は2週間後かな。これから何が起るかはわかんないけど。

もう一台の 黄色いkokoton1号(XⅢ世)もマニュアル6速。今の時代にマニュアル2台というのも笑えるでしょ。ヾ^^;


テーマ : 車関係なんでも
ジャンル : 車・バイク

2013年11月15日 ソヒエフ指揮のN響 と ベレゾフスキーのピアノ ★

若手指揮者ソヒエフと人気ピアニストのベレゾフスキーのコンサートがHNKホールでありました。オケはもちろんHNK交響楽団です。
当然なのですが、そうそういつも良い演奏に出会える訳もないですね。今回は少々残念な結果でした。
2013-11-15HNKhall_01.jpg 2013-11-15HNKhall_02.jpg

ボロディンの「中央アジアの草原で」は長閑(のどか)で好きですね。弦楽器のピチカートがとても良い感じで響きます。でも8分程度の短い曲なのであっという間に終わって、可もなし不可もなしですかね。

今回の見所ベレゾフスキーのラフマニノフ「ピアノ協奏曲第2番」は、超有名曲。エキゾチックな楽曲ですが、ベレゾフスキーのピアノに冴えが見られませんでした。席の位置も関係しているかもしれませんが、軽々こなすベレゾフスキーのピアノにシャープさが見られません。オケがそれなりだとしても主役が引き立たないと….。
もともとベレゾフスキーのピアノが、それほど好きでもないと言う処にも聴く側の問題があったかも。(汗)

メインディッシュ、プロコフィエフの「交響曲 第5番」は好きな楽曲ですね。クールな主題が楽章毎に並ぶこの曲のポイントは、各楽器のパートが明瞭に分かれて見晴らしの良い展開です。残念ながら、演奏は渾然としてモヤモヤ。第二楽章の途中までは良い感じに思えましたが。

全体的に興味の薄いコンサートになりました。まぁ、あまり書く事もありません。
しかし現場では、ラフマニノフとプロコフィエフはブラボーと大拍手喝采。kokotonPAPAの好みでなかっただけなのか、はたまた駄耳の証明か。(笑)



テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

バルビローリのマーラー第6番は4CDありますね。その聴き比べです

Mahler Symphony No.6 として癖のある代表の一つですね。おまけに似た年代の演奏が4つ残っているのも バルビローリ(John Barbirolli) の面白い処です。基本的にスローで重厚な演奏ですね。個人的にはDarlingtonやZinmanの様なクールな演奏の方が好みではありますが。

特に面白いのは楽章の並びの変化。ライブ録音では、第二楽章にAndante、第三楽章にScherzoを持ってくる少数派なのですが、途中のEMIスタジオ録音では逆になります。それもこの短期間で変えて、また戻すのも不思議。

◆BPO [TESTAMENT] 1966-1/13 Live =mono=
 超スローなスタートを切る第一楽章です。しかし、その後はペースを戻してアゴーギクを振ってきます。途中の第一主題はかなりのハイピッチですね。この辺りからすでにバルビローリ節です。第二楽章に入る緩徐楽章Andanteもこの演奏には合いますね。極端に叙情的にならずに冷静な展開です。その分だけややフラットな印象が強いですね。
第三楽章はあたかも第一楽章の復活の様な演奏になります。第一楽章に比べるとアゴーギクは緩めですね。そして第四楽章は重厚です。アゴーギク、ディナーミクともに強めに振っています。ハンマーは2発です。濃厚にして切れ味のある演奏です。この解釈はありですね。
BPOとBarbirolliと言うと どうしても9番が浮かびますが、こういう濃い演奏は将にBPOの真骨頂。相性抜群です。録音がデジタルリマスタリングでもしてくれたら嬉しいですね。TESTAMENTじゃ無理かな。
個人的には4枚の中で一番好きです。




◆New Philharmonia Orchestra [TESTAMENT] 1967-8/16
 ロイヤル・アルバートホールでのライヴです。三枚のライヴ盤の中では録音状態も良いですね。
第一楽章はスローなスタートからペースを戻して行きます。BPOとの様な独特のアゴーギクといった癖の強さは影を潜めます。第二楽章Andanteは、やや叙情的な演奏に変化して来ます。中途半端な感がなきにしもあらずですが。第三楽章Scherzoは特徴的なものは薄くなっています。第四楽章の独特な揺らし方もやや薄めになりますが、それでもシャープな演奏ですね。
各楽章の演奏時間は上のBPO盤とほぼ同じなのですが、変化の大きさに驚きます。平凡な演奏になってしまった気もしますね。




◆New Philharmonia Orchestra [EMI] 1967-8
 例によって第一楽章は超スローのスタート。全体としてゆっくり目で、アゴーギクの振り方がやや緩やかです。とは言え大きなうねりとコーダへ向けては迫力があります。第二楽章には標準的にScherzoを持って来ています。流れは一楽章と同じで、延長線上にありますね。でもこの並びで変化の無い解釈では個人的に間延び感がします。
第三楽章に配されたAndanteはいっそう叙情的にスロー、長いです。一二楽章の類似性に対して大きなギャップを感じてしまいます。第四楽章もスロー。雄大というよりも間延びです。
とにかくスローで長く83分、録音は一番まともなのですが異常です。好みは分かれるでしょう。

ちなみに録音が1967年8月という事になると上記同オケとのLiveの同月にスタジオ録音した事になりますね。演奏時間(83分、他3CDは 74分前後)といい、楽章の入れ替えといい、不思議過ぎです。




◆New Philharmonia Orchestra [ARKADIA] 1969-1/22 =mono=
 第一楽章は、スタートは相変わらずですが、その後は常軌を逸した感は薄くなっています。第二楽章Andanteはエモーショナルな演奏になっていますね。第一楽章との繋がりなら、やっぱりこの方がシックリくる気がします。
第三楽章は軽めになっていますね。第四楽章も全体的に大人し目、とはいうものの雄大です。終盤で妙なアゴーギクを振っているのは流石はバルビローリでしょうか。
全体的に特徴は薄く、美ささえ感じる様な演奏になっています。これはフィルハーもニア管のキャラかもしれませんね。基本的には '67年のTESTAMENT盤と似た傾向になります。
イタリアのARKADIA盤(HINT盤でも出ていましたね)で、録音は劣悪なので特にこれを探してまで聴く必要は無いかもしれません。



来日を果たせなかった指揮者バルビローリ。'70年の大阪万博に初来日の予定がありましたが、直前に急逝しています。



その他のマーラー交響曲第6番の聴き比べを始めました。

[リスト] 現状のMahler Symphony No.6 の聴き較べです (現在 #1回 20CDまで)
 #1:16CD
 #0: 4CD バルビローリ聴き比べ (本投稿)


テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

要るのは "判断" そして "創造" だよね

よく他人に突っ込まれると、モゾモゾとハッキリしない人いるよねぇ。あれは本当に自分が判断した自分の意見なのかねぇ。
自らの判断こそが信じられる一番の判断に決まっている。他人の情報や意見にウロウロしていても始まらないよ。

以前は情報が少なく、論評や他人の意見から情報を集めざるをえない時代だったから仕方が無い様な気もする。でも今はインターネットやイントラネット(早くも "死語" だね)の普及に伴って自分で必要な情報を得られる様になったからね。客観的な情報を自分で集めて判断出来るよ。評論家など不要な時代が来るだろうね。
もちろん意見を取り入れるのは大切な事、言うまでもないよね。でも、その判断を自分で出来ないなら必要の無い人間と言う事じゃないの。

『それなら、現代音楽のコメントなんか アップするな!』って? 違うよ、あれは「他人がどう聴こうが、自分はこう思う!」って自分の判断。他人の意見にウロチョロ左右されない事だよ。情報(作曲年代とか歌詞、楽器構成とかね)だって国内にないなら海外サイトを探せばいくらでもあるからね。

何やったって同じでしょ、きっと。自分らしさが大切だと思う。他人が何言ったって関係ないよね、やるのは自分だからね。まぁ、性格を変えられないってのもあるけど......ね。^^ゞ


そして、自らが作り出す事こそが全てだよね。個人的には、趣味・遊び、仕事だって同じだよ。

自分のやる事・やった事(創造した事)が一番大切。

手直ししたりだとかは誰でも簡単にできるよね、オリジナルさえあれば。でも、それが無ければ何も出来ないと言う事だよ。
プログラムは作るのは大変だけど、一部修正して自分のものにするのはいたって簡単。既存のものを立て並べ 手配した処で、手配師に創造性はない。考える事とは創造性が必要な事なのだから。オリジナリティなくして何が楽しいのかなぁ??

真に必要なのは自らが作り上げる事だよね。世の中の進歩は創造だけが作り上げて来たんだ。自分のオリジナルアイディアの具現、イノベーション。
もちろん、クライアントが真に必要とする事への対応は必要だね。時によりエンドユーザー、エージェントと変わる事はあるが趣味も仕事も皆同じ。

えっ、また?『お前の野鳥写真は、鳥は小さいし話にならんよ。全くつまんない!』って。 イイんだよ、アマのkokotonPAPAのクライアント(出資元)は kokotonPAPA & MAMA だからね。クライアントが喜ぶオリジナリティある写真こそが必要。だから他人がどう言おうと それが無ければ進めない。進めば共感してくれる人も出てくる...きっと、....多分、ねっ。^^v

自分は自分、何やっても それが楽しい!
それが生き方。


テーマ : ひとりごと
ジャンル : その他

プロフィール

kokotonPAPA

Author:kokotonPAPA


ものずき、おっさん じいさん、わがままきまま、すきほうだい、しななきゃなおらない.

 kokotonPAPAのブログ  ホームページtop  メールtop



1.このblogで言う現代音楽
2.マーラー交響曲第5番 160CD
 (名盤・珍盤 聴き比べ)

カテゴリ
個人的お奨め度*
★   こんなもん?
★★  悪くないね
★★★ 最高です!
☆   +0.5
お友達ブログ
kokotonPAPAカウンター
unique-access