fc2ブログ

...

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力




...

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力




...

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力




シャルル・デュトワで ラヴェル の「マ・メール・ロア, Ma Mere L'oye 他」を聴く

美しいラヴェル作品集、Charles Dutoit と モントリオール響で聴いてみて下さい。
デュトアはこの手の曲のタクトを振らせると本当に端整に美しいですね。クリュイタンス? それも悪くないかもしれませんが、美しいと言う表現ではないかと。これはモントゥーの系譜といった感じでしょうか。
個人的には一曲目のマ・メール・ロアはピアノの連弾で、それ以降はピアノ独奏曲としての印象が強いです。マ・メール・ロアは本来ピアノ連弾曲で作られ、そこからバレー曲にもなっているんですよね。(マザーグースを題材にしているのは有名な話)

しかしデュトワがここで聴かせる美しさは現実感を超えた世界、まるで違う楽曲のようです。「高雅で感傷的なワルツ」は、本来の攻撃的な演奏さえも優美に聴かせます。全体の曲の構成が良いのも言うに及ばず。ボレロ、ラ・バルスが入るCDだとまた違いますが。
モントリオール響と喧嘩別れしたのは本当に惜しい。しかしデュトワは喧嘩ネタが多いですね。初めに結婚していたアルゲリッチとも喧嘩別れだった様な。(余計なお世話?!)^^;

アマゾンを見たら安くなっていました。当時はドイツ盤での日本発売で3,500円。でも、良く見ると曲目が一部変更されています。オリジナルに入っていた「亡き王女のためのパヴァーヌ」は無くなって、「バレエ≪ジャンヌの扇≫~ファンファーレ」と「古風なメヌエット」が代わりに入っています。
「ボレロ」や「亡き王女のためのパヴァーヌ」はポピュラーになりすぎてクラシックじゃない!なんて言うご意見が出そうですが、これは個人的に痛いですね。
両方とも良い曲ですが、このCDの構成では「亡き王女のためのパヴァーヌ」の美しさが際立ちますから。



それならジャケットは異なりますが、海外盤の方が同曲編成でお薦めかも。




テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽





ヒルセの交響曲第3番「復活」を聴く

Symphony no.3 "Elevation" はオランダの指揮者で作曲家 ヤン・ファン・ヒルセ(Jan van Gilse、1881/5/11 – 1944/9/8)の代表作で、「ミヒャエル・ベール賞」を受賞していますね。
このアルバムはダーヴィッド・ポルセライン(David Porcelijn)指揮、オランダ交響楽団 (Netherlands SO) による演奏になります。
曲は後期ロマン派の香りが漂います。しかし、残念ながら退屈な事この上ない…かも。ヒルセは、ユトレヒト市立管弦楽団・他の指揮者を主としているんですね。昔は作曲家=指揮者と言うのがあたりまえであったのですが、ヒルセは指揮者をやりながらの後期ロマン派の作曲家。最終的にどちらで評価されるかは時代が決めるのかもしれません。

第一楽章と第二楽章、第三楽章は類似性の高い展開で抑揚に欠けます。第三楽章にソプラノ(本CDではAile Asszonyi)の歌が入るのですが、オペラのアリアをとってつけた様な設定になっていて必然性が感じられません。第四楽章のスケルツォ展開は生きていますが、いずれにしても音の厚みが不足。第五楽章はアダージョで、再び歌が入る展開です。
しかし第三楽章と第五楽章の歌詞を見る限り、なぜ「復活」?、愛と歓喜の讃歌としか思えません。
最終楽章に20分以上をかけているのはマーラーチックな感じかな。
ちなみに第三楽章の歌詞は Dina Mollinger-Hooijer に捧げられています。(オランダ国有保険 Netherlands National Insurance Company の役員の奥さん....何それ?)



テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽





カレヴィ・アホの Symphony No. 8 / Pergamon を聴く

オスモ・ヴァンスカ (Osmo Vanska) 指揮、ラハティ響 (Lahti SO) と言う北欧コンビの Kalevi Aho (1949/3/9 - ) 作品。もちろんアホもフィンランドの現代音楽家だ。お馴染みこのフィンランド・セットは素晴らしい!

「オルガンとオーケストラのための交響曲 8番」は管楽器の響きが突き抜ける楽曲。無調でもセリエルでもなく、不協和音の入る現代的解釈の新古典主義楽曲。先鋭的でスケールが大きく、素晴らしい。
オルガン(エーリクソン - Hans-Ola Ericsson)が入る。アホは協奏曲風に楽器を入れるのが好きだ。エーリクソンのオルガンは宗教的な風合いはなく、カデンツァ的に使われている。そう言う意味ではサンサーンスの3番辺りとはかなり異なる。当然ながらオーケストレーションとよくマッチしている。Epilogueでは一転して静音演奏から消え入る様なエンディング。
ライブで聴きたいな。
ペルガモンはPeter Weissの小説を元にした"語り"主体の楽曲。ヴァイスの「抵抗の美学」から"ペルガモンの祭壇"の引用で、語り手4人とオーケストラ、オルガン(Pauli Pietilainen)が配される。1990年にヘルシンキ大学のホールで初演されている。題名の通り、ナチスを主題とした作品。この手の作品は言葉がわからないと辛い。音楽的にはahoらしい。

それにしてもahoの様な作品が所謂(いわゆる)現代音楽の範疇だけに置かれているのは寂しい限りだ。



テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽





マクミランの Tenebrae を聴く

現代音楽家 James MacMillan (1959/6/16 - ) の宗教曲になる。現代音楽家は宗教曲を取り上げる事が多い。グバイドーリナなどもそうだ。タイトルには New Choral Music by James MacMillan とあるが、現代音楽的合唱曲集ではない。
全曲アカペラの純粋な聖堂音楽。たまにはこういう曲を聴いてみる。しかしそれ以上でもそれ以下でもない。ハレルヤ、アーメン、とか言われても...なのだ。歌詞がある曲は言葉を理解しないと全く意味をなさない。BGMとして曲だけを聴く? 個人的には意味をなさない。
この手の音楽を気軽にコメントするなど考えられない。このCDは宗教曲、そのものの音楽。現代音楽という範疇には無い。それは、その宗教の本質を知らずして曲の意味を見ないと言う事なのだ。



テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽





プロフィール

kokoton

by kokoton
.

    

カレンダー
01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
ようこそ
カテゴリ
ありがとうございます