2012年ザルツブルグ音楽祭 オペラ「ラ・ボエーム」をNHKプレミアムシアターで観る

今年のザルツブルグ音楽祭 (Salzburger Festspiele 2012-7/20〜9/1)から8/1のラ・ボエームが、NHK BSプレミアムシアターで先日放送されました。この音楽祭約一ヶ月のスケジュールを見ると素晴らしいプログラムだらけ。どの公演をとっても見たい物ばかりですね。
とりあえず一作品だけでも良いですねぇ、ザルツブルグ祝祭大劇場の今年のオペラがみられるなんて。アーノンクール指揮の魔笛、カウフマンのカルメンも見たかったですけどね。

プッチーニのラ・ボエーム。新演出です。
SalzburgerFestspiele2012.jpg

実はラ・ボエームはオペラ好きのkokotonPAPAが苦手としている作品。なぜなら、お涙頂戴のこのオペラを観ると涙が途中からとまらない。歳のせいか、第三幕が始まるともうダメ、展開が読めてしまいますからねぇ。人がいる所では見れません。^^ゞ

今回のキャストは、主役テノールのロドルフォにピョートル・ベチャーラ(ベチャワ!?)、その恋人で最後に死を迎えるミミがアンナ・ネトレプコという注目布陣!
主なキャストは、ショナール:アレッシオ・アルドゥイーニ、マルチェルロ:マッシモ・カヴァルレッティ、コルリーネ:カルロ・コロンバーラ、そして今回素晴らしい演技だったソプラノのムゼッタ役ニーノ・マチャイゼですね。

ミキエレット新演出の舞台も面白かった。カメラが斜めなのかと思ったら、ステージが傾斜していたんですね。クリスマスシーンで子供達のプレゼントがPS3だとか。ラフな屋根裏部屋もボヘミアン生活のボエームそのものっぽい感じ。近年的な演出でマッチしています。

ロドルフォ役のペチャワの声は今ひとつだったが見栄えはよいですね。まぁアリアにハイトーンが少ないから そう感じてしまうのかもしれません。
個人的にはビッグネーム ネトレプコのミミはイメージが違う。太すぎ、声もちょっと。タトゥーもなぜ?? 
良かったのはマルチェルロの恋人ムゼッタ役のマチャイゼ。演技もソプラノボイスも魅せましたね。今回の一押しだと思います。

第一幕のロドルフォのアリアに出てくる「貧乏でも幸せで、貴族の気分」は大好きな件。しかしパリを舞台にしているにイタリア語はいつも不自然な感じがするんですよねぇ。「グラッツェ」はないよなぁ、って。でもテノール一人とバリトン三人のボエームのシーンの楽しさはこのオペラの楽しさ。それが今回のザルツブルグでも楽しめたのは嬉しかったです。

最後に、今回期待したのはウィーンフィルを指揮したダニエレ・ガティ。ガティらしい太い演奏が所々感じられたのはなによりでした。

そして今夜は2012年バイロイト音楽祭の放映がありますねぇ。演目はまさにバイロイト、パルジファルです。アヴァンギャルドでしょうねぇ。
ルツェルンも控えているし、本当に楽しい季節です。リタイアして元気だったら行かなきゃね。^^v


テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

カンチェリの Abii Ne Viderem を聴く

ベルギーの現代音楽家、グルジア人のGiya Kancheli (1935/8/10 -) の紹介一枚目。kokotonPAPAはカンチェリのファンですね。
本アルバムを含めてカンチェリの作品ははECMのNewSeriesから数枚出ていて、それらは入手しやすいです。
交響曲も最高なんですが、現状は全曲入手となると国内はもちろん海外含めてかなり難しい状況です。
まずは小曲から。一般的なカンチェリのイメージ通りpppとfffの極端な組合せからなっている現代音楽になります。

1. Morning Prayers (to Robert Sturua)
2. Abii Ne Viderem
3. Evening Prayers (to Alfred Schnittke)

の三曲からなりますが、静かな室でボリュームを上げて聴かないと曲がわかりません。pppは極端に細くて繊細。曲は幽玄にして鮮烈としか言いようがありません。カンチェリの曲を言葉にするのは至難の業です。一曲目は終止静音。二曲目はfffから出る刺激的要素の強い曲、三曲目は音の出し入れで表情を作る。三曲を組曲風にとらえる事も出来るかもしれません。
演出家でルスタヴェリ劇場監督Robert Sturua、現代音楽家Alfred Schnittkeに捧げられています。
家に一人の時によくかける一枚ですね。

カウンターテノール(×2)、テノール(×2)、バリトン、の声楽メンバーに、The Hilliaard Ensemble、それにビオラとアルトフルートの構成。曲により組合せあり。
Stuttgart Chamber Orchestra、指揮はDennis Russell Davies です。

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

ギドン・クレーメル、クレメラータバルティカの「クレーメルランド, Kremerland」を聴く

手放して再購入、ヨーロッパで再発になったクレーメルランドです。
入手当初はGidon Kremerのもっとストイックな演奏を集めていたから、このクレメラータバルティカとの演奏は物足りなく感じたんですね。
でも、思えばこの懐の広さこそがクレーメル。聴き直して、本当に楽しいアルバムになっているのがわかります。Leonid Chizhikの作品なんかはピアノの楽しさを満喫出来きますね。

このジャケットと裏側の解説にその楽しさが説明されています。地図にはアマデウスの海、カンチェリの谷、等の地名とクレーメルランドとクレメラータバルティカの海。
裏面にはInvitationという招待状が載っています。その文頭には「クレーメルランドと呼ばれる場所では、リストが真っ白な雪の様な砂地でバイオリンを弾き、いたずらっ子のモーツァルトは軽快な歌を唄い......、物事は決して見えた様な事とは違うのです」とあります。

そんな気分で聴くとこのCDがなんとも楽しい事に気が付くわけです。良かったですよ、また入手出来て。この秋のクレーメル&クレメラータバルティカのコンサートが楽しみです。




テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

ルチアーノ・ベリオ の CORO を聴く

Luciano Berio (1925/10/24 - 2003/5/27)、名前の通りイタリアの現代音楽作曲家。そしてCOROは代表作だ。
強烈なピアノをベースとして、重唱の声楽が彩る。管楽器が加わり音の洪水となる。声楽が中心になる展開は、まさに好きな現代音楽。当然ながら調性はない。そう言った場合には声楽が実に合う。
強烈な音の洪水を楽しんでもらいたい。kokotonPAPAお薦めの一つです。

演奏は、Cologne Radio Chorus & Symphony Orchestra。指揮は本人、Luciano Berio。
ちなみにジャケットは新しくなったようだ。kokotonPAPAの持っている以前のDGの20th CENTURY CLASSICS のシリーズ ジャケットの方が好きだなぁ。あのシリーズのジャケットは今でも好きだ。

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

メシアンのトゥーランガリラ交響曲 を聴く

フランスを代表する現代音楽作曲家、Olivier Messiaen (1908/12/10 - 1992/4/27)。実は鳥類学者でもあり、鳴き声を集めて日本にも来た事がありますね。kokotonPAPAのもう一つの趣味と近い。(笑)

今更ながらのTurangalila Symphonyはチョン・ミュンフン(Myung-Whun Chung)、Orchestra of the Opra-Bastille のセット。
雄大さはメシアンならでは。そして現れる音の奇妙さをになうのはオンド・マルトノ(Ondes Martenot)と言う楽器。戦前に開発された電子楽器。モノフォニックだから和音は出ないキーボード。テルミンの様な音も出す。演奏者はJeanne Loriod。
それにしてもメシアンの楽曲は古さを今でも感じさせないですよね。
この曲もリズムの変化、そして音の洪水と静音の流れ、楽器の切り替わり、全てが楽しい。まさに色彩音楽。
メシアンの代表作の一つ。コンサートで聴きたい!



本当はメシアンと言えばブーレーズやクセナキスと言った前衛系現代音楽家の師にあたり、技法等も書かないと別けわかんないと言う事でしょうが、それはいつかまた…



テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

ジョン・コリリアーノのディラン・トーマスの三部作(Trilogy) を聴く

アメリカの現代音楽作曲家、コリリアーノ(John Corgliano, 1938/2/16 - )が詩人Dylan Thomasの作品をモチーフに作り上げた楽曲になります。ニューヨーク出身ですが、所謂 東海岸アカデミズム派とは異なりますね。
それほどの調性からの逸脱もないですし、声楽にも唐突さは感じられません。例えば同じ様に詩を元にしているシェーンベルクの"月に憑かれたピエロ"の様な無調、もしくはセリエル系の刺激は感じられませんね。
個人的には、年代から行けばもう少し狂気を感じられる様な調性感や和声で構成されると、その詩の内容も引き立つ気がします。途中でトーキング風になったり、おもしろ部分はあるのですけどね。
詩はググれば出て来ますので、ストーリー展開くらいは知っておく方が楽しめます。いつもの事ですが、詩をベースにしている限りその内容を知る事は必要ですよね。

john corgliano

もちろんNaxonで聴けます。そう、現代音楽を聴くなら実はNaxonはとても良いんですよね。^^;

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

プロフィール

kokotonPAPA

Author:kokotonPAPA
.
    




・2017年12月9日
音楽ブログに特化するためにタイトルを「現代音楽と酒の日々」から変更しました。





カレンダー
07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ようこそ
カテゴリ
ありがとう