FC2ブログ

Gergiev の 東日本大震災復興支援音楽祭! ★★

今回、今日一回の復興音楽祭の為に来日したゲルギエフ。
当初から練習時間はないだろうと思っていた。それは曲の配列。とにかく短いのだ。「亡き女王のためのアヴァーヌ」「プロコフィエフ:古典交響曲」「シューベルト:未完成」。わかるでしょ。交響曲が2曲入ってはいるが、小曲集の様な古典交響曲と2楽章までしかない未完成。
予想通りの結果。一曲目は端正なる曲調を得意とするゲルギエフ調なので安心して聴けた。しかし、2・3曲目の交響曲は、流れてしまっただけ。ゲルギエフ調への練習時間はとれなかったのではないかな?! これで終わったら、唸るところだった。
しかし、カーテンコールですぐに袖から出てくるので変だなと思ったらアンコールが準備されていた。チャイコの「花のワルツ」。練習もなにも無くてもOKなこの手の曲を準備していたか! 一番ゲルギエフのコンダクトも盛り上がっていた。この曲の振りだけは身体と手のヒラヒラが本来のゲルギエフ。それだけでも、嬉しかった。
ゲルギエフ復興音楽祭

都響の演奏は少々寂しい気もしたが、被災地の子供たちが招待されていたり ゲルギエフがわざわざ来てくれたり。出来は★だが、その嬉しさの方に一つプラスして★★と言う事で。^^v

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽





ギドン・クレーメル で聴く「シュニトケとグラスの協奏曲」の楽しさ

"Glass/Concerto For Violin And Orchestra と Schnittke/Concerto Grosso No. 5"、グラスとシュニトケの現代音楽バイオリン協奏曲というカップリングですね。




始めのグラスは当然ながらのミニマル系ですね。とは言えずいぶんと押さえたコンチェルトになっている感じです。もちろんクレーメルのバイオリンが良い音を奏でていて、第二楽章などは繊細にして素晴らしく美しいです。第三楽章は騒然なコンチェルトとなりますね。

シュニトケの協奏曲は、12音技法がとられており現代音楽になじみが無いとやや聴きづらい感じもありますが、素晴らしい楽曲ですね。それにしてもクレーメルはシュニトケを得意としているだけあって見事です。曲も演奏者も知らずに聴いても、"これは面白い!!" と言った衝撃があります。

クレーメルの熱演が光る訳ですが、クレーメルが凄いのはコンサートで外す事がない事ですね。まぁ何を聴いても凄いと言う点ではアルゲリッチ同様に、ハイレベルなマンネリ化が漂うのも事実なのですが…

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽





「ネズミのローエングリン」at 2011年バイロイト音楽祭 / NHKプレミアムシアター

今更ですが、昨年のバイロイト音楽祭のローエングリンです。例の話題の新演出をNHKプレミアムシアターで見られました。とにかく一にも二にも演出ですね。

ローエングリン2011年バイロイトNHKlive


ネズミのローエングリンで印象付いたこの演出。ブラバントの国民は背番号付きのネズミ姿で登場。衛兵?は水色の除染服。訴えられたエルザは、衣装と同じ白の矢を上半身に受けて現れます。

導入部はとても印象的、ローエングリン(クラウス・フロリアン・フォークト, Klaus Florian Vogt)が白く大きな壁を押して扉を開くシーン。何を演出しているのかなぁ?! 例によってアブストラクトなバイロイトの演出ですねぇ。
エルザ(アネッテ・ダッシュ, Annette Dasch)は病的に精神状態を描かれる等の楽劇ローエングリンのお約束はそのままですが、ドイツ国王がオドオドしているのは不思議です。

実はその辺りは殆ど問題ないわけで…これ以上を書くつもりはあまり気が乗らないですねェ。ネズミだの胎児だのと異常な表現に目がいってしまい、役柄も少々疑問がわく演出に「あれっ、なんか変じゃない??!!」的なシーンばかりに気を取られてしまいます。とにかくアヴァンギャルド!!




【後日記】なんと第三幕をYouTubeで観られる様になっています。
 ラスト2'の胎児の異常性は驚異です!!    


著名オペラ(ワーグナーは楽劇ですが…)は展開と歌詞内容(ストーリー)は頭にあるわけですから、舞台と衣装を含めた演出、そして歌唱ですよね。配役による歌唱力は突出しない限り大きな歌劇場ならハズレは稀。ましてやワーグナーなら頂点のバイロイトですからねぇ。そうなれば気になるのは前衛で鳴らすバイロイトの演出。

今回の演出ハンス・ノイエンフェルス(Hans Neuenfels)のネズミの世界は、期待に違わぬ凄さというか凄すぎでした。白鳥の騎士にして聖杯の騎士 ローエングリンにはふさわしくないと思いません? エンディングに至っては意味不明でした。(上記YouTubeで観る事ができます)

古典的な解釈で救われたシーンはさほど期待していなかったフォークトのラスト、正体を明かすグラールの件。まぁ、そのくらいかな。サミュエル・ユンも良かったでしょう。
って、この感覚はバイロイトを楽しんでない人の意見になるのかな。



実際にバイロイトに行って「ニーベルングの指輪」公演なしでローエングリンがネズミだったら考えちゃうかも。いや、逆にこれこそがバイロイトって喜ぶか?! 行った人だけが味わえる興奮でしょうねぇ。それこそがバイロイトでの新演出の楽しみにして神髄でしょうから。

今年6月の国立劇場でフォークトのローエングリンがありますね。興味はありますよねぇ。シュテークマンの演出次第ですがw。ローエングリンは去年のバイエルン歌劇場来日公演の"大工さん"で痛い目にあってるからなぁ…



【後日記】2020年でも、これを超える前衛演出は個人的には記憶にありません。ぜひ歴史的作品を映像で楽しんでください。



テーマ : オペラ
ジャンル : 音楽





Steve Reich の The desert Music

このところトランス系音楽をずいぶん聴いていたが、基本に多くあるのはミニマル。ここはやっぱり原点に戻って現代音楽のミニマルの旗手ライヒを聴いてみた。
以前紹介した10CDsetにも入っているWilliams Carlos Williamsの詩を元にした五楽章(三楽章は3節に分かれている)からなるライヒのミニマル交響曲、と言って良いと思う、『砂漠の音楽』。ドライブ感のある凄い作品だ。得意とするマリンバ、そして声楽の取り合わせが大編成のオケをグングンと引っ張っていく。ライヒの代表作の一つであり、現代音楽の代表作の一つとして良いと思う。
ミシェル ティルソン トーマス 指揮、ブルックリンPOの演奏になる。

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽





Drone Ambient という音楽

深い海の底の重い流れの様な暗くて抑揚の無い電子音の揺らぎ。延々と流れるドローン・アンビエント。
そうkokotonPAPAお気に入りのElectronica系音楽の一つだ。
只々静かに、そして瞑想的に流れる時に任せて聴く。サイケデリックトランスの対局にありながら、音楽の齎す陶酔感は同じ。脳がトランス状態に陥る。全く世界の異なる音楽。
sokbp avabodha & WMRI - Music for Fields。お気に入りである。

cover_20120221204131.jpg

テーマ : サイケデリック
ジャンル : 音楽





Ferry Corsten のニューアルバムWKND、Armin van Buuren の A State of Trance も聴いてみよう

今日は一日中音楽を聴いていたので、ダッチトランスを2つ。ダッチと言うくらいで、オランダのDJでプロデューサーのトランス作品。

フェリー コースティンのニューアルバム"WKND"。ダッチトランスを代表する第一人者だ。世界で活躍している。
でも、これはトランスと言うよりもテクノっぽいんじゃないのかな。陶酔感のある様なハイテンションBPMと言うよりもポップ。ダンスミュージック系だね。レイブと言う感じでもない。アーミンもそうだけど、DJ系はやっぱりライブとの差を感じるよね。







アーミン ヴァン ブーレン。ダッチトランスではコースティンと並ぶ人気者だね。
DJスタイルで開催する彼のA State of Trance は '12-2/16に548回目の開催とある。凄い!
これは本人プロデュースのトランス作品でDJパターンではない。歌が入ったりチェンジペースがあるのでそれほど普遍連続的トランス陶酔感がやや少ないかもしれない。
そう言う意味からいくとコースティンと同じく、入手しづらいけど各回開催盤の方がDJヴォイス入りでパターンが異なり、興奮度は当然高い。本当はそっちの方が楽しいかもしれない。現地に行くともっと違うと思うけどね。Youtubeで検索して味わえる。でもクラブ風になっちゃうのもあるけどね。

テーマ : サイケデリック
ジャンル : 音楽





Tamas Laboratorium / Brain Machine と言う音楽

最近kokotonPAPAが興味を持っているElectrica系の音楽だね。Ambient Musicと言う事になっている。日本語に訳すと環境音楽とかになってイマイチわからなくなる。ブライアン・イーノが提唱したジャンルになるのだが、これは違うと思う。曲調がそんな感じなだけ。イメージは湧くでしょ。

題名のはBMI(Brain Machine Interface)から来ていると思われる。そしてその様な音楽体系だ。脳インターフェイスとは脳の一部組織の信号を機械に繋げる技術の事で、特にアメリカで進んでいると思う。Ambientな曲風はであるが、ミニマルの系統の音楽。全3曲とも同じ構成で、単純な電気音楽の羅列が波の様に進み引いてく。
手法的にも特徴的で、Hemi-Syncと言われるバイノーラルビート音響技術をベースにしている。これは左右の耳でわずかにズレた波長を聴く事で脳を活性化すると言われている。特徴的なのは唸りが聞こえる事だ。これによって超常現象的体験が出来るとも言われている........。
ここに書いた程難解な訳でもなくBGM的に聴く瞑想曲の様な感じだ。一度ヘッドフォンで聴こうと思っている。
これまた入手困難。
(探すポイントはオークションや、専門店の検索。もしくは海外のamazon等です)

Tamas Laboratorium / Brain Machine

テーマ : サイケデリック
ジャンル : 音楽





プロフィール

kokoton

by kokoton
.

    

ようこそ
カテゴリ
ありがとうございます