アルゲリッチ(Martha Argerich) の3.11東日本大震災復興支援CD 2枚

今年最後の投稿はやはりこれしかないでしょうね。ピアニスト マルタ・アルゲリッチの2枚のCDで、両CD共に東日本大震災に対して収益金を寄付しています。その経緯・詳細は他にも他出しているのでググって下さいね。
アルゲリッチ-震災復興-CD


◆シューマン/ショパン ピアノ協奏曲(写真:右)
  
 コメントの必要の無いアルゲリッチの得意とするピアノ協奏曲が並んでいます。この二人の作曲家のピアノ協奏曲はあまり聴きません。シューマンはアルゲリッチ以外では殆ど聴いた記憶がないかもしれません。ショパンはソロ曲はいろいろなピアニストで聴くのですが協奏曲となるとコンサートで時折聴く程度ですね。

 シューマンのピアノ協奏曲イ短調op.54は、流石はアルゲリッチのピアノタッチ。特に強音におけるタッチがあるからこそこの曲が生きるのでしょう。楽器はピアノだが本来はピアノフォルテ、強音を打って曲の面白さが出るのかもしれません。しかし、何と言ってもアルゲリッチでシューマンと言うと”ピアノ五重奏”の印象が強すぎる個人的印象です。(笑)

 ショパンのピアノ協奏曲1番op.11は、例によって長いオケの導入部があるのがきついのですが、4分以降に現れるピアノは存在感抜群ですね。力強く、そしてショパンらしい水の流れの様なピアノのタッチもそれ以降淀み無く広がります。躍動感のあるロンドも流石です。
個人的にはショパンの方が良い気がしますが、両方ともArming指揮の新日フィルも好演ですね。
それにしても、アルゲリッチの打鍵は流れの中でも一つ一つの音の粒が明瞭に聞こえます。今更ですが。

 ここで一つ興味があるのが、ショパンのピアノ協奏曲。'10-11/28の録音ですが、同じ年のルガーノでも6月に弾いた録音があります。Kaspszyk指揮 Orchestra dela Svizzera Italiana バック、個人的にはルガーノの方が躍動感を感じます。
そして更に次の「別府アルゲリッチ音楽祭盤」にも弦楽合奏版が載っているんですね。


◆別府アルゲリッチ音楽祭 Musician's Chain Hope 希望~明日に向かって(写真:左)
  
 アルゲリッチが総裁を務める別府アルゲリッチ音楽祭[#13回]からの録音。アルゲリッチレーベル第一弾です。
ルガーノとはまた違った感じでしょう。バシュメット(ビオラ)も入って、アルゲリッチの仲間に寄るアンサンブルは素晴らしいですね。

まずは上記にもあったショパンのピアノ協奏曲の初めて聴いた室内楽版です。序章の部分もチャンバーミュージックらしい盛り上がりでアルゲリッチの出現を待つ感じ。そこにソロで入って来るピアノの響きの良さ。弦楽合奏版も面白いです。曲が進むに連れて弦楽合奏がピアノに負けている気がするのですが、録音レベルがピアノに寄っているのも影響があるかもしれませんね。例によってどっちが若いのかわからない程アルゲリッチがパワフルです。

CD2にはお得意のシューマンのピアノ五重奏曲が入っています。得意曲だから悪い訳ありませんが、各演奏者もアルゲリッチに鼓舞されて?熱演。いつものアルゲリッチのユニットパターンになります、素晴らしいですね。

CD1では生まれ故郷アルゼンチンのタンゴや舞曲なんかを聴かせてくれます。三浦一馬のバンドネオンとの迫り合いでのピアノの凄さ、得意とする2ピアノはフーベルトとのコラボで聴かせます。室内楽でのタンゴもアルゲリッチ一派に近い躍動感漲る演奏を展開して、8-12曲目も良いです。
CDに入ってる写真も表紙だけでなく雰囲気伝わる良い感じの物が使われていて、なんとも楽しさいっぱいなCDですね。 おすすめです。

ちなみに一曲目は犠牲者を追悼するために入れたと言う荒城の月でアルゲリッチの演奏はありません。エンディングはアルゲリッチに送られるハッピーバースデイが入る洒落た演出。それにしても齢70になるアルゲリッチのピアノは元気ですね。




テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

VOX Valvetronix VT20+ :自宅練習用エレキギターアンプなら文句なし?!

安ギター(Mavis MST-200)はフレットの問題、音詰まり/弦高、さえクリアー出来れば、それなり弾くには十分OKと言ったんだけど、アンプもそれなりに鳴らないとね。音出してなんぼが楽器。エレキギターだったらアンプが左右する。オマケのアンプは...….流石にホントの”おまけ”レベル。
それでもゼロで始める人ならまずは全然OK! 弾いてみなきゃねぇ。 だけど多少成りと経験のあるkokotonPAPAにはキツかった。まぁセット価格が価格なだけに文句言えないけどね。^^;

で、買ったのはVOX Valvetronix VT20+。他に検討したのはMarshall MG15系とGreco GVA CUSTOM。

◆Marshall MG15は今はMG15CFになるのかな。MG15CFは、本来のMarshallのあの音は出ないね。ソリッドステートの小型だから。でもそれはそれで全然問題ないんだけどね。3トーンコントロールのクリーントーンにオーバードライブが乗っている仕様。悪くないよね。マーシャルのロゴもカッコいいし。とりあえず多少のオーバードライブが掛けられれば、まずは十分に楽しい音が出せる。う〜ん….

◆Greco GVA CUSTOMも中古で考えました。完全なチューブ(真空管)アンプ。古い人間はやっぱりチューブが良い気がするよね。でも、volume,treble,bass、しかない。これだとクリーンは多分いいだろうけど、歪みはボリューム勝負? そりゃ、部屋じゃ無理だからエフェクター。後でエフェクターとの相性やら何やらかなり面倒かな。ギターを選ぶなぁ、おもちゃギターだし…..

◆VOX Valvetronix VT20+は、内蔵でアンシミュとエフェクトが充実してる。何よりマスターだけでなくアンプ出力(W数)を調整出来るPOWER LEVELがある事。これこそが部屋アンプのポイントかも。プリ部分には一本とは言え真空管も採用されてる。
VOX Valvetronix VT20+
いろいろ音が作れるよ、エレキギターらしくね。音質は充分でしょ、アマチュアが部屋で楽しむ分には。
要は楽しく遊べるのよ、エレキギターってこんなに面白いんだ!ってね。
これならプリセットモードで色々な音がすぐに遊べる。
そしてエフェクトも一発でマルチ。オートのワウなんてリバーブとかいっしょに掛けたら、可笑しくて弾きながら笑っちゃう。無限に組み合わせがあるんじゃないかと言う程にセレクト出来る。後から専用フットS/Wもセット出来るよ。昔はこんなに面白いアンプ無かったよ。
まずはお家でいろいろやってみるんだったら何より安くてオールインワン的なこのアンプでOKでしょ。
小型のエフェクターを一つ一つ揃えて遊ぶのもありだけど、どうせ始めは何がなんだかわかんない。これで欲しいものがわかれば、気に入ったのを集めるのもありだよね。

◆アンシュミとエフェクトで遊んだら、やっぱりマニュアル!
それが出来きなきゃ困るよね。(笑)
ギターのボリュームで、クリーンから歪みまで変えながら弾きたいでしょ。いつもアンプで歪みの量をかえるのは面倒だし、その度にボリューム調整なんてうまくいかない。ライブでソロの時? 歪系小型ペダルをブースターに使って一発OKでしょ。(OD-2なんか使うね)
簡単にセットするなら次の要領もある。エフェクトは全部OFF、アンプはマニュアルで好きなのを選んでね。VT20+なら音量が低くてもアンプだけで歪むよ。

1)ギターのボリュームを最大10にする
2)MASTER を絞っておく(POWER LEVELは小さい方が安全w)
3)VOLUMEとGAINを最大に上げる
  ・後でこの二つのレベルを調整すれば、歪みも変わる
   (MASTERがあるアンプではボリュームは音量とはちょっと違うよ)
4)MASTERとPOWER LEVELで部屋で使える音量を決める
  ・本来音量はMASTERです
  ・POWER LEVEL が小さいと、MASTERでの歪みも変化します
  ・この辺を適当に調整
   (MASTERで上げても歪みが変化しないくらいのPOWER LEVELね)
5)これで、ギターのボリュームを下げると音量は変わらずにクリーントーンになる
  ・弾きながらギターのボリュームでクリーンから歪みまで変えられる

後は好きな歪み(VOLUME,GAIN)に調整。トーン(TREBLE,MIDDLE,BASS)も同じ。
最終的には、歪みの好みはエフェクトで調整出来るのがこのアンプの面白さ。クリーントーンを最優先にアンプをセットしてエフェクトで歪ませるとまた違うしね。
アンプの出力を変えられるから、部屋でセットしておけば学校に持ち込んでPOWER LEVEL上げるだけで、そのまま使えたりもする。

アンプをVOX AC30に固定して上のセッティング。基本的にエフェクトはoff、これが標準だね。後は弾きたいイメージによってエフェクト。
テレキャスでも音が伸びて楽しい。そう、テレキャスね。^^v

あれこれ考えて脳内スペックオタクになってる暇があったら、気に入ったのとっとと買って弾きましょ。巧くなると益々楽しくなるよね。理屈じゃ巧くならないからね。本読んで一生懸命検討してもスキーは滑れない。滑れなけりゃ良い板の機能だってホントはわからない。
ホントに欲しい物は、そこから決断しても遅くない!

それにしてもアンプ、本当に安くなって嬉しい驚きだよ。



 ↓ VT20Xにモデルチェンジしました




PS:流石にギターはfujigenを買いました。それに合わせてセットも見直し。なぜfujigenか? へへへ。

テーマ : エレキギター
ジャンル : 音楽

kokotonPAPAにとってギターと言えば、Mike Bloomfieldだぜ!

ポールバターフィルド・ブルースバンドのギタリスト。でも何と言っても1968年のフィルモア・イーストのライブ The Live Adventure Of Al Kooper And Mike Bloomfield(フィルモアの奇蹟)だな。
当時中学生だったkokotonPAPAにとってCBS-Sonyから発売された2枚組のレコードで\4,000以上する、確か\4,900だった?、のを買ったのは将に「フィルモアの奇蹟」だった。(笑)
当然ながらメインはアル・クーパー。ファンだったからなんだけど、驚いたのはマイク・ブルームフィールドのギターの方。(実はその時、スタジオ録音のSuper Sessionは持っていなかった) 当時は黒人の血が混っていると記憶があるが、違ったのかな?
これがkokotonPAPAのブルースギターを弾く原点にして今も尚憧れ、聴いている演奏なのだ。冴えたフレーズを繰り出すアル・クーパーのオルガンとの鬩ぎ合いはのめり込まずにはいられない。サンタナとエルビン・ビショップのフィーチャーもあるが、聴かんでよろしい。全曲ともにブルージーな選曲も最高だ。ここいらがイギリス系のホワイトブルースとの違いかな。Yardbirdsなんかは今聴いてもヤボい。

このライブの3ヵ月後にも二人は同じフィルモアイーストでライブを演っていて、そのCDも2003年に発掘?発売されている。Fillmore East:The Lost Concert Tapes 12/13/69 (フィルモア・イーストの奇蹟)、日本題が陳腐で笑える。期待して買った結果も同じだが....。
59th Street Bridge Song は両アルバムに入っているが出来は前者の方が遥かに良い。この曲でも良く出て来るブルームフィールドの1,3弦のスライドは今でも指が覚えていてくれて、それだけは?勝手に動いてくれる。^^v

いずれにしても流れる様なリフのブルースフレーズと、ギターの音の美しさ、これがマイク・ブルームフィールドのギターだ。聴くなら前者がお奨めだと思う。初ライブであり、全体として緊張感の溢れる演奏が光る。アル・クーパーのオルガンも前者が全然乗っているし、録音バランスも上。(飽きっぽい? アル・クーパーもまだノリノリ) そう、前者はブルームフィールドにとっても名盤。アルバムジャケットは
、かのノーマン・ロックウェルによる傑作なのだが、ライナーノートにはアル・クーパーとマイク・ブルームフィールドと3人で肩を組んだ写真が載っている。
ブルームフィールドの当時のギターはレスポール、その後テレキャスになっている。これを聴くとレスポールが欲しくなるが、重いしハイフレットが弾きづらいんだよね。今はアンシミュとかエフェクターで近づけられるからレスポールじゃなくていいか。^^ゞ
[後日記] 結局レスポールを購入しましたw

ボリュームを上げ気味にしてMojoなサウンドに身を浸してくれ~!

 

テーマ : 洋楽ロック
ジャンル : 音楽

Savoy Brown の VooDoo Moon

ブリティッシュ・ブルース(ロック)のギタリスト(& vo)キム・シモンズのバンド/サボイ・ブラウンのニューアルバム。
まぁ、それっぽいブリティッシュ ブルースロックだよね。もっとも聞き易い系統のブルースロックだ。ギターもそれらしけりゃ、ボーカルもそれらしい。アルバムタイトルまでそれらしい。(笑)
ドロドロのブルースが苦手だけど、ブルージィなのがいいな的音だよね。黒くないのよね。(表現が不適切な際はご容赦下さい)
ありきたりっぽいけど嫌いじゃないよ、この手のは。最近よくかけてる。ギターの運指のイメージングに良さそう。ヾ^^;

Freddy King の Blues Guitar Hero

Blues 3-Kings の一人で一番若かった。だから3人の中では一番ブルース系ロックに近いギターだね。フレーズも馴染み深い感じのリフが多い。そしてこれがご機嫌なのは、フレディー・キングのギターが堪能出来る点。T-Boneあたりだとバッキングで本能の趣くままに指が走る感じだけど、フレディーKはリフを準備しているんじゃないかな。
クラプトンなんかはこの辺りからの派生だと思うと理解し易いんじゃないの。リズミカルでスマートな乗り。
ギターでブルースなら、これは基本でしょ。そんなブルース好きにお奨めなのであります。

石橋楽器の#Guitar "Mavis MST-200" をバラしてみるか [調整 2]

買ったエレキギターはホントの初心者向けに販売されている石橋楽器のストラトキャスター擬(もどき)Mavis MST-200なんだよね。とにかく安いし、見た目での出来は十分。
30年のギャップを指が思い出す間にだけ使う事が目的だから、なんでも良かったのよ。弾いているうちに、具体的に欲しいモノが必ず決まるからね。どうせ良いものが欲しくなるに決まってる。それがフェンダー系なのか、ギブソン系なのか、made in JAPAN系、それともPRSの様な最近系なのか? 決まるまでこれで遊びましょ。^^v

でMST-200はと言うと、前回のレポート通りで返品一回、新品交換。帰って来たのはまずまず満足の品だった。今回はとりあえずネックを外して接合部の確認と、ピックガードを剥がして中身確認。何んっ~か、やっぱり凄かった!

まずはネックを外した。これだね。
メイビスmst200-1
グオォ! なんとシムが入っている! ネックポケットの面はガタガタで木屑が塗料で固まり着いている。木っ端の様な適当なシム入れて角度をマイナス(逆反り側)に持って行ってるんだな。まぁこのレベルの物なら、やらないよりやってくれた方がありがたいのは間違いない。まともに音階が出てなんぼだしね。
ネックはボデーからスカッと外れちゃう。おいおい ボデー側と1mm弱の隙!があるぞ〜、カタカタしてる。今回は準備していないけど、スペーサーを入れてキチッとしないとダメだな。
写真右のナット調整。3弦はキツキツ。他もギタギタ。使ってた弦で擦って引っかかりを無くす。2つあるガイドも角度を調整する。今回ペグはそのまま。一部遊びのないペグや遊びの大きなペグ有るけど、回転トルクは一定しているから悪くない。

ピックガードを剥がすと、次の写真の様になってる。当然ストラトだから裏にネットワーク系は貼付いている。エレキギターはサーキットって言う方が通じるんだったよね。
石橋楽器メイビスmst-200
とにかくキャビティー内は木屑だらけ。それも塗料でこびり着いてる。まぁ、我慢範疇だな価格から行けば。導電塗装も甘いよね、アルミ箔を次は貼ろうか。配線は整理されていない、半田はダンゴ、こんなもんかな。しかし、このフィルムコンデンサーは精神衛生上よろしくない。次はオレンジドロップのコンデンサーに交換だな。
驚くのは4枚写真↑の左下、黒い部分が剥がれて木が見える処に出ているのは木ネジの先端! 裏のスプリングハンガーの留めネジだ。凄ンごい!
もっと驚きはその右、ピックガードのネジ穴が二重にある?! 戻す時にわかったが片方はバカになっちゃってる。一度開けたんだな。後はフロントPU(ネック側)の留めネジもバカ気味でPUがグラグラする。とりあえず大丈夫な程度に締めた。

メイビスmst200-3
最後に組んでから弦をダダリオの.009にする。せめて最低これくらいは必要でしょ。まぁ、ご覧の通りでスプリングキャビティーの中も木屑で凄い。外さなければ良かった。(笑)

結果は、弦高調整で1弦で1.0mm~6弦2mmまで。気持ちビビる感じギリギリの線。オクターブ調整も簡単に終了。kokotonPAPAはアーミングしないからトレモロユニットは全6ボルト完全固定。だったらサステインブロックの前に何か突っ込んじゃっても良いんだよな、クラプトンみたいに。トレモロユニットのバラし調整はまた次の機会ね。でも、これだけでも確実に弾き易くなったし、チューニングの狂いや音出しも多少は改善されていると思う。弄くった分だけ愛着が沸く。

【結論】これじゃぁコイツ(石橋楽器Mavis MST-200)はダメなのか? いや、kokotonPAPA的には価格から行けば十分OK!

ただ、本当に初めてギターに触る人がハズレ(kokotonPAPAが一本目に引いたヤツみたいな)だったらどうなんだろう? 中学生くらいで必死こいて弾き倒し、友達と情報交換でも出来れば良いんじゃない。そう言う位置付けでしょ。要は入門用、ならば価格から行けばOKかいな?! 大昔?は一万円なんかじゃエレキギターなんて絶対買えなかった。2,3万でももっとかっちょ悪いヤツだったからなぁ。
若人入門者様以外、後はkokotonPAPAの様なジイさんリトライ組のお試し、一部の改造マニア、安ギターマニアと言った処? そこいらは、自分で適当にやっつけちゃうからOK。けっこうニーズはあったりして。

これを一流品と比較して兎や角言うのは幼稚にして笑止。片腹痛い。免許取り立てなら軽でも中古でも、まずは(安くて?)運転覚えられるのが先。そこからが車の楽しさでしょ。そりゃベンツの方がドライバビリティ・安全・全て良いに決まってる。でも初めにベンツ乗ったって、ホントの良さなんてわからないでしょ。もしかしたら、ホントはポルシェGT3が良かったって気が付くかもしれないし。あっ、そう言う人は両方とも買うか?!(爆)

話は変わるけど、オマケのアンプはキツいなぁ。ソリッドのエレキの良い所は多少ヘボイ音でもエフェクターとアンプでどうにでもなっちゃう処。それにアンプと合わせてエレキギターだし。^^;
アンプはこれだね。でもまだ修正する処が出て来るな、きっと。

テーマ : エレキギター
ジャンル : 音楽

メリークリスマス! このアルバムとリトルクリスマスで

今年は良いクリスマスソング集がありましたね。これ、マイケル・ブーブレのクリスマス。
クルーナーとまでは言いませんが、良い歌いまわしですね。大好きなロバート・グーレとは違いますが。同系の先輩ハリー・コニック・jr の What A Night! A Christmas Album よりも好みですね。当りの柔らかさが、クリスマスソングには合います。ジャケットも秀逸ですね。
It's Beginning To Look A Lot Like Christmas の入りも素晴らしいし、Puppini Sisters と唄うジングルベルなんかは、懐かしさ一杯のうまい演出です。
今年のクリスマスはこのアルバムと、最高傑作クリスマスソングアルバムのRobert Goulet "Wonderful World Of Chrismas" ですかね。^^



そして我家のリトルクリスマス。小っちゃなクリスマスが...。^^v
little-christmas.jpg

テーマ : ★クリスマス関連★
ジャンル : 日記

György Ligeti の Works for Piano and Cembalo by Erika Haase

これはデジタルリマスタード盤。kokotonPAPAの持っている同じHaaseのはオリジナルだから全然ジャケットが違う。もっと、それらしい”カラフル”なジャケット。
そう、この曲はシンプルなピアノ曲なんだけど何ともカラフルに聞こえる。リゲティはそれほど調性に奇譚さを持ち込まないので現代音楽とは言え、嫌悪感は低いのではなかろうか。
kokotonPAPA的リゲティはビオラとチェロのソロがベストだが、このピアノ曲も侮れない。超絶的な技巧で迫る曲ではない。ピアノと言う楽器の可能性を感じさせてくれる様な曲とでも言ったら良いだろうか。リゲティ ファンなので欲目半分で聴いてもらっても構わない。
ピアノがリズム楽器だと言う事が良くわかる。チェンバロ曲も雑えているいるので、チェンバロから進化したピアノをナチュラルに思いを込めて弾いたらこういう風になると感じる。イイね。^^v
チェンバロ曲はいかん、いくらリゲティでも小賢しい感じしかしない。百歩譲ってシンセサイザー風の一曲、Hungarian Rock。アンプ繋がないエレキギターだな。(笑)


テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

York Höller の Piano Works

ドイツの現代音楽家ヨーク・ヘラー(York Höller, 1944/1/11 - )のピアノ曲集ですね。
晩年のB.A.ツィンマーマンに作曲を師事しています。その後シュトックハウゼンとブーレーズからの影響やダルムシュタットでの経験が生かされている様ですね。その時点である程度の推測が付くかもしれません。西ドイツ放送のエレクトリック音楽監督や自らが学んだケルン音楽大学の教授も勤めました。そこではカリツケ(Johannes Kalitzke)が学んでいます。現代音楽家の師弟関係も面白いですね。

このピアノワークス は ベッカー(Kristi Becker) と ピ・シェン(Chen Pi-hsien) の二人の女性の演奏になります。ツインピアノでありますが、初めて聴いたときの記憶では、その必然があまり感じられなかった気がしますね。ソロでも良いのかもしれないのかなと。調性は無いのですが、聴き易いのではないでしょうか。個人的にはもっと明確に前衛化、十二音技法が良いとは言いませんが、にする方がいいと思いました。
当初はそう思っていたのですが、この作品を聴く際に微妙に絡み合うピアノのL/Rの旋律を追いながら楽しむとまた違った感覚がありました。時折ゾクッとするようなコラボレーションが現れます。特にリズム感覚は聴き込む程に引き込まれる良さを感じます。

これまた現在入手が難しくなっているのが残念。現代音楽は早々に廃盤になってしまい復刻されない事が多いですね。

icon


テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

John Tavener の The Whale

ジョン・タヴナーの現代音楽、それも神秘音楽の範疇に成るのかな。
これがBeatlesのアップルレーベルというのも面白い。レコードでも持っていた。その頃は、ジャケットが面白いのとアップルから出ていたので買ったんだけど、何がなんだか全然わからない「頭おかしくない?」的作品だった。
”鯨”は楽劇になっている。声楽は典型的な無調系の流れで進む。元々のアイディアは おとぎ話、聖書寓意のJonah and Whale(ヨナと鯨)からの展開でパントマイムになっているらしい。
ドラムのビートが全体のキーに成っている。それがOpening Section、Storm(嵐)、In the belly of the whale(鯨の腹の中)、の3章に現れる。曲の始めに鯨の説明が入るのも面白い。話は、各章の題名からしても嵐に有って鯨に飲み込まれてから吐き出されるまでの話。(聖書に疎いからわかんないけど)
ロンドンSO、ディビッド・アサートン指揮、アルバー・リーデル語り、他による作品。こういうのって、なんで人気無いんだろうか。

尚、Celtic Requiemとのカップリング盤もある模様。セルティック・レクィエムは、Celtic Requiem 、Nomine Jesu、Coplas、の3作品からなる。それ以上はわからないんだけどね。(笑)


 

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

プロフィール

kokotonPAPA

Author:kokotonPAPA
.
    




・2017年12月9日
音楽ブログに特化するためにタイトルを「現代音楽と酒の日々」から変更しました。





カレンダー
11 | 2011/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ようこそ
カテゴリ
ありがとう