9/29(木) バイエルン国立歌劇場:オペラ「ローエングリン」 ★

この秋は9月/10月/11月と3回のコンサート予定。その第一弾は大本命だったバイエルン歌劇場のオペラ、ワーグナーの「ローエングリン」(NHKホール)だ。とにかく高い切符をkokotonMAMAがOKしてくれて、大好きな演目をバイエルンで見られた。

一言で言えば、初日のコメントの心配は無かった。オケも合唱も破綻なく、
カウフマンに代わりローエングリンを勤めるヘルデンテノールの一人 ヨハン・ボータ、それとオルトルートのワルトラウト・マイヤーは良かった。巨体のローエングリンは見た目には辛いが歌唱は流石でテノールが響き渡った。
エルザのエミリー・マギーは、美しいソプラノでエルザらしい。テルラムントのアフゲニー・ニキーチンは流石、演出上で悪役ぶりをもっと徹底してほしかったかな。重鎮ハインリヒ王役はクリシティン・ジークムントソン。どっしりとしたバスの方が舞台が締まったかもしれない。この歌劇でポイントの伝令、マーティン・ガントナーも変わった演出にも関わらず期待に応えたね。
中でも最高だったのは、とにかくオルトルートのワルトラウト・マイヤーだ。悪役らしい演技、そしてメゾソプラノ声の伸びはすばらしかった。今回の舞台では最高の出来で堪能させてくれた。

バイエルン歌劇場音楽監督ケント・ナガノとオケ及び合唱団は、重箱の隅をつつけば管楽器が割れたりはしたかもしれないし、三幕前奏曲の解釈は好みでないが、気をてらわないスタンスは舞台を引き立てた。

ただ、リチャード・ジョーンズの演出には疑問。好き嫌いがでるだろう。kokotonPAPAは二度と見るつもりはない。ブロードウェイでミュージカルの演出で十分じゃないのか?
本来ローエングリンは白鳥の騎士で聖盃を守る騎士。それが現代風の中に閉じ込められると言う設定はどうだろうか。ならば背景・大道具をもっと極端な抽象性を持たせるとかしないと、夢の騎士の登場へもって行くのが辛い。バイロイトのネズミの国と同様に残念な感じ。解釈はどうであれ騎士が家を建てるというのは個人的には理解の範疇を超える。歌詞と曲は変えようないんだから。
とどめは第三幕前奏曲で人をうろつかせたり、締まりのないエンディング。盛り上がりのはずの最後でずっこけた。

出演拒否は大本命のヨナス・カウフマンだけでなく400名のメンバーの内100人が放射能を理由に日本公演行きを拒否という異常事態(?)の中での公演だった。

ともあれ、なによりもワーグナーのオペラと言えばやはりドイツ。その代表格の一つであるバイエルン歌劇場の公演と言うだけでも嬉しい事に違いは無い。こうやってコメントできるのも何より。来てくれて嬉しかった。

因みにヨハン ポーターと幕間にすれ違ったが、短足超巨漢。見た目は白鳥の騎士と言うよりもドラエモンローエングリン。何キロだろう。

[NHKホール]
ローエングリンNHK
[幕間風景]
ローエングリンNHKホールの幕間

テーマ : オペラ
ジャンル : 音楽

Macで音楽再生ならAudirvana!

Macオーディオで音を聞くならばやっぱりAudirvanaが一番イイでしょ。iPodトランスポート+BGM用にiTunesも使っているが、こっちの方が数段音質は優れる。何と言ってもFLACが再生出来るのは大きいよね。
ちょっとプチプチノイズが入るのが気になったのと、Integerモードをサポートしているのに恩恵に預かれなかったので調整。
integerモードは、カーネルストリームをバイパスするような動作を行なうらしい。PCオーディオは大半がカーネルに依存しているのでオーディオに不要な経路を経由している事になる。
赤丸のポイントにチェックを入れると、GUIの波形アイコンが濃くなってアクティブにある事を示す。
audirvana01.png

audirvana02.png

本当はソフトのintegerモード+ハードのDDC導入で完全カーネルパス出来るのが一番。以前のMac ProからCR-D2へ光で繋いでいた時はintegerモードは設定してもOffのままOnにならず。でもDACとしてHUD-mx1を挟んだらOnになった。気になったプチプチ音も消えて、さらにAudirvanaの音が良くなったぞ。
HUD-mx1程度でも光よりも良いかも。と言うかアンプもスピーカーも変わっちゃったから単純比較は出来ないな。
DACをグレードアップ出来れば期待値もあがるな。integerモードが生きるDDCがあればそれも武器になるだろう。ちなみにHiFACEはダメ。もっともDDCでカーネル回避出来れば、integerの存在は?だが。
Audirvanaにはアップサンプリング機能もある! メモリーに読み込んで音出しするのでメモリー食いだけどね。まずはまともなDACへの変更だろうな。SouNote sd2.0が欲しいがちと高い、でもそれ以外に標的はないし。
話が脱線したが、Audirvanaの素性が良い事に違いはない。

テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

クラシックのCDは全集がお得だよ

クラシックは最新版と言うよりも旧盤が圧倒的だから他のジャンルに較べると安く手に入る。デジタルマスタリングのSACDシングルレイヤとか特殊なもの以外はね。
その中でも全集、セットものは超お得な事が多々ある。右のテンシュテット14CDはEMIのセットで作曲者のバリエーションも楽しめて2,700円ほど。ブルックナー『ロマンティック』、シューベルト『グレート』は楽しい。テンシュテットと言えばロンドンPOとのマーラーだけど、それは別にセットになっている。
右はLISZT生誕200年を記念したユニバーサルの34CDセット。DGとDECCA、PHILIPSと言ったメジャーレーベルを揃えながらマイナーなレーベルにまで及ぶ。リストファンとしたらたまらない。リストと言えば、ベルマンによるメロディア盤の超絶技巧練習曲にとどめを刺すが、当然入っていない。おまけに持っているCDともバッティングする。しかし、これで7,000円もしない!  これを逃す理由が見当たらないでしょ。
他にもDGとかEMIやBBC等の50枚から200枚を超えるセットもある。この手のセットはマイナー盤や廃盤なども入っていて聴くアルバムを選ぶ楽しみも倍増というものだ。
いやいや良い時代になった。
DC-box-set.jpg

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

ご近所”いしかわ”さんで飲む酒

やっぱり冷酒も最高だよね。またもや”いしかわ”さんで飲んだお酒を紹介しちゃおうかな。

■屋守(おくのかみ) 純米中取り 無調整生
 東京都東村山市・豊島屋酒造
甘い! とにかく甘口。それ以外に表現の仕方がわからない。どっかりと甘い訳じゃない。気持ち良く甘口ではあるよ。
屋守

■長珍 純米 【生】[無濾過] 阿波山田65 22BY
 愛知県津島市 長珍酒造株式会社
屋守をいただいた後に口にすると、まるで水の様な透明感。しかし、二口目にはビシッと辛口を感じる。シャープな良い酒だ。
sake-chochin65.jpg

手打ちそば「いしかわ」
東京都三鷹市中原4-27-13
0422-43-8520

テーマ : 日本酒
ジャンル : グルメ

Tonny Bennett Duets 2 先行試聴

10月5日発売予定のDuets 2。大ヒットのDuetsの第二弾。予定通りだろうね。当然ながらFrank Sinatraの同シリーズを思い浮かべる。
初回生産限定盤にはメイキングDVD(日本語字幕付)と日本盤のみの「星に願いを with ジャッキー・エヴァンコ」「霧のサンフランシスコ with ジュディ・ガーランド」入りの19曲入りCDとなる。この2曲を入れないと日本じゃ売れないって事だろうね。
それにしても、Frank Sinatraの盤同様に1と2の凝ったジャケットに共通性を持たせたりと当て込んでいるなぁ。

GaGaとの一曲目レディー・イズ・ア・トランプなんかも、トークの様なシーンがなんとも楽しい。選曲もボディー・アンド・ソウル等のスタンダードが並ぶ。面倒だから書かないけど、デュエット相手はノラ・ジョーンズ、アレサ・フランクリン等々の超一流所ばかり。(ジャケットで確認してね)
アメリカのエンターテイナー系のヴォーカルの楽しさを堪能出来る。理屈抜きで楽しい、悪い訳が無い。BGMとして流していても耳障りがない。
kokotonPAPAお好みはK.D.ラングとのブルー・ヴェルヴェットあたりシットリ暗めのバラードかな。
それにしても日本版は高すぎる。今更ジュディ・ガーランドとの霧のサンフランシスコも無いだろうし。
Tonny Bennett Duets 2

テーマ : 最新音楽ニュース
ジャンル : 音楽

さよならLOOK KG66 (ロードレーサー)

こいつはお気に入りだった。フランスのLOOKのカーボンフレームKG66(ホントは96が欲しかった)にイタリアのディレイラーセットCampagnoloのSuperRecord。この異様な組合わせがお気に入り。フランス製LOOKのフレームのボトムにはイタリア製のボトムセットが入らない! だからボトムセットだけはSimanoが入れてある。(ペダルも)
カンパニョーロのスーパーレコードは当時生産中止でビンテージだったから、もう好みの世界どっぷりマシン。一番気になったのはギヤの減り。この写真、多分前は52-48ではないかと思うが、そのギヤ自身も当時ではかろうじて入手可能だったと思う。
もちろんデュラのセットも持っていたのは当然だが。
乗り易いフレームに操作性の悪いディレイラー、これがイイ!
驚く様な価格で引き取られて行ったので、本当に良かった。引き取られる日、立会う勇気はなかった。さよならKG66。
look kg66 -1
look kg66 -2

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

kokotonPAPAのNewオーディオセット

デジタル時代の好みのセットに仕上がったゾ~。1bitアンプの雄NmodeはX-PM2Fと、デジタルオーディオをフォローする最適スピーカーDynaudioのFocue220mk2。両者ともお馴染み吉田苑さんのグレードアップチューン品で、前者はWraith MK2。後者はOberonの銘が付いている。それぞれは今までこの日記に書いて来た通り。kokotonPAPAのWraith MK2化の様子はこんな感じ。オリジナル基盤の改造、クロック基盤のクロック数調整、そして配置。
X-PM2FのWraithMK2化
Oberonの改造の様子は以前アップしたが、やっとスパイク受けに乗せた。まだナットも留めてないし、サランネットも着けてあるけどね。
dynaudio-focus220-Oberon.jpg
そしてNmodeのセット。
Nmode.jpg

えっ? マッキンでJBL、それともタンノイ?じゃないのかって?! それも良いねぇ。玉のアンプでアルテックの音も聴くチャンスあるけど、それも良い。
でもkokotonPAPAは違うゼ! 今や音はデータ、デジタル化の時代。レコード時代のアナログ再生とは違うのよ。いいよ、それはそれで聴き易い気持ちの良い音がするのは間違いないよね。でも、デジタルならではのシャープさや定位の明確さ、それだけでなく音場の広がりと低音域の歯切れの良さ、そしてクリアさは違う次元。兎に角聴いていて好みなのだ!
デジタルオーディオのポイント、クロック改造は電源部と同様にコアだ。PCのクロックアップ改造と同じ様にデジタルオーディオにとってクロックは命。サンプリングレートも、このクロックから作られる。クロック精度の高さが高音質につながる。それはアナログアンプと異なり、音声信号の波形を高速でサンプリングして音声(波形)をデータ化した後で、再びアナログの信号(波形)に戻すために劣化が少ないのが効果をもたらす。

で実際このセットの音はどうなのか!? それっ、初めてのSWオン!
第一印象「ん?......。えっ.......???? 音が中心に集まってモヤッとしてる。こんなはずじゃ......、オイオイどうするッ?! デジタルでしょ?」
でも2時間もすると脅威の音圧に!「なに? だけど、 真空管じゃないんだからさ!」クリア度、位相、音場の広がり、低音の切れ味、いずれも前セットの比ではない! しかもまだまだエージングも済んでいない慣らし運転状態でだゾ。
吉田苑さん曰く「200時間くらいは鳴らし込まないと」である。平均一日4時間として50日か。11月だな。
現状でさえもこのセット出す音の実像感は凄い!まだ一週間にも満たないが、中高音の伸びも切れ上がって来た。
兎にも角にも楽しみなセットなのだ。
オーディオマニアじゃないから細かい事はわかんない。でも、毎日好きな音楽を聴くのが本当に楽しみなセットがやって来た!

テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

さよならSystem0.69EX

System0.69EXとはONKYOのCDレシーバー CR-D2とDENONのスピーカーSC-F107SG両者を吉田苑チューンで組んだ入門オーディオセットの事。使ってみて音に対する自分のイメージが出来たのでグレードアップした。
経緯はこの日記に書いて来た通りだね。ちょっとだけ写っているスピーカースタンドの効果はすごかった。
味見的にそれなりに満足出来る廉価品で始める。お金を掛けるのは自分の好みの方向性が明確になってから。興味が増さなければそのままでいい。そんな感じがkokotonPAPAのおもちゃ(道具道楽)道。
短い間とは言え、このセットで久しぶりにオーディオらしい音を聴く事ができた。そしてデジタルオーディオの進歩を知りステップアップの引き金になった。セットは吉田苑さんに戻って行った。ありがとうね。
吉田苑system0.69EX

テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

SF 太陽風交点 堀晃

徳間文庫は絶版らしい。小松左京さんが逝去したので思い出して読んでみた。曰くありの件を思い出した。
1981年に本作品は日本SF大賞を受賞した。当然ハードカバーだが、それは早川から出版されてた。しかし本作品の文庫化は日本SF大賞を後援していた徳間からなされ、早川との裁判沙汰となった。
日本SF大賞は反早川色の強いSF作家達代表の小松左京氏が作った日本SF作家クラブが主催。本作品を第一回の大賞に推奨したのも小松左京氏であったと言う噂も強かったね。現に文庫版の解説は短編レベルの長文で小松左京氏によるものだ。
そんな記憶が強いが、作品自体は所謂ハードSFの短編集。当然、回転するバケツの水 で有名なニュートン力学とマッハ原理の話、等の宇宙物理学ネタが飛び交う、また基本は特殊相対性理論の色合いで出来ているのは言うまでもない。
それに対応して表現される、有機コンピューターとでも言うべき人間の脳をハードと組み合わせて物体としての死を超越したサイボーグor機械の世界。概ねこの展開に二分され構成されている。
30年前だからねぇ、今読むと時代遅れは否めないがハードSF小説としてはこんなものだろうね。当時はブルーバックスの方を良く読んでいたよなぁ。
太陽風交点

テーマ : SF小説
ジャンル : 本・雑誌

Suntory "白州" HAKUSHU Heavily Peated

素晴らしい香りだ。このウィスキーはテイスティンググラスで飲まないともったいない。いつもの様にショットグラスでガシガシはダメだ。バニラの柔らかな芳香が強烈に脳を刺激する。ピーテッドと言ってもアイラやタリスカーの様な強烈さではない。チェイサーを含んだ後にフワーッと口から鼻にスモーキーさが抜ける。アルコール度数が48%の刺激も良い。好みのウィスキーだ。限定生産と言うのがもったいない。
白州へビリーピーテッド
プロフィール

kokotonPAPA

Author:kokotonPAPA


ものずき、おっさん じいさん、わがままきまま、すきほうだい、しななきゃなおらない.

 kokotonPAPAのブログ  ホームページtop  メールtop



1.このblogで言う現代音楽
2.マーラー交響曲第5番 160CD
 (名盤・珍盤 聴き比べ)

カテゴリ
個人的お奨め度*
★   こんなもん?
★★  悪くないね
★★★ 最高です!
☆   +0.5
お友達ブログ
kokotonPAPAカウンター
unique-access