Jazz vocal と言ったら Frank Sinatra しかない

The Voice、フランクシナトラなのである。典型的なクルナーであり、何と言ってもトミードーシーバンドで専属歌手になってからはトップを瀑走。そして、この頃は端正な美男子歌手。若い女性が群がった。晩年の丸顔のエンターテイナーしか知らない人には理解できない世界かも。(笑)

そして不遇のコロンビア時代を経て黄金期であるキャピトル時代入る。何と言ってもネルソンリドルとの出会いが大きい。ネルソンリドルは他にもキャピトルから多数の男性ボーカルを出している。それはまた次の機会に。
まずキャピトル時代は何を聞いていも外れなし。

そしてリプリーズ時代。これはシナトラ自身のレーベルなんだけど知られていないよね。後年はレベルがよくない。でもこのレベルになると、晩年は晩年でまた表現の多彩さで声量等をカバーして素晴らしい。レスターヤングのように。
Stranger in The Night、ポールアンカによるMy Wayもこの時代。ちなみにMy WayはSinatra以外、誰が歌っても陳腐(ポールアンカを除き)だが、DuetでなんとWillie Nelsonと歌っているアルバムもある。

シナトラは大物ともDuetを多数残しており、Duets , Duets2,他にもClassic Duetsがあって楽しい。そしてベストアルバムも多数あるが、Nothing But Best , My Way: The Best of Frank Sinatra , Greatest Hits ,等皆素晴らしい。個人的には娘であるNancy Sinatraとの競演 Somthin' Stupid入っているものをお勧めする。

アルバムでは、キャピトル~リプリーズ前半に外れなしと思う。でも全ての時代、初期のトミードーシ時代から晩年のLiveまで全てが好きだ。それがFrank Sinatraファンと言うものよ!
ちなみに下の写真はkokotonPAPAの聞いているアルバムの一部。
FrankSinatra.jpg

テーマ : JAZZ VOCAL
ジャンル : 音楽

アイランズモルトのアランを飲む

ゴードン&マクファイル(G&M)・コニサーズチョイスのアラン10y。驚きの香りの立ち方、素晴らしい。フィニッシュも緩やかな甘みが残る。
arran1998_ConnoisseusChoice.jpg
アイランズモルトだけど、ちょっと違った風味。蒸留所はまだ出来て新しいとか。
これはいけます! ボトラーズを初めに飲んじゃうとオフィシャルが気になるけど、これは我が家のストックスペースが空いたらまず買わないとね。価格的にも熟れているから安心感もある。スキャパよりこっちが先かな。

テーマ : ウィスキー
ジャンル : グルメ

BuffaloのイヤホーンBSEP08シリーズ買ったらイカン! ☆→×

初めに買ったのは、青い方でkokotonPAPA用。巻き取ってくれるし音漏れもしずらい、そして千円台と安価。
buffalo-earphone.jpg

でも、3カ月もたたずに断線。ジャックの元のケーブル部分が曲がってるでしょ。そこね。始め良かったのでkokotonMAMAも購入、それが白。これは初めから可笑しい。巻き取りを伸ばしきるとラチェットでカチッとストップ、もう少し伸ばすと巻き戻す。ところが伸ばしきってもラチェットが効かない。途中のポイントでもラチェットが効くんだけど、最後まで伸ばした分だけ引っ張り戻そうとする。何回かやると、どうにか止まる。おまけに、戻ってもイヤーピース側のケーブルが納まりきらない。(写真の通り)

2個とも変なんだから、駄目だねこれ。BSEP08シリーズは買ったらだめよ。損するだけ。安物買いの銭失いの典型。それに、実は巻取り部分が大きくて重いのでこれも困ったちゃんなのだ。

最高のホワイトラム、ペール ラバ ブラン!

カリブ海マリーガラント島のラムとして名を馳せるペール ラバ。そのホワイトであるブラン。これは旧ラベルでポアソン蒸留所で作られていたもの。アグリコール・ラムなのはもちろん。曰く、雨水で加水する。曰く、爺さんが舐めながら度数調整している。等々逸話は事欠かない。kokotonPAPA的にはその辺が海賊風で好きなのだが。^^;
今は新しい経営者で生まれ変わり、蒸留器他を全て改修、ラベルも黒に変わった。この白いラベルの59°は在庫で終わり。(と言っても当面は大丈夫?)

PereLabat.jpg
これを飲むのはロック&ライム。(写真はダブル) ヨーグルトの様な風味を楽しみながらやる。59°という感じはしないと思う。いつもスコッチのシングルモルト(アイラを中心に)を飲みながら、気分転換にはこれしかない。以前はダークが好きだったが、今は手元にない。ゴールドもイングリッシュハーバーがなくなったら置かないかも。でも、これだけは欠かせない。写真を見ただけで味と香りが浮かぶ。
新しいペール ラバ ブランがどう変わっているのか、それも少々気になる。

kokotonPAPAの常備ラム&スコッチシングルモルト

kokotonPAPAの夜友のご紹介です。2011年2月バージョン。1)〜3)はラム、4)〜はスコッチシングルモルト。その内7)〜は、アイラモルトです。
whisky_islaymalts.jpg

1)ロンリコ、ゴールドラム。超安価、飲み易くて危険。ラム風味は薄め。同じ安価系ゴールドならバカルディ・オロがお奨め。
2)ペールラバブラン。これは最高。これのみロック+ライムでやる。後は全てストレート&チェイサー。
3)イングリッシュハーバー。ゴールドラムのお気に入り。以前なら、他にも大好きなダークラム、ロンサカパも並んでいた。
4)マッカラン。言わずとしれたスペイサイドモルトの代表。当初はアイラモルト至上派だったのでイマイチだった。でもやっぱり流石。ちょっと焦げたような風味で美味い。常備かな。
5)ジュラ。ボトラーズのダンカンテイラー・ピアレス18y。アイランド系だが、フルーティーな香りでフィニッシュはほのかな甘みが心地よい。でも次はアランかスキャパに変更予定。
6)タリスカー。アイランド系の代表。美味い! これがダメなら島ものはやめた方が無難。
7)ラガブーリン。大好きなアイラモルト。コメント不要。でも、ボトラーズの無調整シングルカスクをジックリ飲んで見たい。手前の一本が空くので、ハイランドモルトの王者グレンモーレンジのアスアーを購入。
8)ラフロイグ。ダンカンテイラー・ピアレス12y。同じカスクのオフィシャルより、まろやかな風味。12yはもう買えないから、無くなったら13yを検討。
9)ラフロイグ。オフィシャルのカスクストレングス。コメント不要。欠かす事出来ず。カスクじゃなくても良いかも。
10)カリラ。オフィシャル12y。コメント不要。欠かす事出来ず。
11)カリラ。ダンカンテイラー・ピアレス29y。29yで匂い立つ様な香りを期待したが不発。でもシェリーカスクなので香りその物は素晴らしい。次はアイランド系ハイランドパークに多分変更。
12)ボウモア。オフィシャル。12y加水はどう飲んでもアイラモルトらしさがやや不足。今後補充なし。

アイラに はまっているうちはまだまだ子供。ハイランドやスペイサイドにいつ変わっていくのか自分が楽しみ。
^^v

テーマ : ドリンク
ジャンル : グルメ

アイラモルト、ラフロイグ LAPHROAIG のオフシャルとボトラーズ(DUNCAN TAYLOR)を楽しもう ★★☆

好きなラフロイグ。ラガブーリンと並んでの大好きアイラモルトの2銘柄です。
オフィシャルのカスク。10yの57.8°
laphroaig10-caskstrength.jpg

ボトラーズは、ダンカンテイラーのピアレスシリーズ(Duncantaylor Peerless)から。12yの54.7°
duncan-taylor_LAPHROAIG12y_.jpg

両者カスクストレングスでの比較になります。今更のオフィシャルは、例によってヨードの香りと強烈な薬品臭。これが好きか嫌いかではっきりする典型的なアイラですねぇ。チェイサーを含むと口の中に香りが広がるのも嬉しいです。トゥワイスアップはやりません。ラガブーリンに較べるとシャープさが強い。
そしてピアレスのLAPHROAIG。これはシングルカスクだから、ラフロイグ社から持って来た樽を寝かせてそのままボトリングしている訳ですね。オフシャルはカスク間での味を混ぜ合わせる時に味が統一される様に調整されるのでシングルカスクではありませんね。
シングルモルトと言っても、ブレンダー?が当然必要なのです。当たり前ですが。
ダンカンテイラーの方は一つの樽(カスク)からそのまま抜いて瓶詰め。
duncan-taylor_LAPHROAIG12y.jpg

味はカスクにより異なるので、ラベルにはカスクNoや一つのカスクからとれた何本目のボトルかも記してあります。味はオフシャルよりもソフト、フルーティー。もちろんラフロイグとして。個人的には甲乙つけがたいです。ちなみに12年ものはもう手に入らないだろうから、無くなったら13年ものを入手しようかと。


チャーチの茶のスエード、ストレートチップ ★★

Church'sの靴はEdwardGreenと並んで英国らしい靴だろう。ジョンロブは少し違うしね。華奢で洒脱。そしてスエードとなればこの季節ならではと言う事になるよね。
churchs.jpg

細身のパンツに合わせると実にシックリ来る。大切な一足。これまた20年は経ているだろうか。多分箱が今野とは違うと思うんだけど。実は全く同じでブルーのスエードも持っている。こちらは宝物クラス。(笑)

ツールボックスは黄色で

小中学生頃から使っている道具箱。本当は良く売っている青系のヤツね。今はみんな樹脂製になっちゃって金属製なんて無いでしょ。
tool-box.jpg

買ってそのままじゃつまんないから黄色に塗っちゃった。これだけで子供の頃は大仕事よ。もち、大満足ね。実は当時は1/24のスロットルカーのカー&パーツ入れだったんだ。これを持ってサーキットへ行くんだね。あの頃の東京には、街毎に1軒程度のお店が有った。デパートでは毎週末レースが開催されていた。盛り上がったねぇ。COXのチャパラルなんか欲しかったけど、手が出なかった。
今はただの道具箱。でもこのステッカーは富士のGCの鮒子田選手のマシーンだったんじゃないかな。いやいや、何とも懐かしい。

NIKEのバスケシューズ、オリジナルJordanシリーズが死んで行く T_T

久しぶりにJordan6(もちろんオリジナル)を出して履こうと思ったら、やっぱり靴底の中間部、丁度クッションになる辺りのウレタンが崩壊していた。指で押してみるとボソボソっと崩れる。加水分解しちゃったんだな。(化学系出身者らしい?)
NIKEjordan6.jpg
以前NIKEのスニーカーをコレクションしていた時の一部を履いている途中に靴底がペロッと剥がれちゃった事がある。ありゃりゃ。見たらウレタン崩壊! こりゃぁ、当時のシリーズはヤバい。で案の定Jordan6はゴミ箱行き。でも箱の中にはポストカード等のItemが入ってた。これはとっておこうね。
jordan-postcard.jpg
それにしてもまいったなぁ、とりあえず全部チェックしてみたが、他にもJordanシリーズの一部やAirMaxシリーズの一部にも崩壊ものあり。触らなければ大丈夫だけど、気が付いたら要らないから捨て。DunkシリーズやJordan1には問題なかったから良かった。^^ゞ

テーマ : NIKE
ジャンル : ファッション・ブランド

プロフィール

kokotonPAPA

Author:kokotonPAPA


ものずき、おっさん じいさん、わがままきまま、すきほうだい、しななきゃなおらない.

 kokotonPAPAのブログ  ホームページtop  メールtop



1.このblogで言う現代音楽

2.マーラー交響曲第5番 160CD
 (名盤・珍盤 聴き比べ)

カテゴリ
個人的お奨め度*
★   こんなもん?
★★  悪くないね
★★★ 最高です!
☆   +0.5
お友達ブログ
kokotonPAPAカウンター
unique-access