[#11] マイルスの1974年、NY録音盤がバンドレコーディングで新登場! ★★

MILES DAVIS "Unknown New York 1974 - Band Recording"
音も最高。演奏もこの時期としてはまとまっている。今までの演奏リストにもない74年NY演奏。これは驚き。

MilesDavis-UnknownNewYork1974.jpg
ピアニシモのマイルスのミュートもクリアに再現されている。funk系のワウワウのUntiled Funk Tuneもいける。Pete CoseyとReggie Lucasのギターがこれまでクリアに聞こえた事はまれ。これだけ音が良いとどの曲にも興味津々にならざるを得ない。
しかし贅沢を言わせてもらうなら、kokotonPAPAが大好きな73~74マイルスはもっと乱暴で混乱な世界の方が”らしい”気がするのだが。
でも、そう言う意味からすると74年である事以外の演奏月日は不明とあるが、75年1~2月の日本公演アガ・パンツアーに近い気がする。この演奏、74年の11もしくは12月とみるがいかがだろう。

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

ある意味、究極のアイラモルト「スリーピート 1993」 ★★☆

ウィスク・イーのオリジナルスモーキーモルト、スリーピート。これはアイラだ! それ以外に無いと言う程、kokotonPAPA的にはアイラ。
Three-peats.jpg

アードベッグ(60%)、ラフロイグ(35%)、ボウモア(5%)のバッテッドモルト。46%でのボトリングだ。でもメインに感じるのはアードベックではないと思う。ライフロイグ、それにボウモアが被る。そんな感じなのだ。香り・味ともにバッチリ!!

テーマ : お酒
ジャンル : グルメ

SpringbankとEdradour ★☆

スプリングバンク(10年)
SPRINGBANK.jpg

エドラダワー(10年)
EDRADOUR.jpg

アイラではないシングルモルト。kokotonPAPAとしては珍しい。だいたいマッカランを特に美味しいとは思わない人なのだ。
両方とも飲み易いんだね。スプリングバンクはキャンベルタウンモルト、入れてくれた際に”塩辛い”と表現されるそうらしいが、そう言われれば感じるが全体としたら優しい風味で楽しめる。
ハイランドモルト、エドラダワーは蒸留所は2・3人でやっている様な話を聞きつつ味わった。こちらも癖の少ない、心地よい風味。両者ともシングルモルトらしさを味わえる気がする。アイラ以外はマッカラン12年が比較になるんだけど、マッカランはブレンデッドスコッチの様な風合いなんだよなぁ、kokotonPAPA的には。

テーマ : お酒
ジャンル : グルメ

アイレイシングルモルト、8種の好みは

ゴードン&マックファイルのブナハーブン(G&M Bunnahabhain)
BUNNAHABHAIN-machpa.jpg

そしてゴールデンカスクのブルイックラディ(Bruichladdich)
BRUICHLADDICH-goldencask.jpg

と飲んだので、これでアイラ系8種、新しい蒸留所キルホーマン(Kilchoman)を除く、を飲んだ事になる。
この2つはアイラっぽくない、と言うかkokotonPAPA的好みのラガブーリン、ラフロイグの系統からは遠い感じがする。要は飲み易い、好きなアイラ系の強烈なピーティー&スモーキー(と言うらしい)な癖が無い。
前記の2種とボウモア、カリラの4種が好きなモルト。ポートエレンは値段と状況に惑わされて評価しずらい。ちょっと好みとは離れる気がする。アードベックは一番アイラの個性が強いと言うが、そんな感じは個人的にはしない。
と言うのが、素人のアイレイシングルモルト評。(爆)

テーマ : お酒
ジャンル : グルメ

アイレイシングルモルト『ポートエレン』 ★★☆

ボトラーズのポートエレン
PortEllen01.jpg

OMC ポートエレン 27y 1983 50% / ダグラスレイン オールドモルトカスク
ファイナルビンテージ、199本の内の1本! '10年の選考試飲会でも高評価の逸品。
なんと開封する光栄にあずかった。
PortEllen02.jpg

開封時は、アイレイシングルモルトが苦手なkokotonMAMA曰く「あら、飲み易い」。
優しく気品漂い、芳醇さが飲み易さを感じさせてくれる。でもアイレイらしい香りと独特な風合いが欠ける気がする。チビリチビリとやりながら時間をかけ楽しむ。
少し時間が過ぎたら味が変わって来た。おぉ、アイレイシングルモルトらしくなって来たぞ。開封直後、やっぱり変化するねぇ。最後は飲み干したグラスから漂う香りが止まる事を知らず。その香りの実に素晴らしい事! それだけで価値有りと見た。
まずいな、個人的に欲しくなった..... ^^ゞ 

テーマ : お酒
ジャンル : グルメ

ペールラバの限定輸入ラム「ドール」 ★★

マリーガラント島のペールラバ(Pere LABAT)からショップ限定品のドール(DORE)が360本のみ輸入が出来たと言う。ポワソン蒸留所からは普通は出ないそうです。もちろん個人じゃ買えない....と言う程でもないんだけど。まずは、お馴染みのBar、BALANCAさんです。

Rhum-Dore-du-Pere-Labat-.jpg

ペールラバと言えばブラン。それにチョッと香りを付けた様な感じなのかな。ゴールドとしたらかなりシャープな感じがする。これで59°まで上げれば、そのままブラン?! と言った味わい。飲めて良かった~!
ブラン59°もここへ来てオーナーが変ってラベルが黒に変った。その話はまた。

テーマ : ☆BAR☆ バー紹介
ジャンル : グルメ

[#10] Princeの「Miles 2 Nowhere」と「Miles from the Park」

Princeの1987/12/31 New Year Eve Concert の様子を納めたアルバム。両方とも同じなのだが、前者は全曲(多分)+オマケ付き。後者は曲目不足だけどDVD付き。(もちろん両者とも正規盤ではない。写真はMiles 2 Nowhere)

Thunderball-Prince.jpg

Princeも大好きだから、これは最高なんだけどMilesが出てくるからワクワク度はアップよ。DVDは、まぁこんなもんかなの出来だけど、ステージの様子が見られるから両方とも有った方が楽しいね。

Milesが出てくるのは「Miles Davis Instrumental」一曲なんだけど、その前の曲 It's Gonna Be A Beautiful Night 辺りから紫色のルーズフィットなスーツで現れウロウロと楽器の調整らしきポーズをとる。そしてPrinceが両手を大きく広げて下げ ステージとオーディエンスを押さえ込む。そう、MIlesの出番。
ちなみにこのコンサートは曲の切れ目は少ない。リズムセクションは動きっぱなし。悪くない、Prince & Lovesexy Band は当時のMilesBandに近い気がする。MilesはMiko Weaver(g)に2回程からむ。気に入っているのだろう。
Eric Leeds(ts)は、その後の曲 Chain Of Fools の途中でPreludeの一節を一瞬ピロッと吹く処も面白い。Milesファンならあの超短いワンフレーズで即わかる。

MilesのフレーズにPrinceがスキャットで絡む。面白いのは先にPrinceがスキャットを入れてもMIlesは絡まない。存在感の差を見せたかったのかな。Princeと並ぶCat(vo,dance)も流石に絡めない。
で、Princeが「Mr.MIles Davis !」と叫ぶとMIlesはピピッーと一吹き、4分弱の演奏でステージ右袖に下がる。もっと本格的なMIles+Princeを見たかったのはみんなの思いだろうなぁ。

テーマ : Hip Pop/Rap
ジャンル : 音楽

今日は一日ボ~ッと家で.....で、ラム酒Ron-Zacapa

三賀日の3日目は家でダラダラ、昼食はピザにビール 午後は完全にお昼ねモード。こうなると夕食は食べる気がしない。お風呂入って、Ron Zacapaをストレート&チェイサーでやって寝るだけ。

ron-zacapa.jpg
これはチョイと甘口濃厚のダークラム。昨日空けちゃったBacardi OROに較べるとラムっぽさは強い。これもそろそろ無くなりそうだから、次はペール・ラバ ラム ブランにしようかな。高いけど、ネットで探すと有名店で安い処がある。ホワイトなのでカクテルベースっぽいしアルコール度数が59°と少し高めだけど、シャープなラムが楽しめる。個人的には海賊っぽい感じがするのよ。
もしくはイングリッシュ ハーバーの5年かな。これはゴールドラム。悪くない。
プロフィール

kokotonPAPA

Author:kokotonPAPA
.
kokotonPAPAのブログ  ホームページtop  メールtop




・2017年12月9日
音楽ブログに特化するためにタイトルを「現代音楽と酒の日々」から変更しました。

ご案内
カテゴリ
お友達ブログ
kokotonPAPAカウンター
unique-access