Vanity Bash の口折れタイプのショルダーバッグ

皮のカジュアル・バッグは茶のトート(土屋鞄製造所)、ブルーのショルダー(genten)、を使っているけど小型のは茶色の合成皮革のを使ってた。
そこでいつも何か気に入ったのがあれば、と思っていたら見つけて衝動買いしちゃった。
 vanity-bash_305124green.jpg

メーカーはVanity Bash ...知らない、皮の質感は悪くないけどちょっと薄い。気に入ったのはグリーンの色とデザイン
通常はA5くらいで、いざとなったらA4サイズまで対応できる。小型縦長のデザインはいくら見ても同じ様なものしか見つからなかったから、これは即買い。

でもジップの使い勝手の悪さは、絶対に配慮されていないよね。
トップのジップは下止先がバッグ内に巻き込まれているので、開いた後で閉じようとすると素直にジップが動かない。
インナーポケットのジップも布地直縫いで、開け閉めはバッグの端を持たないと布地が たわんで使いづらい。(ジップの縫い合わせ部分に他社品は皮を縁取りしているけど、それがないから生地が寄ってしまいジップが機能しない)
そこまで使い勝手に配慮して作ると高くなるのかもしれないけど、目を瞑りましょう。
今回はデザイン優先だからOKという事でw


テーマ : バッグ
ジャンル : ファッション・ブランド

長年愛用のエドワードグリーンのWestminsterⅡ/6837

EdwardGreenのウェストミンスターIIの黒ですね。例によって長く、25年以上?、履いています。とはいえ、これは普段は使わない靴。
style名等が手書きの金文字の箱も、今とは違うかもしれませんね。

 EdwardGreen-WestminsterⅡ-6837_01 EdwardGreen-WestminsterⅡ-6837_02

要はドレスアップ用で使っていましたから、ご祝儀不祝儀関係ですね。タキシード用のドレスシューズまで揃える必要はないなら、この上品なダブルモンクストラップの黒はとてもフィットします。

エドワード・グリーンの靴はチャーチほど華奢ではありませんが、ジョン・ロブほどガッチリではありません。デザインも含めて、そこがお気に入りです。とはいえエドワードグリーンは二足しか持っていませんがw
靴は大切に履くと長持ちしますし、持ち主とのフィット感は履き心地だけでなく見た目にも馴染むと思いますね。
先日「エドグリを買おうかと思って…」などと短縮名で呼んでいる30代のお子様がいました。靴に履かれるのはどうかなぁ、と思われる風情……まぁ時代はどんどん変わる訳ですから それで"correct! "なのでしょう。^^ゞ


テーマ :
ジャンル : ファッション・ブランド

ジョン・ロブ John Lobb の修理、トゥ・スチールとヒール

靴の話を久しぶりに。
靴は愛着がわきます、特に革靴は長く履くと自分の一部になって行きますね。その場合、もちろんフィットした修理が必須です。
リペアはなるべくオリジナルが残る様にするのが好きです。特にソールはできるだけオールソールではなく傷んだ箇所をこまめに修理ですね。

今回は三足あるジョン・ロブの内の二足、トゥとヒールのリペアの話です。もう25年くらいは履いているでしょう。(もちろんローテーションで履く内の一足です)

ダービー (JohnLobb-DARBY 8695)
 JohnLobb-DARBY 8695
エルメス・ブラウンのダービー、ウィングチップですね。
レザー&スチール処理のトゥに、レザーのヒール補修です。トゥ・スチールは "ヴィンテージ" で、ヒールは飾り釘(化粧釘)は無しですね。
この手のビジネスシューズには ヴィンテージ が好きですね。

ジョッパー (JohnLobb-JODHPUR 8695)
 JohnLobb-JODHPUR 8695
ジョッパー・ブーツなら、個人的にはやっぱり黒。
トゥはスチール、ヒールはラバーの補修です。少々遊び心があるジョッパーなので、トゥ・スチールは "トライアンフ" です。

ちなみにハーフ・ラバーはジョン・ロブではやりませんね。本当は都会の道ではハーフ・ラバーの方が滑らなくて安全なのですが、John Lobb では好めません。^^ゞ

30・40代の若気のお年頃時代はトゥ・スチールのイヤラシイ感じで好きではなかったのですが、年を重ねると こういった風合いも悪くないと思えるようになるものですね。現実、つま先割れには効果が大きいのは事実ですから。
"靴は"綺麗にしておくと、いつまでも渋く長持ちするので嬉しいですよね。ヾ^^;


テーマ :
ジャンル : ファッション・ブランド

サントーニ Santoni の黄色いローファー:Yamane Deluxeとのコラボ

久しぶりの靴紹介、SANTONIです。イタリアの靴はお洒落ですよね。山根靴店(Yamane Deluxe)とのコラボの靴ですね。
santoni5210-YamaneDeluxe_YellowLoafer.jpg

型番号5210、素材は VITELLO ANTICO 510 と呼ばれるヴィンテージ風カーフです。これを気に入ったのは色、黄色に黒の色混じり具合でした。
カジュアルに使える革靴として、購入したのは20年前くらいでしょうか。グリーン系の靴を買いに行ったのに、これを気に入って即買いでした。
あまり出番が多い靴ではありませんが、ちょっと迷った時に便利に使うって言う感じですね。

ローファーは若い頃に買ったAldenの1979年製を二足(カーフの黒・茶)持っているだけで、後はこれだけ。イギリス系の靴でローファーは所有がありません。

長く使っている物と言うのは素晴らしいですね。愛着だけでなく、これを磨いたり履いたりする度に思い出が甦ります。


テーマ :
ジャンル : ファッション・ブランド

この歳になったからこそパーマをかけるゾ!

「いい歳してまったく…」「何考えてんの?!」なんて声がチラホラ。
でも関係無し!
周囲は誰も否定しないんだよね。「やってみれば!!」「やっちゃぇ〜」的な。考えたら、"人生僅か五十年" の時代ならミイラにパーマかける様なものか。(笑)

年寄り パーマ面白いよねぇ、何でもやってみるのって。パーマ後の長さは耳下くらいなんだけど、けっこうお気に入り。

行きつけのヘアサロン、吉祥寺のTooMoo4さんでやったんだよね。TooMoo4さんはイケイケだから、パーマかけるっていったらもうスタイルは決められていて。

『これでいこうよ!』 的なノリ。マルコム・マクラーレンって誰?!
「林家三平になったらヤダなぁ…、すそはねぇクリクリってさ…」
『何言ったって、もう無駄だよ〜w 』
「又吉になったら変だよなぁ…」
『へへへ、もうまな板の鯉だからね ^^』

って感じでとっとと進んじゃいました。口とは裏腹に既にいろいろと考えていてくれて、場所によってロットを先に外したり、再度パーマ液を足したり赤外線でとか、やってくれました。その分時間もかかったりして。
「写真撮っとこう」って言ったら、椅子にのって上から撮ってくれました。回転椅子だからねぇ『お〜っとっと…』このノリ!!??

出来映え?! そりゃ最高! 楽しい! 帰り道はルンルンw
どんなになったかって?  そりゃぁ、会った時のお楽しみ。ヾ^^
何でも考えているだけじゃダメじゃない。そうか、歳は関係ないな。性格か。毎日が楽しいヨねッ ^^v

テーマ : 髪型
ジャンル : ファッション・ブランド

1992年 バルセロナオリンピック バスケット・ドリームチーム用シューズ NIKE AIR BALISTIC FORCE HIGH

もう23年も前なんですねぇ、バルセロナ オリンピックにNBLのオールスターが出場して大活躍の金メダルをとったのは。対戦国の選手も憧れが先に立って試合にならないと言う冗談の様な時代でした。試合終了後に相手国の選手が握手を求めに行ったりね。ソ連とは競った試合だった様な…
オリンピック用にスペシャルモデルが出ていて、これはバリスティックフォースですね。
ナイキ バリスティックフォース ハイ バルセロナ ナイキ バリスティックフォース ハイ 箱

デビット・ロビンソン モデルとして市販になりましたが、ジョン・ストッックトンも着用していたかも。プレイヤーとしてはストックトンの方が好きでしたが。

この時代のナイキのウレタンは加水分解が酷く、崩れちゃいます。まぁこの手のスポーツシューズが技術革新中だったので仕方ないでしょうが。ジョーダンも確かJordan7だったと思いますが、1 や 2 は頑丈ですが 7 はダメですね。ちなみに韓国製です。

赤・青・白のアメリカン・トリコロールに金の文字が当時は憧れでした。^^ゞ

テーマ : スニーカー
ジャンル : ファッション・ブランド

2014-15年冬:SHIPSのハーフ・コートを購入

何か着るものが一つ足りないよなぁ...
そうだッ! 短めのウールのコートじゃん ^^
ロングのウールは黒のテーラードと黄色のダッフルがあるから、今年流行のショートにする!?
グレーか柄物にしようかなぁ。って思ったけど、街に出ればショート・コートばっかり!! やっぱり今流行(はやり)は…
結局チャコールのハーフ・コートをSHIPSで買いました。
2014-15_HalfCoat-SHIPS.jpg

まぁSHIPSですから、今や(この歳では)ちょっと恥ずかしいですが その分コストもリーズナブルでガシガシ着てももったいなくないよね。残念なのはカシミヤじゃないので手触りがねぇ…
でも、これで今年の冬物のお買い物は終わりだねw


テーマ : メンズファッション
ジャンル : ファッション・ブランド

genten のショルダー

「ショルダーバッグが欲しいゾ〜!」

気が付いたら皮のバッグは、トートが二つになっていた。やっぱり皮のショルダーが欲しいよね。今更 porter もないしねぇ。小さな皮のショルダーが壊れたんで、探していたんだけど考えたら色々入る方が便利だしかっこいい。で、買ったのがこれ。
genten-kuipo-bag101688.jpg

KUIPOさんのブランド「genten」のNo./101688です。色は他に茶系2色もあったんだけど、ブルー(col.84)にしました。コンサートでパンフレットの束をもらっても、これで大丈夫だね。made in japan という幸せ感のオマケ付き。(笑)
形も一癖あるのが好き。これって四角っぽくて座布団みたい? 使い込んで身体にフィットするようになると良い感じなんだよね、きっと。他人(ひと)とは違うのが大切さ。

買ったのは市ヶ谷本店。銀座店や吉祥寺店は少しカジュアルだけど、ここはシック。とっても広く ゆったりとした中で品物が展示してある。 品揃えも当然いいわけね。なんでも15周年記念とかでした。それで、こんなペンケースもいただいちゃいました。
genten-kuipo-pencase.jpg

これも3色から選べたんだけど、使うほどに飴色になるこの色を当然選択! だよね。^^v

実はこれを買うには、この前日の伏線がありました。遊びに来てくれたヨッシーが良い皮のバッグを持ってた。彼女は持ち物のセンスがとてもイイ。聞いたらgenten。あれっ、吉祥寺で何回か入った事がある革製品のお店もそうだったんだ。なんて言いながら、一緒に出かけた先にある銀座店でチェック。悪くないキャメルがあったんで、思わず即決するところをグッと我慢の子。結局、それの色違いになりました。

テーマ : バッグ
ジャンル : ファッション・ブランド

ハリスツイードの昨今 (BeamsF と セミオーダー のジャケット)

スコットランドのハリス地方で生まれるハリスツイード(Harris Tweed)。今やそのタグを貼ってあるバッグなんかも出ていて、人気なのでしょうか。
ジャケットは昔から変わらない冬の大定番ですね。kokotonPAPA所有は例によって古いですが。(笑)

HarrisTweed-jacket01.jpg HarrisTweed-jacket04.jpg
茶系ヘリンボーンが1980年前後にビームス(原宿BeamsF)で購入したもの。ブルー系千鳥格子が2000年くらいに当時馴染みにしていた三宿のお店でセミオーダーしたものですね。後者の方は厚着出来る様に大きめに作ってもらいました。
(上の2枚の写真のジャケット、左右が入れ違ってしまいました ヾ^^;)

HarrisTweed-jacket02.jpg
ハリスツイードのタグも少し違いますね。驚くのは古いビームスの方がLight Weightとなっているのに厚い事。これは時代の流れでしょうか。以前、プリングルのカシミアセーターでも(プライ数を考慮しても)生地が薄くなった事を思い出しました。

ボタンも違いますし、片やバックベンツに片やサイドベンツ、など違いはありますが今でもガンガン着られるのが素晴らしいでしょ。身体に馴染んだお気に入りのジャケットは最高ですね。^^v


テーマ : メンズファッション
ジャンル : ファッション・ブランド

靴磨きの日、Alden(MARCELLASSANCE)とRedWing(08165-1)

外は風も強くて寒いし、右胸部は具合悪いし、まったくねぇ。誘惑の買い物予定も考えたんですが、こんな日は靴磨きでもする事にしますか。^^

左からロイドフットウェアー(Lloyd Footwear)のSherwood、エドワードグリーン(EdwardGreen)のBerkeley、オールデン(Alden)のマルセルランス(MARCELLASSANCE)でスクエアトゥー、RedWingの08165-1プレーントゥーですね。
shoes-shine.jpg

実はこの中で右の二つ、オールデンとレッドウィングはお気に入りのブーツで、両社のブーツは数足もっているでしょう。

このオールデンは当時 銀座で店舗展開されていたマルセルラサンスのバージョンですね。今はSHIPS銀座店取り扱いになり、お店はありません。アメリカ製ブーツでフランスのブランド品と言うのも一興でした。もう一つ珍しいのは先が角張ったスクエアトゥーと言う事ですね。ラバーソールはオールデン得意技で、都会のコンクリートでは足にも優しいです。

もう一つはワークブーツの大定番、レッドウィングの08165-1。レッドウィングは品番を変更するので現在はどうなのかわかりません。これはソールの張り替えも2回ほどしていますね。オイルドレザーではありませんから、ジーンズにフライトジャケットとくれば これしかありません。^^v

いずれも20年以上、お気に入りの革靴は長く愛用出来るのが素晴らしいですね。

テーマ : メンズファッション
ジャンル : ファッション・ブランド

プロフィール

kokotonPAPA

Author:kokotonPAPA


ものずき、おっさん じいさん、わがままきまま、すきほうだい、しななきゃなおらない.

 kokotonPAPAのブログ  ホームページtop  メールtop



1.このblogで言う現代音楽

2.マーラー交響曲第5番 160CD
 (名盤・珍盤 聴き比べ)

カテゴリ
個人的お奨め度*
★   こんなもん?
★★  悪くないね
★★★ 最高です!
☆   +0.5
お友達ブログ
kokotonPAPAカウンター
unique-access