バイバイ😂メガーヌRS、ウェルカム😁ケイマン


goodbye-RenaultMegane3RS.jpgメガーヌRSとのお別れがやってきました。尖ったFFの楽しさを満喫できる走行性、ファットで特徴的なデザイン。
ホットハッチそのもの!! そしてやっぱりルノー。シビックRやゴルフGTIクラブスポーツSなんて興味ないよね、入手できないしw
 (ヴォクスホールAstraVXRはちょっと気になる、でもこれも簡単には買えないww)

最高の友達だったけど、変化の時がやってきました。
さよならRenaultSport、ありがと!
 *このブログのメガーヌ3RSの記事



次の車は年齢相応に(ジイさんだからね)落ち着いて○ャ○ーXFにしようかと思ってkokotonMAMAと試乗予約して行こうとしたら、とんでもない邪魔が入って…
けっきょくスポーツカーはやめれらな〜ィ。\(^o^)/



20170107_PorscheCayman.jpgホットハッチからの転換で後輪駆動のスポーツカー専用ボデーを選択、左ハンドルのローポジション / 2シーター / 縦置きミッドシップが新春の今日納車されました。
ポルシェ・ケイマンです ^^;
(ロータス・エリーゼ系はライトウェイトで良いんだけど、横置きのTOYOTA…だし…)

第一印象はメガーヌRSよりしなやかかな。
ミッションは7速PDK。6速マニュアルはスポーツ・プラスのモードだと、シフトダウンでコンピューターが勝手にブリッピングしちゃいます。ヒール&トウの必要がありません。
自己満足が楽しめないんだったらツーペダル・マニュアルの方が、って事になっちゃいます。^^;
そのうちにインプレしましょうね。

このK-manくんが kokoton1号の14th(世)になります。
ちなみにFiatパンダちゃんは kokoton2号(3世)、別名kokotonMAMA号。ボロボくんは kokoton3号(2世)ですw
で、一番乗らないのがkokoton1号(爆)


テーマ : 車関係なんでも
ジャンル : 車・バイク

ルノー・メガーヌRS (Renault Megane RS Ⅲ, Phase.2) の楽しさはこれだね


ルノー・メガーヌRS (Renault Megane RS Ⅲ, Phase.2)

Renault Megane RS (Ⅲ, Phase.2)、マイナーチェンジ前なので265hpです、ずいぶんインプレしていませんでした。でも、慣らしを終えてからは楽しさいっぱいの状況ですね。1回目の車検から帰って、久々ちょっとだけインプレです。



とにかくmodeはExtremeで !!
RenaultMegane3RSextrememode.jpgこれしかありません。normalモードではこの車の楽しさは半減以下ですね。

マッピングを見るとアクセリング以上に回転が上がる様にセットされています。感覚的には軽量フライホイール化した感じに近いです。
軽く吹け上がり、ピックアップの良さが味わえて楽しさいっぱい!! 違いは回転制御されているのでオーバーレブしづらい事ですね。その分か頭打ちの感がありますが…
当初は慣らし中でしたから踏みませんでしたが、踏めるようになってからはextremeモードの方が運転しやすいです。

足回りとハンドリングを信頼できる嬉しいさ
 ゴツゴツですが、その分足回りの基本セッティングは煮詰まっている事を実感できます。
audiTT(2Lターボ)の時はス〜っとコーナリングする感じでしたが、これはしっかりグリップしているのが実感できますね。その差は大きく、アクセリングと合わせて、コーナリングの楽しさが違います。
まぁTTはゴツゴツ感はありませんでしたけどね。車の性格の違いです。

下坂の連続コーナーをヒール&トゥでシフトダウンの快感
 ペダルレイアウトも慣れてトゥ拇指球辺りでブレーキングしながら踵前辺りでのブリッピング。extremeモードの吹け上がりの良さはここでも効果的で、軽くキックすれば十分。とっても楽チン。
コーナー前でのブレーキング&シフトダウン、ブリッピングとクラッチミートの軽快な感覚がこの車の楽しさですね。
足にヒール&トゥの感覚が残っている内はマニュアル車がやめられないかも。(昔TS1300で草レースやっていたので、まだ体は覚えているようですw)

車の最大能力は引き出せなくとも
 ESCを切るかどうかは自分の能力を知っていれば楽しめます。挙動が変わり、ちょっとヤバい時に車は助けてくれませんから基本ONですね。アクセリングでのFF車挙動を垣間見て楽しみたい時に、OFFで "それなりのスリル" を楽しむってわけですw
RenaultMegane3RSescoff.jpg
いずれにしても265HPとはいえ、ESCオフ・フルブレーキ・フルアクセルで公道を振り回すなんて無理です。(サーキットに持ち込んで乗り込めば楽しめるでしょうねぇ)
事故を起こしたら話になりませんね。



やんちゃですが、パワーも含めてじゃじゃ馬ではありません。だからこの走りの嬉しさがあるんですね。^^v
私の腕ではこれ以上のハイパワー車は高速道路でしか楽しめないでしょうw


*このブログのメガーヌRS記事


テーマ : 愛車
ジャンル : 車・バイク

マルチツールならレザーマン Leatherman のスケルツール Skeletool と言う選択

マルチツールが一つあるととても便利ですよね。以前はスイス・アーミーナイフですが、一番の欠点はプライヤー機能が弱いことでしょう。

で、レザーマン(Leatherman)のマルチツールの登場ですね。なんといってもグリップの強さが違います。そこが一番の選択肢です。しっかり掴める事、ドライバーがある事、物が切れる事、アウトドア機械系のニーズですね。
レザーマン スケルツール マルチツール

使っているのは、7機能のシンプルなスケルツール(Skeletool)ですね。7機能といっても基本はプライヤー(ニードル&レギュラー)、ワイヤーカッター(標準&ハード)、ドライバー(+-)、ナイフ、栓抜き(カラビナ兼)、の5機能です。

だいたいはこれで行けるわけで、シンプルこそが使い易さです。細々とした生活用アイテムのニーズ、小さなハサミやヤスリ等々、は入れません。

収納時10cm・142gというサイズは、カラビナ部でジーンズのベルトループに掛けておいて全く問題ありません。

レザーマンも種類が多いですよねぇ。選択する時は自分のニーズを明確にする方がいいですよね。じゃないといっぱい付いているヤツが欲しくなっちゃいますw
http://www.leatherman-japan.com/

ちなみに、同じスケルツールでもCX, SX, RX は同機能で素材違いになります。そういう事にこだわる方向けですね。

Skeletool / Leatherman

機内持込は不可です。でも、海外でボトルの地ビールなんか買ちゃうと栓抜きは思いの他便利ですし、サラミを切るのにナイフもねw


テーマ : おすすめ商品
ジャンル : その他

ペリカン・スーベレーンM300が壊れた

悲しい事だけど、Pelikan Souveran M300 が4年で壊れました。後ろの40年以上の付き合いのペリカンとモンブラン達は現役健在のまま。
 pelikan_souveran_M300-broken.jpg
キャップから抜くために回したら、首から外れて(接合部剥離)います。

「古いものはイイ」などとは言いたくないのですが、たまたまにしろ現実です。直さずに綺麗に洗って保管しておきます。大切な万年筆ですから…



テーマ : 文具・事務用品・オフィス家具
ジャンル : ビジネス

ここが変だよ イタフラ車! ⇒ ルノー・メガーヌ RS、フィアット・パンダ 4×4

日本車に比べて というか一般的な現在の車と比べてやっぱりラテン系(フランス車やイタリア車)の大衆車は変ですよw
乗ってる人は知っている『やっぱ変でしょ、これって?! 』

◆Renault Megane3 R.S.

1) ドア下とボデー ドア開口下部になんでこんな物が必要なの
Renault-MeganeRS-DoorSensor.jpg ドアの開閉センサーでも仕込んでいるのでしょう、多分。でも普通はこんな面倒な事をして設置しないでしょ。
製造コストもかかるし、メンテ上だってやっかい。
何かあれば、当然ドアが閉まらなくなる可能性は高まります。開かない可能性だって同じでしょ。
(ポルシェのドアも同じだけど、ドア下凸は目立たず、受け側はスカッフプレートになってますよね)

2) エンジン切っても、暫くメータークラスターのライトが切れない
Renault-MeganeRS-EngOff.jpg エンジンOFFしても、5分しないとメータ周りの照明がoffになりません。駐車場で降りた車がメーター周りだけ生きてる。なんでしょうねぇ、この設定の理由は??!!
バッテリーが弱い時なんて、これで最後の一滴が終わったりして。
実はカードキーを本国仕様にして二重押しでロックするとシガーソケット電源以外はすぐに切れるんですよねぇ。

このBlogのメガーヌRS関連ネタ

◆Fiat Panda3 4x4

1) スモール・ランプだけ点灯しようとしても出来ない
fiat-panda_4by4-SmallLightLessSwitch.jpg スモールランプS/Wのポジションが無いのよねぇ。あるのはライトのon/offのみ。でもスモールランプはもちろん付いてますよ。なのに変でしょう、これって。
ちょっと暗くなったからスモールランプ点灯〜、って出来ないw
それだったらライトを点灯しろって言いたい訳?、要は。

番外) ディーラー設定の純正?ETCがダメすぎ (近所のディーラーですがw)
fiat-panda_4by4-ETC.jpg この時代に、これって何?
Frウィンドウ直付けで、おまけにこんなに小さいからカードは外から丸見え。コスト削減ですか?! だったら、このロゴを簡略化したらどう?
頼んだ時には教えてくれないから納車時には後の祭り。
まぁ車自体の事じゃないけど…

このBlogのパンダ4x4関連ネタ

これが可愛いって事もあるんでしょうねぇ、この手の車が好きだと。私の場合は あきらめですが…w
両方とも普通の人はあまり手を出さない車でしょうしね。^^;


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

ボルボの V90(965) ドライビング・インプレッション


ボルボ v90この前 乗替えた volvo V90,30E, 型式:E-9B6304W, 1998年式です。
先日 新蕎麦を楽しむ為に2日間で約750kmを走って来ました。940(945)からV90(965)に変更して初めてのロングドライブで走行性や居住性、燃費を確認 & インプレです。

volvo_V90_engine_ B6304両車ヨボヨボですが、V90のエンジン・フィーリングは滑らかで 走りは940よりもはるかに良かったですね。エンジンルームもきれい。
でも、アクセリングが重い・加速は延びない!

直6/DOHC/3000ccのポルシェ共同開発なんて実質上は戯言です。

同年代の直6 同系車 BMW525i(E34)ツーリングと比べても高速での走りは話になりません。
老体ボロボV90ですから空調系はいいかげん。ダッシュ回り電気系統は940もそうでしたが、本当に弱いですね。どこまで手がかけられるのでしょう?! それさえわかりません。使えないのか、はたまた金食い虫なのか、困りました。

volvo_V90_E-9B6304W_1998.jpgとは言え、足周りは年式相応でもロングホイールベースを生かした乗り心地の良さがありますし、ハンドリングももっさり系ながらFRらしい素直な切れを見せてくれます。

ミッションは化石の様な4速オートマなのですが、流石はアイシン。ZFのBMWを凌ぎ、繋ぎのショックは少なく気持ちよい走行フィーリングです。

そもそもシャキシャキ走る車ではありませんので、使い勝手からしてパワーも必要にして十分ですね。
心配された燃費も大人四人乗車で、山道もガンガン走った行き9.9km/L, 高速主体の帰り11.9km/Lですからまぁ予想通りでしょう。(E34より悪いです。街乗りは使っちゃ行けません。1.6tの重量級はストップ&ゴーが一番苦手、6km/Lくらしか走りませんよ)

好きなのは、このデザインと大きさ(長さ)です。ただの古臭いFRのボロボボルボに乗る楽しさ。室内も落着いたベージュの皮シートで、のんびり4人でドライブするにも良いですね。

kokoton_kakurega-Rikobo.jpgkokotonMAMAも運転が楽だったみたいだし、一緒に行ったお友達もゆったりで大満足の様でした。

この日は隠れ家へ一泊。とても良いドライブでしたね。

愛すべき旧車 kokoton III号なのであります。これ一台だけでと言う車でもありませんし、いつまで乗れるかもわかりませんが、大切に乗りましょう。

テーマ : 旧車
ジャンル : 車・バイク

ボルボを V90 (965) に変更


volvo-940_V90.jpg趣味趣向の旧車 kokoton III号こと シルバーのVolvo940(写真左)、二ヶ月半愛車だったのですが使用目的がちょっと変更になったので車種を V90-3.0E (型式E-9B6304W) 1998年式にしました(写真右)。940 もとても気に入っていたんだけど…

もちろんご近所のビープラスさんで代替えです。当然機能関係はお任せ、内外装だけお願いしています。

3.0Eはベージュの室内、皮シートにウッディな内装、ダークオリーブMeのボデーもきれいです。実用オンリーで購入した940TACKとのグレードの違いは明らかです。

この2台、ボデー*は似てますが違うのは機能面ですね。V90はボルボ最後のFRですが、850, V70 でFF化を図った時代の技術が採用されています。その分、940に比べたらパーツは高くなり金食い虫になる事は違いありませんが。(笑)
*ボデーに関してはプラットフォーム(アンダーボデーの方がシックリ来ますがw)は違うそうです

eng.廻りはイグニッションコイルとディストリビューターと言った古典的な電装品が消えています。ECUからの信号によるダイレクトイグニッションですね。センサーが増えてトラブルに繋がる機会は増えるでしょうねぇ。

タイヤサイズは205/55R16で940と同じですが、ホイールはFF化に合わせて今の時代と同じ様にオフセットが大きくなり合いません。(940は15インチなら195/65R)

特徴的なリヤサス、横置きCFRPリーフマルチリンクでオートレベライザーの採用ですね。この時代のステーションワゴン、ベンツ(W124)やBMW(E34)にもオートレベライザーが採用されていますが、みんな技術が違います。V90はニボマットNivomatというメカ方式を使っています。
E34はパワステオイルを使っていましたし、いずれも今となっては面倒な事は同じですw

Volvo-V90-1998y-manuals.jpgとは言え、整備はキッチリしていて3.0L-DOHC-24Vエンジン(型式B6304)は直6で過去のノスタルジーを感じますし、4気筒2.4Lの940より遥かにスムーズ&パワフルです。ステアリングの切れ味、足周りも含めた状態も格段の差があります。

内装もより豪華で使い勝手が向上していますが余計な装備がないのは好みです。ただ一部のウッドパーツ(シフト周り)、やAピラー・トリム(L/R共)、ステアリングに痛みが酷いのは残念ですが年式からいって仕方の無い事です。それがボロ車旧車と言うものですからw

他の二台(kokoton I・II号)と合わせてみんな性格の違う車なので楽しい。歳が行ったらオールドな車を一台、と思っていたので満足ですね。古い車を大事に乗る、運転席に座るとその楽しみを感じられます。
でもこれが一番維持費がかかる?! (笑)

納車したばかりで、チョイ乗りしかしていません。しばらく遠出運転の予定が無いのですが、乗ったらまたインプレしましょう。
これで雪道いくか〜!?

テーマ : 旧車
ジャンル : 車・バイク

万年筆のインクは ペリカンのブルーブラック4001 で


万年筆 インク ペリカン4001 旧ボトル常時使う筆記用具は万年筆ですね。もぅず〜っとです。
それも以前書いた通りで古いのばかり。
http:// kokotonPAPAの万年筆

で、問題になるのがインクです。使うのはPelikan 4001シリーズです。

古いボトル(右)と並べてあります。それは新しいインクが何か変わっているか確認する為ですね。変わっていれば化学反応で色が変化するので、念のため事前にチェックします。インクをダメにしたり、ペンを洗う事はしたくありません。
(使う万年筆はローテーションしているので、その際は洗ってストックします)
色は Blue-Black で、一本だけGreen を入れていますね。
なぜペリカン、それも4001? 単に昔から使っているからです。(笑)
それに 1K円以下ですからね。常時使うので特別な物は要りません。それに色も気に入っています。

万年筆マニア、私は違いますが、はWatermanのブルーブラックだとかセーラーの青墨だとか フロー性がどうのとかコダワリがおありだそうです。私なんかはそう言うレベルにありません。ヾ^^;
でも長年使って馴染んだ万年筆という筆記具はやっぱり素晴らしいです。

テーマ : 文具・事務用品・オフィス家具
ジャンル : ビジネス

ボルボ 940 エステート TACK(E-9B230W) 、kokoton3号の選択

以前から ちょっと乗ってみたかった旧ボルボ車。VOLVO 940 Estate TACK (E-9B230W) 何とkokoton3号です!

volvo940estate-bplus-kokoton.jpg近くにFRのボルボを専門とするお店ビープラスさんがあるので、意向を伝えて買っちゃいました。^^ゞ
初めは安いV70にしようかと思ったのですが、相談した結果FRの最終型 940 の 1997年式に。最終生産は1998年なのでOKでしょう。



volvo940estate-TACK-001.jpg volvo940estate-TACK-002.jpg


その理由は、
 1. 各部品が今の様なモジュール単位ではない
  (ちょっとした不具合でAss'y交換という心配が無い)
 2. 過剰な電子制御ではない
  (本質でないセンサー不具合によるリンプモード等の心配がない)
 3. 部品がサードパーティ製も含めて今でも安価でわりと手に入り易い
  (ちょこちょこ と修理可能)
要は、これからも乗るつもりなら手を掛けるのが楽だと言う事ですね。実際、E/Gルームを見ると今の車と違って構成がはっきりわかりますね。学生時代に手に入れた車は、E/Gオイル交換は当然、ポイントの調整とかキャブの交換&調整、冷却水(サーモスタット)交換、コイルスプリングのカット?!!、なんかは自分でやってた訳です。BOSCHのイグニッションコイルがかっこいいと思って変えたら抵抗の有無を間違ってパワーダウンなんて事もありましたw

しばらく走っていない車をチョイスしたので、まずは まともに走る様に、エンジン・スロットル・電気系統・冷却水廻り、を中心に手を入れてもらいました。内外装はあまり気にしません。
「この程度やっておけば、当面乗れますよ」とのアドバイスを快諾です。

【エンジン廻り】
 1. タイミング・ベルト、テンショナー交換調整
 2. シャフト関係シール交換(カム、クランク、インタミの各Fr側)
 3. タペットカバーのガスケット交換
 4. オルタネーター・ブッシュの交換
 5. オイル&エレメント交換、他(ファンベルト交換…等々)

【スロットル廻り】
 1. スロットル清掃調整(アイドル・エアC調整含む)
 2. スロットル&キックダウンケーブル調整
 3. フュエルポンプリレー・等修理
 4. 燃料フィルター、エアフィルター交換、等々

【電気系統】
 1. プラグ交換
 2. デスビ廻り(キャップ交換、ローター交換、等)
 3. プラグコード交換

【冷却水廻り】
 1. ラジエーター交換
 2. アッパー&ロアーホース交換
 3. サーモスタット、LLC交換

【その他】
 1. バッテリー交換 (量販店並みの価格です ! )
 2. パワステ・オイル、ATF充填
 3. BKF交換、エア抜き
 4. Frサスのコントロールアーム・ブッシュ交換
 5. シフトノブ交換 (実はこの車のシフトノブ交換は面倒です)
 6. ワイパーブレード類交換
 7. 他 (エアコンガス充填…等々)

とりあえず乗ってみて細かい不具合はまた別途相談と言う事になります。
それにしても車検整備に上記タイミングベルトやシャルト類シール、ラジエーターの交換と言った大物が入っているにも関わらず整備費用が260kと言うのは本当に良心価格です。(車両本体価格は、ただ同然w)
作業場には4基のリフターがあり、フル回転ですから整備の信頼性は実績から見ても最高ですしね。
ミシュランEnergy XM1付きのアルミホイール15'(中古です)は純正をサービスしてもらいました。16'じゃなくて、と言うのは意向通り ^^ゞ

volvo940estate-driving20150726.jpgさて本日走りに行ってきました。

遠くは行けないので、高速を使って この手の車の話の通じるお知合いの所まで。富士山が遠くに見えて気持ちよかったです。

ちなみに燃費12.1km/L ででした。ちょうど想定値で、規定の調子が出ていると言う事でしょう。課題も見つける事ができましたが、エンジン・ミッション・足廻りに不安はありませんね。これは嬉しい!
そして何より運転していて疲れな〜ぃ、これは素晴らしいです。^^v

いったいなんに使うの〜?、って知ってる人は知っているw
それにしても3台は多いから考えないと…どうする????
まっ、3台でも良っか ヾ^^;


テーマ : 旧車
ジャンル : 車・バイク

フィアット パンダ 4×4 の走行性と信州の風景

フィアット パンダ 4×4kokoton2号こと、三代目 Fiat Pandaの4by4 (ABA-13909)。限定と言いながら事実上は今や通常リストでの販売ですね。

この車、"走り"はあまり考えた事ありません、そういう走り方をしない想定ですよね。

でも今回、信州の標高の高い場所を走るチャンスがあったので、それなりに峠道を走らせました。もちろんMEGAME RSの様な走り方はしません。
フットレストもあり6速マニュアルですが、もちろんペダルはヒール&トウにはあまり向いていませんね。
Landscape-Shinshu2015.jpg

4×4とESCが生きているのでしょうね、タイトコーナーでのアクセルON, OFFでの挙動は大きく変わりません。この効果は大きく、タイヤが少々鳴くくらいのコーナリングでも安心してハンドリング出来ます。ロールも思ったほど大きくありません。コントロールされた車に走らせてもらっている感じ? でも楽しければOK!
旧のGH-16912Qのパンダ4×4クライミングでは、この道で恐ろしくアンダーが出た記憶があります。
スポーツ走行とは言いませんが、それなりにライン通りに走ってくれれるのは楽しいですね。
最近では燃費も当りが出て来て最高19.4km/L走った事があります。(都内でも平均で約14km/L)
パワー?、そんな事言っても始まりませんよ。(笑) これ以上やりたければ、やっぱりメガーヌRSの出番です。車幅1850、ESPオフで走らせれば、私の腕(足?)では楽しさよりも恐怖を味わえます。(爆)

もう一台買うつもりかって? ヘヘヘ ^^ゞ

[このBlog内のフィアット・パンダ情報]

テーマ : イタリア車
ジャンル : 車・バイク

プロフィール

kokotonPAPA

Author:kokotonPAPA


ものずき、おっさん じいさん、わがままきまま、すきほうだい、しななきゃなおらない.

 kokotonPAPAのブログ  ホームページtop  メールtop



1.このblogで言う現代音楽
2.マーラー交響曲第5番 150CD
 (名盤・珍盤 聴き比べ)

カテゴリ
個人的お奨め度*
★   こんなもん?
★★  悪くないね
★★★ 最高です!
☆   +0.5
お友達ブログ
kokotonPAPAカウンター
unique-access