FC2ブログ

アダム・フィッシャー/デュッセルドルフ交響楽団 の「マーラー 交響曲 第2番 "復活"」


アダム・フィッシャー Ádám Fischer
(Düsseldorf Symphony Orchestra, 2019/4/3-8 Live rec.)
兄フィッシャーが首席指揮者(2015-)を務めるデュッセルドルフ響とのマーラーチクルスの第2番"復活"ですね。第5番では素晴らしい演奏を披露してくれたので期待は高いです。

ソプラノはトゥンデ・サボーキ(Tünde Szabóki)、メゾソプラノはナディーネ・ヴァイスマン(Nadine Weissmann)、合唱はデュッセルドルフ市楽友協会合唱団です。

アダム・フィッシャーは2020年に二枚の "復活" をリリースしていますね。もう一枚はグスタフ・マーラー・フェスト・カッセル祝祭管弦楽団とのアルバムで、次回比較インプレ予定です。




マーラー 交響曲 第2番


(CDはこちら)


第一楽章
落ち着いた第一主題から抑えた葬送行進曲へ、優しさの第二主題、コデッタは興奮を避けています。
展開部は朝日が登る様な静けさ、第一主題回帰で一瞬力を込め、鎮めた行進曲風に。コラールの山場は抑え気味で、再現部は提示部より色合いが濃いですね。通して抑えて静の印象が強いです。

第二楽章
主要主題は優雅で静かなメヌエット風、トリオでも三連符の刻みは静的です。厚めになる回帰では約束通りにテンポとボリューム感を上げて、主部最後の回帰は静のピチカートです。

第三楽章
主部は抑えた揺らぎの様な『子供の不思議な角笛』で、中間部もその延長に管楽器が瞬間的に明るく乗って来る感じ。コーダもしっかり押さえ込んで炸裂させません。

第四楽章
主部アルト「原光」も鎮めて、中間部も変化を最低限にして静的流れの統一です。

第五楽章
提示部派手ですが落ち着いた第一主題、穏やかなhr動機、第二主題の木管はクールに音を並べます。最後の動機群でも華やかですが興奮は回避ですね。
展開部"死者の行進"は整列的な行進曲になって進み暗転。
再現部のhrが静空間に響き緊迫感が上がると、合唱の"復活"が遠いバンダの音色の中に現れます。hr・合唱・tpと神聖な流れを作り、アルトの "O glaube, Mein Herz" は厳か、男声合唱もsop/alto重唱も冷静と言う不思議さです。とにかくほぼ最後のここまで静に抑え込んでいます。残るはラストの合唱だけ…

ここにフォーカスされていましたね。盛大に"Sterben werd' ich, um zu leben! ..." のラスト山場を作り上げフィニッシュします。


ラスト集中型のマニアックなマーラー2ですね。心配になるくらい静かな流れに徹し、最終楽章再現部のラストのみ大きく鳴らします。ここまで極端に引っ張るなら、ラストはもっと+αの驚愕が欲しいかも。

この流れの代表は "鉄板マーラー2" バースタイン(DG盤)ですが、これはもの凄い緊張感の静とラスト炸裂になっています。




テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽





ヤクブ・フルシャ指揮 バンベルク交響楽団 の「マーラー 交響曲 第4番」クールな好演ですね



ヤクブ・フルシャ Jakub Hrůša, cond.
(Bamberger Symphoniker, 2020/7)
フルシャが2016年から主席指揮者を務めるバンベルク響とのマーラー4がリリースされましたね。メゾソプラノは若手のアンナ・ルチア・リヒター(Anna Lucia Richter)で、コロナ禍の昨年(2020)7月の録音です。

フルシャは都響の主席客演指揮者時代にフィット感が良かったので、次期あたり都響の主席指揮者でもいいのでは?!、などと考えてしまいます。

4番はマーラーの交響曲の中では一番聴く機会が少ない曲です。あまりに古典色が強く、後半楽章で天国を聴くのか、はたまたマーラーらしい悪魔のパロディなのか、掴み所の薄い印象ですね。アバドの様に穏やかに落ち着かせるのか、バーンスタインの様に上記のコントラストを強めるのか、いずれ振り幅も小さい曲だと思います。

なおインプレでは第一楽章は二つの主題(部)、第三楽章は変奏部を二つとして聴いています。




マーラー 交響曲 第4番



第一楽章
序奏のflと鈴はややスローに、第一主題は少しテンポを上げてアゴーギクで古典的メヌエットっぽさを演出します。第二主題のvcもその流れに乗って優美ですね。展開部はテンションを上げ、flの動機は澄んだ音色で、tpがファンファーレをだ出すと流れは切れ味で進みます。再現部第一主題は色合い濃く現れて、華やかな流れを作ります。優美な中にアゴーギクが見晴らしの良い流れを作る楽章です。

第二楽章
スケルツォ冒頭の死神vnソロwは揺さぶって神経質。主部は戯けた流れと陰影を交えてアゴーギクを効かせ、二回目のトリオは7番を思わせるスロー優美をclで奏でます。主部回帰では明るさを射し込ませて、クセのある楽章を上手くまとめています。

第三楽章
変奏楽章の第一主題は大きくスロー化して静美を強調、個性を放ちます。第二主題もその流れのスローから哀愁を奏でますね。第一変奏部はスローながらも陰影を濃く入って軽妙さへ、第二変奏部はアゴーギクで軽快さと色濃さの対比を作ります。コーダの山場は高らかで、ディミヌエンドで静美に鎮めます。

第四楽章
天国を歌うsopは伸びやかで表情が豊か、歌詞の区切れに挟まれるオケの動機は約束通りに速めでシャッキリ。アゴーギクを生かした流れは飽きさせませんね。流石にsopは若く艶やかさには欠けますが生き生きと感じました。


殊更の古典表現を回避して、アゴーギクを生かした見晴らしの良いマーラー4です。第三楽章の二つ主題では大きくスローと個性もしっかりと見せていますね。

フルシャの作る流れは表情を付けながらもクール、A.L.リヒターのsopも表情豊かにフィットしています。スッキリと聴けて好演の一枚ではないでしょうか👏




テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽





注目の若手指揮者 クラウス・マケラ の『マーラー 交響曲 第9番』 «ネット配信» パリ管弦楽団 2020年12月9日

24歳にしてパリ管の音楽監督に就任したマケラが振るマーラー9です。映像付きの配信で、これを見逃す手はありませんね。

パリ管のマーラーはコンサートでもCDでもwebLIVEでも相性が悪いのですが、さてどうでしょうか。


クラウス・マケラ | パリ管弦楽団
(Klaus Mäkelä, b. 1996 | Orchestre de Paris)
フィンランドの若手チェリスト/指揮者ですね。既にスウェーデン放送響の首席客演指揮者を務め、日本でも都響とシベリウスを披露してデビューを果たしています。今シーズンよりD.ハーディングの後を継いでパリ管の芸術監督に就任、つい先日の公演からの映像付きLIVEが仏ARTEのウェブサイトより配信されています。


▶️ ARTE (配信期間は1年!! 2021年12月8日まで)





«ネット配信»
マーラー 交響曲 第9番

9dec2020KlausMäkelä-Mahler9
[Live at Philharmonie de Paris, 9 Dec. 2020]


第一楽章
第一主題は少し揺さぶりで色濃く、第二主題は鬱に感情を込めています。反復からのピーク第三主題も抑えを効かせながらも締まりが良いですね。展開部前半は序奏・引用・第三主題のコントラストが見晴らし良く鳴らされて、中盤は静のパートを美しく、後半の葬送の経過部は珍しい少し速めで面白いです。鐘も変わっていますね。再現部は微妙に揺さぶりを入れて、コーダはスローに美しく。堂々と聴き応えある楽章になりました。

第二楽章
主要主題は軽妙からのリズム強調で見晴らし良く、第一トリオはテンポアップでシャキッと流れを変えて来ます。第二トリオは緩やかに落ち着かせて、主部回帰では激しさに緩いアゴーギクで光らせます。見事ですね。

第三楽章
主要主題は速めで締まり良く、副主題(第一トリオ)が軽妙に現れてコントラストが良いですね。引用を絡めて進んで流れが煮詰まると、中間部(第二トリオ)でスローにチェンジペース。出来ればもう少し優しさが欲しかったかも。でもターン音型は最終楽章後半の鎮まりをしっかり表現して感動的に盛り上げて、ラストは約束の"più stretto"です。

第四楽章
主部は穏やかさで緩いディナーミク、fg動機後も音厚を殊更に上げる事はしませんが、もう少し滑らかな静が個人的好みです。第一エピソードはスローで鎮めて入り緩やかに上げて行く王道ですがピークは抑え気味です。第二エピソードも入りは静の透明感から一回目の山場で感情を溢れさせて来ます。後半のターン音型からコーダは約束通りにスロー静に鎮めますが、この楽章の流れは個人的に今ひとつフィットしません。


王道に個性を鏤めたマーラー9です。基本を尊重しながら、細部にアゴーギクを当てはめて完成度を上げています。最終楽章が良かったら素晴らしかったでしょう。

パリ管の#1vnがマケラの左手タクトにディナーミクを協調させているのがわかりますね。なんだか良い感じじゃないでしょうか。



テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽





『マーラー 交響曲 第3番』 «web配信» ロレンツォ・ヴィオッティ指揮/ベルリンフィル 2020年2月29日


COVID-19パンデミック前夜のベルリンフィル「マーラー交響曲第3番」もちろん今回のポイントはガランチャですね。


ロレンツォ・ヴィオッティ指揮
ベルリンフィルハーモニー管弦楽団

(Lorenzo Viotti | Berliner Philharmoniker)
今注目度の高い日本でも活躍するスイス人若手指揮者ヴィオッティのBPOデビュー この時29歳、そしてマーラーです。実は予定されていたヤニック・ネゼ=セガンのキャンセルによる代行ではありますが。

アルトがエリーナ・ガランチャ(Elīna Garanča)と言うのが個人的ポイントです。切れ味鋭いmezが落ち着いた "O Mensch! Gib acht!" にどう入って行くか楽しみですね。ちなみに今回のBPOコンマスは樫本大進さん。
BPOのwebサイト、"デジタル・コンサートホール" からの配信です。


▶️ BPO Digital Concert Hall (会員サイト)





«web配信»
マーラー 交響曲 第3番

29feb2020BPO-Viotti-mahler3.jpg
[Live at Berliner Philharmonie, 29 Feb. 2020]


第一楽章
序奏第一主題の8基のhrは落ち着いて入り直ぐに沈めます。行進曲は陰鬱に重心を下げて、第二主題のhrもその流れに乗ります。第三主題obの"目覚める牧神"は穏やかに。提示部の"暗→明→烈"は抑えたtbが印象的で第三主題で明るさを強調、行進曲は抑え気味から明確さに、ラスト山場は鳴らしますが興奮は避けていますね。
展開部の"鬱→明"のコントラストは落ち着いた流れが主体。tb-Ehrの流れも静が強く、vn独奏-木管と楽器と動機をタッチしながらも淡々と進んで、テンポアップでピークに力感を与えます。印象は地味ですが。
再現部はまさに再現で落ち着いた流れに終始し、行進曲で少し色合いを付けながらピークへ、コーダは激しさ程々に仕上げます。暗く落ち着いた印象が強い第一楽章になっています。この楽章が終わるとガランチャと合唱団が入場しますね。

第二楽章
主要主題は穏やかさと哀愁のバランス良く、トリオは変則変奏的ですが抑えた印象です。主部・トリオ回帰でもテンポアップするくらいで、あまり強めたり変拍子強調をしたりはしませんね。平和なメヌエット強調です。

第三楽章
主部の木管群動機は洒脱、vn動機で華々しく奏でますがやっぱり落ち着き主体ですね。トリオはバンダ(ポストホルンではなくフリューゲルホルンの様でした)が平和を伝え、山場は一気に雰囲気を変えて激しさを見せます。もちろんコントロールされていますが。

第四楽章
弦の静スローの流れからアルト独唱はシャープに入ります。色濃く歌うと言うよりも淡々とした落ち着きでしょうか。

第五楽章
子供達の"ビム・バム"は少し元気が無いかも。でも女声合唱団が鋭く、アルトが伸びの良い繊細なmezを聴かせてくれました。心地良い楽章になりましたね。

第六楽章
弦楽の主要主題は暗い中にスローの美しさを見せ、第一トリオが木管とhrで寄り添う様に協調すると、一瞬激しい第二トリオを見せます。各動機の回帰ではこの楽章らしい美しい流れを強調して進み、スロー静パートは少し間延び感がありましたが、山場からコーダは感激的な広がりで終結します。それでも少し抑え気味でしょう。


マイルドで穏やかなマーラー3でした。何となくほどほど感の強い印象ではありますが、第五・六楽章は心地よさから美しさを味わう事が出来ました。

力感や高揚を避けている様にも感じましたね。BPOの初ヴィオッティに対する様子見もあったのでしょうか。心なしか樫本さんのvnの鳴りもいつもよりも細い印象でした。スタンディグオベーションでしたが、そこまでとは…



テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽





『マーラー 交響曲 第6番 "悲劇的"』 «ネット配信» キリル・ペトレンコ指揮/ベルリンフィル 2020年1月25日

COVID-19が猛威をみせ始めた本年(2020)1月、ベルリンフィル(BPO)/首席指揮者のマーラー6です。


キリル・ペトレンコ指揮
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

(Kirill Petrenko | Berliner Philharmoniker)
2019年に首席指揮者・芸術監督 就任後ペトレンコ/BPO 初のマーラーがこの第6番でした。ちなみに前任者のサイモン・ラトルはBPO初タクト(就任前)と退任時ラストがマーラー6でしたね。(次のペトレンコ/BPOのマーラーは、2021-5/15の第9番です)
BPOのwebサイト、"デジタル・コンサートホール"からの配信です。


▶️ BPO Digital Concert Hall (会員サイト)





«ネット配信»
マーラー 交響曲 第6番 "悲劇的"

Mahler6-PetrenkoBPO-25Jan2020.jpg

[Live at Berliner Philharmonie, 25 Jan. 2020]


第一楽章
第一主題は落ち着いて低重心、木管コラールを静に アルマの主題は華やかですが加飾を避けた流れです。展開部第一主題は切れ味を増して、第二主題からの変奏スローは牧歌的で神秘的ですが流れは標準仕様。再現部もまさに一楽章再現、コーダも葬送は程々に鎮めて第二主題変奏とのコントラストを明確にしています。

第二楽章
アンダンテでした。#1vnの構えでタクト前からわかりましたね。主要主題はスローで柔らかく優美、第一トリオのコーラングレの哀愁も程よく、中間部(第二トリオ)も緩やかに明るさを奏でます。ラストの第一トリオからの山場は哀しみを大きく鳴らしましたが、全体は抑えたスロー静美のアンダンテでしたね。

第三楽章
スケルツォ主題は揃いの良い音でやや速め歯切れ良く、トリオのobは優美にメヌエットします。教科書的流れから、木管動機もややスロー気味ですが自然に入って違和感はありません。最後の主部回帰は力を込めますが標準的です。

第四楽章
個性の強い序奏は鐘の音が不自然で変ですが、アレグロ・エネルジコからはキッチリと締まりある行進です。パッセージも落ち着いて主題と絡むと、第二主題は約束通りの軽妙さ。展開部第二主題後半を大きく奏でて、通常より大きいハンマーからの行進曲は切れ味です。見せ場は再現部に訪れましたね。第一主題が出ると気持ち良く鳴らして、騎行は速め力感の素晴らしさ!! "初めからこれなら良かったのにねェ" と言った感じです。


完成度がハイレベルな標準仕様のマーラー6です。流石は一体感あるBPO、大ブラボーにスタンディングオベーションでした。

個人的には 光る個性とか、LIVEならではの怒涛の6番が聴きたかったですね。それを感じた最終楽章以外はセッションの様でした。



テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽





『マーラー 交響曲 第5番』 «ネット配信» エド・デ・ワールト指揮/ニュージーランド交響楽団 2018年4月6日

好きなマーラー振りの一人、ワールトのマーラー5が配信されました。これは聴くしかありませんね。COVID-19前の録音です。


エド・デ・ワールト | ニュージーランド響(NZSO)
(Edo de Waart | New Zealand Symphony Orchestra)
ワールトはバーンスタインとハイティンクの助手を務めていたのでマーラーを得意とするのはわかる気がしますね。今回はNZSO音楽監督(2016-2019)時代のマーラー5で、ニュージーランド公共放送RNZのwebサイトからの配信です。


▶️ RNZ (公開期間が不明ですが、お早めに)





«ネット配信»
マーラー 交響曲 第5番

Mahler5-EdoDeWaart-NZSO2018.jpg

[Live at Michael Fowler Centre, 6 April 2018]


第一部
スローのファンファーレから葬送行進曲は微妙なアゴーギクに憂いを込めて、第一トリオも興奮を避けてクールに激しさをコントロールしています。第二トリオも哀愁を強めに、流れを太くしてコーダに向かいます。第二楽章第一主題も激しさは抑え目、第二主題は哀愁感を漂わせ、一楽章二つのトリオ回帰的ですね。展開部の序奏の激しさは抑えてvc動機に繋げています。再現部第一主題もコントロールして、興奮を避けつつ哀愁側の感情表現の第一部です。

第二部
スケルツォ主題は緩やか優美、レントラー主題も流れに乗ってスロー優雅です。第三主題はクセの無い主題の楽器間のやりとりで少し間延び感があるかもしれません。短い展開部もコントロールが効いていて、気になる再現部第三主題もコーダも興奮は抑えてキッチリですね。

第三部
第四楽章主部はそっけなく速く入って感情を移入します。中間部も気持ちが入っていて、甘美よりも情感のアダージェットです。第五楽章二つの主題も落ち着いて、コデッタ主題は優美。展開部も真面目に登って行く感じです。再現部ラストからコーダも鳴らしますが漲る力感はなく、アッチェレランドも教科書的です。


激しさや興奮は避けてコントロールを効かせたマーラー5です。アゴーギク/ディナーミクを押さえ込んだ"落ち着き"に軸足がありますね。

決して走らないスタンスの徹底も良いのですが、やっぱりマーラー5らしい迸る情熱を聴きたいですね。



テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽





フレンチのマーラー:アレクサンドル・ブロック/リール国立管弦楽団 の「マーラー 交響曲 第7番 "夜の歌”」


アレクサンドル・ブロック, Alexandre Bloch
(Orchestre National de Lille, 2019 rec.)
フランス人指揮者A.ブロックが2016年から音楽監督を務めるリール国立管を振ったマーラー7ですね。フレンチのマーラーはどうでしょうか。




マーラー 交響曲 第7番



第一楽章
序奏のテノールホルン主題はかなり強い揺さぶりを感じますね。木管の行進曲動機も緩やかですが揺さぶりが強いです。提示部hrとvcの第一主題は雄々しく、第二主題は一転緩やかに感情を表現、コデッタの行進曲は切れ味鋭く とメリハリが強い流れです。展開部は動機や主題を刺激を与えて変奏、tpからの第二主題が光の中に出現、山場からは管楽器を太く鳴らします。再現部は第一主題を派手に鳴らして、コーダはうるさい位の下降音階動機の反復です。アゴーギク&ディナーミクの出し入れの強い第一楽章になっています。

第二楽章
序奏のhrも力感を感じますね。主要主題は行進曲らしくhrとvcの掛け合いも何処か緊張感があり、チェロの第一トリオも濃い色合いで、中間部(第二トリオ)はobの哀愁ですがもう少し細くてもいい様な。揺さぶりで"夜の歌"らしい穏やかさより緊張感の楽章になっています。

第三楽章
主部の動機群は各楽器が陰影強く絡みカオス風です。obの中間部ではvn動機とのコントラスト付けが良いですね。この楽章は陰影の強さが混沌さを上手く表現しました。少々うるさいですがw

第四楽章
主要主題はvnと管楽器が緩やかで穏やかなアゴーギクですが少し音厚が高く、この曲のキーであるギターとマンドリンが少し弱いのが残念です。中間部では穏やかな入りから強い揺さぶりを掛けて来ます。これはいけませんね。

第五楽章
主要主題の金管の派手さはピッタリ、パッセージはキレキレです。パウゼ後の第一エピソード(メリーウィドー)は速めでリズミカルです。第二エピソード(メヌエット)は軽妙から太く、その後は二つのエピソードをディナーミクを効かせて派手に変奏します。コーダは祝祭曲の様な派手さです。



太い鳴りと流れのマーラー7です。アゴーギクと強音側ディナーミクで濃厚でくどさを感じる流れは、個人的なこの曲のイメージとは異なります

フレンチ・セットなのでもっと洒脱な"夜の歌"を期待したのですが、期待は外れましたね。これだと第6番あたりをやったらピッタリかと、そんな感じです。




テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽





プロフィール

kokoton

by kokoton
.


    


カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ようこそ
カテゴリ
ありがとうございます