FC2ブログ

アンナ・プロハスカ(Anna Prohaska) がソプラノで描く ミルトンの"失楽園"『Paradise Lost』

ジャケットに負けない素晴らしいコンセプトと表現力のアルバムですね。


Player
アンナ・プロハスカ
(Anna Prohaska, b.1983)
ドイツのソプラノ歌手ですね。現代音楽の賞であるハンス・アイスラー賞を受賞したり、オペラや古典だけでなく現代音楽も得意としている様です。そうなるとこのアルバムの構成も納得かもしれません。

プロハスカの個人的印象は殆ど無く、2012年ルツェルン音楽祭のアバドが振ったレクイエム(Mozart)が良かったくらいしか残っていません。古くて恐縮です。


Album Title
Paradise Lost
まずタイトルから惹かれますね。旧約聖書『創世記』第3章を元にしたジョン・ミルトンの同名作品をベースにした、良く知られるアダムとイヴのリンゴの話ですね。ジャケット写真もまさにそれに倣っています。

楽曲の構成が凝っています。全体を6つのパートに区切り、エデンの園から 追放されて地上での暮らしまでになっていますね。各パートに以下のバロックから近現代の音楽家20人の25作品を詰め込んでいます。それぞれ、失楽園に纏わるもしくは関連性のある小楽曲ですね。(例えばフォーレ"イヴの歌, Op.95")
ラヴェル, バーンスタイン, メシアン, フォーレ, ドビュッシー, ダニエル=ルシェール, ストラヴィンスキー,ヴォルフ, ブラームス, ライマン, ブリテン, プフィッツナー, ラフマニノフ, アイヴズ, パーセル, シューベルト, シューマン, アイスラー, マーラー, クラム


そしてピアノ伴奏のみのソプラノ・ソロと言う先鋭な設定です。(ピアノはジュリアス・ドレイク, Julius Drake)






I. 楽園の朝
ラヴェルは澄んだsopでパラダイスの三羽の小鳥を歌います。続くバーンスタインは弾む様な変化でとても生き生きしていますね。そしてメシアンの無調pfの音色とsopへと流れて、楽園がとても上手く構成されています。
楽風変化で作るI.ですね。


II. イヴの目覚め
フォーレの"楽園"はこのアルバム前半のメインでしょう。世界の夜明けを音数の少ないpfの上に透明なsopで、フォーレらしい美しさがピッタリですね。ドビュッシーからダニエル=ルシェールに繋がるフランス連携、美しさが輝きますね。
仏印象派の流れのII.です。


III. 理想郷/田園の牧歌
ストラヴィンスキーの知られた旋律にヴォーカリーズで弾むリズムで入ります。ヴォルフの二曲が色濃く、明瞭に、平和と喜びを歌い上げます。
心情を吐露するパートIII.ですね。


IV. 火遊び/イヴと悪/人間の堕落
古典(ブラームス)から、現代音楽(ライマン)、英音楽(ブリテン)、とリンゴへの欲望の世界を陰影強く歌います。プフィッツナーで遂にリンゴを食べてしまいます。
濃厚にリンゴの欲望を歌うIV.です。


V. 追放/出立/思い出
ラヴェルを思わせる様なpfのラフマニノフで混乱を見せて、アイヴズで夕暮れを陰鬱に、パーセルは古典英語の文でアダムに声をかけます。その後はシューベルトとシューマンが二曲づつ続き、ロマン派リートとなりますね。
クラシカル歌曲らしいV.になっていて、一番平凡かもしれません。


VI. 地上の暮らし
アイスラーの短い二曲で、この世は天国であり地獄、楽園は地獄、と歌います。調性はかなり薄くぴったりです。この作品のキー曲ですね。
マーラー「子供の不思議な角笛」から "浮世の生活" が使われて、親子の厳しい話が神経質なpfと共に速めのテンポで歌われます。
人間の悲しみから 最後はクラムの "風のエレジー" で調性を感じさせながら自然を歌い静めます。しかし30"以上の無音の後、楽曲リストにない26曲目が現れます。
作者不明の "I will give my love and apple…" です。静かに諭すように、最後に希望の光を灯します。(ライナーノートには歌詞も載っていません。存在は無記述です)
この作品最大の聴き処のパートになっています。


 ★試しにYouTubeで観てみる?
  PVです。録音風景やプロハスカの思いが聞けます



各パートに個性が与えられ、ストーリー展開も見事に決まっています。特にパートIV. は構成と歌詞と曲の流れが合致して素晴らしいですね。強力オススメの一枚!です。

歌詞は、独語・英語・仏語になりますが、英訳付きなのでストーリーを追えるのは助かりますね。この曲に歌詞は必須です。

プロハスカの構成力が際立つ作品で、このコンサートがあったら是非行きたいですね。




テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽





2CELLOS の ルカ・スーリッチ(Luka Sulic) がチェロの室内楽に編曲した ヴィヴァルディ『四季』


ルカ・スーリッチ
(Luka Šulić, 1987/8/25 - )
人気チェロ・デュオの2CELLOSの一人、旧ユーゴ出身でYouTubeからビッグネームになった今の時代の音楽家ですね。チェリストの父親を持ち ザグレブ、ウィーンから英王立音楽アカデミーで学んでいます。

2CELLOSはポップなスタイルからヒットしたので、本来なら偏屈な視野の自分としては範疇外。でも一度聴いたらバックボーンにジョヴァンニ・ソッリマ*やマリオ・ブルネロを感じました。実は2012年のコンサートにも行っていますw
それ以来、気になってはいました。

*ソッリマの今夏の100チェロコンサートに行けなかったのは残念です


四季 (The four seasons)
アントニオ・ヴィヴァルディ (Antonio Vivaldi)
全12曲のOp.8ヴァイオリン協奏曲集の#1-#4、今更この曲の説明もないと思います。このブログ、と言うか個人的にも今は殆ど聴く事はなくなりましたが、いずれにしろイ・ムジチの印象でしょうか。

それをスーリッチがvnパートをvcに入れ替え、室内楽パートも自ら編曲しているとの事、そこがポイントで手にした訳ですね。現代のチェロ演奏を見せるスーリッチの古典音楽への方向性が楽しみです。
演奏は、ルイジ・ピオヴァーノ指揮、サンタ・チェチーリア・アカデミア弦楽合奏団です。






La Primavera
最も知られたアレグロではメリハリの強い派手な流れを作ります。チェロも技巧の見せつけパートになっていますね。少なくとも優美や優雅ではありません。ラルゴはチェロの音色を生かした落ち着き、アレグロは勿論回帰です。

 ★試しにYouTubeで観てみる?
  1stMov.アレグロのLiveですが、本CDに比べ平凡な演奏になっていて残念!!
  やはり聴衆に配慮しているのでしょうか…



L'Estate
揺さぶりによる表情付けが明確で、vcパートの激しさは技巧的に見せて2CELLOS風になっていますね。"夏"が一番その傾向が強いでしょう。


L'Autunno
有名なアレグロは速くて派手ですね。ここでも技巧的な振りが大きく、落ち着きがないと感じるかもしれません。でも全体としてそういう編曲だという事でしょう。アダージョではスローでのコントラストを大きくつけていますね。3rdMov.のアレグロはチェロを生かし豪華円舞曲風です。


L'Inverno
アレグロは不安定な音の配分から入ってくる現代風の面白さがありますね。それまでの3パートにはない展開です。ラルゴも色濃い流れです。



予想通り2CELLOSを思わせる出し入れの強い"四季"になっていますね。洒脱や優美とは異なる、彫りの深い濃厚激情な流れです。その中で四つのパートのキャラクターを見事に変えています。そこは予想を超えた楽しさでした。

来年3月にはこの"四季"でクラシカル・ミュージック オンリーの来日を果たす予定だそうですね。



テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽





イアン・ボストリッジ 二回目の録音 シューベルト「冬の旅」ピアノは現代音楽家の トーマス・アデス


イアン・ボストリッジ Ian Bostridge
"冬の旅"に関する書籍も出していたり、同曲ツアーをしたり、ハンス・ツェンダー編曲オケ版も演じたりと、現代の名リート歌い手でスペシャリストの一人でしょうか。2枚目のリリースですね。

来日コンサートは過去二回、ブリテンの「戦争レクイエム」と「イリュミナシオン」に行きましたが、後者は良かった記憶があります。本年の「冬の旅」来日には行っていませんw

ピアノのトーマス・アデスも現代音楽をメインとするこのブログでは注目です。イギリス人現代音楽家で、過去インプレもしてあります。楽風も前衛ではなくブリテンの再来と言われていて、ピアニストとしても活躍しているので今回の起用も自然なのかもしれません。



冬の旅 Winterreise, Op.89 D911
今更の今更ですが、ストーリーは以下ですねw
シューベルト『冬の旅』は、川が凍る冬の寒さの中、①裕福な女性に振られた男性が、失恋で惨めな旅に向かう ②前半は元の恋人への未練 ③後半は死への旅路 ④最後は唐突なライアー弾きとの出会い

もう何十年も聴いていないと思います。印象に残るのは、クールな表現と寄り添うpfの「ディスカウ/ムーア(1971:DG)盤」、表情のあるメゾソプラノに色付けpfの「ファスベンダー /ライマン(1988:EMI)盤」ですね。






序曲となる"1. おやすみ"での印象は、ボストリッジのテノールに艶と抑揚表現がある事でしょうか。アデスのpfも淡々とした繊細さの中に緩やかなアゴーギクを感じますね。"2. 風見の旗"ではpfが対位的な立場を奏でる感じになりますね。歌詞に合った流れを作っている感じです。

"4. 氷結"では速めの流れに乗ってpfと気持ちの高ぶりを込めていますね。そして"5. 菩提樹"ではまずpfに気持ちが入って出て来ます。そこに思い出を語る様にテノールが続きます。甘美な優しさではありません。続く"6. 溢れる涙"も同じ流れを引き継いでいます。ここで歌詞に同期した感情表現を明確にしている事がはっきりします。

"8. 回想"は揺さぶりがとても強いです。"11. 春の夢"では美しい夢をメヌエットの様に表現し、現実をpf共に強烈に演じ、アゴーギクを交えたコントラストを付けています。"13. 郵便馬車"は軽妙にテンポを上げ、"14. 霜おく頭"ではスローに落として死を望むコントラスト付けが明確ですね。

"21. 宿屋"の墓場のシーンはスローで静、抑揚を緩やかに付けて鎮む気持ちをはっきりとさせています。ラストのpfは一般とは逆のクレシェンドですね。"22. 空元気"は予想通り、明るく明瞭感強い流れを作っています。ここまでで唯一明るさが歌われますね。
ラストの"24. 辻音楽師"では老人の回すライアーの音色を細い音色をpfが象徴的に奏で、テノールは状況を語る様に歌います。



淡々とした流れに秘める気持ちではなく、歌詞の内容に沿って気持ちを込めて抑揚強く歌う方向ですね。pfも単に寄り添うだけではなく、主張がありますね。 情感濃い「冬の旅」です。

個人的には前者の表現の方が好みではありますが、シンプルな曲なのでボストリッジの様な色付けの差別化で楽しめますね。


テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽





カティア・ブニアティシヴィリ の『シューベルト:ピアノ作品集』を聴く | "ピアノ・ソナタ第21番 D.960" は, マリア・ジョアン・ピリス, 内田光子 と合わせて


Schubert
Khatia Buniatishvili
2月の来日公演が中止になった、丁寧な断り文がありました、ブニアティシヴィリの新譜で 演奏予定だったピアノ・ソナタ#21がメインですね。若手人気女性ピアニストとしては、アリス=紗良・オットと並び 気になるCDリリースです。とは言え二人共30歳を越えたんですねぇ。(オットはMS:多発性硬化症を発症しているで7月の来日予定も気になります)
今やシューベルトは守備範囲外ですが、ブニアティシヴィリのタッチが生きそうですよね。(個人的には彼女のハードタッチな楽曲は…ですw)






ピアノ・ソナタ 第21番 変ロ長調 D.960
第一楽章第一主題から第二主題、アゴーギクを使っていますがいずれも柔らかくエモーショナルな印象が強いですね。提示部後半から展開部での転調もpfタッチはソフトで、アゴーギクとディナーミクを振っていても優しさは崩れません。
第二楽章は超スローが特徴的です。包む様な優しさのタッチがいかにもブニアティシヴィリですね。
第三楽章は一気に快速テンポアップで内田さんに近い構成ですが、中間部も含めて軽快感を強く感じさせて前楽章とのコントラストを付けています。
第四楽章も処々でアゴーギクとディナーミクを強く振っていますが優しさを感じさせる流れですね。


マリア・ジョアン・ピリス (2011 rec.)
昨年引退を表明したピリスですが、全楽章を通して見晴らしの良い流れを作っています。特にスローな表現に傾倒する事もなくアゴーギクを控えてディナーミクの情感が強めですね。この3人の中では最も明瞭で古典的印象でしょう。

内田光子 (1997 rec.)
第一楽章第一主題から弱音で緩やかに、第二主題もその後の転調パートも抑えた音色で構成します。前半二楽章の静暗スローの流れを第三楽章スケルツォで一気に速い流れに切り替えて来ます。ただ表情的には薄めな印象をキープしていますね。アゴーギクを振っていますが静音重視でディナーミクでの感情は抑え気味、クールな演奏ですね。


4つの即興曲 Op.90 D.899
ディナーミクの振りが大きく感じますが 軸足は弱音のソフトタッチにあり、そこから聴こえるエモーショナルな流れは変わりません。即興曲でもD.899はD.935よりも各主題や動機の旋律が美しいので、特に第一・三曲はマッチしている感じですね。


セレナード S.560 リスト編
最もブニアティシヴィリらしさが光る緩徐曲です。これを最後に置いたのもこのアルバムの良さでしょうね。このタッチが好めなければブニアティシヴィリは合わないという事かもしれません。




ブニアティシヴィリのファンのためのシューベルトですね。良くも悪しくもピアノ・ソナタ第21番の第二楽章が極みでしょう。その優しさとエモーショナルさは際立ちます。この曲はピリスの明瞭さ、内田さんのクールさ、三者三様で楽しめます。

全体としては以前よりもディナーミクの振り幅が大きくなっている気がしますが、いかがでしょうか。

やっぱりブニアティシヴィリは「マザーランド」をベストとして優しさ・エモーショナルな響きが好きですね。その背景をNHK「マザーランド・ライブ / 森の中のピアノ・コンサート」で知ると更にその演奏の意図がわかる気がしましたね。





テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽





ブリン・ターフェル(Bryn Terfel) の『DREAMS AND SONGS』を聴く


ブリン・ターフェル
(Bryn Terfel, 1965/9/9 - )
イギリス人バス・バリトンの人気者サー・ブリン・ターフェルですね。もちろんオペラで活躍ですが、実はガラ・コンサートでの楽しさがターフェルらしさを感じます。オペラのアリア以外にも聴かせるステージは楽しさいっぱいですね。

今回の『DREAMS AND SONGS』は本人の好きな楽曲を揃えたそうですから楽しみですね。






1. Believe - 2. The Fields Of Athenry - 3. Perhaps Love - 4. If I Were A Rich Man - 5. Do You Love Me - 6. Amazing Grace - 7. Trees - 8. Tell My Father - 9. The Shepherd Poet Of Passchendaele - 10. The Golf Song (Golfer's Lament) - 11. Ar Lan Y Mor - 12. Granada - 13. Smile - 14. The Hippopotamus Song

エンターテイナー的な"1. Believe"、アルフィー・ボー(Alfie Boe)のテノールとのやりとりが楽しい"3. Perhaps Love"、ダニエル・ドゥ・ニース(Danielle de Niese)との熱唱"6. アメイジング・グレイス"、キャサリン・ジェンキンス(Katherine Jenkins)の美しいソプラノとのバラード"8. Tell My Father"、心にしみる"9. The Shepherd Poet Of Passchendaele"、とバリエーションとデュオ・パートナーも揃っていますね。"13. Smile"などは米エンターテイナーのロバート・グーレ(Robert Goulet)を思わせます。
全体的にはクールな歌いになっている気がしますが、熱唱系アリアを期待する人にはジョセフ・カレア(Joseph Calleja)のテノールとの派手な"12. Granada"も控えています。

好きなのはエマ・トンプソン(Emma Thompson)との洒落たラブソング"5. Do You Love Me"、そして何と言ってもミュージカル「屋根の上のヴァイオリン弾き」から「金持ちだったら」"4. If I Were A Rich Man"が最高ですね。ステージでもよく取り上げている得意曲で、セリフ付きですごく面白いのですが、絵がなくても素晴らしいですね。

 ★試しにYouTubeで観てみる? 是非!!
  2016年のBaden- Baden, Opera Galaから最高の舞台です




ポピュラーソングを並べ、米エンターテイナー的なソング・アルバムになっています。スマートな曲を中心にしながらも熱唱系も押さえてバリエーション豊かです。

クリスマスソング・アルバムも出していますが、このアルバムもそんな雰囲気で楽しめる一枚でしょう。静かな夜に二人でグラスを傾けるにはピッタリです。おすすめの一枚です





テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽





インバル/都響 第815回を前に、モーツァルトのヴァイオリン協奏曲第3番 を聴いておきましょう

コンサート当日のメインはショスタコーヴィチの交響曲第8番ですが、前半にこの楽曲(ヴァイオリン協奏曲第3番 ト長調 K.216)が入ります。普段だと、前半パスのパターンですがせっかくですから聴いてみようかと。

さて困りました、このブログの守備範囲は後期ロマン派、頑張ってロマン派からです。古典派も古典のモーツァルト(Wolfgang Amadeus Mozart, 1756/1/27 - 1791/12/5)となるとまず今はまず聴きません。(オペラは別ですがw)
大昔の記憶だけで 知っている事柄はほとんどなく、第5番(トルコ風)と並ぶヴァイオリン・コンチェルトでオケは小編成かな、くらいです。とりあえず2枚見つかりました。
カデンツァがどうの…等々、知見が無いのでわかりません。とにかくコンサートの前に一度聴いておこう、というだけですね。(汗)

Mozart The complete violin concertos / Gidon Kremer
クレーメルの新録音盤になります。
クレーメルらしい繊細な弦の音色とバランスの良いクレメラータ・バルティカ(Kremerata Baltica)の演奏ですね。古典派の曲としては、まろやかな感はなくてシャープな色合いに感じます。やっぱりクールです。
とは言え全パートが同じ様に聴こえてしまいますが。(汗)


Mozart Violin Concertos 3 & 5 / Anne-Sophie Mutter
弱冠15歳のムター, カラヤンBPOです。ムターの旧録音盤ですが、聴く前から想像できてしまうのが怖い組合せですねw
まず耳に入るのはBPOの豪華華麗なる演奏ですね。それに乗るムターの艶やかな音色は微妙なヴィブラートと合わせて伸び伸びとしています。クレーメルとは明確に異なる演奏です。スケールアップした宮廷音楽で大迫力ですね。第一楽章だけでお腹いっぱいになります。

・・・・・

繊細で室内楽的なクレーメルと、豪華宮廷音楽のムター・カラヤンBPO。個人的嗜好性はクレーメルですが、コンサートなら後者も楽しそうです。
インプレではなくて、とりあえず聴いてみた的にしか書けませんねぇ。範疇外とはいえ…
モーツァルトに詳しいお友達にアドバイスをもらっておけば良かったかもw

さて、コンサートではオーギュスタン・デュメイとインバル/都響はどうでしょうか。




テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽





クラウディオ・アバド/モーツァルト管弦楽団 の シューベルト:交響曲「ザ・グレイト」を聴く

現代音楽ではないCD紹介が珍しく並びますね。今日も一日ゆっくりと溜まったCDを聴きました。

以前は Claudio Abbado と言うと、隙もなく良いのだけど個性も無くと言った感じだったのですが昨年一月に亡くなってから印象が変わりました。その前年10月のブルックナーの第9番が来日中止になってから、どこかに思い入れが出来たのかもしれません。
今回も思わずポチッとしてしまいましたね。

現在の個人的嗜好から言うと年代的には19世紀生まれから以降の作曲家が対象です。もちろんメインは20世紀ですが。
従ってシューベルト辺りがそのボーダーラインのちょっと下側、これ以上古いのは今はまず聴きません。シューベルトも普段聴く事は無いのですが、この曲で頭の中にいるのはG.ヴァントでしょうか。

美しい the 'great' C Major 「大ハ長調」です。重厚さよりも清々しさです。執拗な反復はブルックナー (約40年後輩ですが) を思わせる訳ですが、そこを重々しさを避けながら鳴らすのは流石はアバドですね。
胃もたれしない"心地良いくどさ"の演奏です。

演奏は自らが組織したモーツァルト管弦楽団で、2011年録音になります。





テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽





ようこそ
カテゴリ
ありがとうございます