FC2ブログ

サン・ラックス(Son Lux) の「Bones」はLIVEが断然楽しいネ



サン・ラックス Son Lux
サン・ラックスは、以前 "eighth blackbird" のCDで楽曲をインプレした際はライアン・ロット(Ryan Lott)の別名義でしたが、本作では他二人のメンバーが加わったグループ名になっています。

具体的には2008年からR.ロット(keyboard, vocal)が使い、そこにツアーメンバーだったラフィーク・バーティア(Rafiq Bhatia, guitar)とイアン・チャン(Ian Chang, dms)が2015年に加入しています。

ポスト・ロックやエレクトロニカ方向は元々のR.ロットの方向性で、ジャズやヒップホップも包括してボーダーレス化。さて、どの様な方向性になったのでしょうか。



Bones (2015)
グループになっての初アルバムで、ジャンル的にはトップダンス/エレクトロニックのアルバムチャートで10位になっています。全曲がメンバーの作曲となっていて、制作とミキシングを含むレコーディングもこなしていますね。14人のvocalの他 演奏メンバーも追加しています。







1. Breathe In - 2. Change Is Everything - 3. Flight - 4. You Don't Know Me - 5. This Time - 6. I Am The Others - 7. Your Day Will Come - 8. Undone - 9. White Lies - 10. Now I Want - 11. Breathe Out

まずは低音ドローンにvocalの1'に満たないアンビエント "1. Breathe In" から入ります。"2. Change Is Everything" は電子音パルスの波の中、"4. You Don't Know Me" はヒーリング・ポップス、"5. This Time" のギターはディストーション、"8. Undone" では少しジャズ風ギターに、全曲歌入で簡単に括るとポップ・ミュージックです。

源流を手繰ればプリンスあたりが出て来そうな感じですね。



エレクトロニクス・ポップサウンドで、全曲歌入。もろにポップで このブログの守備範囲ではない様です。




実はLIVEがYouTubeにあって、こちらはvocalも含めて本人達トリオ演奏で全然面白いです。楽曲を「Bang On a Can」か「eighth blackbird」に提供して編成を見直せば、米エクスペリメンタリズムとしても生き生きとしそうですよね。えっ、ダメですか?!

 ★試しにYouTubeで観てみる?
  "Bones"のLIVEです。圧倒的に面白いです!!
  CDはセッションなので、このエレクトロニクス・ポスト・ロック感は弱いです


テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽





ジュリアン・ジュベール(Julien Joubert) の「Vous ne saurez jamais...」美しいフレンチ・ミュージック



ジュリアン・ジュベール (Julien Joubert, 1973/10/15 - )
仏音楽家のJ.ジュベールはチェロ・ピアノ・歌唱から作曲家に転向していて、一部作品を指揮者/オーケストレーションの兄との共同作業にしている様です。作曲のモチーフとして詩人・文学者のTEXTを元にしている事も多い様ですね。また少年少女たちとの合唱団活動にも力を入れているそうです。

聴く側にとって厄介?なのは楽風が多岐にわたっている事の様ですね。よくわからないのが魅力だと仏webにもありますw


Vous ne saurez jamais...
仏小説家マルグリット・ユルスナール(Marguerite Yourcenar)の作品を元にした楽曲ですね。死した女性の七つの詩で、苦悩に耐える為の源になるTEXTが盛り込まれているそうです。それなのにライナーノートにTEXTないという…w

楽曲タイトルが "Vous ne saurez jamais..., あなたは決して知る事はない…" なのか "Tombeau, 墓石" なのかもよくわかりません。前者はジャケット・タイトルですが、楽曲としては後者の第7パートです。

指揮・オケの他に、二人の歌い手に本人のピアノ、そして合唱団が入ります。







1. Tombeau (2019?)
2'〜3'の小曲7パートの楽曲です。美しい調性?の歌曲です。もちろん前衛でもなければクラシカルっぽくもありません。シャンソンを感じるパートはありますが、ポップス系でもなくムードミュージック系でしょうかね。
グルノーブル冬季オリンピックのフランシス・レイのサウンド・トラックを思い出しました



このブログのインプレ曲ではありませんでしたが、心が洗われる様な美しい楽曲には違いありません。

ちなみにフランシス・レイのサウンド・トラック盤は好きでCDになっても所有しています。




テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽





チャーリー・ヘイデン(Charlie Haden) の「Liberation Music Orchestra」今聴いても素晴らしいビッグバンド前衛!


今更古い前衛ジャズを持ち出してどうする?、と言う事もありますが前回インプレにカーラ・ブレイの名前が出ていたので主張のある前衛の "Liberation" (社会的 政治的解放)な音楽を久々に聴いてみようかと。


Liberation Music Orchestra
Charlie Haden (1937-2014)
ジャズを聴いていた学生時代にハマったアルバムで、ベーシストのC.ヘイデンが政治的バックグラウンドとフリージャズを基に組織・楽曲化した1970作品です。ヘイデンの他にカーラ・ブレイが編曲を含めて大きくフィーチャーされて、後の彼女のベースともなっているでしょうね。

楽曲は9パートで、現代音楽のハンス・アイスラーやフリージャズのオーネット・コールマンの作品も"引用"、現代音楽の技法で言えば、で盛り込まれています。引用としてはラストのピート・シーガー "We shall overcome" が印象的でしょう。

編成は13人で、ジャケット写真で右端がC.ヘイデン、左端がC.ブレイ、座っているのはドン・チェリーですね。他にもG.バルビエリやD.レッドマン、P.モチアンと言った錚々たるメンバーです。







リベレーション・ミュージック・オーケストラ (1970)
パート毎のインプレはしませんw
ジャジーなメロディラインに不協和音、ビッグバンドの響き、地域を超えた民族和声展開、主張ある楽曲引用、そして混沌フリーと言ったまさにダイバーシティーなサウンドです。

特にメインとなる"III.Medley"のポリリズム・ポリフォニーのフリー・インプロヴィゼーションは絶品です。C.ブレイによる編曲で、"El Quinto Regimiento", "Los Cuatro Generales", "Viva la Quince Brigada" と言うスペインの内乱の曲をベースにしています。混沌と明確なスパニッシュ旋律のコントラストが素晴らしいですね。この構成がその後のC.ブレイですね。技巧的にはテープも使われています。

その後も強烈なフリー混沌とメロディーラインの交錯と対比が素晴らしく、今聴いても十部に期待に応える作品です!! "VIII. Circus" には何とミュージック・コンクレートも使われていますね。


 ★試しにYouTubeで聴いてみる?
  全曲聴く事が出来る様です。是非!



ワクワク聴いた時代が思い浮かびます。今聴いてもこの時代の混沌のフリージャズの元気さを味わえますね。そして見事な多様性でもあり、ラスト "We shall overcome" は思わずグッと来てしまいます。

1970年と言えば欧エクスペリメンタリズム前衛の停滞期そのものの時代、この延長線上に今の自分の前衛現代音楽の嗜好性があるのは明白ですw

前回インプレの "Ante Lucem" に足らないものが全てここにあります。コレクションに加える事をオススメ出来る一枚です!!




テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽





カタリーナ&スヴァンテ・ヘンリソン の「High, Low or In-Between」チェロと歌

面白いのか、面白くないのか、聴く人次第のアルバムですねw


High, Low or In-Between
Katarina Henryson, Svante Henryson
スヴァンテは元オスロ・フィルハーモニックの首席コントラバス奏者で現代音楽家、チェロは独学だそうですね。カタリーナはスウェーデンのジャズ・アカペラ・アンサンブル「リアル・グループ, The Real Group」、多々来日しています、の元一員(リーダー)で楽曲提供もしているそうです。ヘンリソンご夫妻ですね。

Svanteのチェロで、奥様Ktarinaが歌います。曲はロック・ジャズ・ポップ・等のカバーで良く知られたナンバーも多々あります。ジョージ・ハリソンの "Here Comes the Sun" とか。
そして曲はお二人の記念になる日々に関係したものが選ばれているそうです。もちろんお二人の楽曲(スヴァンテ*, カタリーナ**)も入って、全17曲。個別インプレは不要でしょう。

使われているチェロも独特のものですね。興味ある方はググってくださいw







1. Come Down in Time - 2. We Walk in a Fog - 3. Here Comes the Sun - 4. *Green (Instrumental) - 5. **A Little Kindness - 6. Eyes of a Child - 7. The Dry Cleaner from Des Moines - 8. *High (cello improvisation) - 9. **I Found the Key - 10. So Long, Frank Lloyd Wright - 11. *In between (cello improvisation) - 12. Everybody's Got To Learn Sometime - 13. Kiss - 14. *Low (cello improvisation) - 15. Det Växer Från Edens Tider - 16. Siv Larssons dagbok (Chega de Saudade) - 17. Monicas Vals (Waltz for Debby)

全体はただのポップなチェロ伴奏ソングです。本当に特別な事は何もありません。ヴァリエーションも似たり寄ったりで、チェロの伴奏というのが珍しいだけ…
スヴァンテのチェロ・ソロ曲*、歌パートの主旋律がある"4.Green"以外、8, 11, 14, は即興で面白いです。ダブルストップなのかエレクトロニクスなのか、と言った面白さや伸びやかさがありますね。全く違う音です。このパターンに歌を載せてくれたら面白かったかもしれません。カタリーナの曲**は、少しジャズ風味かもしれませんが然程の面白さはありません。

カタリーナの声は、楽曲にもあるジョニ・ミッチェルを優しくした様な感じですね。特にシャウトしたりとかはせずに淡々と歌います。歌伴のチェロはピチカートとボウイングを混ぜていますが、特殊奏法的な物はありませんね。ピチカートが多いのが曲の変化を薄めている気もしました。

 ★試しにYouTubeで観てみる?
  3. Here Comes the Sun、二人のステージです




チェロを伴奏にしたポップ・ソングアルバム。それ以上でも以下でもない様です

現代音楽家のチェロ、ジャズ系ヴォーカリスト、二人が作る……その期待値を上げ過ぎたかもしれませんねw




テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽





山下洋輔「バンスリカーナ」再々発売と過去の音楽記憶

久しぶりのジャズ系インプレで、再発売されていたとは知らずの一枚です。思わずポチッと…

クラシック好きの父親がかけていたSP盤/蓄音機の時代から、中学生の時にはSP&LP/stereoに。ロック中心時代のその頃の情報源は"ミュージック・ライフ"、ジャズ中心の高校生時代は"スウィング・ジャーナル"、クラシック系はレコードのライナーノートにある評論家の先生のあまりの上から目線でうんざり腰が引けて雑誌は一切買わない事にw

もちろん当時はインターネットどころがPCさえありませんでしたから、ロックは深夜放送、ジャズは新宿や銀座のレコード屋さんも情報源でしたね。
ネット情報は、インターネット発展の前の電話回線の"パソコン通信" nifty-forumからですから1990年代中盤になってからです。PCネタがメインで、音楽系は薄かった様な…

このアルバムはフリージャズ好きの学生時代でした。前衛現代音楽にシフトするのはもっと後の事ですね。


Player
山下洋輔 (1942/2/26 - )
山下洋輔さんの紹介をするつもりは当然ありませんw トリオは坂田明(as), 森山威男(ds)が個人的な印象です。その後、ドラムスを小山彰太さんに入れ替えて、大きな編成等もやっていたのではないかと思います。違うかな?

1970-1980年代の活躍が印象に残っていますが、この後1980年代からは激しさは変わりませんがコード重視の音作りになって行った様に思います。


Album Title
Banslikana (1976年)
Piano Solo
ライヴで見せる姿とは一味も二味も違うスタンダード曲を中心としたアルバムでしたね。レコードで購入した時は、どんなスタンダードになっているのか興味津々だった記憶があります。

聴きやすさと刺激のバランスが良くてBGMの様にかけていたと思いますね。






1. チュニジアの夜 - 2. ステラ - 3. バンスリカーナ - 4. キアズマ - 5. 枯葉 - 6. コーズ・デイドリーム - 7. ララバイ - 8. バード

ハードボイルドな味付けのスタンダード&オリジナルジャズ曲になっていますね。"チュニジアの夜"などは縦横無尽の打鍵の疾駆がYAMASHITA的で、"ステラ"はかなりフリー・バラードな味付けになっています。

"バンスリカーナ"は名曲で、このフレーズが今でも時折頭に浮かびます。メインフレーズ(主題)を変奏しながら強鍵で進んで行くのは前衛的です。YAMASHITA節炸裂ですね。

"キアズマ"も得意曲ですが、こちらは即興的な楽曲で熱が入っています。"枯葉"はトランスクリプション的で、オリジナルの気配はありません。激しいフリーインプロビゼーションです。"コーズ・デイドリーム"は挟まれる美しいコードが特徴的です。"バード"はバップの香りがありますね。

昔のレコードの録音時間制約から、全8曲で長くても一曲あたり8'以下と言うのが残念です。



バンスリカーナという曲を聴くと主題の変奏と、打楽器の様にピアノを扱う奏法とで、この後自分の嗜好が前衛現代音楽に向かったのがわかります。まさに前衛ピアノ曲と演奏です。

フリーインプロビゼーションは類型化を感じますが、バンスリカーナ 一曲を聴くために買っても惜しくないレアな一枚です!



 ★YouTubeで山下洋輔トリオを聴いてみる?
  やっぱりバンスリカーナのトリオ爆演と言うならこれでしょう。
  本CDと同年モントルー1976ライヴ"Montreux Afterglow"からです。
  3.5'あたりの爆演や、5.5'あたりからの坂田さんのas大ブロウもあって、
  こちらの方が聴きやすいかも。今聴くと思わず笑みがこぼれてしまいます。



テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽





マイルス・デイヴィスの『ラバーバンド Rubberband』と そのオリジナル・セッション『The Last Word』


Rubberband
(Miles Davis, 1926/5/26 - 1991/9/28)
以前から存在は知られていたラバーバンドが発売になりましたね。でも これには編集前のオリジナルThe Last Word』が存在し、流出した事があります。その中で "Maze", "See I See", "Rubberband" の三曲がラップしています。bootleg盤の "Black Album" にも入っていましたね。

今回はそんなThe Last Word』にも入っているオリジナル・セッション三曲の、違いをインプレしようと思います。

"Maze" や "Carnival", "Wrinkle" などはbootleg盤のライヴでも多々取り上げられて、一部はCD "TuTu Delux Edition" にも入っていますね。


マイルス・デイヴィスが生きた時代と
若い頃はM.Davisの大ファン、特に電化後、でした。リアルタイムで驚いたのはやはり1970年の "Bitches Brew" ですね。当時は高価なレコードでした。

来日コンサートは三回行っています。忘れられないのは■1981年淀橋浄水場跡地でのライヴ。復活直後で体調の優れないマイルスに寄り添ってフォスターが出てきたを思い出します。まだ小さかった娘と一緒に芝生で楽しめた■1988年ライブアンダーザスカイ、ベストは学生時代でマイルスの活動休止前■1975年(確か2月)の新宿厚生年金会館でしょう。荒っぽかったこの日の方がバランスの良い名盤 "アガルタ", "パンゲア" よりマイルスらしいと思うのは自分だけでしょうか。(この年の録音は他にも有ってみんなHighになっています)






Maze
今回リリースは、オリジナル冒頭約2'のハイテンポのパートをカットし、ファンク色がかなり濃くよりポップなパートからスタートしています。その他サックスの絡むパートのカットもあり、大幅に短縮していますね。
オリジナル スタートのスピード感から、テンポダウンしてファンクになる変化がマイルス・バンドの様な… 演奏自体は極端な変更は感じられませんが楽曲構成はかなり異なります。


See I See
ここでもオリジナルと入りが異なります。冒頭30"のシンセのパートをカットしてベースの刻むリズムからの入りにしていますね。それによって曲のイメージが変わる様な変化はないでしょう。でもコンサートでは効果的と思えるバラードの様なプロローグは無くなりました。ラストもオリジナルではマイルスのソロで終わりますが、カットされてフェードアウトしています。


Rubberband
ここでも入りのボコーダーの様なベロベロベーが10"ほどがカットされて、それがラストに来ています。オリジナルの方が取って付けた様な不自然さを感じるので、これが本当のヴァージョンかも。
随所のマイルスの"ベロベロベー"は残されていますね。(笑) 他には途中割込むシンセのパートが少し異なるでしょうか、そしてギターパートは逆にカットされいてた部分を復活させている様です。

ちなみにLiveでは'85のチューリッヒで演奏が残っています。ベースの刻むリズムとマイルスのフレーズはそのままですが、ベロベロベーはありませんね。途中のシンセのパートからの長いギターも再現されますね。ハードな演奏になってはいますが、演奏時間も今回リリースと同じくらい。ラストはカットの可能性も。



まず演奏自体に大きく手を入れていないのは好感が持てました。一部カット再構成ですね。

セッションでもライヴの構成感を持たせたのがオリジナルとすれば、ワーナー的にポップにまとめたのが今回のリリースと言うイメージでしょうか。



今やマイルスの音源は セッション中の全録音や、テープ音源の様なLive、等々果てし無いほどリリースされてしまいました。全貌が味わえるのは嬉しいですが マイルスはどう思っているでしょう、などと考えてしまうのは ジジイの懐古的感傷ですねw


テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽





素晴らしきアレクサンドル・タローの世界、シャンソン歌手『バルバラ』へのトリビュート・アルバム


アレクサンドル・タロー
(Alexandre Tharaud, 1968/12/9 -)
日本でもお馴染みのフランス人ピアニストですね。個人的にはラヴェルのピアノ曲全集、まだインプレしていません、がお気に入りです。フランス印象派的な音は、まさにフランス音楽にピッタリです。
何故かフランス音楽はフランス人の演奏家・指揮者が、合う気がします。


Barbara
ピアニストであるA.タローがプロデュースした、伝説のフランスのシャンソン歌手・作詞家・作曲家バルバラ(Barbara, 1930/6/9 - 1997/11/25) 没後20年記念のトリビュート・アルバムですね。
多彩なゲスト(歌手・俳優・演奏)、そしてタローの編曲による情感豊かなアルバムです。タローのピアノやアコーディオン以外にも様々なパターンで聴かせてくれます。ルノー・カピュソン(vn)他の顔ぶれですが、個別表記はここでは割愛です。






CD 1 [ver. 唄と伴奏]
ドミニクAがピアノと弦楽四重奏をバックに歌う "2.Cet Enfant-la" のしっとりとした哀愁、"3.美しい9月" の ジョルダナの可愛い歌声と繊細なpfタッチ、ベースとアコーディオンをバックにジュリエットが歌う "4.私の恋人たち" の洒脱さ、表情豊かなバリエーションは歌手の個性と演奏のバリエーションを変化させてこその楽しさでしょう。

 ★試しにYouTubeで観てみる?
  "3.美しい9月"のレコーディングシーン(多分)でしょう。グッときます


ティム・ダップが歌う "8.ピエール" などは1970年代のフランス映画の様ですね。この洒脱さがクラシックも含めてフランス音楽の元にある様な気がします。


CD 2 [ver. インストルメント]
ジュリエット・ビノシュのしっとりとした唯一の語り "1.私の劇場" はフランス語がわからないのが残念です。タローのpfソロが楽しめる三曲 "2.Valse de Frantz", "6.もう何もない", "8.私は恋を殺した" はやっぱり素晴らしいですね。そしてタローのアコーディオンとクラリネットの合奏曲。いずれもシックな音色の構成でCD1とはまた違った味わいが楽しめます。タロー色が濃厚ですね。



これがシャンソンかどうか、これならバルバラ本人で聴いた方が、と言った事が脳裏に浮かぶ人がいるかもしれません。
しかし、シャンソンをベースにアルバム全体を通して伝わるフランス音楽の洒脱さが嬉しいですね。常に優しく寄り添う様なタローのpf。そのpfやアコーディオンと唄のセットがもっと多くても良かった気がします。

上質なBGMとしても、部屋でゆっくりと聴くにも、素晴らしい一枚でオススメです!!

フランス音楽、というよりもアレクサンドル・タローの世界かもしれませんね。



テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽





プロフィール

kokoton

by kokoton
.

    

カレンダー
06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ようこそ
カテゴリ
ありがとうございます