FC2ブログ

フレンチのマーラー:アレクサンドル・ブロック/リール国立管弦楽団 の「マーラー 交響曲 第7番 "夜の歌”」


アレクサンドル・ブロック, Alexandre Bloch
(Orchestre National de Lille, 2019 rec.)
フランス人指揮者A.ブロックが2016年から音楽監督を務めるリール国立管を振ったマーラー7ですね。フレンチのマーラーはどうでしょうか。




マーラー 交響曲 第7番



第一楽章
序奏のテノールホルン主題はかなり強い揺さぶりを感じますね。木管の行進曲動機も緩やかですが揺さぶりが強いです。提示部hrとvcの第一主題は雄々しく、第二主題は一転緩やかに感情を表現、コデッタの行進曲は切れ味鋭く とメリハリが強い流れです。展開部は動機や主題を刺激を与えて変奏、tpからの第二主題が光の中に出現、山場からは管楽器を太く鳴らします。再現部は第一主題を派手に鳴らして、コーダはうるさい位の下降音階動機の反復です。アゴーギク&ディナーミクの出し入れの強い第一楽章になっています。

第二楽章
序奏のhrも力感を感じますね。主要主題は行進曲らしくhrとvcの掛け合いも何処か緊張感があり、チェロの第一トリオも濃い色合いで、中間部(第二トリオ)はobの哀愁ですがもう少し細くてもいい様な。揺さぶりで"夜の歌"らしい穏やかさより緊張感の楽章になっています。

第三楽章
主部の動機群は各楽器が陰影強く絡みカオス風です。obの中間部ではvn動機とのコントラスト付けが良いですね。この楽章は陰影の強さが混沌さを上手く表現しました。少々うるさいですがw

第四楽章
主要主題はvnと管楽器が緩やかで穏やかなアゴーギクですが少し音厚が高く、この曲のキーであるギターとマンドリンが少し弱いのが残念です。中間部では穏やかな入りから強い揺さぶりを掛けて来ます。これはいけませんね。

第五楽章
主要主題の金管の派手さはピッタリ、パッセージはキレキレです。パウゼ後の第一エピソード(メリーウィドー)は速めでリズミカルです。第二エピソード(メヌエット)は軽妙から太く、その後は二つのエピソードをディナーミクを効かせて派手に変奏します。コーダは祝祭曲の様な派手さです。



太い鳴りと流れのマーラー7です。アゴーギクと強音側ディナーミクで濃厚でくどさを感じる流れは、個人的なこの曲のイメージとは異なります

フレンチ・セットなのでもっと洒脱な"夜の歌"を期待したのですが、期待は外れましたね。これだと第6番あたりをやったらピッタリかと、そんな感じです。




テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽





ラインベルト・デ・レーウの室内楽版「マーラー "大地の歌"」



ラインベルト・デ・レーウ, Reinbert de Leeuw
(ヘット・コレクティーフ, Het Collectief)
室内楽版「大地の歌」と言うと"シェーンベルク/リーン版"が知られますが、ヘンク・グイタルト版なんかもありますね。元々"ピアノとソリスト稿"があるくらいですから、不思議はありません。と思ってデ・レーウ版を聴いたのですが…

本稿は本年(2020)2月に亡くなられたピアニスト・指揮者・作曲家のラインベルト・デ・レーウさんの編曲版で、ご本人が指揮を務めています。亡くなられる1ヶ月前の録音ですね。テノールはイヴ・サーレンス(Yves Saelens)、アルトはルシール・リシャルド(Lucile Richardot)です。

「大地の歌」流れを少々荒っぽく言えば、テノール(男性)が歌う奇数番楽章は盃を重ねる詩、アルト(女性)が歌う偶数番楽章は人の心の詩、最後の長い第六楽章だけは自然と友を謳う訳ですが、全体として"人は死しても大地は残る"というお話ですね。個別の古い中国の詩の引用ですから、楽章間でストーリー展開がある訳ではありません。




Mahler Symphony "Das Lied von der Erde"



第一楽章「大地の哀愁に寄せる酒の歌」
まず入りの音が少しギスギス感じますね。テノールは尖っていて、神経質に人と大地を問いながら杯を交わす様な感じです。アンサンブルの展開部は楽器数が少なくて穴が空いている様な印象を受けますね。再現部はテノールにいっそう力が入ります。

第二楽章「秋に寂しき者」
緩徐楽章導入部の木管は超静音からクレシェンドして来ます。シンプルな印象で、アルトはここでもやや神経質に寂しさを歌いますが、声質にクセを感じます。展開部は演奏が微妙な浮遊感があり、再現部では明るくなるのですが演奏とアルトのフィットが今ひとつです。

第三楽章「青春について」
五音音階を強調して軽妙なテノールと合わせて中華風スケルツォです。中間部スローもあまり印象変化を感じませんね。主部回帰も中華和声が強いです。

第四楽章「美について」
導入部コモド(乙女)はアルトのクセのあるvoiceがフィットしません。それに合わせるオケの主要主題パートは軽妙な五音音階でアンサンブルが生きていますね。中間部の馬で駆ける若者はアンサンブルがリズム感よく聴かせてくれます。その後も演奏は表情変化を付けて悪くありません。

第五楽章 「春に酔える者」
アレグロの提示部テノールはまたもや力んで疲れます。酔い潰れる感じではありませんねェ。演奏は抑揚があってリズミカルですね。

第六楽章「告別」
提示部はスローに入って、アルトはやっぱりクセのある声質に違和感が拭えません。アンサンブル(編曲)もこの曲の雰囲気が弱い感じです。オケパートの展開部でも同じ様な流れが続く感じでしょうか。再現部の王維「告別」は間延び感とあのアルトでは"Ewig... ewig..."の安らぎが得られませんね。長〜ぃ30分です


歌・演奏・トランスクリプション、全てが今ひとつの"大地の歌"ですね。特にクセのあるアルトには参りました。テノールも尖っていて、少々うるさく感じます。

演奏と歌のバランスならオケ版を聴いた方がよく、小編成ならピアノ版の方が楽しめると思います。一番良かったのは第三楽章の中華スケルツォですね。




テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽





パク・ヨンミン/プチョン・フィル「マーラー 交響曲 第9番」硬質な響き



パク・ヨンミン Youngmin Park
(Bucheon Philharmonic Orchestra, *2018-19?)
ギーレンに師事し、ラ・フォル・ジュルネ金沢でも来日経験のあるパクが2015年から音楽監督を務めるプチョン・フィルハーモニック・オーケストラ(1988年創設)を振ったマーラー9です。

インプレ済みのマーラー6ではボチボチの印象でしたね。他に1番と2番もリリースしている様です。(手を出す予定はありませんw)

*ライナーノートを見ても録音年月日が見つかりません。本国発売が2019年12月ですから、2018-19年頃とは思いますが。(LIVEです)




マーラー 交響曲 第9番



YoungminPark-mahler9.jpg
(写真です)


第一楽章
第一主題は緩やか穏やか、第二主題はそこに黒雲が湧く様になります。提示部の反復から第三主題は出し入れの強い流れになりますね。展開部第一主題変奏からJ.シュトラウスIIの引用は明るさと余裕に欠ける感じ、その後もディナーミクが強く角の尖った演奏です。演奏は硬い印象が強い第一楽章です

第二楽章
主要主題は生真面目に硬くやや速め、第一トリオも速さでキッチリ、第二トリオも同じ流れですね。頭から尻尾まで統一された流れの第二楽章で、アゴーギクは振られません。

第三楽章
主要主題はキッチリ詰め込まれた感じ、副主題(第一トリオ)も本来の戯けた感じではなく機械的。中間部(第二トリオ)のターン音型はラストの浮遊感を先出しして欲しいのですが、表情は薄く音の押し出しも強いですね。

第四楽章
序奏からキンキンしていますね。弦楽奏の第一主題は厚めの音で暑苦しいかもしれません。fg動機も太いです。第一エピソードも鳴りが強くて表情は弱く、第二エピソード前半は機械的、山場はまさに怒涛です。後半からコーダのターン音型も殊更に繊細さは無く淡々としています。


角張って硬い無機質的なマーラー9です。繊細な哀愁や包み込む様な流れの対極にありますね。

ディナーミク軸足の強いメリハリで、速い遅いはあってもアゴーギクでの表情付けはありません。演奏完成度は高いのでしょうがうるさい感じw。似た演奏が思いつきません。(暑苦しい濃厚な演奏はありますが)

CDケースの爪も凄く硬く、外そうとするCDがそり帰って跳ねます。



▶️ マーラー交響曲第9番 100CD聴き比べ



テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽





イヴァン・フィッシャー/ブダペスト祝祭管 の「マーラー "大地の歌"」は美しい表現力ですね

昨日のウラディーミル・ユロフスキに続いて"大地の歌"ですね。マーラーの交響曲の中では、1番, 4番 と並んであまり聴かない方のグループに入りますが…w


イヴァン・フィッシャー Iván Fischer
(Budapest Festival Orchestra, 2017-3)
言わずと知れたI.フィッシャーが創設(1983年)者の一人であり、今も音楽監督を務めるブダペスト祝祭管弦楽団を振った"大地の歌"ですね。長期をかけて進めているマーラー・サイクルから9作目になります。

テノールはロバート・ディーン・スミス(Robert Dean Smith)で、昨日インプレしたユロフスキ盤でも採用されていましたね。バリトンを採用する事もあるアルトはゲルヒルト・ロンベルガー(Gerhild Romberger)です。
R.D.スミスの2019年来日「グレの歌」のヴァルデマル王が素晴らしかったのは昨日書いた通りです。

「大地の歌」流れを少々荒っぽく言えば、テノール(男性)が歌う奇数番楽章は盃を重ねる詩、アルト(女性)が歌う偶数番楽章は人の心の詩、最後の長い第六楽章だけは自然と友を謳う訳ですが、全体として"人は死しても大地は残る"というお話ですね。個別の古い中国の詩の引用ですから、楽章間でストーリー展開がある訳ではありません。




Mahler Symphony "Das Lied von der Erde"



第一楽章「大地の哀愁に寄せる酒の歌」
ペザンテの印象は華々しくアレグロを陰影豊に、テノールは生き生きとしています。管弦楽の展開部は一呼吸入れる様な落ち着いた流れですね。この楽章らしいコントラストが心地良いですね。

第二楽章「秋に寂しき者」
導入部ではob-flが哀愁を美しく奏で、アルトが抑えた感情で入って来ます。展開部は少し穏やかさを見せて、再現部では哀愁から光を感じさせますね。歌詞にフィットした落ち着いて叙情的な緩徐楽章です。

第三楽章「青春について」
スケルツォは五音音階(中華和声)で軽快に弾む様にテノールとフィットさせます。中間部スローは少し影を見せながら、杯を上げる様な心地よい楽章になっていますね。

第四楽章「美について」
導入部コモド(乙女)のアルトは心地よい明るさを、それに合わせるオケの主要主題パートは五音音階を軽妙さで奏でます。中間部の馬で駆ける若者は派手な騎行風に鳴らしてコントラストが見事ですね。詩を上手く表現して聴き応えがあります

第五楽章 「春に酔える者」
アレグロの提示部テノールは雄々しく伸びやかに酔いを表現。展開部二回目の鶯のスローでは少し鬱を見せて重ねる杯を歌います。

第六楽章「告別」
導入部の低弦とobは暗闇を、提示部のアルトとフルートはその情景を静スローの透明感で、友を待つパートでは緩やかな優しさで幸福を表現しています。オケ・パートの展開部は落ち着いた流れから感情を込めると、再現部 王維の「告別」は緩やかに抑えながらも陰影を強く表現してラストの永遠"Ewig…ewig…"に繋げます。


程よいアゴーギクとディナーミクが見事にマッチして予想を上回る表現力で素晴らしい"大地の歌"になりました。

第一楽章と第二楽章のコントラストが素晴らしく、他の全ての楽章も詩を心地よく表現しています。全体としてはソフトな美しさでしょうか。

アルトの歌いは心持ち抑え気味の表現で、テノールも力強さの中にもコントロールの効いた良さを感じましたね。




テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽





ウラディーミル・ユロフスキ/ベルリン放送響 の「マーラー 交響曲 "大地の歌"」

ウラディーミル・ユロフスキとイヴァン・フィッシャーの"大地の歌"が出ましたね。前回この曲をインプレしたのがお兄さんのアダム・フィッシャー盤でしたから約一年ぶりになります。


ウラディーミル・ユロフスキ Vladimir Jurowski
(Rundfunk-Sinfonieorchester Berlin, 2018-10/14 Live rec.)
ユロフスキが2017年から首席指揮者を務めるベルリン放送交響楽団を振った2018年の録音がリリースされました。

テノールはロバート・ディーン・スミス(Robert Dean Smith)、アルトはサラ・コノリー(Sarah Connolly)です。R.D.スミスは2019年のカンブルラン/読響の「グレの歌来日で素晴らしいヴァルデマル王を演じてくれた事が記憶に新しいですね。次回インプレ予定のイヴァン・フィッシャー盤でも登場するので聴き比べ出来ますね。

「大地の歌」流れを少々荒っぽく言えば、テノール(男性)が歌う奇数番楽章は盃を重ねる詩、アルト(女性)が歌う偶数番楽章は人の心の詩、最後の長い第六楽章だけは自然と友を謳う訳ですが、全体として"人は死しても大地は残る"というお話ですね。個別の古い中国の詩の引用ですから、楽章間でストーリー展開がある訳ではありません。




Mahler Symphony "Das Lied von der Erde"



第一楽章「大地の哀愁に寄せる酒の歌」
Hrペザンテは荒れ気味アンバランスでテノールは伸びやか、マッチングが今ひとつに感じます。管弦楽の展開部は神経質な表情、再現部は歌・演奏共に緊張感がありますね。

第二楽章「秋に寂しき者」
導入部の木管は細い神経質な流れを作ります。アルトは切々とした歌いですね。展開部は優美さを聴かせますが、尖った音を感じます。再現部では広がりを大きく鳴らします。今ひとつ落ち着かないな緩徐楽章でしょうか。

第三楽章「青春について」
スケルツォは中華和声っぽく明るく跳ねる様に、テノールは朗々と。中間部スローは艶やかに歌います。この楽章と次の楽章はバランスの良さが光ります

第四楽章「美について」
導入部コモド(乙女)は美しく。それに合わせるオケの主要主題パートは中華和声で表情豊かです。中間部の馬で駆ける若者も五音音階で生き生きと、刺激ある流れを作ります。気持ち良い楽章になっていますね。

第五楽章 「春に酔える者」
アレグロの提示部テノールはシャキッと。展開部(中間部?)二回目のスローでの調性感の変化は大きめですね。

第六楽章「告別」
提示部のアルトの表現力と繊細なフルートの絡みは良かったですね。展開部ではオケが五音音階と機能和声を上手くマッチさせて神経質な流れを作っています。再現部は王維「告別」の感情溢れるアルトが聴き処になっていますね。


この曲にこのオケのパターンが合うかは別にして、緊張感ある演奏と鋭い歌唱が印象的ですね。

第一・二楽章は今ひとつですが、中華和声(五音音階)を生かした第三・四楽章の表現力は素晴らしいですね。

テノールは切れ味の鋭さと伸びの良さ、アルトは表現力があって、両者の力量を感じました。最終楽章のアルトは聴かせてくれましたね。




テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽





アダム・フィッシャー/デュッセルドルフ交響楽団 の「マーラー 交響曲 第1番 "Titan"」バランス良さですね


アダム・フィッシャー Adam Fischer
(Düsseldorf Symphony Orchestra, 2017-2/10-12 Live rec.)
アダム・フィッシャー/デュッセルドルフ響が進めるマーラー・サイクルから第三弾で登場した"第1番"ですね。

昨日インプレの1989年マーラー・フェスト・カッセル祝祭管から28年を経た"第1番"の変化はいかに!!ですね。




マーラー 交響曲 第1番「巨人」



第一楽章
序奏の弦ppp(pp)A音は鎮めて緊張感を与え、下降4度のカッコウ動機やファンファーレ動機との絶妙なバランスを作ります。提示部チェロの第一主題は明るく奏で、対位的な第二主題が絡むとリズミカルに広げますね。
展開部は透明感あるppスローからhr動機でテンポアップして穏やかな気配を作り、山場をハイテンポでバランスよく鳴らします。興奮はありませんね。
再現部は全体のおさらいの様に流れます。バランスが良く心地よさの第一楽章ですね。

第二楽章
スケルツォの主部は舞踏曲の様に優雅です。トリオでは繊細な弦の美しさをアゴーギクで際立たせ、上手い対比です。回帰では切れ味を加えた感じですね。

第三楽章
主部主題の短調『グーチョキパーで…』はやや速めに重さを控えた葬送行進曲で、カノンの流れを明確に奏しています。木管の二つの動機はスローからテンポを上げて雰囲気を変えて来ますね。良い流れです。中間部vnは緩徐の美しさを奏でて美しく、回帰からコーダは色合いを濃くするお約束になっています。

第四楽章
提示部第一主題はバランス良く落ち着いて、第二主題vnはスローな美しさに、そして緩やかに上げて行きます。
展開部第一主題も落ち着き感が強いですね。もう少しハジけても良いかもしれません。山場も行儀良さになっています。
厄介な再現部は序奏を静に心地よく、va動機を強烈に入れて雰囲気を緊張感に変えますね。コーダは落ち着いて勝利を讃えます。


突出したものはありませんが、バランス良く聴き易い"マーラー1"です。何か一つスパイスがあると嬉しい感じですね。

個人的好みはマーラー・フェスト・カッセル祝祭管との若々しさかもしれません。全体の流れはよく似ていますが、スローパートも含めて安定感のデュッセルドルフ響と言った感じでしょうか。




テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽





アダム・フィッシャー/マーラー・フェスト・カッセル 1989 の「マーラー 交響曲 第1番 "Titan"」山場の鳴りの良さです


アダム・フィッシャー Adam Fischer
(グスタフ・マーラー・フェスト・カッセル祝祭管弦楽団, 1989 Live rec.)
A.フィッシャーがドイツのカッセル国立劇場の音楽監督時代(1987-1992)、グスタフ・マーラー・フェスト・カッセル音楽祭(1989年)で祝祭管弦楽団(Festspielorchester des Gustav Mahler Fest Kassel)を振った"マーラー1"が登場です。

なぜ今頃になって31年前の録音が登場したのでしょうか。デュッセルドルフ響とのチクルス推進中で"商売"になるという事でしょうねぇ。きっかけがなんであれ、聴けるのは嬉しい事ですが。




マーラー 交響曲 第1番「巨人」



第一楽章
特徴的な序奏A音静の7オクターブ・フラジョレットはやや音量が大きく、カッコウの4度下降は暗目です。チェロの第一主題が優美な舞踏風に登場、対位的な第二主題は繊細に流れます。明るい山場から反復して、展開部は繊細な序奏回帰で進みhrが明るさを見せて、山場は怒涛に鳴らします。再現部はその流れに乗って派手に、フィニッシュも壮大ですね。

第二楽章
スケルツォの主部は小気味よく低重心リズミカルです。トリオのレントラーでは軽妙ですが落ち着かない気配を感じますね。回帰ではいっそう重厚方向になります。

第三楽章
主部主題の短調『グーチョキパーで…』は暗さ控え目な葬送行進曲でカノンの流れは薄く感じます。木管の二つの動機は哀愁と軽妙さを上手く使い、中間部は緩やかなvnですが、今ひとつ締まりが弱いでしょうか。回帰は通常的で、アタッカで最終楽章へ入ります。

第四楽章
シンバルからの序奏はやや抑えて、提示部第一主題の管楽器と低弦が勇壮に出て来ます。激しい流れからの第二主題は優美スローですが、今ひとつ一体感に欠ける感じですね。
展開部第一主題は派手に鳴らして、徐々に上げて行き山場は落ち着いています。
厄介な再現部は静の表情を見せながら動機を並べて進みます。悪くはないのですが、緊張感が欲しい感じです。vaの動機で緊張感が出て山場は激走し、コーダは金管が鳴らし合いながら見事に終結させますね。


クライマックスの激しさを中心に据えたスカッとしたマーラー1です。なんと言っても鳴り派手な山場が聴かせどころでしょうね。スロー静のパートも悪くないのですが、そこに締まりがあったら更に良かったと思います。

こうなると次回は、デュッセルドルフ響との第一番をインプレしなければなりませんね。(未インプレですが既聴済みで、スロー静は一枚上手です)




テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽





ようこそ
カテゴリ
ありがとうございます