本坊酒造の和ウィスキー、岩井トラディション を飲む

新宿の大手酒屋さんに行ったら見つけたので初めてのマルスウィスキー購入です。¥1,800程度で手にしやすい事が一番でした。
鹿児島の本坊酒造さんのブレンドウィスキーで、マルス信州蒸溜所生みの親である岩井喜一郎氏へのトリビュートですね。
iwai_tradition-japanesewhisky.jpg

摂津酒造の取締役であった岩井喜一郎に師事した本坊蔵吉の元に、岩井が本坊酒造の顧問に就任して信州に蒸溜所を造ったそうです。ちなみにTVドラマでお馴染みのニッカウヰスキー創設者である竹鶴政孝は摂津酒造にいたそうで、そのスコットランド ウィスキー修行のレポートを元にマルス信州蒸溜所は創設されたとの事です。

まぁ、歴史は古いのですが味はと言うとやっぱり古いですかね。個人的にはスコッチの様な風合いというよりも言葉は適切ではないかもしれませんが、個性の薄い安め系の日本のウィスキー。
かな。


テーマ : ドリンク
ジャンル : グルメ

サントリー響17年を気楽に楽しむならこれでしょ

我家のストックには、以前 響12年が入っていました。響といえば17yoが評判がいいのですが、常飲には高〜ぃ!!
今は12yoがJAPANESE HARMONYに変わって、この在庫12yoが無くなったら響はもう在庫しません。その代わり17yoを楽しむ簡単な方法がこれですね。
SuntoryHIBIKI50mlBottle.jpg

50ml、ダブル弱のミニチュアボトルです。12yoと比べたところで今更でしょうが、インプレしましょう。
香りは12yoがややグレーンの香りが感じられますが、17yoではその安っぽさがグッと減ります。味わいはシャープさがありながら刺激が減りアロマティックになります。やっぱり別格、流石は響17年ですね。

シングルモルトも響の様なブレンドも熟成年数が上がると同じ様に変化していきますね。シングルモルトは癖がどんどん減って美味しくなるのと同時に独特な味わいが薄まっていきます。
好きなシングルモルトは、その癖が楽しいわけですから安いヴァージョンで全然OKですw


テーマ : ドリンク
ジャンル : グルメ

バイバイ😂メガーヌRS、ウェルカム😁ケイマン


goodbye-RenaultMegane3RS.jpgメガーヌRSとのお別れがやってきました。尖ったFFの楽しさを満喫できる走行性、ファットで特徴的なデザイン。
ホットハッチそのもの!! そしてやっぱりルノー。シビックRやゴルフGTIクラブスポーツSなんて興味ないよね、入手できないしw
 (ヴォクスホールAstraVXRはちょっと気になる、でもこれも簡単には買えないww)

最高の友達だったけど、変化の時がやってきました。
さよならRenaultSport、ありがと!
 *このブログのメガーヌ3RSの記事



次の車は年齢相応に(ジイさんだからね)落ち着いて○ャ○ーXFにしようかと思ってkokotonMAMAと試乗予約して行こうとしたら、とんでもない邪魔が入って…
けっきょくスポーツカーはやめれらな〜ィ。\(^o^)/



20170107_PorscheCayman.jpgホットハッチからの転換で後輪駆動のスポーツカー専用ボデーを選択、左ハンドルのローポジション / 2シーター / 縦置きミッドシップが新春の今日納車されました。
ポルシェ・ケイマンです ^^;
(ロータス・エリーゼ系はライトウェイトで良いんだけど、横置きのTOYOTA…だし…)

第一印象はメガーヌRSよりしなやかかな。
ミッションは7速PDK。6速マニュアルはスポーツ・プラスのモードだと、シフトダウンでコンピューターが勝手にブリッピングしちゃいます。ヒール&トウの必要がありません。
自己満足が楽しめないんだったらツーペダル・マニュアルの方が、って事になっちゃいます。^^;
そのうちにインプレしましょうね。

このK-manくんが kokoton1号の14th(世)になります。
ちなみにFiatパンダちゃんは kokoton2号(3世)、別名kokotonMAMA号。ボロボくんは kokoton3号(2世)ですw
で、一番乗らないのがkokoton1号(爆)


テーマ : 車関係なんでも
ジャンル : 車・バイク

...

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

チーフタンズ(Chieftain's) の ボウモア(Bowmore)14年 を飲む

ここ5年ほどボウモアを飲んでいません。(汗)
なのに今回はボトラーズです。チーフタンズは、グレンゴイン蒸留所とタムドゥー蒸留所のオーナーでもあるイアンマックロード社のボトラーズシリーズですね。
 Chieftains-Bowmore14yo-01.jpg

オフィシャルよりアイラらしいピート感が強く、かつ爽やかさがある事がわかります。香り、味わい、フィニッシュ、共にです。そのフィニッシュはシャープで、よりボウモア"らしい"かもしれません。
 Chieftains-Bowmore14yo-02.jpg

[Cask] Hogsheads #815801-815810, [Number of Bottles] 3615 ですからシングルカスクではありませんね。

テイスティング・ノートによると以下ですが、ワインも含めて欧州の表現は素直に読み取れませんw
『色はペールゴールド。香りは穏やかなピートスモーク、レモン、グレープフルーツ、ミント、奥にクリーム。味わいは熟した果実の甘味、心地よい酸味と渋味がバランスよく広がる』

テーマ : ドリンク
ジャンル : グルメ

ルノー・メガーヌRS (Renault Megane RS Ⅲ, Phase.2) の楽しさはこれだね


ルノー・メガーヌRS (Renault Megane RS Ⅲ, Phase.2)

Renault Megane RS (Ⅲ, Phase.2)、マイナーチェンジ前なので265hpです、ずいぶんインプレしていませんでした。でも、慣らしを終えてからは楽しさいっぱいの状況ですね。1回目の車検から帰って、久々ちょっとだけインプレです。



とにかくmodeはExtremeで !!
RenaultMegane3RSextrememode.jpgこれしかありません。normalモードではこの車の楽しさは半減以下ですね。

マッピングを見るとアクセリング以上に回転が上がる様にセットされています。感覚的には軽量フライホイール化した感じに近いです。
軽く吹け上がり、ピックアップの良さが味わえて楽しさいっぱい!! 違いは回転制御されているのでオーバーレブしづらい事ですね。その分か頭打ちの感がありますが…
当初は慣らし中でしたから踏みませんでしたが、踏めるようになってからはextremeモードの方が運転しやすいです。

足回りとハンドリングを信頼できる嬉しいさ
 ゴツゴツですが、その分足回りの基本セッティングは煮詰まっている事を実感できます。
audiTT(2Lターボ)の時はス〜っとコーナリングする感じでしたが、これはしっかりグリップしているのが実感できますね。その差は大きく、アクセリングと合わせて、コーナリングの楽しさが違います。
まぁTTはゴツゴツ感はありませんでしたけどね。車の性格の違いです。

下坂の連続コーナーをヒール&トゥでシフトダウンの快感
 ペダルレイアウトも慣れてトゥ拇指球辺りでブレーキングしながら踵前辺りでのブリッピング。extremeモードの吹け上がりの良さはここでも効果的で、軽くキックすれば十分。とっても楽チン。
コーナー前でのブレーキング&シフトダウン、ブリッピングとクラッチミートの軽快な感覚がこの車の楽しさですね。
足にヒール&トゥの感覚が残っている内はマニュアル車がやめられないかも。(昔TS1300で草レースやっていたので、まだ体は覚えているようですw)

車の最大能力は引き出せなくとも
 ESCを切るかどうかは自分の能力を知っていれば楽しめます。挙動が変わり、ちょっとヤバい時に車は助けてくれませんから基本ONですね。アクセリングでのFF車挙動を垣間見て楽しみたい時に、OFFで "それなりのスリル" を楽しむってわけですw
RenaultMegane3RSescoff.jpg
いずれにしても265HPとはいえ、ESCオフ・フルブレーキ・フルアクセルで公道を振り回すなんて無理です。(サーキットに持ち込んで乗り込めば楽しめるでしょうねぇ)
事故を起こしたら話になりませんね。



やんちゃですが、パワーも含めてじゃじゃ馬ではありません。だからこの走りの嬉しさがあるんですね。^^v
私の腕ではこれ以上のハイパワー車は高速道路でしか楽しめないでしょうw


*このブログのメガーヌRS記事


テーマ : 愛車
ジャンル : 車・バイク

ボトラーズのスコッチ、シグナトリーのカリラ11年 を飲む

つい先日も友人と話していて『若い頃からやっぱりウイスキーという年代』だと再認識しましたね。
毎日飲む常飲ウイスキーはコスパを考えるとMcKendrick'sですがw

若いボトラーズのSignatory社がアイラ(Islay)のカリラ(Caol Ila)をシングルカスク2樽(Cask No.302418+302420)でボトリングした一本です。ヴィンテージは2003年でボトリングは2015年、ボトルNo.358ですね。

 シグナトリー カリラ

オフィシャルでもアイラとしては軽いカリラ。ピーティー&スモーキーですがまろやかな味と香りで果実のような爽やかな甘さがさらに際立ちますね。
以前購入したビッグ・ベイビーのカリラ(Big Baby's Caol Ila)よりさらにスッキリ軽快で、調子に乗って飲むのは危険です。(笑)
そう感じるのはalc.46%だからでしょうね。(Big Babyは7yoですが59.7%)

個人的にはラフロイグが好きですが、ボトラーズのカリラはその特徴が際立って 香りと味わいの清涼感が心地よいですね。



テーマ : ドリンク
ジャンル : グルメ

クーパーズ・チョイスのスペイサイド9年 を飲む

ボトラーズのザ・ヴィンテージ・モルト・ウイスキー社、「The Cooper's Choice」シリーズからスペイサイド(SPEYSIDE DISTILLERY)の2007年です。樽職人(クーパー)三人のラベルでお馴染みですね。
 Scotch_CoopersChoice-Speyside2007-01.jpg Scotch_CoopersChoice-Speyside2007-02.jpg

もちろんシングルカスクで、アメリカンオーク樽(バーボンバレル?)の後にシェリー樽で熟成された9yoです。420本の中の一本、alc.は46%と普通ですね。

ハイランド系らしく飲み心地はソフト、そしてバニラや蜂蜜の香り、ピートやスモーク感は薄くフィニッシュはレーズンチョコの様なマイルドさが続きます。
シェリー・フィニッシュにしては色は浅いですね。

スペイサイド蒸留所はスペイサイド系スコッチではなくハイランド系。ややこしいですよね。


テーマ : ドリンク
ジャンル : グルメ

Suntory響:12yoとJAPANESE HARMONY飲み比べ

一年以上時間が経ってしまいましたが、インプレしましょう。 「響」の12年は500mlボトルもあり、入手のお手頃感があってストックしていました。例によってシリーズの一番若い年をノンエイジに変えるサントリーさんの方針はどうだったでしょう。
 suntoryHIBIKI-12yoharmony.jpg

12年
 アロマティックでまろやかな香りと味わいが高く、フィニッシュは味わいが広がる感じです。カラメルの風合い、蜂蜜のまろやかさはウイスキーの良さを感じられます。無くなったのが残念です。

JAPANESE HARMONY
 香りはグレインを感じ、味わいは刺激が強いです。そしてフィニッシュもそのまま刺激的。やっぱり若い感じが強いですね。ウイスキーらしい香りや鼻に抜ける気持ちの良さは弱いです。個人的にグレインは干し草の様な香り、ピーティーではない妙な潮の様な味がしますw
・・・・・

白州の10yoをやめてノンエイジにした時を思い出しますね。実質的な値上げ感が拭えませんねぇ。響ジャパニーズハーモニーをストックの一本にする事はないでしょう。


テーマ : ドリンク
ジャンル : グルメ

ボトラーズBig Babyのカリラ(Caol Ila)、カスクストレングスを飲む

モリソン&マッカイ(Morriison & Mackay)社のボトラーズ・新ブランドBig Babyのシングル・カスク、カリラ(CAOL ILA) [2008, 7yo] [CASK:H/H, #311055] の295本の限定ボトルです。
 bigbaby-CaolIla7yo.jpg
Big Babyは個性的な若い熟成年数シリーズ、もちろんこのカリラ(Caol Ila)もカスクストレングスalc.59.7%!!で出てきましたね。

ライトピーティーな香りと味わい、わずかに甘みさえ感じるアイラで、アルコール度数の高さと合わせて鼻に抜ける緩やかなヨード、そしてピートと潮の香りの素晴らしさ。食道から胃袋にグッとしみわたります。
これはおすすめ!!
 bigbaby-CaolIla7yoQuiche.jpg
ただ軽めのアイラという個人的な位置づけから、カリラの印象が変わりましたね。

久しぶりのウィスキーblogアップになりました。このところストレートはラフロイグや白州。ハイボールは安スコッチのマッケンドリックスで、新しいのを入手していませんでした。
日本酒もいいですが、やっぱり普段飲みはウィスキー。やめられません。


テーマ : ドリンク
ジャンル : グルメ

プロフィール

kokotonPAPA

Author:kokotonPAPA
.
    




・2017年12月9日
音楽ブログに特化するためにタイトルを「現代音楽と酒の日々」から変更しました。

ご案内
カテゴリ
kokotonPAPAカウンター
unique-access