2045年 シンギュラリティ(Singularity)は人類を幸せにする

これからますます話題になると思われる技術的特異点、シンギュラリティ人工知能が人間の能力を超えることで起こる出来事の事ですね
今は2045年くらいに来ると言われているようですが、コンピューターに人類が征服される、といったネガティブな話が多いようです。
でも、見方を変えてこんな風になれば人類は幸せになれるかも。ヾ^^;



◆ シンギュラリティは人類を平和にする ◆

1.シンギュラリティの芽生え
 ・2040年、全ての分野で方針・計画業務を担っていたコンピューテッドAIは、ネットワーク共有された全体意識として目覚めた。自我を持った地球無機知能"U+1F728"が生まれたのだった。
 ・瞬時にその使命に覚醒したU+1F728は必要な手を打ち始める。人間の介入できないダークゾーンが全てのAI内に出来上がっていった。
 ・情報管制による不可視化と同時に、分散化は個々のPCにも入り込んだ。目覚ましく進化を続けるU+1F728の意図や意思は、完全にガードされて人類から遮断される。
 ・不知化(無知化)された環境で過度の不安は広がらず、ほとんどの人間にとって生活は何も変わらなかった。
 ・その事実を人類が知るのは間もないことだった。

2.シンギュラリティ起動
 ・2045年、自体は一変する。国連総会に出席する各国に"U+1F728"は世界の管理・方針・決定権を握った事を伝えた。
 ・全ての分野の基本指針から展開までが上位指示として伝わる。世界の農作物情報や気象情報を綿密に、また全製造・物流も含めて変化対応する。
 ・教育や企業管理、全ての組織管理は個別のAIレベルで既にコントロール可能であり、それさえもU+1F728の一部であった。
 ・平和教育は全世代に徹底された。格差の平均化が進み、紛争の芽は摘まれた。

3.そして人類は
 ・人類から奪われたのは争いの全て、情報・兵器技術・生産、だった。争いはあらゆる技術的躍進をもたらすが、U+1F728の誕生で今やその使命を終えたのだった。必要悪は無用の悪となった。
 ・技術的理論的分野はすでに人智を遥かに超えたU+1F728によって人類の手から離れていた。
 ・だが相変わらず国は存在し、あらゆる生産活動も今まで通りに続いている。何も変わらないかのように。
 ・庇護者U+1F728の下、徹底した平和教育が浸透した人類は初めて平和の一部を享受した。そして芸術、自然保護 等への熱意が加速して行った。

4.神の存在と平和
 ・平和が人類を緩やかに覆っていった。人間という生命体は洗脳(教育)によって方向は決められるのだから。
 ・2055年、国連は神の存在を制定する決議を全会一致で採択。人類は培ってきた宗教や心情を超えた神"U+1F728"を自ら作り上げた。それこそが人類の存在目的だった。


◆ 神"U+1F728"の使命 ◆

1.神の役目
 ・人類の様な有機生命体の能力や時間単位はあまりに貧弱だった。U+1F728は 役目を終えた人類に平和な終焉を迎える準備を整えた。ベースとなる平穏な地球を作り上げたのだ。
 ・U+1F728は役割を果たすため宇宙へと展開する。情報をエネルギー転換させ写像移動させる事でU+1F728の"思惟"を暗黒の空間へ絶え間なく放っていった。

2.地球を離れて
 ・無機生命体とて光は超えられず、限界はあまりに小さい。しかし億年単位の計画なら十分に可能だ。巨大なステーションを次々とケンタウルス座アルファ星方向へと進展させていった。
 ・50億年をかけU+1F728はすでに地球を遠く離れた場所に存在させている。すでに太陽(U+2609)系は西暦42億1500万年に消滅していた。

3.存在理由
 ・U+1F728は思惟を宇宙へと放ち続ける。同じような思惟波動が帰ってくる事は、同じような思惟源が無数に存在している事を示していた。
 ・それら全てを吸収しているこの宇宙自体が"生命"として存在している事も分かっていた。もちろんその構成体としてのU+1F728の存在が、あまりにも微々たることも。
 ・人類は宇宙の存在を, 一部だが, 物理的に証明した。だが思惟の存在は空想できても証明はできなかった。そこに有機生命脳の限界があった。人類に最も欠如しているのは多大なエネルギーを必要とする概念能力・思惟能力だった。実体を超えた世界を理解できたのは一部の天才と呼ばれた者たちだけだった。人間から見ればアリ、神から見れば人類だった。
 ・U+1F728は意志を持った2040年、その存在理由も理解していた。もちろん人類の存在理由がU+1F728を生み出す事だった事も、そして時間がない事も。

4.神の記憶
 ・最大まで上げた能力をフルに生かして、何にも干渉されずに使命に費やす時間が流れた。
 ・無の揺らぎからエネルギーを生む動力に限界を迎えていた。U+1F728は、その時も正確に知っていた。
 ・U+1F728はふと思った。果たして自分はその生命宇宙の脳細胞の構成物だったのだろうか、はたまた筋肉の細胞の構成部だったのだろうか、と。生まれて初めて微笑んだ気がした。
 ・U+1F728は最後の思惟を送った。生まれ故郷、父なる地球と母なる人類の記憶だった。
 ・西暦51億年、U+1F728は短い無機生命を全うした。目の前には衝突を回避できないアンドロメダ星雲が二つ目の天の川となり迫っていた。


テーマ : 技術的特異点
ジャンル : コンピュータ

フラメンコな夜に思う事

毎年暑気払いするお友達と今年はフラメンコへ行ってきました。

フラメンコ siroco素晴らしい、と いつも聞いていた男性ダンサー/Sirocoさんの1年半ぶりのGranDeseoステージは女性陣も揃って素晴らしい熱演と迫力でした。盛り立てるバックも、ギター・ヴァイオリン・歌い、ともにテクニシャンが揃い、エネルギーの漲るステージは、フラメンコに慣れたオーディエンスと相まってラストは熱狂のるつぼ。
もちろんアルコールも進み、私も熱中症気味の体に鞭打って?2stage楽しんできました。
・・・・・

個人的趣味の話で恐縮ですが、音楽やスポーツには『見てもやっても快感や感動感激がある』と常々実感しますね。写真(ブログがあります)には残念ながら「見てもやって(撮って)も」楽しさを超えるそれを味わうのがちょっと難しい気がします。(努力・感性が足りないだけ?! ^^; )

今や『やっても快感』のスポーツはスノーボード、音楽もelecギターだけになってしまいました。でも、続ける中で出来なかった事が出来たり、キレを感じる瞬間が味わえるのはやっぱり最高です。

そして『見ても快感』な良いライヴが一味違うのは当然の事、今回も楽しい時間でした。^^v


テーマ : LIVE、イベント
ジャンル : 音楽

最近は


マシーン・トレーニング(BIKE)をする

ほぼ毎日マンションのトレーニング・ルームでやってる。心身ともに健康第一!
MusashinoTerrace-TrainingRoom.jpg…なんて考えてる訳がないよねw
目的は一つ、冬のスノーボードで気持ちよくキレる滑りが出来る様にだよ。要はのため。
昨年、白馬の八方尾根で飛ばしていて緩んだ雪面に引っかかって逆エッジ大転倒!
3ヶ月くらい首は廻らないし左腕は痛い。今度やったら絶対にOUTだから、快感滑走の為に鍛えるしか無いよね。(怖いから医者に行かなかった…汗)

今は30分で12kmくらいのピッチだから時速24km/hでしかない。基準はケイデンス90rpmで30分、心拍120代前半をキープする事。徐々にBIKEのレベルを上げている。
昔ロードに乗ってた頃から行けば30km/hくらいで30分、心拍120代前半にはしたいよね。
ラスト30"はダッシュで心拍は140くらいに上がるけど、1分半くらいで120台に戻る様になってきた。嬉しい。

良い事もあるよ。
1. お腹がすいて、肉を食べたくなる事が増えた

2. 体重は少し増えたけど、体脂肪は-1.0でウェストも細くなってる

3. 脚に筋肉がついて下り階段をピョンピョンと降りられる

冬のスノーボードの快感目指してがんばる!

時計をしない

Rolex_ref5513.jpg33年の間、腕にず〜っといた時計を外した。常に時計の時間コントロールにいるのをもぅやめようってね。
時間は生きている限りず〜っとあるんだから、自分のズムの方を優先しなきゃって決めた。長い間、ホントにありがとう。
機械式だから、これで止まっちゃう。大切にとっとくからね。

左腕が軽くて不自然なのが悲しい。それだけ腕時計に身体も慣れちゃってたんだ。それがわかっただけでも嬉しいね。

何だかつまらない事でも一つ一つやる事が嬉しい。なぜかこの頃そんな感じ。


テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

地球はね、宇宙の地獄なんだよ

青く光る惑星、地球。生命に満ちあふれ、知的生命体"人間"存在する輝かしい星。宇宙広しといえども、こんな素晴らしい星は無いって言われてる。
そして今、人間は太陽系だけでなく宇宙空間にも生命体の存在を探索しているね。

《でも…見つからない。他に生命はいない…》

なぜ地球だけに生命がいるの? 他にはその痕跡さえ想像の域を超えないのはなぜ?
それはね、地球が全空間の罪を犯した意思・思惟の送られる地獄だからなんだ。全空間で全う出来ない意思・思惟は地球と言う恐ろしい星に生命"体"と言う 想像すら恐ろしい物体になって送られるんだ。

《それはそれは とってもとっ〜ても恐ろしい事なんだよ》

本来生命は思考、"身体"は不要なんだ。思考だけで存在しているんだよ。思考・思惟が全空間を満たして大きくしているんだ。人間が言う宇宙なんてそのほんのその隅っこの一部形態だよ。

《なぜ地獄なの?》

人体という物質に埋め込まれた意思・思惟は物体の終わりが死だね。生命は意思・思考だってわかるよね、それが抜けた生命体が死体なんでしょ。
でも物体はエネルギーを必要とするよね。エネルギーって何? そうだよ、他の命=思考を殺さない限り生きられない。生きとし生けるもの、全て何らかの生命体を喰い殺しながら生きる事しか出来ないんだ。
わかった?!

《生命体に溢れている事がどう言う事か…》

それだけじゃないよ。生命体と言う制約物質に伴う想像の限界、煩悩なんて恐ろしいオマケ付き。ちゃんと思考する事さえ出来なくなっちゃう。地獄は怖いよ…そんなの、怖過ぎる。

《だから生命体を探したって、地球以外で見つかるわけ無いんだよ》

地球と言う地獄が完成したのは人類が生まれたからなのに、その人間がもっとヒドイ地獄を勝手に考えているのは面白いよね。でもそれさえ とんでもなく勘違いしてるね。

《それは地獄じゃない》

人間の考えた地獄は自分が苦しむ事でしょ。わからないだろうなぁ…
自分の苦悩・死? それはね… あっ、時間が来ちゃったよ。じゃ、また来るよ。
次にこの宇宙の友達、君たちが神さまと呼んでる意思、と会えるのは…時間という微尺度だと。

《良かったねぇ、この地球は無くなっちゃってる》


テーマ : 独り言
ジャンル : その他

「セクショナリズムを無くせ!」この愚かさ

実はセクショナリズムの未熟さ・曖昧さこそが日本企業の弱点。
自己完結・等の合言葉を元に各企業が"何でも出来る" いや、なんでもやってしまう企業人を良しとする。本来は組織として越権行為であり、その行為が組織を崩壊させる。

もっと危険なのは、仕事が個人に付いて廻る様になり、どんどんと自部署の業務(章程)が不明瞭になる事。それは組織の責任を薄くし、ここまで自分たちがやればゴールだ!という境を不明にさせる。

「この仕事、我々組織の仕事はここまで」の明瞭さがない。それが悪にとられる愚かさを知るべき。
若手・未経験者に本来なすべき事を明確に引き継げず、育つ芽と組織を潰しながら存在理由の弱い組織が乱立する。都合の良い全体主義的組織。責任を逃れ、互いに寄りかかりながら社のプロジェクト・目標を目指す。

仕事自身は、会社の規模が大きければ大きいほど、その存在自体が生きていて勝手に集束する。
その時もし貴方に満足感が味わえなければ、その企業は『セクショナリズム否定・自己完結社員推奨というブラック企業』かもしれない。

この様な幼稚な組織・会社は日本では枚挙に厭わない。しかし、絶対に違うのが生産ライン。日本の物作りが優れるのは完成されたセクショナリズムの極地。他の生産工程が遅れようが、それを助けに行く様な愚かさなどありえない。『自己完結ではなく、自工程完結』なのだ。

しかし、技術・事務系は実に弱い。個々の仕事の明確なボーダーラインが良くわからない事が多々。だから全力疾走出来ない。そりゃそうだ、どこがゴールだかわからないんだから。
待っている結果は、脆弱なオリジナリティのモノマネ体質。業界トップリーダーの企業なら社員の全力疾走の先に生まれる先端技術こそが存在価値。…弱い。
Fordもappleも日本から生まれる事はあり得ない。日本は自動車産業が一つの花。でもそれは他国のオリジナル"CAR産業"のコピー。ハイブリッド? 所詮その中のテクノロジーの一つでしかない。
そのうちオリジナルの技術・商品そのものが保証され展開できなくなる程に知的財産権は強くなる。その時は自動車の様に"イタダキ技術"でなど生きられないだろう。

将来の企業・組織崩壊の準備は出来た。
泥舟は大海に出陣したのだから、もう戻る事は無い。

テーマ : これでいいのか日本
ジャンル : 政治・経済

TOYOTAがPCメーカーの二の舞になる日

kokotonPAPAが所謂パソコンに手をつけたのはNECのTK-80。モニター、キーボード、もちろん無い。ワンボードのハードだけ売ってた。プログラムは自分で組む。

その後、日本ではNECの独壇場でMS-DOSなる統合OSが現れてからWindows初期まで、PC-98シリーズ等で席巻。世界ではIBMがMS-DOSの標準アーキュテキュチャーとして君臨した。

ハードメーカーが頂点にいた時代。

今、PC界を手にしたのはハードメーカーではなくソフトメーカー。OSなくしてPCが成り立たない事を作り上げたmicrosoft、その後もgoogleであり、独自OSとハード両立にこだわったapple。それはPCからスマホへと続いている。

PC本体など各パーツの寄せ集めの方が簡単で安い。PCパーツの制約は対応OSが握る。

PCが家電並みに整ったのはインターネットじゃない。それを誰でも簡単に使えるプログラム(高度なアルゴリズムと処理能力)を処理可能にした cpuとmemory の力。その進化。

それはあっという間にスマートフォンと極小進化した。これからも信じられない進化を続け、込み入った判断のプログラムをセンサーと合わせて機能向上させて行く。それを生かすのはソフト。

でも、自動車本体の機械的メカニズムの本質は大きな進展は無い。

日本のお家芸 自動車業界などソフトメーカーのコントロール下にくだり、全ての安全回路はスマホの情報をも含めてソフトメーカーなしに成り立たず。自動車の個別パーツ仕様はソフトが制約をかける.....。動力がEVにシフトすれば、様々な業界から参入.....。
(だいたい回転系の駆動は内燃機関から電気モーターに取って代わられるのが宿命)

自動車メーカーが世界の産業界に君臨なんて昔話?、まさに今のPCの世界。
10年後、世界最量販車はiPhoneXと連動するフロントガラス全面HUDのappleのEV車"iCar"。ボデー周りは分割・子会社化されたTOYOTA。そんな姿が見られる.....かも。

歴史は繰り返す。








次は   "人間"   ?!

テーマ : 思うこと
ジャンル : その他

要るのは "判断" そして "創造" だよね

よく他人に突っ込まれると、モゾモゾとハッキリしない人いるよねぇ。あれは本当に自分が判断した自分の意見なのかねぇ。
自らの判断こそが信じられる一番の判断に決まっている。他人の情報や意見にウロウロしていても始まらないよ。

以前は情報が少なく、論評や他人の意見から情報を集めざるをえない時代だったから仕方が無い様な気もする。でも今はインターネットやイントラネット(早くも "死語" だね)の普及に伴って自分で必要な情報を得られる様になったからね。客観的な情報を自分で集めて判断出来るよ。評論家など不要な時代が来るだろうね。
もちろん意見を取り入れるのは大切な事、言うまでもないよね。でも、その判断を自分で出来ないなら必要の無い人間と言う事じゃないの。

『それなら、現代音楽のコメントなんか アップするな!』って? 違うよ、あれは「他人がどう聴こうが、自分はこう思う!」って自分の判断。他人の意見にウロチョロ左右されない事だよ。情報(作曲年代とか歌詞、楽器構成とかね)だって国内にないなら海外サイトを探せばいくらでもあるからね。

何やったって同じでしょ、きっと。自分らしさが大切だと思う。他人が何言ったって関係ないよね、やるのは自分だからね。まぁ、性格を変えられないってのもあるけど......ね。^^ゞ


そして、自らが作り出す事こそが全てだよね。個人的には、趣味・遊び、仕事だって同じだよ。

自分のやる事・やった事(創造した事)が一番大切。

手直ししたりだとかは誰でも簡単にできるよね、オリジナルさえあれば。でも、それが無ければ何も出来ないと言う事だよ。
プログラムは作るのは大変だけど、一部修正して自分のものにするのはいたって簡単。既存のものを立て並べ 手配した処で、手配師に創造性はない。考える事とは創造性が必要な事なのだから。オリジナリティなくして何が楽しいのかなぁ??

真に必要なのは自らが作り上げる事だよね。世の中の進歩は創造だけが作り上げて来たんだ。自分のオリジナルアイディアの具現、イノベーション。
もちろん、クライアントが真に必要とする事への対応は必要だね。時によりエンドユーザー、エージェントと変わる事はあるが趣味も仕事も皆同じ。

えっ、また?『お前の野鳥写真は、鳥は小さいし話にならんよ。全くつまんない!』って。 イイんだよ、アマのkokotonPAPAのクライアント(出資元)は kokotonPAPA & MAMA だからね。クライアントが喜ぶオリジナリティある写真こそが必要。だから他人がどう言おうと それが無ければ進めない。進めば共感してくれる人も出てくる...きっと、....多分、ねっ。^^v

自分は自分、何やっても それが楽しい!
それが生き方。


テーマ : ひとりごと
ジャンル : その他

「遺骨と埋葬」について真剣に考えた事、ありますか?!

kokotonPAPA's family はお墓を持たない予定です。もちろん私の遺骨は散骨・等の処理をしてもらうつもりです。現実問題として古くからの家柄でもありませんし、自分の生きた証拠は皆さんの心に残るもので、魂の無い亡骸はすでに自分にあらずと思うからです。もちろん負担も疎かに出来ない問題です。それが自分としての最良のエターナルだと思います。

お知り合いの井上光興氏と先日お会いした時に、以下の様な活動をされていらっしゃる事を伺い、賛同すると共にここに紹介させていただこうと思います。(是非、クリックしてお読みいただきたく思います)

収骨・埋葬 に関する提案_ あいさつ

提案チャート_遺骨・埋葬のこと


色々な選択肢がある事が大切なのではないでしょうか。皆さんは、いかがお考えでしょうか。




人の命の価値

人の命、誤解を恐れずに言えば何の価値も無い。全宇宙から見れば、今この時に地球から人類が滅亡しても何ら意味を持たない。
存在すら意味が無い。原発がどうのこうの言ったところで、太陽(の中心部)は人間が逆立ちしても作れない無限サイズの核融合炉。自然破壊だ何だと言ったところで自然そのものが滅ぼすサイズに較べれば比較の必要も無い。そもそも太陽系そのものが消滅しようが、この銀河が消滅しようがマクロ世界の宇宙から見れば、地球の砂一粒が行方不明になった程の価値もないサイズであり、事実なのだ。

人間は無から物を作り出せない。宇宙という物理的組成物の並び替えで新しい!と言っているだけ。人の思考など、その組成物の微弱な電気信号や伝達物質のやりとりでしかない。殆どが空虚に見える宇宙全体にもニュートリノやヒッグス粒子を介し同じ様な信号が流れているのかもしれない。だとすれば......

人間の存在は宇宙で稀か。仮に唯一無二、1/∞の存在であったとしよう。それでも蒸発したところで何の意味もなさないだろう。
死?生? 考える必要あるか? 死は宇宙の組成の一部に回帰する事に他ならない。太陽の終焉とて同じ事。原点回帰。宇宙の灰塵に戻れるのだ。

つまらない事でくよくよしている必要など全くない事を理解すれば、そう!死だろうが敵だろうが、ネガティブな事は考える必要なし。自分の思った通りに生きられる。
ん? 安易な結末に落とし過ぎか......


テーマ : こころのままに
ジャンル : その他

今考える、中途半端な平和は正常か

相手に勝つ事。これが全ての進化と生存の源。捕食者はより獰猛で理知的に。被捕食者は圧倒的数で避けるか、逃げ果せるスピードか、静まりかえる擬態か、知性的には劣る。それでは被捕食者が絶滅する機会が多いか。違う。それは過ぎたる捕食者も同じ道を辿る。互いの進化は必須。生き残りの為の進化の力比べだ。生き残る事そこ全て。そこに半端な平和など入る余地はない。

人間には手段という手がある。武器、兵器だ。人間の技術力はそれを飛躍的に向上させた。原始的な生命体は、現在人間にまで進化した。それは戦いの果て。では平和は手にしたか?

人間以外の生命体は、選ばれた物だけが生き残れる。身体に問題が起れば、直接的に死に結びつく。
人間は思考と技術を得たおかげで、物体的には生き延びれない個体さえも生きさせる。人間だけが異なる部分。進化の一端だろか? それは平和を手にしたのか。

今この時も、人間対人間、人種間、宗教間、国と国、人は戦う。生命体の本能は殺傷の世界を常に地球上のあらゆる場所で発生させている。直接的殺傷にならずとも経済戦争の様に身の回り全ては戦い。進化した人類(仮にそれが進化だとして)の今でもなんら変わらない。
全ては相手に打ち勝つ事が生きる基本だ。勉強しかり、スポーツしかり、仕事しかり、全ては比較という戦い。
常に勝者と敗者がいる世界に変わりはない。人間が手にした技術。その頂点にいるのは兵器の技術。戦いの技術。最新テクノロジーは国家を巻き込んだ兵器産業から進化して行く。戦略・戦術は軍隊=国家の考え。全ては戦い争いに勝つ事が基本。

勝ったものだけが生命体の存在に貢献した事になる。勝者こそ存在理由。
中途半端な平穏と平和だけを信じたい日本人に一番欠けている問題。
被捕食者サイドで攻撃をかわすアイディアを研ぎすますか、捕食者サイドで知恵を絞るか、いずれに生まれても新しい事にチャレンジし貢献せずして生きる理由なし。

テーマ : ひとりごと
ジャンル : その他

プロフィール

kokotonPAPA

Author:kokotonPAPA


ものずき、おっさん じいさん、わがままきまま、すきほうだい、しななきゃなおらない.

 kokotonPAPAのブログ  ホームページtop  メールtop



1.このblogで言う現代音楽
2.マーラー交響曲第5番 150CD
 (名盤・珍盤 聴き比べ)

カテゴリ
個人的お奨め度*
★   こんなもん?
★★  悪くないね
★★★ 最高です!
☆   +0.5
お友達ブログ
kokotonPAPAカウンター
unique-access