バイロイト音楽祭2017 ワーグナーの楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」を NHKプレミアムシアター で観る

今年のバイロイト音楽祭の初日を飾った『ニュルンベルクのマイスタージンガー, Die Meistersinger von Nürnberg』ですね。新演出となり、前衛でならすカタリーナ・ワーグナー(R.ワグナーの孫で音楽祭総監督ですね)からバリー・コスキーの演出になりました。

BayreutherFestspiele2017-DieMeistersingerVonNürnberg

演出
ユダヤ系演出家B.コスキーが持ち込んだのは二つ。①ワーグナーの反ユダヤ主義と②ワーグナー家族・知人関係を配役に当てはめています。そこにはワーグナーやリスト(ワーグナーの妻であるコジマの父です)達が現れます。デフォルメされた張りぼて頭や大風船のワグナーも現れ、その頭にはユダヤの帽子が被されています。そんなネガティヴ・テーマを自虐的に登場させる演出はバイロイトならでは?!
ラストはザックスのドイツ芸術を讃える歌の後、前奏曲をザックス演じるワーグナーが舞台上のダミーオケを指揮をして終わります。

舞台衣装
前奏曲でピアノから何人ものワーグナーが出てきます。第一幕はそのままワーグナー家「ヴァーンフリート荘, Villa Wahnfried」で聖カタリーナ教会ではありません。第二幕は草原(背景は第三幕)、第三幕は1945年のWWIIのニュルベルク裁判法廷で、戦勝国の国旗が見えます。
衣装はアヴァンギャルドさはなく、マイスタージンガーの時代背景的?です。

配役
それぞれがワーグナーと、取り巻く人物になぞらられています。(下記<出演>を参考下さい)
そっくりさんショーを除けば、まずは同じみヘルデンテノールのフォークト演じるヴァルターですよね。その伸び伸びとした軽やかなテノールの第三幕第五場「朝はバラ色に輝いて」は感動的です。
光ったのはポーグナー役グロイスベックと役得ザックスのフォレのバス-バリトンで、演技も合わせて楽しさいっぱいでした。ほぼ主役のミヒャエル・フォレは楽しませてくれましたね。
それにしてもリスト役のポーグナーを演じる、グロイスベックはリスト(の写真)そっくりw

音楽
P.ジョルダンの指揮はかなり抑え目に感じてしまいましたが、いかがでしょう。



全体としては、リストやワーグナーそっくりさん等々に面白さはあったものの、この楽劇に感じる4時間をゆうに超える長さは払拭できませんでした。

問題の香りがするドイツ・芸術を讃えるザックスを最後に浮き立たせる様に反ユダヤ舞台展開をしたり、エヴァが愛した2人(ザックスとヴァルター)を共にワグナーにしたりと刺激のある演出ではありました。もっと視覚的にもアヴァンギャルドさを期待してしまいますね、バイロイトですからw

ワグナー役のザックスが、憎まれ役ベックメッサーのユダヤ人指揮者レヴィをばかにした態度をとったり、本来の喜劇的演技はそのまま生かされて楽しめました。

ネットでの現地の印象、音楽と政治的背景の関連付けについての反応は様々な様です。




<出演>
ハンス・ザックス(靴屋):ミヒャエル・フォレ [Michael Volle]
 → 老ワーグナー
ファイト・ポーグナー(金細工師):ギュンター・グロイスベック [Günther Groissböck]
 → リスト
ジクストゥス・ベックメッサー(市役所の書記):ヨハネス・マルティン・クレンツレ [Johannes Martin Kränzle]
 → へルマン・レヴィ (指揮者Hermann Levi, 1882年パルジファル初演を振った)
  実はクレンツレもレーヴィ(の写真)にそっくり!!
ヴァルター・フォン・シュトルツィング(若い騎士):クラウス・フロリアン・フォークト [Klaus Florian Vogt]
 → 若きワーグナー
ダーヴィット(ザックスの従弟):ダニエル・ベーレ [Daniel Behle]
 → 前奏で現れたワーグナーの一人
エヴァ(ポーグナーの娘):アンネ・シュヴァーネヴィルムス [Anne Schwanewilms]
 → コジマ (ワグナーの奥さんで、リストの娘です)
マグダレーネ(エヴァの乳母):ヴィープケ・レームクール [Wiebke Lehmkuhl]
 → ポーグナー家の女中

<合 唱> バイロイト祝祭合唱団
<管弦楽> バイロイト祝祭管弦楽団
<指 揮> フィリップ・ジョルダン [Philippe Jordan]
<演 出> バリー・コスキー [Barrie Kosky]

収録:2017年7月25日 バイロイト祝祭劇場(ドイツ)

*例えば「barrie kosky Die Meistersinger」等で検索すると情報が色々出てきますね。

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

R.シュトラウスの「英雄の生涯」を カラヤンBPOの3CD + シュトラウス本人指揮で聴き比べ

リヒャルト・シュトラウス(Richard Georg Strauss, 1864/6/11 - 1949/9/8) の代表作の一つで最後の交響詩『英雄の生涯, Ein Heldenleben (作品40)』ですね。

次週(2017年8月24日) ファビオ・ルイージ/読響のコンサートがあるので予習です。

R.シュトラウスといえば、やっぱりカラヤン(Herbert von Karajan, 1908/4/5 - 1989/7/16)とベルリンフィル(BPO)。3CD出していますので聴き比べしましょう。そしてR.シュトラウス本人の指揮も残っていますので参考に。全て第2稿を採用しているのでラストは盛り上げです。(ルイージは第1稿を採用)

この曲は途切れ目がないのでポイントは以下ですね。
[1. 英雄] ➡︎ 木管楽器で [2. 英雄の敵] ➡︎ ヴァイオリン・ソロで [3. 英雄の伴侶] ➡︎ トランペットのファンファーレで [4. 英雄の戦場] ➡︎ 4.の英雄の凱旋の後が [5. 英雄の業績] ➡︎ 5.の最後一呼吸の"間"、その後全休止で [6. 英雄の隠遁と完成]



Karajan BPO / 1959
[DG]
「1.英雄」は見通しの良い演奏、vnのBPOコンマスのミシェル・シュヴァルベ(Michel Schwalbé)が感情移入と切れ味を見せる「3.英雄の伴侶」は、オケの英雄との会話が素晴らしいですね。「4.英雄の戦場」は抑え気味、「5.英雄の業績」ではR.シュトラウス自身の曲の引用をスケール大きく奏でます。「6.英雄の隠遁と完成」は叙情性が高い演奏です。
・・・・・
切れ味と表情豊かな流れがスマートな「英雄の生涯」で好きな演奏です。古い録音ですがリマスターで音質が良くなったのは嬉しいですね。
iTunesに入れてあるのはこの演奏ですから一番馴染みがあります。




Karajan BPO / 1974
[EMI]
「1.英雄」で音に華やかさが増しました。抑揚は抑え気味になりましたが重厚です。「2.英雄の敵」では木管のヒソヒソ話の様な音色がよりそれらしく、流れは陰影が強くなっています。「3.英雄の伴侶」のvnは同じくシュヴァルベですが控え目軽めで、オケの英雄もややフラットに感じます。(録音上の問題?) 「4.英雄の戦場」はアゴーギクを強くしてより切れ味と激しさを追求、その後の2パートも彫りの深さが増しました。
・・・・・
華やかで重厚に、「4.英雄の戦場」も激情的になってカラヤンらしい展開になりました。ですが「3.英雄の伴侶」のフラットさは残念、「6.英雄の隠遁と完成」が憂いから見晴らし良くなったのは迷う処ですね。



Karajan BPO / 1985
[DG]
「1.英雄」は より華やかで重厚に、「2.英雄の敵」では敵を密度高く、「3.英雄の伴侶」のヴァイオリンはBPOコンマスですがレオン・シュピーラー(Leon Spierer)になり、エモーショナルさを優先してオケ英雄とのバランスが良いですね。「4.英雄の戦場」「5.英雄の業績」も聴きごたえがあり、「6.英雄の隠遁と完成」では英雄の心を穏やかに描きます。
・・・・・
カラヤンの「英雄の生涯」完成形でしょうね。華やかさ・重厚・見通しの良さ、隙のない完成度にカラヤンらしさを感じるのは先入観?!



R.Strauss Bayerisches Staatsorchester / 1941
[DG]
R.シュトラウスが音楽監督(1894 - 1896)を務めたバイエルン国立管弦楽団との演奏です。このBox(Strauss Conducts Strauss, 7CDset)ですとドン・ファン、ドン・キホーテの他、ベートーベンの第5番や第7番・等で指揮者としても大活躍だったシュトラウスが楽しめますね。

「1.英雄」はモノラルながら出し入れの良い雄大さを感じ、「2.英雄の敵」は敵と英雄の不安さの対比を明確に感じます。「3.英雄の伴侶」のvnはプラチドゥス・モラーシェ(Placidus Morasch)で表現良くオケ英雄と絡みます。「4.英雄の戦場」「5.英雄の業績」録音音域の問題で迫力に欠けるの仕方ありませんが、キレのある演奏、一番気になった「6.英雄の隠遁と完成」の英雄の表現は "翳りはなく最後に静かな死を" の感じでした。
・・・・・
的確な表現と演奏のマッチングと流れが良く、聴き易い演奏です。もったいぶったタクトを剥がしてコアにした感じでしょう。なるほど、これが本人の「英雄の生涯」か!! といった感じです。
1941年録音としては音は良く、今から見れば当時の速さが再認識できる事ですね。(全てにおいて現在はスロー重厚化してのが事実ですね)






①オススメなら、最後のカラヤンBPO(1985年 DG)
②個人的好みは、最初のカラヤンBPO(1959年 DG)
一度は絶対聴いておきたい、シュトラウス本人指揮の演奏
という事になりますね。
^^

個人的には「3.英雄の伴侶」でのvnとオケの掛け合い、「6.英雄の隠遁と完成」の英雄の表現がポイントなのですが、さてルイージ/読響はどう楽しませてくれるでしょうか。




テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

デヴィッド・ローゼンブーム(David Rosenboom) ウイリアム・ウィナント(William Winant) の Zones of Influence を聴く

ニューロフィードバック(Neurofeedback)のアルゴリズムで知られる米現代音楽家 デヴィッド・ローゼンブーム(ローゼンボーンとも, David Rosenboom, 1947/9/9 - )は以前から紹介済みですね。

このブログのD.ローゼンブームの関連投稿記事

本アルバム(2CD, 2014年)は米パーカッショニストのウイリアム・ウィナント(William Winant, 1953- )と組んだ作品で、ローゼンブームがエレクトロニクスを担当したDuoになります。
W.ウィナントはジョン・ケージやジョン・ゾーン他、著名なミュージシャンとのコラボが多数ありますね。

全5曲で異なるパーカッション組合せと、異なるアルゴリズムで構成されています。"Touché" と呼ばれるコンピューターアシスト・パーカッションを使い、エレクトロニクスはそれに関連づけされる様になっているそうです。

Zones of Influence / David Rosenboom

CD(左), mp3(右) になりますね

Part I
The Winding Of A Spring
The Stochastic Part - The Tripartite Structure
ポリリズムに電子(楽器)音ですが、同期したりいろいろです。ただ、どこまでがパーカッション(computer assistedですが)なのか、どの音色がelectronicsなのか良くわかりません。ギザギザしたフリージャズっぽい感じです。そう感じるのはスネア音が強いからかもしれません。音階楽器音はジグザグ跳躍音で古い無調の音列配置風な気配です。

Part II
Closed Attracting Trajectories
Melody Set 1 - Melody Set 2
マリンバが主役になり、機能和声風の旋律やトリル・トレモロが存在し、それにオンド・マルトノの様な電子音が薄く被ります。Set2ではその代わりに音数が増え、心地良さからポリリズムにシフトします。空間音響系かな。

Part III
Given The Senses The Real Pregeometry

ハイテンポで細切れの無調のパッチワークみたいな曲で、色とりどりの音色が交錯します。

Part IV
Epigenesis, Ontogenesis, Phylogenesis, Parthenogenesis

胴の長い民族打楽器の様な音色が主役です。そこに空き缶の様な音階が等拍リズムの音列配置的に入ります。その組合せが妙で面白いですね。

Part V
The Buckling Of A Spring

やっと出て来たローゼンブームのノイズ系サウンドでカオスです。ウィ〜ン・グルグルル・ギュ〜ン的w そして第一トリオ(笑)でvnの様な音色がトリルで主役に現れて、それにキラキラ音が絡みます。そこから再びvnのグリッサンド主体のノイズ系カオスになり、最後は電子ノイズが飛び交いながら静まります。
Study For 'Zones'
オルガンのバロック音楽風で入る変わった形から、民族音楽風打楽器音とフュージョンのシンセサイザーの様な音色の音階の絡みに変わります。パートVの二曲は面白いですね。



米現代音楽と言ってもニューヨーク・ミニマルの様な音楽ではなく、エクスペリメンタリズムの前衛です。D.ロゼンブームは欧エクスペリメンタリズムとの直接的接点はありません。
エレクトロニクス(含む,コンピューターアシストの打楽器)技法的には面白いのでしょう。Part I, IIIは無調音列配置的サウンド感が強く古臭い感じです。Part II, IVは面白いですが、楽しさはラストのPart Vでしょうね。
いずれも後半に向けてサウンドが複雑化して行くD.ローゼンブームの構成です。






テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

マリス・ヤンソンス指揮 バイエルン放送交響楽団 の マーラー交響曲第5番を聴く

マリス・ヤンソンス(Mariss Jansons)のマーラー第五番新録音が先月発売になりましたね。手兵のバイエルン放送交響楽団(Bavarian Radio Symphony Orchestra)を振っています。

既発売*のロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団(Royal Concertgebouw Orchestra)と聴き比べしましょう。
*他にもバイエルンの自主制作盤?と非正規録音盤が存在します



まずはRCOとのライヴ、ヤンソンスは2004年から2015年まで首席指揮者を務めました。「マーラー交響曲第5番 160CD 聴き比べ」でインプレ済みですが、再度聴き直しです。

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
[RCO Live] 2007-10/18,21 2008-1/16,17
第一楽章・第二楽章
第一楽章はややスローで落ち着いた葬送行進曲、第一トリオでは目醒めてテンポアップかつ激しさを見せ、第二トリオでは控えめな弦の音色から抑えめの展開です。第二楽章第一主題は切れ味良く、第二主題では第一楽章第二トリオの回帰でコントラストを付けます。殊更の重厚さと激しさは避けていますが、主流派的な第一部です。
第三楽章
ややスローなスケルツォ主題、レントラー主題は優美に推移し、第三主題も落ち着いています。展開部再現部も同様に控え目でスローな流れ、正統派ですが第一部同様ややシャープさに欠ける気がする第二部です。
第四楽章・第五楽章
アダージェットは、9分台前半の演奏時間(テンポ)も含めて、抑えの効いた情感で好きなパターンですね。最終楽章は第一・第二主題がうまく絡みながらの落ち着いた流れで展開部の山場を抑え気味に、再現部の山場からコーダは壮大に、ラストのアッチェレランドは抑え気味ながらビシッと決めますね。この第三部が好みでしょうか。
・・・・・
スパイスに欠けるきらいは残るものの悠然と落着き払ったマーラー5です。
全体として独特の個性を感じる演奏ですね。
ラストのとって付けた酷いアプローズは何?!w





今回発売のバイエルン放送交響楽団(Symphonieorchester des Bayerischen Rundfunks)との昨年のライヴです。2003年から現在までヤンソンスが首席指揮者を務めており、ほぼ同時期にRCOと二つのビッグネイム・オケの首席指揮者を務めていた事になりますね。RCOの8年後のこの演奏は第四楽章以外は演奏が長くなっていますがそれを感じません。

バイエルン放送交響楽団
[BR Klassiks] 2016-3/10,11
第一楽章・第二楽章
葬送行進曲は適度なテンポと重厚さが付きました。第一トリオでも切れ味が増して、第二トリオも適度にテンポを確保しています。(第一トリオの途中でテンポダウンする特徴は同じですね) 第二楽章第一主題は速さ控え目、第二主題はコントラストを付ける様に第一楽章第二トリオを回帰させます。第一楽章でより顕著ですが、RCO録音より切れ味が増して見通しの良くなった第一部です。
第三楽章
ゆったりとしたネルソンスのスタンスはそのままに、スケルツォはよりリズミカル、レントラーは美しさを増しています。第三主題はゆったり構えた中に切れ味を増しました。スタンスはRCOと変わらずに聴き慣れた方向にシフトした第二部ですね。
第四楽章・第五楽章
アダージェットは9'を切り 速くなっていますが、ディナーミクを付けています。濃くなってしまった感じで残念です。最終楽章はRCOと良く似た傾向にありますね。
・・・・・
RCOに比べると処々でメリハリが付きより王道的なマーラー5になりました。鬼に金棒と見るか、没個性化と見るか…
根幹部分の悠然としたヤンソンスのスタンスは変わらないので、オケの個性と言えるかもしれません。ドイツのオケと組むとこういう傾向になるのは今までも他の指揮者**で聴いています。
**J-P.サラステ、M.シュテンツ、等がそうでした。





テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

NHKプレミアムシアターで観る ベルリン・フィル ワルトビューネ・コンサート2017 の素晴らしさ

前半のウィーン・フィル シェーンブルン夏の夜のコンサート2017 は今ひとつでしたが、ベルリン・フィル ワルトビューネ・コンサートは楽しめました。

メインにワーグナーの指輪のダイジェストを持ってきたのですが、何と言ってもアンコールの3曲が白眉でしたね。
トリスタンとイゾルデの「イゾルデの愛の死」はゾクゾクするものを感じました。ローエングリンの「第三幕前奏曲」も尻切れとんぼではありましたが、切れ味鋭い演奏でした。
そして最後のお約束、ワルトビューネはこれと決まってますね、パウル・リンケ作曲の「ベルリンの風」では指揮のG.ドゥダメルが、この日のコンマス ダニエル・シュタブラーヴァに変わってvnを弾きました。同じくBPOの第一コンマスを務める樫本大進ともこの笑顔。ボウイングもしっかりと合ってましたね。

WaldbühneBerlin2017

最高の盛り上がりで楽しめました。CD・映像化されたら絶対欲しいです。
そうそう、首席ヴィオラの清水直子さんもしっかり映ってましたね。


テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

オスモ・ヴァンスカ指揮 ミネソタ管弦楽団 の マーラー交響曲第5番を聴く

オスモ・ヴァンスカ(Osmo Vänskä, 1953)とミネソタ管弦楽団のマーラー第五番が出たので単独でインプレしましょう。本来は「マーラー交響曲第5番 160CD 聴き比べ」に入れるのですが、それは今後。

フィンランドのシベリウス音楽院で指揮を学んだヴァンスカの同期にはエサ=ペッカ・サロネン(Esa-Pekka Salonen, 1958)、ユッカ=ペッカ・サラステ(Jukka-Pekka Saraste, 1956)、がいますね。

サロネンは来日公演の6番が素晴らしかったですが、5番はCDも残していません。サラステの5番(2013年/Profil盤) は素晴らしいですね。
シベリウスやラハティ交響楽団の印象が強いヴァンスカ、ゴタゴタがあったミネソタ管との昨年6月のセッション録音はどうだったでしょうか。


Mahler Symphony No.5 / Osmo Vanska - Minnesota Orchestra
[BIS] 2016-6

第一楽章・第二楽章
第一楽章ファンファーレからいきなりギクシャク感のスロー、おとなしい葬送行進曲、第一トリオでは表情を変えますが緩め、第二トリオは弱音で入り柔らかな印象で個性的?!
第二楽章第一主題も抑え目でギクシャク、第二主題も静音,スロー&マイルドです。展開部から再現部もマーラーの「最大の激烈さを持って」とは無縁、切れ味排除の曲者第一部です。
第三楽章
スケルツォもスローでhrはモタモタ、レントラー主題も微妙な揺らぎ、それ以降もいきなりのテンポアップとか読めない見晴らしの悪い残念な第二部です。
第四楽章・第五楽章
アダージェットは薄く細い流れで山場も抑える好みの演奏、間を取りすぎなのは別として冷たく澄んだ流れは良いですね。
最終楽章の入りのhrは間を取り過ぎ、その後は適度に主題を絡ませながら常識的に進んで(軽快感は低いですが)、展開部の山場を盛り上げ、再現部では山場・コーダを見事に〆てラストはあっさり風w。
とはいえこの第三部は1-3楽章より遥かにマシです。



スロー&マイルドと奇妙な揺さぶり、そして管楽器のギクシャク。咳払いでもして喉のつかえを振り払いたい様なマーラー5です。
一癖モノがお好きな通の貴方におすすめ、一聴の価値ありですw

ちなみにマーラーサイクルの第二弾は6番と2番が控えているそうです。危険な香りが…





マリス・ヤンソンスもコンセルトヘボウに続くバイエルン放送響とのマーラー5を先月リリースしたので次はそれを。(バイエルンの自主制作盤?と非正規を除く)


テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

デヴィッド・ラング(David Lang) の Death Speaks を聴く

米現代音楽家デヴィッド・ラング(David Lang, 1957/1/8 - )の連続インプレ3CD目、代表曲の一つ「Death Speaks (2013年)」は声楽曲集ですね。

カーネギー・ホールとスタンフォード大のStanford Lively Arts(音楽を含む舞台芸術)の共同委嘱作品であるタイトル曲と、Fondation de France の委嘱になるdepartで、テーマは"死"ですね。

Death Speaks / David Lang

death speaks (2012年)
-1. you will return, -2. I hear you, -3. mist is rising, -4. pain changes, -5. I am walking
  Shara Worden - vocals, bass drum
  Bryce Dessner - guitar
  Nico Muhly - piano
  Owen Pallett - violin, vocals
  (Produced by Bryce Dessner)

代表作『マッチ売りの少女の受難 The Little Match Girl Passion (2007年)』がバッハのマタイ受難を下敷きにしたのと同様に、シューベルトの弦楽四重奏曲第14番 "Death and the Maiden" にインスパイアされた曲だそうです。
 音楽家でもあるシャラ・ワーデン(Shara Worden, known as Shara Nova)のシンプルな歌声とD.ラングの悲しみのミニマルのコラボですね。音数は少なく、vocalの影に雨音を添えるような音色です。歌詞はD.ラングによるもので、5曲ともタイトルを主文とした散文詩(の様な?)になります。サウンドはご詠歌の様な気配です。

 ★試しにYouTubeで観てみる?
  -4. pain changesになります


depart (2002年)
  Elizabeth Farnum - vocals
  Katie Geissinger - vocals
  Alexandra Montano - vocals
  Alex Sweeton - vocals
  Maya Beiser - cellos
  (Produced by Eve Beglarian)

最後を迎える人の家族に優しく心地よい環境提供の為の曲で、死に対する瞑想だとD.ラングは書いています。
 チェロのサンプリングを使ったヴォーカリーズです。ヴォーカリーズとはいえ、トーンだけでvoiceのサウンドですね。ロングトーン構成・聖的ドローンの優しい楽曲で、何となくA.ペルト(Arvo Pärt)のティンティナブリ(Tintinnabuli)を思い起こしますね。

 ★試しにYouTubeで観てみる?
  マルチ・チェロ、合唱団、それとダンスのインスタレーションver.です




D.ラングらしい哀しみをたたえた美しい音楽ですが、個人的にはそれ以上に感じられません。ここでD.ラングを3CD紹介したのは何だったのか。Bang on a Canのメンバーで一人だけ違和感が拭えないD.ラングの再確認だったのですが、結果はやっぱり…感性の無さと駄耳の証明にしかなりませんでした。




このblogのD.ラングの関連投稿記事



テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

デヴィッド・ラング(David Lang) の This Was Written By Hand を聴く

連続インプレの米現代音楽家デヴィッド・ラング(David Lang, 1957/1/8 - )、とは言え今回は3CD分です。「This Was Written By Hand (2011年)」はピアノ・ソロ曲集ですね。

タイトル曲のThis Was Written By Handは、1993年にコンピューター化して以来ペンを使った作曲をしていなかったD.ラングの再認識になっています。ピアノ・ピースでAndrew Zolinskyにより2003年に初演され、Peter Helmに捧げられています。
もう一曲のMemory piecesは、年をとる事で周囲の人の死や変化が起こり、人はどれだけの記憶を消失せずにいられるかという事を元にしているそうです。8曲からなり、8人の思いでで作られています。

演奏はアンドリュー・ゾリンズキー(Andrew Zolinsky)になります。

This Was Written By Hand / David Lang

1. This Was Written By Hand (2003年)
 ミニマルで優しく美しい曲です。前半はフィリップ・グラスが浮かんでしまいますね。Film Music的な美しさを自分の脳が感じているのかもしれません。右手の高音域の澄んだ音色は、中盤以降で左手の低音域が入り対位的流れとなります。(低音が割り込むのは楽器編成での展開も含め、D.ラングの一つの典型で次のVIII. Beachにも見られますね)

 ★試しにYouTubeで聴いてみる?

2. Memory Pieces (1992-1997年)
I. Cage (in memory of john cage), II. Spartan Arcs (in memory of yvar mikhashoff), III. Wed (in memory of kate ericson), IV. Grind (in memory of jacob druckman), V. Diet Coke (in memory of betle snapp), VI. Cello (in memory of anna cholakian), VII. Wiggle (in memory of frank wigglesworth), VIII. Beach (in memory of david huntley)
 ピアノ・ソロのミニマルで、パート毎に違いはあるものの単音やトレモロ・トリルの連続です。譜面や作曲技法等々でしか読めない部分があるのかもしれませんが、わかりません。
ハッとする様な特徴的なパートを待ちながら、そのまま終わります。あえて言うなら、VIII. Beach がいいですね。



ディナーミクの存在しないフラットさ、主として単純反復のピアノ・ミニマルです。個人的にはそれ以上の印象が連鎖しません。
もちろん得意の静的美しさは素晴らしいのですが、Bang on a Canを彷彿させるものがあまり感じられない不思議さです。





このblogのD.ラングの関連投稿記事


テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

デヴィッド・ラング(David Lang) の Child を聴く

米現代音楽家デヴィッド・ラング(David Lang, 1957/1/8 - )は、もちろんBang on a Can創設メンバーで代表作の2008年ピューリッツァー賞 音楽部門(Pulitzer Prize for Music) 受賞作『マッチ売りの少女の受難 The Little Match Girl Passion (2007年)』は以前インプレ済みですね。

ここでCDを3枚ほど続けてD.ラングをインプレしてみようと思います。まずは所有の中で一番古い「Child (2003年)」ですね。

五つの楽曲はラングの子供の頃からの思いでを元に、楽器編成の異なる室内楽になっているとの事。演奏はイタリアのアンサンブル:Sentieri Selvaggi* になりますね。
*楽器編成:flute(piccolo), clarinet(bass clarinet), piano, violin(brake drum), viola, cello(brake drum), vibraphpone(percussion), brake drum

Child / David Lang

1. My Very Empty Mouth, for flute, bass clarinet, piano, violin, viola and cello
 フィリップ・グラスを簡素化したような典型的なミニマルです。反復の中に機能話声的な旋律が隠れます。

2. Sweet Air, for flute, clarinet, piano violin and cello
 単純反復のミニマルですね。小音で優しい音色ですが、後半で民族音楽的なモード・リズムがわずかに感じられます。

3. Short Fall, for piccolo, piano, violin and cello
 不規則さを感じる拍子の小楽器編成のミニマルです。

4. Stick Figure, for clarinet, piano, percussion, cello and two non-percussionists
 細い音に打音の絡むミニマルですが、ミニマル感は弱いです。支配するのは細い音色の音階楽器で、これは一風変わったサウンドが感じられますね。とは言え曲を通しての変化が無い、薄いのは他の曲同様です。
 ★試しにYouTubeで観てみる?

5. Little Eye, for cello and four non-percussionists
 チェロ室内楽協奏曲ですが、チェロの反復にピアノの小音ポツリポツリと拍子を刻みます。このアルバムを通して感じる構成感ですが、全体の流れはフラット。悪く言えば退屈さを禁じえません。



ポストミニマル系や多様化したミニマルは面白いですが、これは個人的興味外の変化の無いミニマル音楽です。
全体を通して静的で美しいミニマルで、この美しさがわからないの?!! って言われるかもしれませんがw






テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

今の時代の米現代音楽ならこの一枚, ジュリア・ウルフ(Julia Wolfe) の Anthracite Fields を聴く

好きな米女性現代音楽家ジュリア・ウルフ(Julia Wolfe, 1958/12/18 - )は、もちろんBang on a Can(以降BOAC) の創設メンバーの一人ですね。前衛とは一線を画すニューヨーク・ミニマルで、諸々紹介済みですので割愛です。

このアルバムは2015年末に発売された室内楽と声楽のためのオラトリオで、ペンシルベニア州の炭鉱労働者たちの過酷な環境を歌ったジュリア・ウルフらしい主張性の強い五楽章形式の楽曲になります。
その前年2014年に出たSteel Hammer(アメリカ開拓史伝説のアフリカ系アメリカ人"ジョン・ヘンリー"を歌っています)を思い出しますね。共に米歴史をモチーフとした構成ですね。

ちなみにAnthraciteとは高炭化度の無煙炭の事で米国が最大埋蔵量を誇って
います。良質石炭で当時は花形でしたが、現在の石炭業は微々たる規模です

フィラデルフィアのMendelssohn Clubによる委嘱作品で、2015年度ピューリッツァー賞音楽部門を受賞しています。ジュリア・ウルフは委嘱を受けて、炭鉱夫やその子供達の多くにインタビューを行い、様々な角度から表現したと書いています。(政治的な問題についても直面したそうです)
演奏はもちろんBOAC All-stars、合唱はThe Choir of Trinity Wall Street(cond. Julian Wachner) になります。2014年4月26日初演時の合唱は当然ながらMendelssohn Club Chorusでした。

Anthracite Fields / Julia Wolfe

1. Foundation
 1869-1916年の間の炭鉱夫の事故リストに乗った名前(姓)を歌っています。John名でAからRまでですね。
暗く淀む中に狂気の様な騒音、採掘機?の様な、が時折入ります。ドローンですが、歌詞は途中から詠歌の様に唱えられ声部の厚みを増します。その間も時折機械騒音の様なノイズが割り込み暗い空間音楽ですが、後半は声楽の厚みが宗教曲的に響く様に変化しミニマル的演奏も現れます。20'近い最も長い第一楽章で、素晴らしいです!!

2. Breaker Boys
 炭鉱で働く子供達はBreakerと呼ばれるシュートに運ばれる石炭から不純物を素手て取り除く作業をしていたそうで、それを歌っています。
テンポのあるミニマルで始まり、Mickyのかわいそうな運命から歌詞が進みます。途中ロンドの様に被りながら'Micky'が反復され、宗教曲的な展開やロックの様な様相も見せます。いかにもBOAC、ジュリア・ウルフの音楽と言った感じです。

3. Speech
 アメリカ鉱山合同組合(the United Mine Workers of America)の会長ジョン・L・ルイスのスピーチ原稿だそうです。ルイスは鉱夫の安全や環境改善に務めたという事です。
テープやレコードのノイズの様な音を入れています。重厚な独唱and合唱曲の趣です。

 ★試しにYouTubeで観てみる?
  語りはギターのMark Stewartになります


4. Flowers
 一人の女性バーバラ・パウウェルのインタビューにある庭の花、それが互いに助け合える環境の象徴、に基づいているそうです。歌詞はそこにある花の名前を書いています。
美しいフォークソング風のギターの音色に合唱が被ります。ここでも合唱はロンド風になり、演奏も含めミニマル色を濃くしていきます。

5. Appliances
 石炭エネルギーがもたらす光と、その影についてです。詳細はぜひライナーノートの原文と歌詞を参照ください。
合唱に変化はありませんが、演奏もここでは主張しています。BOACらしい楽器編成の音色が生かされていますし、パワー溢れる激しいパートも存在します。そんな混沌の中にミニマルが波打ち迫力満点です。"怒りの日"の様な強烈さを感じますね。凄いです!!


試しにYouTubeで制作ドキュメンタリーを観てみる?



アメリカの歴史的背景から構築されたテーマ、そして今の米現代音楽を代表するBOACらしいサウンド、まさにアメリカの今の音楽です。
米現代音楽、決して前衛ではありません、を聴くときに絶対オススメの一枚です。
オラトリオ構成も素晴らしく、これからもジュリア・ウルフから目が離せません。




このblogのジュリア・ウルフ関連投稿記事


テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

プロフィール

kokotonPAPA

Author:kokotonPAPA


ものずき、おっさん じいさん、わがままきまま、すきほうだい、しななきゃなおらない.

 kokotonPAPAのブログ  ホームページtop  メールtop



1.このblogで言う現代音楽
2.マーラー交響曲第5番 160CD
 (名盤・珍盤 聴き比べ)

カテゴリ
個人的お奨め度*
★   こんなもん?
★★  悪くないね
★★★ 最高です!
☆   +0.5
お友達ブログ
kokotonPAPAカウンター
unique-access