fc2ブログ

ジブオクレ・マルティナイティーテ(Žibuoklė Martinaitytė)の「Ex Tenebris Lux 闇から光へ」


Ex Tenebris Lux
(Zibuokle Martinaityte, b. 1973)
N.Y.在住リトアニアの女性現代音楽家ですね。"Saudade" と "In Search Of Lost Beauty" で紹介済みなので詳細割愛です。

今までに2013-19年の音楽変遷を聴いて、"陶酔系のポストミニマル"であり"空間音響系"も感じられますね。前者は米であり後者は欧と言う彼女の音楽環境が反映されているのがわかります。
今回はその後、2019-2021年の楽曲が並ぶので現在のマルティナイティーテの楽風が楽しめそうですね。オケはいずれも弦楽オーケストラで、1.はパーカッション 3.はチェロの協奏曲です。

演奏はカロリス・ヴァリアコイス(Karolis Variakojis)指揮、リトアニア・チャンバーオーケストラ。1.のパーカッションはPavel Giunter、3.のチェロはRokas Vaitkeviciusです。オール・リトアニアのセットですね。







1. Nunc fluens. Nunc stans 過ぎ行く今、残る今 (2020) for percussion and string orchestra
ロングトーン(ボウイング)とトレモロの組合せは静的環境音楽風、そこに鍵盤打楽器が色合いを添えて来ます。緩い流れに低弦音も加わりゆっくりとクレシェンドして音厚を増して行くと煌めく金属系の鳴り物が入ります。処々ドローンでもあって括って言えばアンビエントでしょうね。電子音楽ならエレクトロニカと言った風です。


2. Ex Tenebris Lux 闇から光へ (2021) for string orchestra
夕暮れの森に魑魅魍魎が蠢く様な低弦音、もちろんトレモロとロングトーン、が1.との気配を変えて鬱で妖しい流れを作ります。そして短い下降旋律が変奏されながら出現。空間音響的でもあり途中で音厚が増してマルティナイティーテらしい楽曲構成ですね。


3. Sielunmaisema 心の原風景 (2019) for cello and string orchestra
I. Winter - II. Spring - III. Summer - IV. Autumn
楽曲構成的には同じトリル・トレモロとロングトーンがベースで何処かアンビエント。聴く限りでは独奏チェロは弦楽奏に溶け込んでいる感じです。
特に"四季"を表現している感じではありませんね。(何処にいても変わらないと言う主旨がある様です)
面白いのはIII.でしょうか。穏やかなロングトーンの音変化の中にスローグリッサンドが入って、そこに調性を超える微分音とノイジーさが僅かながら感じられます。ほんの僅かですが、これが今回唯一の新しさでしょう。

 ★試しにYouTubeで観てみる?
  Hartmut Rohde cond. / Klaipeda chamber orchestraのLIVE映像です
  CDよりも高音でノイズ風のかすれた音色が強いですね



19, 20, 21年と言う近年作で基本は変わりませんがどこか瞑想的な方向性を感じます。少しアンビエント風でもありますね。

"トリル・トレモロ"そして"空間音響"そんな技法で、やっぱり"Beyond the post minimalism"の印象です。(勝手な造語ですがw)



 ▶️ 現代音楽の楽しみ方  ▶️ 現代音楽CD(作曲家別)一覧

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽





マーリン・ボング(Malin Bång) の「Works for Orchestra」欧実験前衛音楽の残映


マーリン・ボング
(Malin Bang, b. 1974)
スウェーデンの女性現代音楽家ですね。2012年のドナウエッシンゲン音楽祭(Donaueschinger Musiktage)で若手音楽家としての印象が強かったのですが今や中堅となりました。一時期はドイツに活動拠点を置いていましたが、今はスウェーデン(ストックホルム)に戻り創設者の一人でもあるCurious Chamber Playersの在籍作曲家も務めています。

B.ファーニホウ、G.グリゼー、P.マヌリ、と言ったビッグネームに師事していてアンサンブルや管弦楽、フィールドレコーディングを含むエレクトロニクス系の楽曲を得意としていますね。
方向性は特殊奏法のノイズそして即興的混沌、過去の演奏では電気掃除機が登場したりとかもあってパフォーマンスも見せていますね。
楽風はバリバリの欧エクスペリメンタリズム!!



 ▶️ 現代音楽の楽しみ方  ▶️ 北欧近現代音楽CD(作曲家別)一覧




管弦楽作品集
(演奏:下記ヴァリエーション)
本ブログでは個別楽曲で何回かインプレしているボング、実は本アルバムも過去の録音のピックアップ構成になります。テーマのある新作録音を期待したいですね。

演奏陣は豪華版です。これを見ただけでも聴いてみたくなります。
1. WDR Sinfonieorchester, Ilan Volkov: cond.
2. SWR Symphonieorchester, Uli Fussenegger: cb, Jonny Axelsson, perc. , Peter Rundel: cond.
3. SWR Symphonieorchester, Pascal Rophé: cond.
4. Klangforum Wien, Enno Poppe: cond.







1. avgår, pågår for symphony orchestra (2014)
特殊奏法のノイズですね。それらが時に即興ポリフォニー的に、時に空間音響的に表現されます。聴き慣れた前衛で少し時代を感じるのが正直なところでしょうか。


2. ripost for amplified contrabass and amplified objects with symphony orchestra (2015)
波打ち際の効果音??からいきなりポリフォニー炸裂、そして静とノイズのコントラストに入ります。特殊奏法オンパレードのノイズサウンドです。


3. splinters of ebullient rebellion for symphony orchestra (2017/2018)
これは2018ドナウエッシンゲン音楽祭のCDと同じですね。その時のインプレをここで再度残して起きます。

『溢れる特殊奏法のノイズ、そして即興的混沌、所謂(いわゆる)音楽ではありません。"グリグリギギギイィィィ"、でもこれがドナウエッシンゲンでしょう。少しボリュームを上げて、混沌の音の中に自分を置いてみる。そんな楽しみ方がピッタリ来ますね。師である上記三人よりもラッヘンマンの方向性かと。中間部で現れる手回しオルゴールの静的で美しい旋律が色合いを添えています。全体構成も良く楽しめますね。

 ★試しにYouTubeで聴いてみる?
  2018年のドナウエッシンゲン音楽祭の映像そのものです!!
  数々の特殊奏法を見る事ができます

 』


4. irimi for sinfonietta (2012)
ノイズ混沌の一番古い楽曲ですね。当時はまだこの世界にワクワク感があったのが脳裏に残っています。



完成度の高いノイズ系前衛ですが、20世紀後半に行き詰まった欧エクスペリメンタリズムポスト・セリエルの生き残りか残像か、その再確認になりました。

可能性を見せるのは最も新しい3.の中間部の展開で、ここは他の曲にない流れがあります。さて、この先のボングが何処へ向かうのでしょう? そこに興味が尽きませんね。



テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽





イェスパー・ノルディン(Jesper Nordin)の『Vicinities』超多様性現代音楽


Vicinities
(Jesper Nordin, b. 1971)
先日 "Emerging from Currents and Waves" をインプレした今注目のスウェーデンの現代音楽家J.ノルディンの新譜です。近年作品が取り上げられる機会が多いので少し聴いてみようかと。

前回の印象はインスタレーションではありましたが前衛音楽ではなく今の時代のクラシック音楽で "心地良い統一主題を排除 | 全体は幽幻で反復変奏 | 静烈のコントラスト付け" の構成でした。ところが……

今回は室内楽から管弦楽までの3曲で、エレクトロニクス(2. 3.)が用いられているのがポイントでしょうか。そして今回も演奏陣は豪華です。
1.がダニエル・ハーディング指揮(音楽監督)スウェーデン放送交響楽団で、ファゴットがフレドリク・エクダール(Fredrik Ekdahl)。2.がディオティマ弦楽四重奏団、3.がアンサンブル・アンテルコンタンポランです。







1. Vicinities (2011)
1. In the Vicinity of The Open Sky - 2. In the Vicinity of Intimacy - 3. In the Vicinity of Noise

3パートの楽曲です。1.は中東和声風のfgが迷走する様な旋律を奏で、その背景オケがノルディンらしい鎮んだ中に煮詰まった濃い音色を付けてきます。調性とモードの混用的印象です。
2.は緩徐パートで、fgとオケの楽器のdialogueの流れになります。ホモフォニーですが旋律は対位的にもなり、微妙な調性感も表れますね。また静の中の強音炸裂(トリオ?)がここでもあって作風がわかります。三部形式を使うのも特徴ですね。
3.では幽幻さと反復変奏、強弱出し入れが強まってきます。反復の背景にロングトーンが絡んでくるのも前回も感じたノルディンらしさですね。パーカッションのリズムがアフリカの民族音楽風で面白いです。


2. The View from Within (2016)
導入部はクレシェンドの弦楽ノイズ、特殊奏法かは微妙でエレクトロニクスが絡んでいるかもしれません。ボリュームが上がると無調の激しいトレモロのボウイングが絡んで来ます。目新しさはありませんが何と完全な無調混沌の前衛実験的です。
ここでもトリオがあって調性感を残したvnの旋律がホモフォニーとモノフォニーで絡んでいますね。そこから激しいトリル・トレモロになって主部が回帰します。ハムノイズ風の音はエレクトロニクスでしょうか?!


3. Sculpting the Air - Gestural Exformation (2015)
まずトゥッティから入り静の中に潜り込み、静を引っ張って打楽器連打に強音反復が瞬間的に表れます。流れは激しい即興の無調混沌になってフリージャズの様相を呈します。よく聴くとその中に反復変奏が多用されているのもわかりますね。
そしてここでもトリオがあってエレクトロニクスと思われるノイズがゆっくりと登場。アンサンブルもノイズに変化して対応して、落ち着くとメランコリックな中華和声のモード緩徐パートに。
緩やかに機能和声に変化してスロー静の美しい反復動機になって静空間に終結します。驚くほど多岐に渡る技巧が散りばめられていますね。

 ★試しにYouTubeで聴いてみる?



大きく印象が変わりますね。"無調 - モード - 調性"を駆使する超多様性現代音楽です。それだけでなく技法的にも前衛までも網羅して来ます。

全方位あってかなり混乱しそうではありますが、それを全て見せる"3. Sculpting the Air - Gestural Exformation"は注目です。これはオススメのアルバムで、この先のノルディンが楽しみですね。



 ▶️ 現代音楽の楽しみ方  ▶️ 北欧近現代音楽CD(作曲家別)一覧

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽





マルチン・スタンチク(Marcin Stańczyk)の「Dark, Almost Night」新しいフィルム・ミュージック


Dark, Almost Night
(Marcin Stańczyk, b. 1977)
本ブログでは "Mosaïque"、"Acousmatic Music" を紹介済みのポーランドの現代音楽家マルチン・スタンチクによるサウンドトラックCDです。そもそも標題現代音楽の様相を見せる楽風なので違和感はないでしょうし、米フィルム・ミュージックとは一味違うでしょうね。

映画「Dark, Almost Night」はポーランドの女性作家ヨアンナ・バトール(Joanna Bator)の小説 "Ciemno, prawie noc" を元にしたホラー作品で、台本はボリス・ランコシュ(Borys Lankosz)になります。




超あらすじ
ポーランドの小さな町で警察でも不可解な子供たちの誘拐事件が起こります。同郷のジャーナリストのAlicja Taborは調査を始めると数十年前の手掛かりを入手します。そこには性的虐待が絡み、彼女は自らの過去の恐怖、家族関係と直面する事となります。


なのですが、今回は映画のサウンドトラックではなく純粋の前衛現代音楽として聴いてみたいと思います。

演奏はシモン・ビヴァレツ(Szymon Bywalec)指揮, シンフォニア・ヴァルソヴィア(Sinfonia Varsovia)、ソプラノとリコーダー、トランペット、アコーディオンそしてキーボードがフィーチャーされています。







1. Into The Hole - 2. The House Of Alice - 3. Mark - 4. Adalbert - 5. Angelica - 6. Anna Alias Rosemarie - 7. Evas Lament - 8. Bad Love - 9. The Funeral Of Daisy - 10. Russians In Waldenburg - 11. Kalinka - 12. The Hole - 13. Mama - 14. Sea - 15. Alice

面白い事に1.11.の冒頭に邦楽和声を感じます。もちろんスタンチクは意識していないでしょう。そして1.では倍音の共鳴の様な中に不協和音的な音色が重なる音響的パートに繋がります。2.でも和音のロングトーンの中に調性を崩す音を挟んで不安定さを表現、3.はそこからメランコリックな動機の反復・変奏の流れに入って行きます。

5.では倍音の共鳴が唸るように響き、6.では調性+不協和音で不安定さを広げてポリフォニーな混沌へと流れ込みます。その後もヴォーカリーズを交えたり, 強音トゥッティを鳴らしたり, 重低音の振動を響かせて, と表現パターンを広げますね。ラスト15.はちょっとErik Satieを思わせます。
様々な音楽技法を使って情景表現をするのが感じられます。リコーダーとアコーディオンも効果的ですね。



調性と言う水面に不協和音の微水滴を落として広がる水紋の様な調性感の拡張が感じられます。(個人的にはもう少し調性を崩しても良いとは思いますが)

そして流れは時にメランコリックに、時に倍音共鳴の広がりに、そしてポリフォニーへと技巧的に展開されて表現力を広げていますね。

多様性の現代音楽で音楽だけを聴いても十分に楽しめます。映画はB級ホラーっぽい感じですが。



 ▶️ 現代音楽CD(作曲家別)一覧

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽





ギーレン(Michael Gielen)のメシアン(Oliveir Messiaen)「忘れられた捧げ物 | ミのための詩 | クロノクロミー」


Les Offrandes Oubliées・Poèmes pour Mi・Chronochromie Oliveir Messiaen, 1908-1992
(ORF Vienna Radio Symphony Orchestra, Michael Gielen: cond.)
1991-1996年と少々古い録音ですが、ORFEOレーベルがリリースするギーレン/ORFウィーン放送響のシリーズ#5からメシアンの三曲ですね。

管弦楽集で初期の1. 2. 、そして音楽語法や鳥の鳴き声の採譜と言ったメシアン技法確立後の3.と言う構成です。
もちろんキーとなるのは"3. クロノクロミー"で、トータルセリエルからの決別ともなったメシアンのBirdsongの集大成で代表作ですね。時代は前衛が全盛を迎える時で、初演での評価が大きく分かれる事になったのは知られるところです。

今更ですが微妙な緩急をつけてくるギーレンが、どんなメシアンを聴かせてくれるか楽しみです。







1. 忘れられた捧げ物 (1930)
不協和音的な無調の澄んだ曲です。カオスな完全な無調ではなく、調性音楽をベースに崩している感じですね。美しい管弦楽のパートは新印象派と言った様な印象も受けます。調性の枠を広げる音楽ですね。
そこに強音ハードパート(トリオ?)が挟まれますが、これは調性。そんな習作的な楽曲です。ギーレンらしくコントラストの付け方は明確です。


2. ミのための詩 (1936)
ソプラノ(サラ・レオナルド, Sarah Leonard)が入ります。
sopは若干シュプレッヒゲザング風で、管弦楽はディズニーアニメと1.を混ぜた様な流れです。面白い反復が出てきたりはしますが、ほぼ調性で激しいパートはこの時代の表現主義的、軸は仏後期ロマン派とか新印象派とかそんな括りの範疇にあるかもしれません。


3. クロノクロミー (1960)
機能和声でキラキラとした煌めき、そしてBirdsongの旋律感、それらが組み合わされた いかにもメシアンと言う曲ですね。主題やメインとなる動機が存在しないのは今の時代のクラシック音楽の先鞭にもなるでしょう。ポリフォニカルなホモフォニーと言うのも同様です。
それをギーレンらしい出し入れの強さで躍動感を加えて煌めきを際立たせています。



前期作の1. 2.は透明感に、代表作3.はBirdsongに、それぞれメシアンらしい煌めきを再確認できますね。それこそがブーレーズにも渡された仏前衛にあるベースかもしれません。

もちろんベストトラックは3.で、ギーレンのタクトがキラキラ感を際立たせているのは言うまでもありません。この煌めきは一度聴く価値があります。



 ▶️ 現代音楽の楽しみ方  ▶️ 現代音楽CD(作曲家別)一覧

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽





マティアス・ヤキシッツ(Matthias Jakisic)の弦楽四重奏曲「Fragmente」


マティアス・ヤキシッツ
(Matthias Jakisic, 1977/5/14 - )
オーストリアの現代音楽家で、ヴァイオリニスト、音楽プロデューサーですね。アーティスト名"JIG"でも知られているそうです。プロデューサーとしてはロックやポップ系で多数のアルバムに関わっていたそうで、作曲はそんなエレクトロニクスやポップも反映された多様性の前衛方向の様です。そして劇場音楽での活躍も多いです。
ヴァイオリニストとしてはエレクトリック・ヴァイオリンも使っていますね。



Fragmente
(Strig Quartet)
タイトル通りに1パート5'半以下12の"断片"からなる弦楽四重奏曲です。
ライナーノートによれば "21世紀における古典の弦楽四重奏がどの様なサウンドなのか、オリジナルのヴィジョンを作り出す" のだそうです。よくわかりませんがw

演奏は、Lena Fankhauser (va), Emily Stewart (vn), Nikolai Tunkowitsch (vn), Asja Valčić (vc)です。今回は作曲家としてのアルバムなので演奏はしていませんね。







Fragmente (2021?)
1. 48A - 2. Sechsacht - 3. Forteforte - 4. Trauer - 5. Distel - 6. Frag1 - 7. Frag4 - 8. Chordstructure - 9. Frag2 - 10.Tragisch - 11. Streit - 12. Glassisch

1.はvnの特殊奏法が入り、基本は反復・変奏の構成です。ポップ調や舞踏系民族和声でもあっていかにも今風ですね。2.では古典やロマン派の流れを構築します。1.との対比と言う意味でしょうか?!

3.は激しいボウイングで今風、4.は新ロマン主義風、7.はバロック調、11.は微かに調性を乱し、ラスト12.は1.の舞踏モードが回帰します。
そんな感じで曲ごとに構成を変えて来ますね。はっきりとしているのは今風パターンのベースにあるのは反復・変奏だと言うことでしょうか。古典風と今風を混ぜる様な楽曲(パート)はありません。


 ★試しにYouTubeで聴いてみる?
  "1. 48A"です



バロック風から特殊奏法の現代調まで、まさにフラグメントであらゆるパターンの弦楽四重奏曲を順不同に並べて来ます。でも無調パートはありません。ベスト・トラックは"1. 48A"ですね。

通して一曲なので面白いかもしれませんが現代風パートが少ないのが微妙です。細切れ(フラグメント)ではなくて古きも新しきも絡んで混在させた楽曲にしてくれたらもっと面白かった様な…



 ▶️ 現代音楽の楽しみ方  ▶️ 現代音楽CD(作曲家別)一覧

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽





仏現代音楽家 マーク=アンドレ・ダルバヴィ(Marc-André Dalbavie)の「La source d'un regard」


マーク=アンドレ・ダルバヴィ
(Marc-André Dalbavie, 1961/2/10 - )
フランスの現代音楽家で、指揮もこなす様ですね。パリ国立高等音楽院で作曲・アナリーゼ等を習いますが、この時にオーケストレーションをP.ブーレーズに師事しています。(現在は同音楽院でオーケストレーションを指導しているとの事)

その後IRCAMでエレクトロニクスに関する技法や作曲を習得しています。もちろんIRCAMの主宰はブーレーズで、評価は高かった事がわかります。
作品はベルリンフィルやコンセルトヘボウ他、著名オケからの委嘱が多いですね。


 ▶️ 現代音楽の楽しみ方  ▶️ 現代音楽CD(作曲家別)一覧



La source d'un regard
(Seattle Symphony, Ludovic Morlot: cond.)
管弦楽集です。管弦楽と三曲の協奏曲(2. ob: Mary Lynch, 3. fl: Demarre McGill, 4. vc: Jay Campbell)になります。
演奏はシアトル交響楽団で、指揮は音楽監督を務めるルドヴィク・モルロー(仏)。彼らが続けているフランス音楽家シリーズの一枚です。







1. La source d’un regard (2008)
動機反復のスタート、それは調性+不協和音的です。その後も旋律のある構成にグリッサンドを挟んで微妙な調性感で浮遊的流れを作ります。
"静-烈-静-コーダ"構成の烈パートではトリル・トレモロ背景の調性力感ある音色を響せて、通して前衛スタンスはありませんね。


2. オーボエ協奏曲 (2009)
より調性側に寄っている感じで、ソロobは長い旋律を転がす様に走り廻って基本テンポも速いです。処々でホモフォニーが入ったり、それがヘテロフォニー風に変化したりしますね。obの早吹きにオケの各楽器が様々な相対的絡みをする面白さです。ソリストは休む暇がありませんw

 ★試しにYouTubeで聴いてみる?


3. フルート協奏曲 (2006)
ここでもflの細かく速い旋律で入ります。2.と異なるのはオケは対位的な絡みよりも背景音を作る事の方が多い事になるでしょうか。また、flも緩やかに流れる様な旋律パートも組み合わされています。
年代的にも一番古くやや平凡な構成に感じるかもしれません。この曲を進めたのが2.と言う事になりそうですね。


4. チェロ協奏曲 (2013)
やっぱり速く小刻みな旋律が走り廻ります。そしてスローが挟まれてソロvcにはグリッサンドも出てきますね。構成は古い3.に似ていますが遅速変化は明確、ソロが速い旋律のボウイングで終始走るのは2.の表現、短旋律動機の反復は1.です。最近作を聴いてみたいと思わせる楽曲ですね。楽器間の絡みは多彩です。



持ち味の巧みなオーケストレーションで構成され、速い流れの楽曲を様々な絡みで表現する面白さが味わえます。

以前も書きましたが、調性とか無調に拘る時代は終わっているのがわかります。それでもそう言う聴き方をする時代から聴いているトラウマから逃れられない現実がいる訳ですがw

ベストトラックは"2.オーボエ協奏曲"ですね。




テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽





プロフィール

kokoton

by kokoton
.

    

カレンダー
07 | 2022/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ようこそ
カテゴリ
ありがとうございます